何でも食べたい、食べてみたい、美味しいもの、珍しいもの、いろいろ食べた記録。+気になっているもの。
大和のキッチン発進! ~奈良にうまいもんあり!!~ 
2015.05.05 Tue 14:27
 
「奈良にうまいもんなし」

そんな自虐から早く脱却したい。

確かに、食い倒れの街大阪や、京料理の文化がある京都、ハイカラな洋食が早くに入ってきた神戸など、まわりは自分たちの食に自信のある街ばかりだから、控えめな奈良県民が、「奈良なんてとてもとても・・・大阪はん、京都はん、神戸はんにかないまへん」 と謙遜してしまうのも仕方がないのかもしれない。

私も15年前から、微力ではあるが、大阪・京都・神戸と比べたら数では負けるけれども、一軒一軒なら美味しい店、美味しい料理もあるんですよと情報を発信してきた。いやいやただただ、自分が食べたものの備忘録として記録しているだけなのだが…。

しかし、微力どころか、強力に奈良のうまいもんを内外に発信するNPO法人がある。

テロワール

奈良県内でレストランを営むオーナーシェフを中心として、県内外のイベント等にシェフとして緻密な技と新たな発想による県産食材の魅力を高め発信するとともに、生産者のモーチベーション向上に寄与することを目的とする。


そのテロワールが県と協力をして始めたのが、キッチンカー、「大和のキッチン」 である。

ヤマトキッチン大和のキッチン


奈良県キッチンカー「大和のキッチン」にて、県庁前において、観光客など道行く人々に向け年間を通じて、地域食材を中心とした料理の提供によるプロモーションを実施します。
フレンチやイタリアンなどのオーナーシェフが趣向を凝らした料理をキッチンカーにてお手軽に味わうことができますので、是非お越しください。


このゴールデンウィーク中は毎日やっているというのでランニングの途中寄ってみた。

なにしろ、一日50食限定のお弁当は、30分程度で売り切れるという噂であるから、満を持して10時半に行ってみたら、整理券の配布が11時からであった。

それならと、もう30分走って、11時ちょうどに整理券をゲット。すでに待っている人もいて9番であった。

大和のキッチン大和キッチン


テーブルにはすでに弁当がスタンバイされていたので、すぐに手渡すこともできそうであったが、何かしらの事情があるのだろう、販売はやっぱり11時半であった。

1時間ほど走って、汗もかいていたので、セブンイレブンでビールを買って飲みながら待つこと30分、お弁当と店頭で焼いていたパパ・ド・ウルスさんのソーセージを2本、それにホットドッグもいただいた。


大和のキッチン大和のキッチン


花巴の酒粕でマリネした大和肉鶏 ネギを使って蒸し焼きに 
 大和肉鶏(大宇陀) キャベツ(五條市) ネギ(五條市) オキサリス(五條市)
 「Bonappetit めしあがれ」

大宇陀産 筍を入れたソーセージ カレー風味のキャベツのコールスロー
 筍(大宇陀) キャベツ(五條市) 「パパ・ド・ウルス 丘の上食堂」

吉野産椎茸で炊き上げたクスクスとホタルイカのタブレ うずら卵のポーチドエッグ添え
 椎茸(吉野) 「ビストロ ル クレール」

五條の新玉ねぎをラタトゥイユのソースを味わうオイルサーディン
 玉ネギ(五條市) 「ビストロ スクワール」

春キャベツの冷製ポタージュ
 春キャベツ(五條市) 有機無農薬ホウレンソウ(山口農園) ベーコン(パパドウルス) 

山添村産ごはん
 米(山添村) ゴボウ(山添村) 「奈良県ふるさと復興協力隊」


ワインのアテにもなりそうなおかずが少しずつ、これで1080円だから、コストパフォーマンスも抜群である。

大和のキッチン大和のキッチン


五條市南農園さんの石引き小麦を入れて作ったバケットとパパ・ド・ウルスのあらびきソーセージを合わせたバケットサンド。バケットはサダコロ製。

奈良県産、大和まな、たけのこ、せり入りの焼きソーセージ。


今回は昼でもあったし、家で食べるように弁当を買ったが、イートインスペースもある。夜はアラカルトもあり、バルのような形態になるらしい。

大和のキッチンカー大和のキッチン


テロワールでは奈良県南部の日本酒をはじめ、曽爾高原の地ビールからフランス、イタリアワインなど、厳選銘酒の数々をご用意致しております!
夜は各店のシェフが腕をふるったお料理と一緒にお楽しみ頂けます。

