FC2ブログ
何でも食べたい、食べてみたい、美味しいもの、珍しいもの、いろいろ食べた記録。+気になっているもの。
奈良マラソン ~今年もエキスポで食べ歩き~ 
2018.12.11 Tue 19:07

今年の奈良マラソンEXPO で、食べたものを紹介したい。

いろいろなブースが並ぶ中で、私が特に気になったのがここ。

奈良マラソン奈良マラソン


何が気になるかといって、看板にドネルケバブ(トルコ)、沖縄串焼き・はしまき(沖縄)、ブラジリアンソーセージ(ブラジル)、ボルシチ・ピロシキ(ロシア)、ターキーレッグ(アメリカなど)、ホットチャイ(インド)・・・とあり、

多国籍感きわまりない。

ただ、作っている人がたぶんロシア人っぽいので、ボルシチとピロシキのセットをいただいた。

ボルシチはビーツの赤みが効いたあっさり風味。キャベツの中にジャガイモと少しの牛肉。ピロシキはパンの中に味付けミンチ肉。味的にはそんなに変わった感じはなかったが、ロシア料理自体が珍しいので、まあよし。


奈良マラソン奈良マラソン


板前焼肉一輪

JR奈良駅近くにある焼肉店、黒毛和牛を一頭買いし、本当にいい肉をリーズナブルの提供する焼肉店。

今回のイベントでは 「大和牛煮込み」 そのものと、これを使った焼そばがメニューにあった。

「大和牛煮込み」 をチョイス。

とろとろに煮込まれた牛すじ肉とこんにゃく、たっぷりのネギと七味、ボリュームもたっぷりで、1000円でも十分満足できる品であった。


奈良マラソン奈良マラソン


十津川村のブースから、めはり寿司。

めはり寿司といえば、和歌山から吉野郡南部にかけてよく食べられる郷土料理である。

私が下北山村に住んでいたときもよくいただいた。

そのときのめはり寿司は、まなの茎の部分を醬油で味付けし、刻んでご飯に混ぜて、葉っぱでくるんだものだったが、今回いただいたのは白いご飯に中央に昆布や鮭を入れたおにぎり風のものだった。

これは地域差なのか、それともこちらの方が客に受けるのかわからないが、初めて食べた味だった。


奈良マラソン奈良マラソン


ヒョナちゃんの店はもともと安堵町にある店、王寺へ抜ける川沿いにあるが、たまたまだろうか、通るときには閉まっていることが多い。

奈良市では 「旬の駅ならやま」 で買うことができる。

薄い生地でサクッとした食感も楽しめるチヂミ。辛酸っぱいタレとコチジャンで。

奈良マラソン奈良マラソン


ラーメンを出すブースはいくつかあったが、ここが一番長い行列ができていた。

これぞ一等賞、世界一!

と、なかなか威勢がいいが・・・。

具のチャーシューやメンマ、煮卵はまずまず、ただ、スープが業務用という感じで、少しくどい感じがした。(実際、業務用スープをお湯で薄めていた)

今年食べたものは以上。


奈良マラソンは、走るのもよし、食べるのもよし。

また来年を楽しみにしたいと思う。




↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : イベント 地域情報

category:食べ歩き 奈良市
comment(0) | trackback(0)
記事編集
奈良マラソン ~今年もやってまいりました~ 
2018.12.09 Sun 18:40
 
今年も奈良マラソンがやってきた。

去年は初めてエントリーし、見事、というか、何とか完走した奈良マラソン。

今年も数ヶ月前から、会う人会う人から、「今年も走るの?」 と聞かれたが、いやいや、

「走りません」 ←きっぱり

去年のブログにも、なぜ走ろうと思ったのか、という理由を書いていた。

いつも応援していると、「応援されている人たちはどんな気分なのだろう」 という、素朴な疑問が沸き起こってきた。

そう、実際走ってみて、応援されている人の気分がわかったので、もう十分である。


もう一度、応援する側に回ってみようと沿道に繰り出した。

12時30分、3時間半で帰ってくるランナーはまだまだ元気だ。

奈良マラソン


13時からはステージで上位入賞者の表彰も行われていた。

昨年、私が折り返して国道188号線、八島町あたりで 「上りは歩き、下りは走り作戦」 を実行しているころ、ゴールの鴻池ではすでにこんなことになっていたのかと驚いた。

