FC2ブログ
何でも食べたい、食べてみたい、美味しいもの、珍しいもの、いろいろ食べた記録。+気になっているもの。
味の館 橋 ~ちょっと変わった?寿司と中国家庭料理の店~ 
2018.08.11 Sat 17:01
 
法隆寺の近くにちょっと変わった店があると聞いて行ってきた。

味の館 橋味の館 橋


味の館 橋

何が変わっているかというと、その店では寿司と中華料理の両方がいただけるというのである。

車を店の目の前に横向きに停めて店内にイン。

中には人の好さそうな大将と愛想のいい奥さんがいて、大将が寿司職人、中国人の奥さんが中国料理を担当するようであった。

この珍しいスタイルについて。聞いてみると、開店当初からこの形で、お客さんからも よく「ちょっと変わってる」 と言われるらしい。

メニューは寿司が3割、中華料理が7割ぐらいと思われるが、すしのネタ一個一個を数えたわけではないので、比率についてははっきりしない。

味の館 橋味の館 橋
味の館 橋味の館 橋


写真の2枚目の左と3枚目は裏表になっていて、それぞれ、「ニーハオ~ ウラニ 中国料理モアルヨ、ミテネ!」 「ニーハオ~ ウラニ おすしモアルヨ、ミテネ!」 と書かれているが、

大将が 「ニーハオ おすしもアルヨ」 はおかしいと思う。


とりあえずビールを頼んで、寿司と中国家庭料理、とりわけ餃子が気になるので、焼餃子、水餃子などを注文した。

味の館 橋味の館 橋


突き出し
アスパラのバター炒め、豚細切り肉のピリから炒め。ビールはサッポロクラシック。ワインや生原酒なども置いてある。

突き出し?
突き出しなのか、すしに付いているのか聞かなかったが、白菜の漬物、純和風。

味の館 橋味の館 橋


小籠包
手作りの小籠包はスープもたっぷり。本来8個だが、いろいろ食べたいというと4個にしてもらえた。

ワンタン
胡椒を少し効かせたあっさり醬油スープにつるんとした肉ワンタン。薄焼き卵と刻みねぎ入り。

味の館 橋味の館 橋


焼餃子
ホワイトボードのメニューから。パリッとした皮は水餃子とは別のものが使われているとのこと。焼き大餃子もある。なぜ4つなのかというと奥さんがひっくり返すときに2つ落としてしまったから。その分 安くしてもらった。

水餃子
皮からすべて手作りという水餃子 (写真はエビ) はつるんとした食感とやさしい海老の風味。テーブルの自家製辣油をつけると一気に中国風になる。具はホタテ、野菜もある。


奥さんは大連出身、「実家に帰ると、着いた日も、帰る日も餃子ネ。向こうでは餃子はめでたい食べ物ヨ」 と笑う。だからこそ、餃子も小籠包もすべて手作りなのだ。

さらに手作りだからこそ、水餃子、焼餃子、ワンタンとも皮や具が違う。ちなみに豚まんは種を寝かすのに4時間かかるので要予約とのこと。

味の館 橋味の館 橋


鉄火巻
注文を受けてから巻いてくれる。他ににぎりや刺身盛り合わせなど寿司担当の大将が作ってくれる。

しめさば寿司
丁寧に作られたしめさばは大将いわく 「酢はほどほどにしてある」 とのこと。ほどよい脂がとろける味わい。


メニューにあってもできないものがある代わりに、ホワイトボードの品はいつでも注文可。できるものを聞きながら注文するのがいいだろう。


ちなみに店内に飾られた風景画や書は大将の作品。


味の館 橋


昔から、中国の書に興味があり、実際に中国にも足を運んで、学んできたそう。

それが縁で奥さんと知り合ったのかどうかは聞かなかったが、

店名の 「橋」 がすべてを表しているのだろう。

知床旅情と石原裕次郎がリピートする店内で、大将や奥さんと話しながらいただく寿司と中国料理、なかなか変わった店ではあるが、とっても 居心地もよく、楽しい店であった。


味の館 橋

住所 生駒郡斑鳩町法隆寺南1-5-26
電話番号 0745-47-2424
営業時間 11:00~14:00 17:00~21:00
定休日 水曜日
駐車場 有

奈良グルメ図鑑の記事はこちら。



↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : 餃子 寿司

category:食べ歩き 奈良市外
comment(0) | trackback(0)
記事編集
スシロー ~ポテトと肉とうどんと~ 
2014.02.11 Tue 17:45
 
スシローといえば、今や年商1200億円を超え、回転寿司業界をリードする、巨大チェーンであって、決してイチローやその父のことではない。そんなの常識~♪

スシローがある阪奈道路 学園前インターは、大阪や奈良から帰ってきた人たちが、家に帰るちょうど通り道になる、という立地で、ファミレス、ファストフード店、焼肉店、その他さまざまなチェーン店が数多く林立する郊外大型店の激戦区である。

スシロースシロー


私が初めて行った10年ほど前は、まだ、あきんど という店名で、その後、びっくらポンにつられて、くら寿司にはよく行ったが、スシローに名前が統一されても、ずっと行ってなかった。

子供たちも大きくなり、びっくらポンへの興味もなくなってきた昨今、「ネタはスシローのほうがいいよ」 といううわさを聞いた。そして、久しぶりに行ってみたのがこの1月。

