何でも食べたい、食べてみたい、美味しいもの、珍しいもの、いろいろ食べた記録。+気になっているもの。
スポンサーサイト 
--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




category:スポンサー広告
comment -- | trackback --
記事編集
もりもり寿司 ~金沢の人気店 もりもり~ 
2015.12.08 Tue 21:52
 
金沢の回転寿司が熱い!

みたいなことを、テレビでやっていたが、

もりもり寿司もりもり寿司


どこが一番おいしいですかの質問に、↑ のように、「決まっているじゃないですか」 と ドヤ顔で話すのは、金沢の回転寿司の雄、もりもり寿司である。

その、もりもり寿司が、橿原のイオンモール、アルルにオープンしたというので、京奈和をすっ飛ばして早速行ってきた。

もりもり寿司もりもり寿司


例の口コミサイト、食べ○グに10時オープンとあったので、私たちは朝飯も抜いて、奈良を9時半に出発、10時過ぎに着いたのだが、開店は11時であった。

naranara家、はりきりすぎである。

・・・とはいえ、店頭に病院や銀行によくあるような番号札 (紙) を出す機械があって、出してみたら 2番だった

10時1分に券を出した強者もいるようだ。


リニューアルされて、新しく入ったショップなどを見て回って、再度11時にやってきたら、当たり前だけどすぐに入れた。

もりもり寿司もりもり寿司もりもり寿司
もりもり寿司もりもり寿司もりもり寿司
もりもり寿司もりもり寿司もりもり寿司


本日のメニュー (写真左上) というのがあり、日付が書かれている。

毎日店長が作るみたいだ。

道場六三郎みたいでかっこいいぞ。 印刷だけど・・・

皿による値段の違いは、120円から1300円まで。

気を付けないと、120円と思って、うっかり回っている皿を取ったら、1300円の皿だったということもあり得るので、十分注意したい。

ちなみに皿には前田家の家紋がデザインされており、

赤字に金の梅鉢紋が1300円である。

もりもり寿司もりもり寿司


開店と同時に入ったのだが、それは店内にいる客全員がそうであり、食べ始めて10分ぐらいで回っている皿はほぼなくなった。

しかし、そんなときにはタッチパネル。もちろんこれもみんなが一斉に注文するものだから、時間がかかるのだが、それでも、待っていれば、いつかは、

北陸新幹線に乗ってやってくる!

ただし、撮鉄しようと手をレールに固定してカメラを構えると脱線して、大事故になってしまうので要注意である。←実際 脱線しかけた。


さて、今回いただいたものをどどーんと紹介しよう。

もりもり寿司もりもり寿司もりもり寿司
もりもり寿司もりもり寿司もりもり寿司


上左:北陸五点盛 のどぐろ がすえび 梅貝 白海老 ほたるいか黒造り
上中:店長おすすめ五点盛 天然ぶり 白子 真だら まぐろ赤身 天然ひらめ
上右:たこサラダと鰻

下左:いかじそ軍艦とオクラ
下中:数の子とタラの白子
下右:ぶり三点盛り ぶり、ぶりとろ、ぶりたたき


もりもり寿司もりもり寿司もりもり寿司
もりもり寿司もりもり寿司もりもり寿司


上左:生ウニと茄子の漬物 ピンク地に金の家紋は700円皿
上中:まぐろ赤身
上右:ぶりトロ

中左:ほたるいか三点盛り ほたるいか黒造り ほたるいか ほたるいか沖漬
中中:温玉の味噌汁
中右:甘海老頭の味噌汁


もりもり寿司もりもり寿司


下左:生ビール
下中:麦焼酎 能登ちょんがりぶし


北陸の漁港から仕入れたというネタはどれも新鮮でカウンターの高級寿司店と遜色ないと思う (あんまり高級寿司に行ったことがないので)。3人で8千円ちょっとだから、しっかりと寿司を食べたと思えば、安いと言えるだろう。

庶民からすれば、100円寿司ほど身近ではないにしろ、たまにおいしい魚を食べたいときには、いいと思う。


もりもり寿司 
橿原市曲川町7-20-1 イオンモール橿原1F
0744-21-2111
11:00~23:00
不定休 P有




↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




スポンサーサイト

テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : 回転寿司

category:食べ歩き 奈良市外
comment(0) | trackback(0)
記事編集
くら寿司 ~サイドメニューを食べてみた~ 
2015.11.10 Tue 21:12
 