ぜひとも5時以降に行って、ワインや日本酒とともにいろいろと食べてみたいと思う。


さて、どれもおいしかったし、とっても素晴らしい企画なのだが、一つ問題がある。営業日が月曜日と木曜日のみである。

これはおそらく本業のお店の定休日、またはお客さんの少ない日ということであろうが、一般客や観光客にとっては厳しい設定である。

ゴールデンウィーク中はよいが、今後、予定通り、月木営業になると、客は県庁職員が中心になるのではないか。県が企画して、県庁職員の昼ごはんや仕事帰りの一杯に使われるのなら、ちょっと違うような気がする。

ぜひとも、何とかして休日にもオープンできるよう考えていただきますよう、


よろしくお願いします。


大和のキッチン
奈良市登大路町30 奈良県庁 正面
11:00~整理券配布 限定50食
17:00~ 19:30(ラストオーダー)
月・木のみ営業
P無 facebook

↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : フランス料理 バール お弁当

category:食べ歩き 奈良市
comment(0) | trackback(0)
記事編集
まちなかバル ~3年ぶり2度目の出場~ 
2014.09.29 Mon 19:43
 
あるくん奈良 まちなかバル

E7ACAC8E59B9EE38390E383ABE38381E383A9E382B7.jpg


2010年から始まって、今年でなんと8回目だそうだ。私は第3回に行ったことがあるが、

3年ぶり2度目の出場、おめでとうございます。そのときの記事

前回はバルチケット (前売り) が、5枚つづり、"3000円"と、一枚あたり、600円であったが、今回は"3500円"と値上がりしていた。消費税増に伴ってらしいが、それならちょっと上げ過ぎである。ただ、ものがよくなっているのであればノープロブレムではある。


さて、この5枚をどういうふうに使うか・・・、いろいろと考えたが、

まずはおみやげを買う。←きっぱり

ここまーる


数回前から、テイクアウトでも使えるようになっているとのことで、当初の一品と酒 (ドリンク) をハシゴするという趣旨から外れているような気もするが、まあよしとにする。

6個、1000円相当のものが、700円ということでお得である。これを書いている時点でまだ、食べてないので、味についてはまたの機会で・・・。


さて、2回戦はならまち横丁へ。

シロクマBONCO


いただいたのは、シロクマのお造りセットとBONCOのおつまみセット。シロクマのお造りと聞いて、「ええっ」 と思われた方もおられるかもしれないが、シロクマは店名である。

お造りセット (左) は、富山・氷見漁港より直送天然地魚の盛り合わせは、みる貝(?)、アジ、さんま (酢締め) 、はまち (ブリ?) の刺身+ビール。

BONCOの方 (右) は、サモサ、きんぴらカレーの巾着おあげさん、ラタトゥイユバゲット+赤ワイン。

元がカレー屋さんだけあって、サモサの中にはキーマカレーが入ってパリパリ、きんぴらカレーの巾着おあげさんは新発売のメニュー、あげを裏返して、カレーを入れ、揚げてある、ちょっと他にはない発想のメニュー。

突然ですが、世の中で一番えらい食べ物は、「あげ」、なーんでだ。
最後まで読んでいただいたら答えを書きます。

ラタトゥイユバゲットだけはカレー屋さんと関係なく、でも赤ワインとよく合った。


それにしても、バルチケットを持って歩いている人の多いこと。東向商店街では半分ぐらいの人が持っていたのではないだろうか、中には満員で入れない店もあったようで、前を歩いていたカップルは、