この後、奈良マラソンEXPOで、ひとしきり食べ歩きを楽しんだが、この記事は後ほど別にアップしようと思う。


さて、帰りは14時30分。

私が昨年帰ってきたのと同じぐらいの時間だ。

このぐらいになるとランナーのペースはゆっくりになり、歩く人や片足を引きずっている人もいた。

奈良マラソン


去年の自分を思い出して、ついつい応援にも熱が入る。

奈良マラソンのコースはアップダウンが激しく、天理の山越えもそうだが、この最後の上り坂がランナーの気力を奪っていく。

それでも、後1km、この坂を越えればゴールだ。

苦しそうなランナーに去年の自分を重ねながら、坂を下っていくと、見つけた。

奈良マラソン


残りのメンバーを待つゴレンジャー。

パケット奈良の前辺りでミドレンジャーとアオレンジャーを待つ、アカレンジャー、モモレンジャー、キレンジャー。

もうこれは奈良の冬の風物詩といっていいだろう。

毎年、見られる光景である。

また、少し下っていくと、マスクをはずして苦しそうに走るミドレンジャーがいた。


がんばれ、ミドレンジャー!


3人がすぐそこで待っているぞ。

次にやってきたのが、背中に風船をつけたペースランナー。

この人たちを抜かなければ、6時間以内でゴールできない、

・・・が、アオレンジャーはまだ姿を見せない。


今年もいろいろなドラマを見せてくれた奈良マラソン。

来年はどんなドラマを見せてくれるのだろうか、奈良マラソン。

そして、ゴレンジャー (アオレンジャー) の運命はいかに。




↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : 地域情報 イベント

category:地域情報 イベント
comment(0) | trackback(0)
記事編集
奈良ラーメン博 ~一杯だけ食べてきた話~ 
2018.03.24 Sat 17:57
 
JR奈良駅近くのカレー屋さんに嫁さんと二人でいた。

注文して、料理が出てくるのを待っていると、私のスマホのメール着信音が鳴った。

自分のホームページの掲示板に投稿があるとメールで知らせてくれるようになっているのだ。

内容は gen さんからのラーメン博のレポであった。

今日、100年会館でラーメン博が開かれているのは知っていたが、去年も整理券がどうとか、なかなか大変だったので、今年はスルーしようと思っていた。

でも、せっかくレポしてくれる人もいることだしJR奈良駅近くにいるし嫁さんはコーヨーで買い物すると言うし、その間、ちょっとだけ様子を見に行くことにした。

奈良ラーメン博 2018奈良ラーメン博 2018


長蛇の列か、整理券で2時間後とか、そんなことだろうと思って会場に着いたら、「なんということでしょう」 待ち時間なしのブースがあるではないか。

すかさず、嫁さんに 「一杯食べる」 とラインを入れ、ブースの入口まで行くと、チケットを買ってこいと言う。

それは、別にいいのだが、チケット売り場が、100年会館の南側だという。

遠いがな・・・

仕方がないので、急いでチケットを買いに行く、なにしろ、嫁さんが買い物をし終わるまでに食って戻らなければならない。

走れメロス!

整理券のいらないすぐに食べられるブースは2つあった。

一つは 「らぁめんシフクと麺や清流」 のブース、 もう一つは 「ラーメン モリンと博多とんこつ真咲雄」 のブース。

もつ鍋風のラーメンは何となく味のイメージができたので、 「らぁめんシフクと麺や清流」 のブースへ。

奈良ラーメン博 2018奈良ラーメン博 2018


ほとんど人のいないジグザグ道を くらくらしながら右左と進み、ブースの前まで来ると、10人ほどの人がラーメンが出来あがるのを待っていた

・・・と思ったら、全然前進しない。

中の人がラーメンを作っていないのだ。

???

