何でも食べたい、食べてみたい、美味しいもの、珍しいもの、いろいろ食べた記録。+気になっているもの。
ラ・トラース ~奈良に新たな足跡を~ 
2017.10.21 Sat 22:39
 
平日に休み。 (←何と素敵な響きか)

そんな日はちょっといい店に行こうと嫁さんと決めている。

ささやかな楽しみ。

これまで、このパターンで、而今、リストランテ オルケストラータ、登大路ホテルなどに行った。(詳しくは奈良グルメ図鑑参照

これらの店を予約するとき、いつも満席で断られていた店があった。

ラ・トラースラ・トラース


ラ・トラース

この度、めでたく予約が取れた。

店に着いたのは12時40分、これも店から指定された時間である。

おそらく、この日も予約で一杯だったのであろう。(実際、満席であった)

ランチ、ディナーとも旬の素材を使ったおまかせのコースのみ、今回は4500円のランチコースとシャンパーニュとワイン2種を料理に合わせて楽しむことができるワインペアリングをいただいた。

ラ・トラースラ・トラース


左:アミューズ
広陵町の百済農園の雪化粧かぼちゃをスープとムースの二層仕立てに。さらっとしたスープの下に少し固めのムース、二つの食感が楽しめる。百済農園の胡麻とふわっと胡麻油の香り。

右:ジャン ・ヴェッセル
アミューズと前菜に合わせて。淡いピンク色をしたシャンパーニュ。ほんのりとした甘みと酸味のバランスがいい。

ラ・トラースラ・トラース


左:前菜
和歌山産一本釣りの鰆。カラマンシービネガー(柑橘系)で風味付けしたの大根のラペ。グリュイエールチーズをたっぷりおろしかけて。レモンの皮の香り。、燻製のグリーンペッパー。ナスタチウム。

右:パン
自家製のライ麦パン。バターの代わりに 「ラッテたかまつ」 の水切りしたケフィアヨーグルトが付く。食べきると 「おかわりはいかがですか?」 と聞いてくれる。

ラ・トラースラ・トラース


左:魚料理
金目鯛のうろこ焼きは皮のパリパリとした食感が楽しい。百済農園の茄子のピューレは焼茄子風味、皿のまわりに粉のマドラスカレーを散らして。

右:ピノノワール ル シャピトル
「魚料理に赤ワイン?」 と聞くと、「茄子の風味に合わせて」 とのこと。力強い味わい。

ラ・トラースラ・トラース


左:メインディッシュ
五條市、泉澤農園のばあく豚のロースト。香りごぼうのピューレに大和肉鶏で取ったフォン。山椒、ポワロ葱、クレソン。周りにピメンデスプレットトというバスク地方で生産される唐辛子の粉末を散らす。

右:コルビエール クラシック
肉料理に合わせて。フルーティーだが、シラー独特のしっかりとした味わいの赤ワイン。

ラ・トラース


デザート
アルマニャックを加えたマロンクリーム、マダガスカル産のチョコレートを使ったガナッシュ、さくっとしたロイヤルティーヌ、ベリーのアイス。奈良の栗のブレゼ。

ラ・トラースラ・トラース


左:コーヒー
フグレンのノルディックロースト(浅煎り)。注文を受けてからハンドドリップで抽出する。

右:和紅茶
大和高原都祁南之庄町にある羽間農園の「自然発酵紅茶」。上品で、どこか懐かしい味わい。


どこで、誰が、どんな想いで作ったかストーリーのある素材はそれだけで魅力的です。

私たちはどのような過程を経て自分たちのところにやって来たか、ルーツを辿れる食材を探す事から始めました。

四方を山々で囲まれた奈良は、幸運な事に市街地から車でほんの30分程走れば清流の流れる山里があり、野菜、お肉、卵、お茶に至るまで熱意ある生産者さん達がいらっしゃいます。

私たちは生産者さん達の温もりが感じられる食材達に敬意を払い、自然に感謝をして、「奈良でこそ楽しめるお料理」で皆様をおもてなしさせて頂きたいと思っております。

そしてロゴの時計が表すように、作り手さんが素材の為に捧げた時間と、LA TRACEでの時間が「食の大切さ」を考えるきっかけになれれば幸いです。
HPより。)


店名はフランス語で「足跡」。

食材がどこから来たのかがわかること、そして、生産者に敬意を表して、というのが店名の理由とのこと。

これからの奈良に、どんどん新たな 「足跡」 を残してください。

ラ・トラース
住所 奈良市大宮町2-1-5
電話番号 0742-33-4000
営業時間 12:00~15:00 18:00~21:30
定休日 日曜日 第1・第3月曜日
駐車場 無
ホームページ HP facebook




↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : フレンチ

category:食べ歩き 奈良市
comment(0) | trackback(0)
記事編集
アレ!! ル トレッフル ~がんばれきたまちのクローバー・後編~ 
2014.06.07 Sat 17:24
 
さて、ここからはいただいた料理を中心に書いていきたい。

AllezLeTrefleAllezLeTrefle


左:シャンツァイのサントモールチーズのアンサンブル
香菜といえば別名パクチーと呼ばれ、独特の臭いで好き嫌いがはっきり分かれるハーブである。これにやはりクセのあるシェーブル (山羊) チーズを合わせるとはなかなか大胆な組み合わせである。

右:砂肝とハートのコンフィ
コンフィは低温の脂ででじっくりと火を入れる調理法。白でも赤でも、日本酒とか、焼酎でも合いそうな味である。←何でもいいだけ。

AllezLeTrefleAllezLeTrefle


左:辛口!!はちのすとあかせんのやわらか煮こみ
デミのようなこってりとしたソースにとろとろに煮こんだハチノスとあかせん。ぺぺというイタリアの唐辛子を刻んで辛味を出している。

右: ジャン=リュック·コロンボ ミツバチ 2011
ちょうど白ワインがなくなったころに上の料理が出てきたものだから、やはり、ここは赤ワイン、ということでいただいたのがこちら。

グラスワインは、滋賀のにごりワインと山梨ワイン、フランスワインとあったが、コクがあるというこの品にする。


3時に入店したこともあって、客は私たちだけであった。そのおかげでいろいろと店主と話をすることができた。

私が、「以前どこかで店をされていましたか?」 と、まあ、ぶしつけな質問をしたら、東生駒の ル・グロッシャ という店をされていたとのこと。

ル・グロッシャなら、私も知っている。

私がHPを立ち上げて、食べたものの写真を撮り始めたのが2000年ごろ、ル・グロッシャの記録は残っていないから、それより前に行ったのだろう。ただ、古いガイドブックには記事が残っていた。

なら食べあるきなら食べあるき


1998年版 なら食べあるきには、

ソムリエ厳選のフランスワインから 人気のカルフォルニアワイン まで、常時約50種揃えている。オーナーソムリエのテーマは、「おいしいワインと料理のマリアージュ (結婚) 」。季節毎の美味しいワインと、それに最も合った手づくり料理が手ごろな価格で気軽に楽しめる。

とあり、時代を感じさせる。

店主いわく、ならまちにも物件はあったけれども、このきたまちの方が、落ち着いて自分のスタイルでやっていけそうだと思ってここに決めたとのこと。

立地としては、最高・・・とはいかないが、ぜひとも地元民に愛されながら、この地に根付く店になってほしいと切に願うところである。

店名は、がんばれ!クローバーという意味らしいが、私からも、

がんばれ!きたまちのクローバー!! 

と応援したいと思う。



関連ランキング:ワインバー | 近鉄奈良駅



P.S facebook 教えていただきました。こちら。

↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : バール ワイン フレンチ

category:食べ歩き 奈良市
comment(2) | trackback(0)
記事編集
アレ!! ル トレッフル ~がんばれ!きたまちのクローバー~ 
2014.06.02 Mon 15:38
 
>奈良女子大学の北側、北袋町あたりにワインバーができるようですな.5月の連休あたりとか・・・

という、掲示板で、常連かつ新情報満載のKHさんの書き込みがあったのは3月17日のこと。その後、家から近いこともあって、ランニングのついでや仕事帰り、買い物帰りなど、時をあけず定点観測していたのだが、5月31日にやはりKHさんから、開店しているという書き込みが・・・。

ずっとチェックしていたのに・・・、ここでKHさんから開店情報をいただくとは・・・。

この日(日曜日)はきたまちweekというイベントが行われていて、タンドリ屋やさくらバーガーで軽く食事をして、その他 もろもろの店で雑貨なんかを見たりして、このことはまた時間に余裕があれば記事にしたいと思っているのだが、まあ、なんというか3時のオープンにあわせて行ってみたのである。

アレ!!ル トレッフルアレ!!ル トレッフル


29日の木曜日にプレオープンしたらしく、ルクレールとか、アルナッジョとか、ノモケマナとか、何とか工務店とか、名だたる有名店の祝花が外にも中にも並べられていた。


ちなみに、“アレ!!ル トレッフル” とはフランス語で、

“がんばれ!クローバー”、という意味である。

アレ!!ル トレッフルアレ ル トレッフル


東側は全面ガラス張りで明るく、席はコの字型カウンターだけで約10席。壁にはワインがずらっと並べられ、吊り棚にはワイングラス、ここがワインバーという雰囲気をかもし出している。

前がお好み焼き屋だった面影は全くない。

ちなみにお好み焼きの店、コタローは店主が虫好きで、虫のことを話せば何時間でも話すようななかなか楽しい店であった。もう引退されるのかな・・・?

