何でも食べたい、食べてみたい、美味しいもの、珍しいもの、いろいろ食べた記録。+気になっているもの。
アレ!! ル トレッフル ~がんばれきたまちのクローバー・後編~ 
2014.06.07 Sat 17:24
 
さて、ここからはいただいた料理を中心に書いていきたい。

AllezLeTrefleAllezLeTrefle


左:シャンツァイのサントモールチーズのアンサンブル
香菜といえば別名パクチーと呼ばれ、独特の臭いで好き嫌いがはっきり分かれるハーブである。これにやはりクセのあるシェーブル (山羊) チーズを合わせるとはなかなか大胆な組み合わせである。

右:砂肝とハートのコンフィ
コンフィは低温の脂ででじっくりと火を入れる調理法。白でも赤でも、日本酒とか、焼酎でも合いそうな味である。←何でもいいだけ。

AllezLeTrefleAllezLeTrefle


左:辛口!!はちのすとあかせんのやわらか煮こみ
デミのようなこってりとしたソースにとろとろに煮こんだハチノスとあかせん。ぺぺというイタリアの唐辛子を刻んで辛味を出している。

右: ジャン=リュック·コロンボ ミツバチ 2011
ちょうど白ワインがなくなったころに上の料理が出てきたものだから、やはり、ここは赤ワイン、ということでいただいたのがこちら。

グラスワインは、滋賀のにごりワインと山梨ワイン、フランスワインとあったが、コクがあるというこの品にする。


3時に入店したこともあって、客は私たちだけであった。そのおかげでいろいろと店主と話をすることができた。

私が、「以前どこかで店をされていましたか?」 と、まあ、ぶしつけな質問をしたら、東生駒の ル・グロッシャ という店をされていたとのこと。

ル・グロッシャなら、私も知っている。

私がHPを立ち上げて、食べたものの写真を撮り始めたのが2000年ごろ、ル・グロッシャの記録は残っていないから、それより前に行ったのだろう。ただ、古いガイドブックには記事が残っていた。

なら食べあるきなら食べあるき


1998年版 なら食べあるきには、

ソムリエ厳選のフランスワインから 人気のカルフォルニアワイン まで、常時約50種揃えている。オーナーソムリエのテーマは、「おいしいワインと料理のマリアージュ (結婚) 」。季節毎の美味しいワインと、それに最も合った手づくり料理が手ごろな価格で気軽に楽しめる。

とあり、時代を感じさせる。

店主いわく、ならまちにも物件はあったけれども、このきたまちの方が、落ち着いて自分のスタイルでやっていけそうだと思ってここに決めたとのこと。

立地としては、最高・・・とはいかないが、ぜひとも地元民に愛されながら、この地に根付く店になってほしいと切に願うところである。

店名は、がんばれ!クローバーという意味らしいが、私からも、

がんばれ!きたまちのクローバー!! 

と応援したいと思う。



関連ランキング:ワインバー | 近鉄奈良駅



P.S facebook 教えていただきました。こちら。

↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : バール ワイン フレンチ

category:食べ歩き 奈良市
comment(2) | trackback(0)
記事編集
アレ!! ル トレッフル ~がんばれ!きたまちのクローバー~ 
2014.06.02 Mon 15:38
 
>奈良女子大学の北側、北袋町あたりにワインバーができるようですな.5月の連休あたりとか・・・

という、掲示板で、常連かつ新情報満載のKHさんの書き込みがあったのは3月17日のこと。その後、家から近いこともあって、ランニングのついでや仕事帰り、買い物帰りなど、時をあけず定点観測していたのだが、5月31日にやはりKHさんから、開店しているという書き込みが・・・。

ずっとチェックしていたのに・・・、ここでKHさんから開店情報をいただくとは・・・。

この日(日曜日)はきたまちweekというイベントが行われていて、タンドリ屋やさくらバーガーで軽く食事をして、その他 もろもろの店で雑貨なんかを見たりして、このことはまた時間に余裕があれば記事にしたいと思っているのだが、まあ、なんというか3時のオープンにあわせて行ってみたのである。

アレ!!ル トレッフルアレ!!ル トレッフル


29日の木曜日にプレオープンしたらしく、ルクレールとか、アルナッジョとか、ノモケマナとか、何とか工務店とか、名だたる有名店の祝花が外にも中にも並べられていた。


ちなみに、“アレ!!ル トレッフル” とはフランス語で、

“がんばれ!クローバー”、という意味である。

アレ!!ル トレッフルアレ ル トレッフル


東側は全面ガラス張りで明るく、席はコの字型カウンターだけで約10席。壁にはワインがずらっと並べられ、吊り棚にはワイングラス、ここがワインバーという雰囲気をかもし出している。

前がお好み焼き屋だった面影は全くない。

ちなみにお好み焼きの店、コタローは店主が虫好きで、虫のことを話せば何時間でも話すようななかなか楽しい店であった。もう引退されるのかな・・・?

