何でも食べたい、食べてみたい、美味しいもの、珍しいもの、いろいろ食べた記録。+気になっているもの。
パン工房のら ~宇陀のワイルドなパン屋さん~ 
2012.05.07 Mon 19:13
 
せっかくのGW、うだうだしていても仕方ない。どこかに行きたいな、

そうだ宇陀に行こう。

宇陀にはハードルが高くてなかなか行けないままでいるパン屋さんとインド料理屋さんがある。ぜひともこの機会に制覇したい。

午前9時30分、奈良を出発。混みそうな天理街道や名阪を避けて、高畑から水間を抜け、宇陀には10時40分に着いた。

・・・で、まず最初に訪れたのがこちら。

パン工房のらパン工房のら


パ ン 工 房 の ら

宇陀の中の都会、松山地区からさらに東吉野方面に車を走らせること5分、阿騎野ゴルフクラブを抜け、栗野というところで左折、すっかりハゲハゲになった安全パトロールのお姉さん (写真左) を見つけたら、また左折して約1分、小さな看板が見える (写真右)。

しっかり調べて行かないと絶対見つけられないだろう。

この看板から少し坂道を上がったところに店がある。いや店というより小屋で、商品を並べる棚や支払いカウンターなど店らしきものは一切ない。

パン工房のらパン工房のら


あるのは自家製というレンガ造りの石窯と簡単な椅子とテーブルのセットだけである。

 野良 《「ら」は接尾語。「良」は当て字》
     1 野。野原。 2 田や畑。「―仕事」 (yahoo辞書より)

店名の通りだぜぇ、ワイルドだろ~。 by杉ちゃん

私たちは予約していなかったので (本当は前日の夕方電話したのだが、誰も出なかった)、買えるのかどうか心配ではあったが、予約よりも少し多めに焼いているので、種類は少ないけれど買うことはできるとのこと。

私たちが座って待っていると店主がやってきて、「あと10分ぐらいで焼き上がるので、たけのこでも掘ってきたら」 と息子に鍬を持たせてくれた。さらに 「大きなフキは育てているからあかんけど、小さなフキやったら採ってもええで」 と笑った。

やはりワイルドである。


そうこうするとパンが焼けた。

パン工房のらパン工房のら


店主が窯を開け、中からパンを取り出して、パンパンと叩いて灰を払い落とす。
いかにもずっしりとしたハード系という言葉がピッタリくるようなパンである。

右上から、ピッツァカンパーニュ、ピッツァカルツォーネ、オリーブとチーズとドライトマト、右下から、マンゴーとクリームチーズ、いちじくとナッツ、胡桃とレーズン。下3つの順は自信ない。

待っているときもう一組お客さんが来たので、この中から4つ (ピッツァカンパーニュは2つあったので) 買って、たけのこをもらって、松山地区へ戻ったのであった。

パン工房のらパン工房のら


パン工房 のら
宇陀市大宇陀田原859-1
0745-83-0766
11:00~17:00(売切れ閉店)
水木・毎月28・29日(日曜営業)休
P有 地方発送はTelまたはFaxで。

次の日、朝食でこれらのパンをいただいた。しっかりとした歯ごたえで噛むほどに味わい深いおいしいパンであった。

↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : パン

category:食べ歩き 奈良市外
comment(4) | trackback(1)
記事編集
308 ~山道の途中の石釜焼きパン~ 
2010.02.01 Mon 18:21

国道308号線といえば郡山から南生駒に抜ける山越えのワープ道である。

ワープといえば宇宙戦艦ヤマトで、時間を短縮するための航法として一躍有名になったが、そんなもの本当に出来るのだろうか、怪しいものである。

しかし、私がまだ純粋な子どもだったころ、このワープという言葉が流行っていて、校舎の2階の廊下の端に立って、「ワープ!」と叫んだあと、階段を降りて、一階の廊下を全速力で走り抜け、階段を上がって反対側の廊下の端に立って「ワープ成功!」と叫んだりして全くアホな子どもであった。

