何でも食べたい、食べてみたい、美味しいもの、珍しいもの、いろいろ食べた記録。+気になっているもの。
長谷寺参道で草餅 ~白酒屋&寿屋 
2014.04.30 Wed 21:01
 
長谷寺に行ってきた。

なぜ行ったかというと桜井に新しい回転寿司の店ができたからであって、長谷寺の方がついでである

平安時代の貴族などは何泊もしてわざわざ京都から長谷寺参りをして、やっと着いたと思ったら、「しばらく来いひんかったな、忘れとったか?」 と梅の花とともに嫌みを返されたりして大変だというのに・・・である。

長谷寺長谷寺


その長谷寺では春の特別拝観が行われており、高さ10mという十一面観世音菩薩立像を拝むことができた。特別拝観だけに特別に観音様の足に触ることができて、触りながら願いを唱えると どんな願いでもかなうそうである。


「世界平和」を願っておいた。


さて、長谷寺に参ったのにはもうひとつ理由(わけ)があって、名物の草餅をいただくためである、と、どこまでも食い意地がはっていて、我ながら情けない。

着いたときに降っていた雨は長谷寺を出たときにはやんで、参道にはしっとりとした空気が流れていた。

両側の店はここぞとばかりに客引きをしており、試食も食べ放題の様相を呈していた。

長谷寺参道白酒屋


目星をつけていた店は二つあった。

一つは白酒屋。

>「白酒屋」の看板は明治八年、造り酒屋として長谷寺門前町にあがりました。それ以来、永きに渡って「初瀬詣で」へ訪れる人々を見送り、有り難い事に今日まで商いを続けさせて戴いております。名物「くさ福餅」は、昔ながらの製法を受け継ぎ、一つ一つに心をこめて作り上げてあります。生地には最高の上用粉を使い、色粉などは一切使用せず、天然ヨモギの特に香りと色の良いものをふんだんに練りこみ、最終仕上げには人力による杵づきを行い、 手作り本来の粘りと食感を与えております。

>餡は、北海道産の最上級アズキによる自家製餡にこだわり、当店の生地に最も馴染むものをと職人が日々吟味して炊き上げます。決して気取らず、ご賞味下さった皆様に郷愁の念を抱いて戴ける、懐かしく素朴な草餅をこれからも造り続けて参ります。アズキ本来の風味を楽しめる粒餡を使用し、鉄板にて芳ばしく焼きあげた「お焼き」、あっさりと仕上げた漉し餡を生地で手包みした 「青」と御座いますので、どうぞあわせてご賞味下さいますよう、お願い申し上げます。
(白酒屋HPより)


白酒屋白酒屋 柿の葉寿司


よもぎ餅に関しては上記の通りで、ほどよい苦味がなかなかうまい。家で食べるときにフライパンで表面をさっと焼いたら風味がアップした。

この店、柿の葉寿司も作っていて、これも試食させていただいた。大手のものよりも塩分が強いのは手作りだからだろう、懐かしい味であった。買って帰った。


さて、もう一つは寿屋という店。

るるぶのようなメジャーなガイドブックにはこちらが載っていることが多い。

寿屋寿屋


客引きが全然なかったかわりに、貼紙がやたらと多い。

どこのお店が一番おいしいか答が書いてあるでしょ どこに?

添加物、着色料は一切使っていない草餅はその日のうちに食べてほしいとのこと。冷凍すればしばらくもつらしい。

大手口コミサイトには、「冷蔵庫に入れてあったのに次の日には傷んでいた」 とあり、

そうとう足が速そうだ。 ジョイナーを超えるに違いない。

ちなみに、この口コミの最後には 「二度と買わない」 とあり、CP1という評価であったが、それはちょっと違うと思う。

まあ、この手のサイトはあくまでも個人の感想であり、読み手に読解力が必要だということである。

寿屋寿屋


私たちは当然であるが、その日のうちにいただいた

焼きと生の2種類であったが、焼きは香ばしく、生はしっとりとよもぎの味もしっかりとしたどちらもなかなかのお味であった。

長谷寺に行く機会があれば、またお土産にも買って帰りたいと思う。


総本舗 白酒屋
桜井市初瀬728-8 長谷寺門前
0744-47-7988
10:00~17:00 
金休 P無 HP

総本家 寿屋
桜井市大字初瀬755
0744-47-7249
9:00~17:00
不定休 P無


↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : 和菓子

category:食べ歩き 奈良市外
comment(0) | trackback(0)
記事編集
なかにし 
2008.05.04 Sun 21:07
明日はこどもの日。

子供らの話では給食にもかしわ餅が出たらしいが、ここはやはり、もう少しいいものも食べさせたいと思い(いや、決して給食がまずいというわけではなくて…)ならまちの「なかにし」でちまきとかしわ餅を買った。

なかにし


この店、大正5年(1916)創業という老舗なのだが、今でも新しい創作菓子に取り組んでいるというなかなか志の高い立派なお店なのだ。



店内のガラスケースには定番のお菓子や季節のお菓子など、美しい和菓子がまるで宝石屋さんのショーケースのように並んでいる。

なかにし


かしわ餅はこしあん、つぶあん、みその3種類。

なかにし


みそというのがちょっと変わっているが、そうクセもなく生地の餅にによく合っている。
1個、170円也。



もう1種類買ったちまきはなんと1本、280円!

なかにし


写真は5本ひとくくりなので1400円の品。

しかし、いいものを食べさせたいという親の願いだから仕方ない。

実際、味の方はというと、やっぱり違うというのが嫁さんの感想。もちろん私も美味しいと思ったが、きっちり作ってあるものはそれなりの値段がするというものだ。

今日のちびまるこちゃんでも「こどもの日は子どもが好きなようにする日ではなく、子どもの成長を祝う日だ」とお母さんが言っていた。

こうして、一年間無事に過ごし、一つ歳を取ったということに感謝しながら、おいしいちまきとかしわ餅をいただいた、それが幸せというものである。




御菓子司 なかにし
奈良市脇戸町23
0742-24-3048
10:00~17:30
月休(祝営業)P無 HP






↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : 和菓子

category:食べ歩き 奈良市
comment(0) | trackback(0)
記事編集