日本三大和歌集と言えば、「万葉集」「古今和歌集」「新古今和歌集」、

日本三景と言えば、「松島」「天橋立」「宮島」、

日本三大100円寿司と言えば、「スシロー」「かっぱ寿司」、そして、

くら寿司であろう。 諸説あります。

そんな、100円寿司に最近、新しい波が来ているとのことである。それが、

DSCF3353.jpg


サイドメニュー戦争である。

“戦争” という言葉を使うと何となく大げさな感じがするが、前回に記事を書いた 「スシロー」 などはポテトがうまいとか、本来の寿司ネタだけでなく、サイドメニューを充実させている店が増えている。

くら寿司も負けてられん、と、がんばって開発したのが、


シャリカレー!


“シャリで食べる新発見” というが、だいたいから、酢飯とカレーが合うなんてふつう思わないし、寿司屋でカレーを出すから、単にご飯が酢飯になるだけではないのか。

ただ、このカレーを開発するのに2年かかったとか、そのこだわりがすごいので、まあ、話のネタに食べてみるとする。

シャリカレー くら寿司


厳選した13種類以上の野菜と果物を素材の形がなくなるまで長時間煮込むことによって旨みを閉じ込めました。油を極力使用せず作ったためヘルシー。しかも四大添加物 「無添加」 です。26種類のスパイスを独自の調合でシャリに合うよう仕上げました。

しかも、 100万食突破記念に、トッピング登場! 

と、4種のチーズ、特製とんかつ、ふわとろ玉子、特製玉子だれ、となんだか、COCO●を意識したようなものまであって、外食産業に挑戦的な態度である。

実際食べてみると、なかなかおいしいのであるが、寿司を食べに来て、わざわざ注文するのもどうかという印象であった。近くにオフィスがあり、さっと昼食をとりたいサラリーマンなどには便利であろう。


サラリーマンついでに、話をつなぐと、作業服姿のおじさんが3人そろって天丼を食べていた。これが、見た感じうまそうだったので、これも注文してみた。

天丼 くら寿司


7種の魚介醤油だれ 「寿司屋の天丼」

くら寿司だからできた 「究極の旨さ」 がここに。昆布・かつお・さば・うるめいわし・片目いわし・ほたて・ぐちを使った特製魚介だれが旨さを引き立てる。 「ボリュームたっぷり」 の贅沢な天丼を 「お値打ち価格」 でご提供いたします。

海老、キス、イカ、大葉、海苔・・・確かに、これが400円だとなれば、コストパフォーマンスは高い。サラリーマンにはこちらも選択肢に入るだろう。


さらに、ラーメンにもこだわりがあるというので、注文してみた。

くら寿司 ラーメン


ラーメンに関しては “スシロー” も相当がんばっているので、ライバルの “くら寿司” もやる気を見せなければならない、YDK、やればできる子。

「7種の魚介スープ」 が、寿司との相性抜群!

昆布・かつお・さば・うるめいわし・片目いわし・ほたて・ぐちを使った絶品魚介スープ。だしは毎日お店で手作りしているからこそ出せるこの味。7種の魚介の旨みがしっかりと凝縮されたスープだから寿司に合う!

ざらっと魚粉が感じられるスープに平打ち麺。具も半熟煮卵、チャーシュー、たっぷりのねぎと360円ならば十分な味と価格である。


最後にデザートをいただいた。

くら寿司 揚げたて豆乳ドーナッツ


揚げたて豆乳ドーナッツ。

店内で揚げる豆乳ドーナッツはサクサク。北海道産小豆、豆乳アイス、カラメルソース。カロリーも控えめで、ヘルシーだそう。


その他、寿司ももちろんいただいたが、それは本編、奈良グルメ図鑑で。


くら寿司 大宮店
奈良市二条大路南2-1-7
0742-32-5660
11:00~23:00 (平日)
10:20~23:00 (土日祝)
無休 P有 HP



↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : 回転寿司 ラーメン カレー

category:食べ歩き 奈良市
comment(2) | trackback(0)
記事編集
九州旅行⑫ ~回転寿司 海人 ~ 
2012.04.01 Sun 23:20
 