こんなことでは嫁さんの買い物が終わってしまうではないか。

隣のもつ鍋風は次々と客にラーメンを出している。

そうこうしていると、シビレを切らした前のおっさんが、「何で作らへんねん」 とキレだした。

店の人は、寸胴を指差して、何か言い訳をしていたが、時間が気になる私は悪いことしか思い浮かばない。

わざと列を作ろうとしているのではないか・・・?

・・・と思ったら、急に麺を茹で始めて、そこからはあれよあれよという間に自分の番になった。

疑惑は残ったままである。


さて、ともあれ、ラーメンを受け取って、近くのテーブルへ。

奈良ラーメン博 2018奈良ラーメン博 2018


らぁめんシフク(福岡県)×麺や清流(大阪府)

【男の絆 魚介鶏白湯ラーメン】
『らぁめん シフク』は、某人気ラーメン誌で 総合GPを受賞した店でもあり、最新のナンバーワンの店。『麺や 清流』は最近、東大阪に移転し、さらに話題が高まっている店だ。
博多『らぁめん シフク』の鶏白湯と大阪『麺や 清流』の秋刀魚のスープを合わせた極上スープは今回だけ…。

一口目は博多風の豚骨、二口目からは奥の方に魚介の出汁が感じられるマイルドなスープ。麺は細めのストレート、具はオーソドックスにチャーシュー、メンマ、ナルト、ネギ。


ラーメンを食べ終わって、嫁さんにラインを送ると、「ちょうどレジ」 とのことであった。

間に合った、セリヌンティウス!

ということで、ラーメン博で、一杯だけラーメンを食べて帰った話でした。


P.S. 奈良ラーメン博は明日 (3月25日) も開催されます。





↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

タグ : ラーメン イベント

category:地域情報 イベント
comment(0) | trackback(0)
記事編集
奈良マラソン ~有言実行、ついに走った~ 
2017.12.14 Thu 18:43
 
やすらぎの道の近くに住んでいることもあって、奈良マラソンは毎年沿道から応援していた。

奈良マラソンEXPOという屋台も楽しみで、これまで何度か記事にしている。 

 → 2011 2012  2014 2015

いつも応援していると、「応援されている人たちはどんな気分なのだろう」 という、素朴な疑問が沸き起こってきた。

そんな気持ちを一昨年のブログに書いていた。

30kmぐらい走れるようになったら、来年は走ってみたいと思うのだが、解説の佐藤教授によると、リタイアする人は30kmぐらいでエネルギーが切れることが多く、15kmぐらいで何か食わないと走れなくなるらしい。

マラソンもなかなか奥が深い・・・。

参加料を 8200円 も払って、回収バスに乗せられて帰ってくるのも何なので、走れる自信が持てるようになれば、そのときはエントリーしたいと思う。


実はブログには記していないが、去年の奈良マラソンの後、一念発起して、元旦、家族に 「今年は奈良マラソンに出る」 と宣言したのである。

その後、休みの日ごとに練習、奈良市内から天理へ片道 (電車で帰ってくる) 天理往復と順調に距離を伸ばし、11月には32キロまで走れるようになった。残り10キロなら気力で走れるだろう。