アレ!!ル トレッフル


ワインのメニューはまだ作っていないということで、グラスワインが500円、700円、800円。聞かなかったが、好みの味を伝えれば、別のものを探してくれるだろうし、ボトルもあるはずである。

食事のメニューは簡単なミックスナッツ300円から、豚足とごぼうの煮込みポート酒とマデラ酒の風味1500円まで20種類。

店主いわく、「簡単なものしかできません」 ということだが、どう考えても凝った料理もありそうだ。


私たちはまずは、私が白ワイン、嫁さんが辛口のジンジャエール、息子がぶどうジュースを注文。

allez!! re trefleallez!! re trefle


白ワインは蔵王スターという山形のもの。普通にぶどうとして食べる完熟したデラウェアとナイアガラを使用したもので、さわやかな甘みがある。

アミューズは水牛のモッツァレラとトマト、オリーブオイルとハチミツを少しかけて。

ぶどうジュースは私が頼んだワイン(500円)より高い600円。アルコールは0ながら、ワインを飲んでいるような味であった。


さて、ここから注文した料理が出てくるのだが、一度には書けそうにないので、もったいぶって後編に続く。



アレ!! ル トレッフル
奈良市北袋町32-5 
0742-20-0660
15:00~23:00
水休 P無
facebookも作られたそうだが、火曜日現在検索しても出てきません。



↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : バール ワイン フレンチ

category:食べ歩き 奈良市
comment(1) | trackback(0)
記事編集
小西町バル Paz ~幸せの昼飲みバル~ 
2013.05.22 Wed 18:59
 
小西通りと東向商店街をつなぐ細い道、ここが、フレンチ、イタリアン、ビストロ、バルの激戦区で、 スクワール、nero、プティ・パリ、ピコレ、チェルビーノと、まるで新世界の串かつ屋ほどの密集ぶりである。

そんな、プチパリなスポットに新たなバルがオープンした。

小西町バルPaz小西町バルPaz


小西町バル Paz

元あった店は、トリタムラッテといって、焼き鳥バルだったが、閉まってしまって、でも、祝花があってよかった。(←ちょっと韻を踏んでみました)

この店、西大寺にある パームカフェ で店長をされていた方が独立して開いた店とのこと。

ちなみに Paz はスペイン語で平和とか安らぎという意味らしい。

小西町バルPaz小西町バルPaz


店内はコの字型のカウンターになっていて、少しだけテーブル席がある。この日はなかったが、店の前にテラス席を設けることも考えておられるよう。

ランチメニューは2種類、プレートランチとオープンサンドランチ。

この日は、久しぶりの友人 (赤ねえ) が奈良に来ていて、大人3人と子どもというメンバー構成だったので、とりあえず、ランチを一つずつ注文。

小西町バルPaz小西町バルPaz


左:プレートランチ
本日のスープ(じゃがいものポタージュ)、若鶏のトマト煮、魚介のマリネ、カポナータ(野菜の煮込み)。サラダ、パンかライス。

右:オープンサンドランチ
牛スネの煮込み、きのこのマリネ、カポナータ。ローストビーフのオープンサンド、パンの上にたっぷりのお肉が乗ってボリュームたっぷり。


・・・で、これで、済むわけがない。

小西町バルPaz小西町バルPaz


さあ、昼飲みの開始だ~。

息子は、ランチにセットで付く、マンゴージュース (100円) 、私はとりあえずのビール、嫁さんと赤ねえは、 スパークリングワイン(ハウメ・セラ) のフルボトルをオーダー。

このワインが、1700円となかなかのお買い得価格。


店員さんに、「アラカルトも注文できますか?」 と聞いたところ、「できないものもありますが、できるものはどうぞ」 と。

小西町バルPaz小西町バルPaz


これはうれしい、バルというからには、「昼からでも一品とアルコールを楽しめなければならん」 と、かの 楢奈良男氏も言っていた。

アラカルトは300円ぐらいからで、高くても1000円ぐらい、1500円とかのものもあるが、これは2~3人前みたいだ。

では、いろいろ頼んで、充実したバルタイムを楽しむことにしよう。(まだ昼だけど…)