九州最後の晩ご飯は門司港でとることにする。
昼が遅かったので、あまりお腹が空いてない、子どもたちは夕方にクレープも食べた。

こんなときは回転寿司に限る。

回転寿司なら好きなものを好きなだけ取れるし、おいしいものをちょっとだけ、という食べ方もできる。

海沿いの商業施設 海峡プラザにも回転寿司の店があり、悩んだが、比較検討した結果、少し離れたところにある海人という店に決定。 ちなみに読み方は “うみんちゅ” ではなく “かいと”

門司港 回転寿司 海人門司港 回転寿司 海人


食べログのエリカ先生によると、下関の卸会社直営の回転寿司 とのこと。
入り口のすぐのところには、誰かわからんが、いろんな人ののサインが飾られている。


では、お腹が大きいことをいいことに、いただいた高級ネタを紹介しよう。

門司港 回転寿司 海人門司港 回転寿司 海人


左:クジラさえずり (294円)
いわゆるクジラのタン。しっかりとした弾力のある肉質に上品な脂。思わずさえずりたくなる味。久しぶりに食べたが、やっぱりおいしい。

右:ふぐの白子 (525円)
ご存じ、雄のフグの精巣。ふぐの仲卸店だけあって、メニューはいろいろ。白子がこの値段で食べられるのは地元ならでは。

門司港 回転寿司 海人門司港 回転寿司 海人

左:いろいろ軍艦巻き (525円)
北海道根室産 生ウニ、いくら、ねぎとろ。

右:珍味づくしの軍艦巻き (525円)
タラ白子、すじこ、下関産 赤なまこ。

門司港 回転寿司 海人門司港 回転寿司 海人


左:地物!殻付生かき刺 (630円)
一品物も多数。このわた、魚のマコ、鱧など。

右:あん肝軍艦 (294円)
その他、生だこや柚子胡椒で食べる水イカなどいただいた。下関産など地物もたくさんあって、量は食べなかったが、おいしいものをいただいて大満足であった。

海鮮処・回転寿司 海人
093-322-5522
福岡県北九州市門司区港町3-3
1階 廻転寿司
11:00 ~14:30 17:00 ~21:30
2階 海鮮処
11:00~14:00 17:00 ~21:00
水休(祭日前・祭日は営業) P有

↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:九州の旅 - ジャンル:旅行

タグ : 旅行 回転寿司

category:旅行 おでかけ
comment(2) | trackback(0)
記事編集
すしGoo ~むっちゃおいしいよ~ 
2011.11.03 Thu 19:41
最近、息子が100円寿司に行きたくないと言う。どうも担任の先生から、極端に安い寿司は養殖の過程で死んだ魚や奇形魚、外国産の偽装された魚が使われているんだよ、と聞かされたらしい。 先生、あんまり子どもにショックを与えないで下さい・・・。

私、個人的な考えからすれば、安全で体に悪いものでなければ、捨てられるはずのものを食べるというのは、命をいただくという観点から、問題ないとも言える。

ただ、子どもの味覚を育てる、という意味ではやはり偽装はいかんと思う。まぐろと思ったらティラピアだったり、すずきと思ったらナイルパーチだったとなれば、やはり問題である。

そんなことでちょっとお寿司でも食べたいな、というときには100円寿司ではなく、皿によって値段の替わる店に行くことが多くなった。そのせいで支払いは倍になったが・・・。



旧24号線をJR奈良駅からずんずん南下して、大安寺の交差点も越え、新しくできたスーパー・ラムー (菊池桃子じゃないよ) まで行ったら行き過ぎ、手前の川沿いの交差点角の すしGoo という回転 寿司店。


すしGooすしGoo


長く奈良のおいしいものを紹介するサイトやブログを運営しているといろいろと教えてくれる人があって、今回は 「通りすがり」 さんからこの店の形態が変わったということを教えていただいた。

内容は 「100円寿司から皿によって値段の違う店になっていますよ」 というものであったが、この店、最初は値段の変わる店であった。それが、100円寿司になって、また今、値段の違う店に戻っているようだ。