それにしても、なぜ 島大介はイスカンダルまでワープしなかったのか。一気に目的地まで行ってしまえば、途中の無駄な争いは避けられたし、何よりも 3日で行って帰って来られた はずである。


納得いかん。



納得いかんが、話を308号線に戻す。

この 酷道 とも言われる山道の途中にステキなパン屋さんがあるとSAVVYで紹介されていた。こういう話は気になる性分なので行ってみた。



私は南生駒側から入ったが、もし行かれる場合は入る道を間違えないでほしい。

あせって一本早く大瀬中の横を曲がってしまうと、南山手台という住宅地をぐるぐる回って元の場所に戻ってしまう。やった私が言うのだから間違いない。

308


「小瀬保険福祉ゾーン」という看板を(南向いて)左折し、足湯をしている人を横目で見ながら、少し進むと、突然道幅が狭くなる。

大きな車でも通れないことはないが、対向車が来たらちょっと困るだろう。また、坂もけっこう急で、運転に自信のない人はやめた方がいいかもしれない。

これが国道とは驚きである。



車もそこそこ多いが、ハイキングで歩いている人もけっこう多い。私が見ただけでも10人はいた。遭難しないように十分気を付けてほしいものである。

中には 腰の曲がったおばあちゃん もいたりしたが、これはきっと、

308


おばあちゃんの着ぐるみを着た若者であろう。


さて、ぐおーんと急な上り坂を登った後、ぐわーっと降りかけたところ、左右に少しばかり家が見えてきたとき、目的のパン屋さんを発見。

308


店名は308。

ほとんど家という感じだが、なんとなく周りの民家よりちょっとシュッとしていたり、人が集まっていたり、おじいちゃんとお孫さんが「いらっしゃいませ」と迎えてくれたりして、ここが店というのがわかる。


ここの面白いところは見本のパンが棚に並んでいて、その下の引き出しから好きなものを取っていくという まるで靴屋さんのようなシステム になっているところである。

308


店内は狭いので基本的に客は一組ずつ順番に入って選ぶことになる。

その間、店主さんがそれぞれのパンを説明してくれるのだが、一つひとつのこだわりが多くて、その場は 「ほおっ」 とうなずくのだが、今となっては頭の中に、カレーパンマンとアンパンマンの映像しか残っていない。 m(_)m

きっと店主の「このカレーパンは…」のときにカレーパンマンを想像し、「このあんパンは…」のときにアンパンマンを思い浮かべていたからであろう。


ボイスレコーダーを持っていけばよかった。


308308


私の後にもお客さんはひっきりなしにやってきた。

しかし、店の外にある釜でどんどん新しいパンが焼かれており、補充もされている。

大阪ナンバーの車もあったりで、SAVVY効果はあるだろうが、一つひとつ丁寧に焼かれたパンを見ると、この人気はまだまだ続くのだろう、とそんな風に思いながら口ずさんでいたのは アンパンマンの主題歌であった。

愛と勇気だけがともだちさ~♪

カレーバンマンは友達じゃないの?


308
大和郡山市矢田町1922-1
090-9696-5021
11:00~16:00(売り切れ終了)
金土日営業 P有

P.S 次の日の朝、買ってきたパンを食べました。カリッとしたベーコンエピ、もっちりした自家製レモンカードのパンなど、どれもおいしかったです。


↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : パン

category:食べ歩き 奈良市外
comment(8) | trackback(0)
記事編集
ノモケマナ~働き者のパン屋さん~ 
2009.12.15 Tue 21:50
息子と朝からボール遊び。私が下投げで投げたふわふわボールをビニールのバットで打つだけのことだが、家が密集しているところや人の多いところではできないからどうしても広いところで、となる。