ここから先は、本編ともかぶるので、ざっくりと報告したいと思うのだが、

小西町バルpaz小西町バルpaz小西町バルpaz
小西町バルpaz小西町バルPaz小西町バルPaz


左上:牛ホホ肉ワイン煮込み
中上:パテ・ド・カンパーニュ
右上:カジョス (トリッパのトマトピリ辛煮込み)

左下:小海老のアヒージョ
中下:追加の赤ワイン、フルボトル
右下:本日のケーキ (パウンドケーキ)

ほとんど、閉店間際 (ランチタイムの) までタパスをアテに飲んでいたわけだが、帰り際に、「また、夜にも来て下さいね~」 という声をかけていただいた。

これが、一瞬、昼飲みは迷惑だった? という意味にとれたのだが、いやいや、「夜はもっといろいろできるメニューもありますからまた来て下さい」 という意味だろう・・・と、前向きに受け取って、頭の中の “また行きたい店リスト” に加えたのであった。


小西町バルPaz 
奈良市小西町5 アルテ館1F
0742-24-7756
11:30~14:30 17:30~23:00
不定休 P無

↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : ワイン バール

category:食べ歩き 奈良市
comment(0) | trackback(0)
記事編集
サン・ヴァンサン ~たまの電車通勤で飲んで帰る話~ 
2013.05.15 Wed 20:18
 
普段が自動車通勤だから、電車で通勤する人をうらやましく思う。

もちろん、ラッシュアワーでギュウギュウ詰めになったり、雨の日でも駅まで歩かなければならなかったり、電車通勤の苦労もあるだろう。

気楽な車通勤しながら何を言うか、とお叱りを受けるかもしれないが、しかし・・・、

“仕事帰りに一杯” を、やってみたいのだ。

この日、たまたま、珍しく、車を置いてきて、学園前で、仕事が終わった。

・・・となると、この “長年の夢” (←おおげさ) をかなえるチャンスである。


学園前の北側、駅の近くは、私にとって魅力的な店が少ないので、もう少し、歩いて、見つけたのがこちら。

サン・ヴァンサンサン・ヴァンサン


サン・ヴァンサン saint vincent~

場所は学園前駅から北へ歩いて約5分、ややこしい五叉路を少し入ったところにある。この店、ワインショップに併設した店で、元は生駒にあったらしい。

ちなみに、サンヴァンサンは、フランス語で、“ワインの神様” という意味、また、地名としてもいくつかある。


店内に入ると、誰もいない・・・、 5時半ぐらいだったから仕方ない。

ちょっととまどって、テーブル席に着こうとしたら、「カウンターへどうぞ」 と言われた。


注文は決まっていた。表のメニューにあった 7時までのメニュー、スターターセット。

サン・ヴァンサンサン・ヴァンサン


シャンパーニュor白ワイン+アミューズ+本日の料理一品。

ワインは白を選び、注がれたのはBASAブランコ 2009、すっきりとしたスペインのワイン。

フレッシュ・モッツァレラ・ブッファラ(水牛)と渦トマトのカプレーゼ仕立て

渦トマトは徳島産の中玉トマト、さっぱりとした甘みが特徴。水牛のチーズは臭みがあるのかと思ったら、全くなく、あっさりとした味。

チーズに関しては、チーズを語らせると朝までしゃべれるというスタッフがいるそうだが、この日はいなかった。よかった。

聞くところによると、臭みのあるのは、発酵のさせかたが悪いのであって、ここのチーズは一番いい状態になる直前のものを空輸しているとのこと。チーズにも相当なこだわりがあるようだ。

オリーブとドライトマトのオムレツ

注文してから焼くので温かいものが出される。


この日、カウンターにおられたのは、店主なのかどうかはわからないが、ソムリエだとは言っておられた。

他に客がいない中、一人カウンターに座った私に、ワインの話、チーズの話、店が奥まっているので、あまり知られていないという話、facebookをしているが、“いいね” を押してもらえない話・・・、いろいろと話して下さった。でも、くどいわけでもなく好感の持てる対応であった。

サン・ヴァンサンサン・ヴァンサン


メニューを見ると煮込み料理などもあり、ランチなどもあるので、また来たいな、とそんなことを思った店であった。

そして、この話は、さらに続く・・・。


サン・ヴァンサン
奈良市学園朝日町2-2 米田ビル 1F
0742-51-3888
平日11:30~13:30 (ランチ)
17:00~23:00 土日祝 14:00~
月休(祝営業翌休)
P有 HP

↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : ワイン バール

category:食べ歩き 奈良市
comment(4) | trackback(0)
記事編集
ワインの王子様 ~試飲が超楽しい~ 
2012.10.18 Thu 17:40
 
息子の英検に付き添って女子大へ行く・・・といっても、女子大は家からも近く庭のようなもので、いやいや女子大が庭なんてまた大きく出たな、と突っ込まれそうだが、まあそんなところである。 どんなところや?