アレ!!ル トレッフル


ワインのメニューはまだ作っていないということで、グラスワインが500円、700円、800円。聞かなかったが、好みの味を伝えれば、別のものを探してくれるだろうし、ボトルもあるはずである。

食事のメニューは簡単なミックスナッツ300円から、豚足とごぼうの煮込みポート酒とマデラ酒の風味1500円まで20種類。

店主いわく、「簡単なものしかできません」 ということだが、どう考えても凝った料理もありそうだ。


私たちはまずは、私が白ワイン、嫁さんが辛口のジンジャエール、息子がぶどうジュースを注文。

allez!! re trefleallez!! re trefle


白ワインは蔵王スターという山形のもの。普通にぶどうとして食べる完熟したデラウェアとナイアガラを使用したもので、さわやかな甘みがある。

アミューズは水牛のモッツァレラとトマト、オリーブオイルとハチミツを少しかけて。

ぶどうジュースは私が頼んだワイン(500円)より高い600円。アルコールは0ながら、ワインを飲んでいるような味であった。


さて、ここから注文した料理が出てくるのだが、一度には書けそうにないので、もったいぶって後編に続く。



アレ!! ル トレッフル
奈良市北袋町32-5 
0742-20-0660
15:00~23:00
水休 P無
facebookも作られたそうだが、火曜日現在検索しても出てきません。



↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : バール ワイン フレンチ

category:食べ歩き 奈良市
comment(1) | trackback(0)
記事編集
フレンチレンジ ~フレンチ?ラーメン?後編~ 
2012.07.26 Thu 17:53
 
麺を食べた後、締めにごはんが出る、といえば、鍋みたいだ。
それぞれ、残しておいたスープをかけていただく。

まずは、ミネストローネらあめんのライスコロッケ。

フレンチレンジフレンチレンジ


トマト味のライスを揚げてあるので、トマトベースのミネストローネともよく合う。
イタリア料理のスップリ風、中から溶けたチーズがこんにちは。

次に、オニオンスープらあめんの牛ホホ肉のハヤシライス。

フレンチレンジフレンチレンジ


まずはそのままでいただき、その後スープをかけて食べる。
赤ワインがきいたホホ肉はよく煮込まれてやわらかい。

そして、スープドポワソンらあめんの海老のクリームコロッケのっけごはん。

フレンチレンジフレンチレンジ


とろとろの海老クリームコロッケ、海老×海老の組み合わせ。
最後まで海老づくしのコースである。

最後にデザート。+350円。

フレンチレンジフレンチレンジ


左:マスカルポーネアイスクリーム
エスプレッソのソースがけ。甘いアイスに苦みが加わって大人の味。

右:チョコムース
オリーブオイルをかけるというのがおもしろい。ちなみに後ろに移っているのはエスプレッソ、150円でいただける。


実はこのブログを遅々と書いているうちに、もう一度行く機会に恵まれた。
もちろん、前回いただくことができなかったあさりの白ワイン蒸しらあめんをオーダー。

フレンチレンジフレンチレンジ


一口スープをすすった後の息子の感想、「あさりの酒蒸しの味や」 そりゃそうだろう、酒かワインかの違いはあれ、似たようなもんだろう。あさりだけにあっさり・・・


さて、これでラーメン4種類をすべていただいたわけだが、気付いたことがある。

まず、4種類のラーメンはスープ麺2種類、つけ麺2種類となっている。
そして、その2種類がそれぞれ、こってりとあっさりになっているのだ。

こってり×スープ麺=ミネストローネらあめん
あっさり×スープ麺=あさりワイン蒸しらあめん
こってり×つけ麺=オニオンスープらあめん
あっさり×つけ麺=スープドポワソンらあめん

麺もこってりは平打ち太麺の14番、あっさりは全粒粉入り細麺の22番と使い分けられている。計算されたメニュー構成だったわけだ。

フレンチレンジフレンチレンジ


あさり白ワイン蒸しらあめんの締めごはんはミンチカツのせごはん。
あさりのスープをかけるとさらっとお茶漬け風になる。

そして、これも前回売り切れだったデザートのクレームブリュレ。

フレンチレンジフレンチレンジ


さて、店名が“オレンジ・レンジ” を意識していることは想像に難くない。
しかし、それだけでつけられたわけでもあるまい。

“range” にはいくつか意味があるが、この店の場合、「活動・知識・経験などの及ぶ範囲,区域,広がり」にあたるのではないか。

フ レ ン チ の 範 囲 ・ 広 が り

今までのフレンチの枠を飛び出して、ラーメンとの融合を目指すといった・・・。

French? Rarmen? Don't think Feel!
フレンチなのかラーメンなのか、深く考えるべからず。


というキャッチコピーからも、何かの既成概念におさまるのではなく、新しいものにチャレンジしようというシェフの心意気が伝わってくる。

頭で考えるな、感じろ!