「ミスドでいいか~」 と投げやりなことを言っていた。


さて、3回戦は、家の近くに戻ってきての、アレ!! ル トレッフル。

アレ!! ル トレッフルアレ!! ル トレッフル


この店、今年の5月にオープンされたばかりで、2度目の訪問である。(前回の記事

入店したとたん、「この前はどうもありがとうございました」 と丁寧にあいさつされた。

"ブログ" のことも、"ぱーぷる" のことも、"私が naranara である" こともわかっていたみたいだ。「こちらこそどうもありがとうございました」

アレ!! ル トレッフルアレ!! ル トレッフル


バルメニューは、大和有機野菜と酵素玄米のピタパン+ドリンク (左)。

ふすま粉と大豆粉のピタパン中に発芽玄米、わさび菜、水菜、豚バラ肉のリエット、野菜のトマト煮込み

ノンアルコールカクテルはベリー系といちじくのカクテルベースと炭酸水


店主にバルメニュー以外も作ってもらえるか と聞いたところ、少し時間がかかってもよいならできるとのこと。そこで、ぱーぷるで気になっていた、おまかせ前菜5種盛り合わせも追加でお願いした。 (右)

左下から時計回りに、唐辛子が入って少し辛いナポリサラミとイタリアンサラミ

フムスは中近東でよく食べられる料理
茶色は炒めた玉ねぎと焼きナスをガラムマサラ風味
白はひよこ豆柔らかく煮込み、ゴマのペーストにんにく、ピンクペッパーを乗せて

赤おくら、ゴーヤ、四角豆、ニンジン、ラディッシュのピクルス

さんまの軽い燻製、ザワークラフト

枝付きケッパー 牛肉のローストビーフ、バルサミコソース

サラダも入れると7種類もあって、これで1000円とはほんとにお得である。


飲んでいる間にも、何組もバルチケットを持ったお客さんが入ってきていた。店主に聞くと、昨夜は40人の来客があったらしい。席数は12席だから、

浅田真央もびっくりの3回転半である。


この後、もう一杯おすすめのワインを追加して、本当ならさくっと飲んで帰る企画なのだろうが、ゆっくりとワインと食事を楽しんだのであった。

ごちそうさまでした。第9回も出場できるよう、今後とも一戦必勝でがんばっていきたいと思います。


P.S 「あげ」 の答え。
「お」 も 「さん」 も付いているから。 それなら豆も・・・、という苦情は受け付けません。



↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : イベント バール カレー

category:食べ歩き 奈良市
comment(0) | trackback(0)
記事編集
アレ!! ル トレッフル ~がんばれきたまちのクローバー・後編~ 
2014.06.07 Sat 17:24
 
さて、ここからはいただいた料理を中心に書いていきたい。

AllezLeTrefleAllezLeTrefle


左:シャンツァイのサントモールチーズのアンサンブル
香菜といえば別名パクチーと呼ばれ、独特の臭いで好き嫌いがはっきり分かれるハーブである。これにやはりクセのあるシェーブル (山羊) チーズを合わせるとはなかなか大胆な組み合わせである。

右:砂肝とハートのコンフィ
コンフィは低温の脂ででじっくりと火を入れる調理法。白でも赤でも、日本酒とか、焼酎でも合いそうな味である。←何でもいいだけ。

AllezLeTrefleAllezLeTrefle


左:辛口!!はちのすとあかせんのやわらか煮こみ
デミのようなこってりとしたソースにとろとろに煮こんだハチノスとあかせん。ぺぺというイタリアの唐辛子を刻んで辛味を出している。

右: ジャン=リュック·コロンボ ミツバチ 2011
ちょうど白ワインがなくなったころに上の料理が出てきたものだから、やはり、ここは赤ワイン、ということでいただいたのがこちら。

グラスワインは、滋賀のにごりワインと山梨ワイン、フランスワインとあったが、コクがあるというこの品にする。


3時に入店したこともあって、客は私たちだけであった。そのおかげでいろいろと店主と話をすることができた。

私が、「以前どこかで店をされていましたか?」 と、まあ、ぶしつけな質問をしたら、東生駒の ル・グロッシャ という店をされていたとのこと。

ル・グロッシャなら、私も知っている。

私がHPを立ち上げて、食べたものの写真を撮り始めたのが2000年ごろ、ル・グロッシャの記録は残っていないから、それより前に行ったのだろう。ただ、古いガイドブックには記事が残っていた。