そして、迎えた10日、奈良マラソンの当日。

奈良マラソン


私のスタートは K ブロック。

K はABCDEFGHIJ の次、これは、自己タイムが速い人ほど 前からスタートできるというシステムで、K ブロックは ほぼ最後尾である。

9時、荒井知事の号砲でレーススタート、トップランナーから順にスタートする。

ならでんアリーナに 「負けないで」 が流れる。

K はまだスタートもしていないのに、もう24時間テレビのフィナーレみたいになってきた。

そして、13分後にやっとスタート。

遅いランナーほど、後からスタートするという逆ハンデ。


松井絵里奈や安田団長が見守る中、やすらぎの道を南下し、大宮通へ、朱雀門を超えたところで折り返し。

ここで誰やねんという演歌歌手が歌っていた。


奈良マラソン


この辺り、まだまだ順調。逆に、普段の練習のときよりも、信号が全部 青で、歩道に段差がないので走りやすいぐらいであった。

そこから大宮通を東へ進む。

この辺り、いろんな学校の吹奏楽部やマーチングバンドの演奏、ゆるキャラや太鼓の演奏など沿道がにぎやかで、飽きることなく走ることができた。

その後、国道169号線を南下していくのだが、この辺りはイベントも少なく、静かだった。

横井町辺りで待っていたのが、

奈良マラソン


ワッケンロー!!

奈良の矢沢永吉こと、中川太志さんが派手に出迎えてくれた。


さらに、国道 ひゃっくロックGO 線 を進み、窪之庄町南を左折、高樋町を右に曲がると奈良マラソン名物の山越えになる。

そこで、待っていたのが、

奈良マラソン


どうしたんだ HE HEY BABY~

バッテリーはビンビンだぜ♪



奈良の忌野清四郎こと、今の葉狂志郎さん。

いつものようにキメて、ぶっ飛ばそうぜ~♪ 

この歌詞やばくない?


狂四郎さんの応援のおかげか、山越えを順調に走りきり、折り返し、天理名物のぜんざいは甘いものが苦手なのでパス、往路に入る。

しかし、このころから疲れが出てきた。そして、登りに入ったところで歩いてしまった。心臓のバクバク感がピークになったのだ。

ただ、ここは、まだ残り時間もたっぷりあるので、「登りは歩く作戦」 に頭を切り替え、何とか完走を目指すことにした。

沿道の応援には元気付けられたが、歩いているときの、

「歩くな!走れ!!」

という声にはまいった。


名阪国道を越える白川大橋近くに豚汁ご飯のふるまいがあり、その後、バナナとチョコレートを一度に口に入れたチョコバナナなども食べた。

さらに、峠の頂上では三輪そうめんのふるまいがあって、ここもしっかりといただいた。

奈良マラソン


こうして佐藤教授が言うエネルギー切れは何とか免れたのである。

一番大きな山は越えたけれども、ここからは小さな山越えが連続する。やっぱり、登りは歩き、下りは走るというペースを守って何とかゴールを目指す。

この辺りからは沿道の施設エイドが やたらと 増えてくる。子どもたちが手を出してハイタッチを求めてくるが、これが、

元気が出るというより、そんな余裕がない。

道の端を走っていると子どもたちが手を出してくるのだが、ハイタッチに応えないと、「こいつ、ハイタッチしてくれへんのか」 というような目で見てくるので、なるべく道の真ん中を走る。


焼門跡を左折すると残り2キロ、佐保橋を右折すると、来来亭前で嫁さんと息子が待っていてくれた。

そして、ゆっくり走ってついにゴール。

奈良マラソン


記録 5時間13分  順位 7165位

完走が目標だったので、記録としては十分。


沿道からの温かい声援にはほんとうに元気付けられた。

テーブルを用意してのエイドだけでなく、籠に入れたチョコレートを配ってくれる人たちなどもたくさんいて、これが奈良マラソンの魅力なのだと改めて気づかされた。

ボランティアの方々にも感謝したい。


最後に奈良マラソンEXPOでいただいたものを紹介して終わりたい。

奈良マラソン奈良マラソン


左:焼小籠包
横浜中華街から来たのかどうか、同じブースで広島焼きが売っているのでよくわからないが、とにかく焼きたての小籠包。

右:ホットドッグ
缶ビールを買おうとしたら300円、ホットドッグが閉店間際の値下げでビールとセットで400円。ということで、セットでいただいた。

フルマラソンを走ったすぐなのであまり食欲がなかった。ラーメンなどにも気になるものがあったので、来年またいただきに来たいと思う。





↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : 地域情報 イベント

category:地域情報 イベント
comment(0) | trackback(0)
記事編集
シェフェスタ 2017 ~シェフズ屋台の5品~ 
2017.11.05 Sun 09:57
 