この日は飛火野の奥まったところで人の迷惑にならないよう謙虚に遊んでいたのだが、いきなり鹿の大群が走ってきたのでびっくりした。

遠くで ルンホの音 が聞こえる。そう、寄せ鹿の時間 だったのだ。

いきなり、業界人のような話しぶりになったのには理由(わけ)がある。

今日紹介するのは、「ナマケモノ」・・・、間違えた、「ノモケマナ」 という業界用語のような店名のパン屋さんだからである。

ノモケマナ


ナマケモノを逆さから読むというのには、当然 「ナマケモノではない=働き者」 という意味がこめられているからであろう。

中学生のとき、親から 「お前はアリとキリギリスのキリギリスや!」 と叱られたことがある私からすれば、「お働きになられます」 とつい二重敬語を使いそうなほど尊敬するところだが、怠け者のパン屋さんだとどうしようもないので、やはり働き者でいいと思います。



このお店、働き者が高じて今年の5月にOPENしてまだ半年ちょっとというのに「Richer」に2回、「エルマガなんと愉快な奈良の本」、「HANAKO west」、その他 観光ガイドブックなど 多数の本・雑誌に掲載され、今をときめく、飛ぶ鳥を落とす勢いの超ウルトラスーパーパン屋さんである。

ノモケマナ


この日は飛火野からスッタカタッタッターとランニングし、この店で朝ご飯を食べようとやってきた。(ほぼ下りなので5分ほどで着いた)

実はこの店テイクアウトだけでなく、簡単なイートインスペースもあって、ドリンクとともに焼きたてのパンをいただくこともできる。



席は店内とテラス席があるが、テラス席は冬は寒い。店内の席はガラスケースのすぐ前で若干落ち着かないが、寒いよりはいいので中の席に着いた。

ノモケマナ
↑季候のいいときはテラス席もいいと思います。


さて、ここは喫茶店というわけではなく、あくまでもパン屋さんなので、メニューはない。カウンターでパンを選び、飲み物を注文する。

息子はいろいろある中からクロワッサンといちじくのスコーンをチョイス。飲み物はレモンサイダー。

ノモケマナ


息子いわく、スコーンは 「すこーんとした味」 ○| ̄|_

ちなみに小学生の息子はクラスの係が お笑い係。定期的にみんなの前で漫才などを披露する係らしい。聞くところによるとマンガ係やなぞなぞ係などもあるらしい。


がんばれ3年1組。 \*´∀`)/



私が選んだのはベーコンエピとオリーブ。そして、ヒーコー。

ノモケマナ


エピはエピっとした食感。

ダメだ、息子に負けてる・・・。

実際はパリッとした食感で、さすがフランスパンである。(←これはどうだ…?)



いや、ここまで書いてきて この店のすばらしさが全然紹介しきれていないような気がするのだが、とにかく、バタケーあたりでグンニーモするのにピッタリのミーセーです。ぜひみなさん、行ってちょんまげ。

オツカレ~っす。

(悪ふざけが過ぎました、どうもすみません)


ノモケマナ
奈良市高畑町1076-1
0742-24-4560
9:00~19:00
火・第2水休
P有



↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : モーニング Cafe パン

category:食べ歩き 奈良市
comment(5) | trackback(0)
記事編集
ラ・ブリク~こんなところにパン屋さん~ 
2009.03.14 Sat 20:26
こんばんは。