この日、みんなで寿司が食べたいという気分だったので、確認がてら行ってみることにした。以下、いろいろ食べた中で、おいしかったもの、気になったもの、おもしろいと思ったものをいくつか紹介したい。

すしGooすしGoo


地獄ザンマイ

地獄である。 どうせなら天国三昧の方がいいに決まっているが、地獄三昧の意味は 「辛い」 ということである。

辛いとなれば挑戦したくなる性分であるが、先日も地獄ラーメンを食べられず、敗北を喫したばかりだから、今回もどうなることか。

しかも、メニューには“自己責任”と記されている。

まずは、カッパ巻きを食べてみる・・・、全く辛くない。嫁さんに食べてもらう・・・。

「辛~い!」 どうもわさびが偏っていたようだ。

あと、キムチ巻きは、しっかりと唐辛子辛く、鉄火巻きは全く辛くなかった。中を開けてみたが、わさびもなく、おそらく入れ忘れと思われる。

すしGooすしGoo


サーモン盛り

醤油皿に脂が浮くほど、脂ののったサーモンにいくら。

この他、さしみ三昧は種類があって、ご飯はいらない (例えば酒を飲んでいて) といったときにはありがたいメニューである。ただ、うなぎの蒲焼きをさしみ三昧とするのはどうなんだか・・・。


さしみ三昧があれば、寿司三昧もある。

すしGooすしGoo


イカザンマイ

アオリイカ、ヤリイカ、モンゴウイカの3種類。

食べ比べをすることで、味の違いがわかる。特にイカなんかは見た目があまり変わらないので楽しい。

他に、オオツブツブガイ、赤貝、貝 (帆立貝柱) の貝ザンマイやあぶりザンマイ、マリネザンマイなど店長の 思いつき アイデアが光るザンマイシリーズが多数。

すしGooすしGoo


たいらぎ貝刺身

「むっちゃおいしいよ」 が口癖の店主。その日のおすすめメニューは貼り紙で記されている。

活けの魚は泉佐野から仕入れているらしい。また店主は徳島の人で、柚子はそこから送ってもらっているとのこと。


さて、100円寿司と皿によって値段の違う店を行ったりきたりしている店だが、真相はおそらくこうだろう。

せっかくだから いい物をお客さんに食べてもらいたい、でも、100円寿司隆盛の中、300円皿はなかなか出ない。でも、冒頭に書いたように大手の大量仕入れには太刀打ちできない。ならば、原点に戻って、値段が変わってもいい物を出そう。

これは推測でしかないが、店主と会話のやりとりしていると、自分の出している物に自信を持っているのが伝わってくる。回転寿司でありながら、普通のカウンター寿司のような感じさえした。

値段は100円 (赤)、200円 (緑)、300円 (金)の3種類。この日は家族大人2人、子ども2人で食べて、生大、焼酎を飲んで6800円ぐらいであった。100円寿司よりは高いが、普通の寿司屋はもちろん、高級回転寿司 (長次郎など) と比べてもずっと安い。


今日も店主は、「むっちゃおいしいよ」 と言いながら笑顔で寿司を握っていることだろう。


参考までに、他にいただいたものを一気に紹介しておきたい。

すしGooすしGooすしGooすしGoo
すしGooすしGooすしGooすしGoo
すしGooすしGooすしGooすしGoo
すしGooすしGooすしGooすしGoo


しめ鯖(徳島産柚子を使った手作り)/ビントロ/中トロ/あん肝(和えた玉ねぎのせ)
こぼれいくら/海老三昧(行列甘エビ・車海老・大エビ)/サーモン三昧/ワサビナス
生ダコ/数の子/貝三昧(大粒ツブガイ・赤貝・帆立貝柱)/赤貝
サラダ寿司/生ビール大/赤出汁(魚のアラ)/コーヒーゼリー

写真はクリックで大きくなります。

最近ちょっとがんばってると自分では思ってるんですけど、もし、「がんばってると思ってるよ」 という方は↓クリックよろしくお願いします。

人気ブログランキングへ


↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : 回転寿司

category:食べ歩き 奈良市
comment(2) | trackback(0)
記事編集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。