これからの展開を大いに期待しつつ、楽しみにしたいと思う。

↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

タグ : ラーメン フレンチ

category:食べ歩き 奈良市
comment(3) | trackback(0)
記事編集
フレンチレンジ ~フレンチ?ラーメン?前編~ 
2012.07.21 Sat 17:46
 
掲示板などで話題のフレンチレンジ。(KHさん、いろいろと情報ありがとうございました。)

奈良のフレンチの老舗、ル・クレールにおられた内野シェフが、京都にフレンチらあめんガスパールを開店、人気を博すもほどなくして閉店、奈良に凱旋を果たし開店、とめまぐるしい展開。

フレンチレンジフレンチレンジ


場所は、麺人ばろむ庵 というこれも人気のラーメン店の隣。

ラ-メン屋の隣にラ-メン屋 ということで、話題になったが、考えれば、近くにはうどんの名店 「重乃井」 や 「はらぺこ」 などもあり、うまいもん屋が多い地域でもある。ついでに言うと、おニャン子クラブもある。

いずれは行列店になろうかという期待の新星ではあるが、12時半頃行ったら、あっさりと入店できた。

中は1階が待合いのようなスペースで、階段の登った2階にダイニングスペースがある。

と、ここで発見。

フレンチレンジフレンチレンジ


ばろむ庵からお花が届けられていた。

さすが、正義のエージェント、友情を大切にする義理堅い心が伝わってくる。


店内はフレンチというだけあって、おしゃれな雰囲気、テーブルとテーブルの間隔も広い。
私たちは生涯学習センターの駐車場を眼下に見る窓際の席に案内された。

メニューは4種類、どれもいただきたいものばかりだったが、3人だったので、今回は3種類にしておく。

まずは “すべてのメニューにつく” という付きだしのハムのムースとプチパン。


フレンチレンジフレンチレンジ


ムースを一口いただくと、なんということでしょう~ 口の中がハムである。

自分の表現力の乏しさが情けないが、ムースの食感で味がハム、という、ゆで卵だと思ったら生卵 (全然違うか?) 見た目と味のギャップが楽しい一品。


まずは、メニュー一番上のミネストローネらあめん。

フレンチレンジフレンチレンジ
フレンチレンジフレンチレンジ


まず、ラーメンが運ばれてきて、その後、仕上げにと焦がしバターがかけられる。
最初からかけられているのではなく、テーブルでかけるところが演出である。

豚ミンチのワンタンが5つも乗って、麺は太め、野菜たっぷりとけっこうなボリューム。
焦がしバターが香ばしさとコクを加えている。スープはスプーンでいただくのがフレンチ流。


次はオニオンスープらあめん。

フレンチレンジフレンチレンジ


スープはオニオンスープ、これにこれでもかというぐらいの具が乗っている。
豚肉のロースト、ベーコン、温泉卵、バゲット、チーズ・・・。

二郎ラーメンをフレンチにアレンジしたかのような、こってり、具だくさんのラーメンである。
それでも、こってりが苦手な嫁さんが、「おいしい」 と言ったのだから、高い次元で調和しているのだろう。


最後はスープ・ド・ポワソンらあめん。(これだけハーフ)

フレンチレンジフレンチレンジ
フレンチレンジフレンチレンジ


ボキャブラリーが乏しいことを開き直って、この味を書き表すと、とにかく、

海老・蝦・エビ・えび。

100尾の海老を1尾に凝縮してスープにしましたというような感じ、と言ったら伝わるか。

前の二つの麺とは違い、全粒粉の細麺、冷凍レモンをおろしかけるという演出もさわやかで、オニオンスープラーメンがこってりなら、こちらはあっさりと行った趣である。


さて、この後、〆のご飯、デザートと続くのだが、長いので、後編へ続く。

フレンチレンジ

ごめん。


フレンチレンジ
奈良市杉ヶ町27-1
0742-26-6005
11:00~14:30 17:30~20:30
金休 P無

↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

タグ : ラーメン フレンチ

category:食べ歩き 奈良市
comment(4) | trackback(0)
記事編集