高速道路、どこまで乗っても1000円、という うまい話に乗せられて、さぬきうどんツアーを画策しているnaranaraです。

でも、大阪圏と本四連絡橋は別料金ということで、実際いくらで高松まで行けるのか、計算できないので誰か教えてもらえたらうれしいです。



さて、こんなところにこんな店が!と驚くシチュエーションは、さぬきうどんによくあるパターンだが、今日紹介する「ラ・ブリク」も負けず劣らずわかりにくい場所にある。

ラ・ブリク


店の住所は奈良市中町4992-10、阪奈道路の学園前インターを降りて、駅とは反対方向、南へ下り、第二阪奈の手前の点滅信号を左折してすぐのところにある。

一度行ったらたぶん2度目は間違えないと思うのだが、初めてだと、「ここで曲がって大丈夫?」「こんなところに店あんの?」という感じで見つけにくいだろう。



写真の看板から車なら右に、徒歩ならそのまま真っ直ぐに坂を登っていったところに店がある。

ラ・ブリク


この店、初めは近鉄奈良駅からやすらぎの道を南に下った場所にあって、八軒町にもトースト館という支店(?)もあったのだが、窯を焼いてしまって移転したという噂である。

焼く? パン屋さんなら窯焼くのであろうが、窯を焼いてしまってはどうしようもない。



しかし、こんな場所で(失礼)、営業日が月木金(火、土は特注日)の三日間でやっていけるのだからたいしたものである。

おそらく卸での注文もけっこうあると推測される。

ラ・ブリク


ここのパンの特徴は店名の通り、煉瓦窯で焼くこと。


保温性の高い煉瓦窯は、通常よく使われる電気オーブン(窯)等のように熱源をパンに近づけるのではなく、煉瓦の放射熱(遠赤外線)だけを利用しているため、特有の浸透熱によりパンの中心までじっくりほどよく焼き上げることが出来るのです。

このような煉瓦窯で焼かれたパンは、時間経過による味の劣化を最小限にとどめているため、防腐剤、乳化剤等の食品添加物を必要とせず、成長期のお子様にも安心して召し上がっていただくことが出来ます。
 (パンフレットより)


ラ・ブリク


基本的には予約で焼き上げるのだが、窯焼日に店に行くと多めに焼いたパンが並べられ、小売りでも買うことが出来る。

上の写真の右側、天然酵母ブールなどは焼きたてでまだパチパチいっていた。



今回買ったのは、この天然酵母ブールとチョコパン、くるみパン、レモンパン。

ラ・ブリク

チョコパンとくるみパン、レモンパンは子どもたちの朝食にいただいた。

そして、天然酵母ブールは1cmぐらいの厚さに切ってトーストし、このパンのためにわざわざ作ったガーリックバター(正確にはガーリックマーガリン)をつけて夕食にいただいた。


これがまた本当においしくて、あっという間に食べてしまった。

ラ・ブリク

場所、営業時間からなかなか敷居が高そうに思えるかもしれないが、機会があればぜひ行ってもらいたい、奈良を代表するパン屋さんである。


ラ・ブリク
奈良中町4992-10
0742-45-3679
10:00~19:30
日火水土休 P有



↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : パン

category:食べ歩き 奈良市
comment(0) | trackback(0)
記事編集
パネトーネ 
2008.10.28 Tue 21:41
高天の交差点からやすらぎの道(全然やすらがない)を北へ少し歩いたところにある老舗のパン屋さん。


パネトーネ フランスパン


パネトーネ



ここの名物は看板にもあるように、

大仏あんぱん
 (-ι_- 3)


パネトーネ




どれぐらいの重さがあるかというと、


パネトーネ


320g ……  (^◇^ ;)

普通のあんパンはいったい何gぐらいなのだろうといろいろと調べてみると、

だいたい60gぐらいが多いようだ。

…ということは普通のあんパン5個と3分の一。 アンパンマンアンパンマンアンパンマンアンパンマンアンパンマン




では、中のあんが何gかも量ってみた。



ぱかっ。

パネトーネ




ぽてっ。



パネトーネ



330g。


皿の重さが100gだったので、



パネトーネ


あんの重さ230g

全体で320g、あん230g、ということはパン生地が90gか…。


一個食べたら確実に血糖値が上がるな…。

いやそれ以前に1個食えんな。 (_ _,)/~~  


(この後、もとにもどして美味しくいただきました。)


それ以外にもミニあんドーナッツやアンコがお腹に詰まったたい焼きなど、あんを使ったメニューがいろいろ。

パネトーネ


アンコ好きにはおすすめです。


パネトーネ
奈良市高天市町17
0742-27-1601
6:00~18:30
木午後休 P無


パネトーネ




↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : パン

category:食べ歩き 奈良市
comment(2) | trackback(0)
記事編集