chef × festival = C'festa

今年で9年目を迎える 『奈良の食材とシェフの祭典』、それがシェフェスタ。

私はこれまでクーカル時代からすべてに行っているが、そのうち7度はブログに記事を書いていた。

クーカルの記事 シェフェスタの記事

それらを読み返してみると、はじめのうちは期間中2度行ったり、予約が必要なシェフズステージでコース料理を食べたりしていたが、だんだんと肩の力が抜けて、軽く楽しむようになってきているのがわかる。

今年もどうしても行きたいという気持ちはなかったのだが、軽く20kmほど走って、奈良で待ち合わせをした嫁さんと 「めっちゃ並んでたら、ほかで食べよか」 とか言いながら行ってみた。

シェフェスタシェフェスタ


登大路園地に着くと、ステージでは 奈良テレビ 「ゆうドキ!」 でおなじみのキャラメルパッキングが元気よく歌っていた。

ちなみにキャラメルパッキングは奈良出身の二人組のバンドなのだが、その風貌とコンビ名から、私は、

てっきりお笑い芸人かと思っていた。


この日は3連休の中日、正倉院展も盛大に開催されており、どれだけの人が来ているのかと思ったが、驚くほどの数ではなさそう。

ブースの数、特にシェフズ屋台がけっこう多く、並びもそこまで長くはなかった。これまでの経験からいろいろと工夫されているのだろう。

で、いただいたものがこちら。

シェフェスタシェフェスタ


にぼしこいし

大和鶏にぼラーメン
大和肉鶏と大和ポークなどを使った白湯スープに国産煮干しをたっぷり投入した超濃厚スープ。豚バラ、肩ロース、鶏ムネ肉のチャーシュー。大和高原の卵、「大和高原のよーどっこ」 の味付け玉子。国産小麦100%で打った自家製ストレート細麺。


次はこちら。

シェフェスタシェフェスタ


中華処 青天

左:大和牛の極上麻婆豆腐
奈良県産大和牛(黒毛和牛)を使用した日本初?極上麻婆豆腐!大和牛の旨味が麻婆豆腐により一層深みをもたらし、噛めば噛むほどに美味な麻婆豆腐です!たっぷりのパクチー盛り。

右:揚げ物盛り 奈良づくし
倭鴨 (やまとガモ) の揚げ餃子、ヤマトポークの春巻き、国産鶏もも肉の唐揚げ。奈良県中から鶏肉、豚肉、鴨肉を集めてできた一皿。料理のお供に、お酒のお供に、奈良づくしな揚げ物盛りをお楽しみください。倭鴨はいやな臭みが全くない生産者こだわりの鴨です。


そしてこちら。

シェフェスタシェフェスタ


L'Oiseau Bleu (ロワゾブリュ)

左:スフレオムレツ
モンサンミッシェル名物、クリーミーなふわふわオムレツ。バターの香りと優しい甘さ。トマトソースをかけて。

右:シャロレ牛のグリル
ロワゾ人気No.1、フランスのブルゴーニュ地方で飼育されている白牛。脂身が少なくやわらかい赤身をレアで。ガーリックバターソース。フレンチフライ付き。


ちょっと頼みすぎたか、お腹いっぱいになった (唐揚げは持って帰った) が、店では食べられないようなものも多く、満足のランチであった。


ごちそうさま。


シェフェスタ
http://nara-foodfestival.jp/
facebook

奈良公園は今日までですが、11月18,19日には明日香村国営飛鳥歴史公園、石舞台芝生広場で開催されます。



↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:フードイベント - ジャンル:グルメ

タグ : イベント

category:地域情報 イベント
comment(0) | trackback(0)
記事編集