試験は10時に始まり、11時10分に終わる。その間、嫁さんと近くをうろうろする・・・で、入ったのがこちらのお店。

ワインの王子様ワインの王子様


ワ イ ン の 王 子 様

王子様といえば、テニスの王子様とか、カレーの王子様とか、ハンカチ王子にハニカミ王子、ポッチャリ王子に監禁王子 (←これは犯罪) といろいろあるが、ここはワインの王子様である。


もとは造り酒屋だった建物を昔の雰囲気を残したままリノベーション、渋い感じのワインショップとして7月にオープン。

ワインの王子様ワインの王子様


ここでは世界14カ国、1000種類、3000本のワインがそろっているとのこと。

安いもので700円ぐらいから、高いものなら何万円もするものまであるが、その中から16種類のワインは試飲することができる。

これが500円で27個分のスタンプカードを買い、飲むたびにスタンプを押していくという、

超楽しそうなシステムで、早速いただくことにした。

ワインの王子様ワインの王子様


スタンプは安いもの (といってもボトル1800円ぐらい) で、30cc4個から、高いものなら、30cc8個 (ボトル5000円ぐらい) まで。

では、まずはベルギービール。 ・・・って、試飲やないんかい!

実はここ、生樽のベルギービールがいただける。3種類のうち、1種類が品切れだったが、ブルッグス・ゾット ブロンドをいただいた。

ブリュッセルから電車で約1時間。水の都ブルージュの町にあるドゥ・ハルヴ・マーン醸造所で造られる、このベルギービールは、心地よいフルーティーな香りとフレッシュなホップの風味、最後にくる苦味が最高のハーモニーの「これぞベルギービール!」という大人気のビールです!

ワインの王子様ワインの王子様


ワインの方だが、名前を見ても ちんぷんかんぷんなのでアドバイザーに “こんな感じ” と伝えるのがよさそう。

私たちがお願いしたのは、「甘めの白」と「重めの赤」 とバラバラなものだったが、それでもピッタリのものを選んでいただいた。

左:ピースポーター・ミヒェルスベルグ リースリング・アウスレーゼ
モーゼルワインの中でも特に人気のピースポート村の房選りワイン。瑞々しく、フレッシュ感溢れる甘口で、デザートワインとしても最適です。

右:ピーターレーマン バロッサ・カベルネソーヴィニヨン・メルロ・アートシリーズ
プラム、ダーク・チェリー、土、黒胡椒、桑の実、ラズベリー、スパイスのアロマにミネラルの口当たり、適度なタンニンが良い長い余韻を生む良質なワイン。


さて、まだ後19ポイントも残っている。

ワインの王子様ワインの王子様


ロゼも飲みたいな、今度はさっぱりした白で。

左左:サングレ・デ・トロ・ホワイト
白い花や熟したりんご、洋ナシ、桃のようなフルーティーな香りでシトラスを思わせる爽やかな味わいのすっきりとした白です。

左右:トレオン・デ・パレデス ロゼ ヴァレ・デ・レンゴ
ほのかなジャムと完熟したラズベリーやイチゴの香りが感じられます。フルボディでみずみずしい果実のほのかな甘みと爽やかな酸味のバランスのとれた味わいです。


しっかりした赤と残ったポイントで飲めるもの。

右左:バサリン バルバレスコ
特別日当たりの良いバサリンの畑で栽培されたネッピオーロならではの輝きがあり、1年以上かける大樽での長期マセラシオンに由来するストラクチャーと複雑な芳香にやや辛口な味わい。

右右:ロミオ&ジュリエット シャルドネ
柑橘系のしっかりした香り。酸もしっかりとしており、厚みのある果実味とうまく調和しています。後半にかけて徐々に甘みと旨みを感じることができます。デイリーワインとしては完成度の高いすっきりとした白です。


さて、キーボードを打っていて、なんのこっちゃわからない言葉もたくさんあったが、500円でこれだけ飲めるのである。

もちろん、ここはあくまでもワインショップであって、試飲した後、気に入ったワインを買うのが本来だろうが、店主さんは、「試飲だけでも、全然OKですよ~」 と笑っておられた。

つくづく良いお店である。


ワ イ ン の 王 子 様 
奈良市鍋屋町52
0742-25-3338
10:00~20:00
木休 P無 HP


↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

タグ : ワイン

category:食べ歩き 奈良市
comment(0) | trackback(0)
記事編集