なら食べあるきなら食べあるき


1998年版 なら食べあるきには、

ソムリエ厳選のフランスワインから 人気のカルフォルニアワイン まで、常時約50種揃えている。オーナーソムリエのテーマは、「おいしいワインと料理のマリアージュ (結婚) 」。季節毎の美味しいワインと、それに最も合った手づくり料理が手ごろな価格で気軽に楽しめる。

とあり、時代を感じさせる。

店主いわく、ならまちにも物件はあったけれども、このきたまちの方が、落ち着いて自分のスタイルでやっていけそうだと思ってここに決めたとのこと。

立地としては、最高・・・とはいかないが、ぜひとも地元民に愛されながら、この地に根付く店になってほしいと切に願うところである。

店名は、がんばれ!クローバーという意味らしいが、私からも、

がんばれ!きたまちのクローバー!! 

と応援したいと思う。



関連ランキング:ワインバー | 近鉄奈良駅



P.S facebook 教えていただきました。こちら。

↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : バール ワイン フレンチ

category:食べ歩き 奈良市
comment(2) | trackback(0)
記事編集
アレ!! ル トレッフル ~がんばれ!きたまちのクローバー~ 
2014.06.02 Mon 15:38
 
>奈良女子大学の北側、北袋町あたりにワインバーができるようですな.5月の連休あたりとか・・・

という、掲示板で、常連かつ新情報満載のKHさんの書き込みがあったのは3月17日のこと。その後、家から近いこともあって、ランニングのついでや仕事帰り、買い物帰りなど、時をあけず定点観測していたのだが、5月31日にやはりKHさんから、開店しているという書き込みが・・・。

ずっとチェックしていたのに・・・、ここでKHさんから開店情報をいただくとは・・・。

この日(日曜日)はきたまちweekというイベントが行われていて、タンドリ屋やさくらバーガーで軽く食事をして、その他 もろもろの店で雑貨なんかを見たりして、このことはまた時間に余裕があれば記事にしたいと思っているのだが、まあ、なんというか3時のオープンにあわせて行ってみたのである。

アレ!!ル トレッフルアレ!!ル トレッフル


29日の木曜日にプレオープンしたらしく、ルクレールとか、アルナッジョとか、ノモケマナとか、何とか工務店とか、名だたる有名店の祝花が外にも中にも並べられていた。


ちなみに、“アレ!!ル トレッフル” とはフランス語で、

“がんばれ!クローバー”、という意味である。

アレ!!ル トレッフルアレ ル トレッフル


東側は全面ガラス張りで明るく、席はコの字型カウンターだけで約10席。壁にはワインがずらっと並べられ、吊り棚にはワイングラス、ここがワインバーという雰囲気をかもし出している。

前がお好み焼き屋だった面影は全くない。

ちなみにお好み焼きの店、コタローは店主が虫好きで、虫のことを話せば何時間でも話すようななかなか楽しい店であった。もう引退されるのかな・・・?

アレ!!ル トレッフル


ワインのメニューはまだ作っていないということで、グラスワインが500円、700円、800円。聞かなかったが、好みの味を伝えれば、別のものを探してくれるだろうし、ボトルもあるはずである。

食事のメニューは簡単なミックスナッツ300円から、豚足とごぼうの煮込みポート酒とマデラ酒の風味1500円まで20種類。

店主いわく、「簡単なものしかできません」 ということだが、どう考えても凝った料理もありそうだ。


私たちはまずは、私が白ワイン、嫁さんが辛口のジンジャエール、息子がぶどうジュースを注文。

allez!! re trefleallez!! re trefle


白ワインは蔵王スターという山形のもの。普通にぶどうとして食べる完熟したデラウェアとナイアガラを使用したもので、さわやかな甘みがある。

アミューズは水牛のモッツァレラとトマト、オリーブオイルとハチミツを少しかけて。

ぶどうジュースは私が頼んだワイン(500円)より高い600円。アルコールは0ながら、ワインを飲んでいるような味であった。


さて、ここから注文した料理が出てくるのだが、一度には書けそうにないので、もったいぶって後編に続く。



アレ!! ル トレッフル
奈良市北袋町32-5 
0742-20-0660
15:00~23:00
水休 P無
facebookも作られたそうだが、火曜日現在検索しても出てきません。



↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : バール ワイン フレンチ

category:食べ歩き 奈良市
comment(1) | trackback(0)
記事編集
小西町バル Paz ~幸せの昼飲みバル~ 
2013.05.22 Wed 18:59
 
小西通りと東向商店街をつなぐ細い道、ここが、フレンチ、イタリアン、ビストロ、バルの激戦区で、 スクワール、nero、プティ・パリ、ピコレ、チェルビーノと、まるで新世界の串かつ屋ほどの密集ぶりである。

そんな、プチパリなスポットに新たなバルがオープンした。

小西町バルPaz小西町バルPaz


小西町バル Paz

元あった店は、トリタムラッテといって、焼き鳥バルだったが、閉まってしまって、でも、祝花があってよかった。(←ちょっと韻を踏んでみました)

この店、西大寺にある パームカフェ で店長をされていた方が独立して開いた店とのこと。

ちなみに Paz はスペイン語で平和とか安らぎという意味らしい。

小西町バルPaz小西町バルPaz


店内はコの字型のカウンターになっていて、少しだけテーブル席がある。この日はなかったが、店の前にテラス席を設けることも考えておられるよう。

ランチメニューは2種類、プレートランチとオープンサンドランチ。

この日は、久しぶりの友人 (赤ねえ) が奈良に来ていて、大人3人と子どもというメンバー構成だったので、とりあえず、ランチを一つずつ注文。

小西町バルPaz小西町バルPaz


左:プレートランチ
本日のスープ(じゃがいものポタージュ)、若鶏のトマト煮、魚介のマリネ、カポナータ(野菜の煮込み)。サラダ、パンかライス。

右:オープンサンドランチ
牛スネの煮込み、きのこのマリネ、カポナータ。ローストビーフのオープンサンド、パンの上にたっぷりのお肉が乗ってボリュームたっぷり。


・・・で、これで、済むわけがない。

小西町バルPaz小西町バルPaz


さあ、昼飲みの開始だ~。

息子は、ランチにセットで付く、マンゴージュース (100円) 、私はとりあえずのビール、嫁さんと赤ねえは、 スパークリングワイン(ハウメ・セラ) のフルボトルをオーダー。

このワインが、1700円となかなかのお買い得価格。


店員さんに、「アラカルトも注文できますか?」 と聞いたところ、「できないものもありますが、できるものはどうぞ」 と。

小西町バルPaz小西町バルPaz


これはうれしい、バルというからには、「昼からでも一品とアルコールを楽しめなければならん」 と、かの 楢奈良男氏も言っていた。

アラカルトは300円ぐらいからで、高くても1000円ぐらい、1500円とかのものもあるが、これは2~3人前みたいだ。

では、いろいろ頼んで、充実したバルタイムを楽しむことにしよう。(まだ昼だけど…)


ここから先は、本編ともかぶるので、ざっくりと報告したいと思うのだが、

小西町バルpaz小西町バルpaz小西町バルpaz
小西町バルpaz小西町バルPaz小西町バルPaz


左上:牛ホホ肉ワイン煮込み
中上:パテ・ド・カンパーニュ
右上:カジョス (トリッパのトマトピリ辛煮込み)

左下:小海老のアヒージョ
中下:追加の赤ワイン、フルボトル
右下:本日のケーキ (パウンドケーキ)

ほとんど、閉店間際 (ランチタイムの) までタパスをアテに飲んでいたわけだが、帰り際に、「また、夜にも来て下さいね~」 という声をかけていただいた。

これが、一瞬、昼飲みは迷惑だった? という意味にとれたのだが、いやいや、「夜はもっといろいろできるメニューもありますからまた来て下さい」 という意味だろう・・・と、前向きに受け取って、頭の中の “また行きたい店リスト” に加えたのであった。


小西町バルPaz 
奈良市小西町5 アルテ館1F
0742-24-7756
11:30~14:30 17:30~23:00
不定休 P無

↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : ワイン バール

category:食べ歩き 奈良市
comment(0) | trackback(0)
記事編集