それなりに寿司を楽しんで、帰ってから記事を書こうといろいろ調べていると、ポテトフライが絶品という意見が多いのに気付いた。魚だけでなくそんなところにも力を入れていたのか、これはぜひ食べてみたいと再訪した。

スシロースシロー


店に入って、まず、注文したのが、うわさのポテトフライとたこのから揚げ、そして、ビール。

しばらくして、注文品が流れてきた。なるほど、他の店と比べて、カリッと感が違う。揚げられた表面の固さ、中に熱々のじゃがいもの風味が詰まっていて評判通りの味だ。

たこのから揚げもそうだが、店内で注文を受けてから揚げるので、この味が出せるのであろう。なかなかおいしかった。さて、満足したので帰る、

スシロースシロー


というわけにはいかない。

実はもう一つ食べたいものがあった、それは肉。

朝からテレビ番組でレポーターがうまそうに肉を食っていたので、口が肉になっていたのである。この場合本当に口が肉になっているという意味ではなく、肉を食べたい気分になっているという意味である。そんなの常識~♪

寿 司 屋 で 肉・・・。けんか売ってんのか?

とはいえ、ちゃんと肉のメニューがあるのだから、問題ない。

ちょうど、吟味ネタにローストビーフというのがあり、また、極上生ハムというメニューもあったので合わせて注文。

スシロースシロー


左:黒毛和牛ローストビーフ
わりと厚く切られており、しっかりと肉の味が楽しめる。たれはガーリック醤油と書いてあるが、焼き肉のたれに似た味。西洋わさびとカイワレ。

右:極上生ハム
国産肩ロースの生ハムにやはりガーリック醤油(焼肉のたれ)、岩塩と粒胡椒。スライスしたりんごが乗っている。生ハムメロンのイメージか?


さらに調子に乗って、次の2皿を注文。

スシロースシロー


左:牛塩カルビ
薄切りの牛カルビを塩だれにつけ焼いてある。牛丼チェーンの塩カルビ丼のイメージ。

右:焼豚ネギまみれ
焼き豚には甘だれ、たっぷりのねぎとマヨネーズ。チャーシューメンのネギ多めのイメージ。

しっかりと肉を堪能したので、うどんでしめることにする。店内放送で海老天が揚げたてだというので、海老天うどんをいただく。

スシロースシロー


さて、家に帰って、この記事を書くにあたって、スシローについて調べていたら、また、気になる情報を見つけてしまった。

スシローのカレーがうまいらしい。さらに、マニアにはカレーうどんにポテトを入れるという強者もいるらしい。

また、行かなきゃならんか・・・? スシロー恐るべし。

奈良市学園大和町2-116-1
0742-40-5580
11:00~23:00
無休 P有 HP


↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : 寿司

category:食べ歩き 奈良市
comment(0) | trackback(0)
記事編集
渋谷でブランチ ~すしざんまい~ 
2013.12.14 Sat 16:48
 
次の日は野暮用がある日である。

その会場へは11:45に行かなければならないので、私たちは遅めの朝食、早めの昼食をとることにした。おしゃれな言い方をすればブランチである。

浅草スマイルから会場である渋谷へ地下鉄で移動。渋谷の新名所ヒカリエの隣にある すしざんまいへ。ここは地方ではめったにない24時間営業の寿司屋さんである。

すしざんまいすしざんまい


この店、知っている人は知っていると思うが、築地の初セリで大間のまぐろを1億5540万円で落札し、有名になった店である。私たちの予定からも、話のネタとしても実におもしろい。

私たちが着いたのは10時だったが、店はほぼ満席であった。ただ、この日は日曜だったので私たちのようなブランチというよりも、夜通し飲んで〆、いやいや まだまだ 4次会、5次会といった人たちが多く、ビールなんかを飲んで盛り上がっている。

中にはすっかり酔っぱらって、カウンターにしこたま頭を打ちつけている客もいて、

おいおい 大丈夫か。 ヾ(^o^;


さて、メニューを見ると、金沢初出店を記念したメニューやセット、単品など多数ある。

すしざんまい寿司ざんまい


せっかくなのでまずはマグロ三昧を注文。3000円と結構な値段だったが、大トロ、中トロ、炙りトロ、赤身、たたきが2貫ずつ、鉄火巻と甘海老の味噌汁がついている。

さすがにまぐろにはこだわりを持つ店だけあって、トロにはトロの、赤身には赤身のうまさがあって、回らない寿司なんてめったに来ないけどおいしかった。

すしざんまいすしざんまい


さすが、1億5440万円のまぐろである。


その他、冬の味覚セット (いくら・うに・かに・平目・中トロ)、塩レモンセット (白身・いか・帆立・穴子) などをいただいたが、どれもおいしかった。

これだけ食べて4人で7000円弱 (ドリンクはクーポン) とコストパフォーマンスもなかなかであった。さすが、1億5440万円・・・

すしざんまいすしざんまい


サービスのお姉さんがまたよく気が付く人で、こちらが奈良から来たというと、「いいですね~お寺とか回ってみたい~」 と言い、私たち家族の記念写真も撮ってくれた。

さらに、「今日は天気がいいから、ヒカリエの展望台からの眺めがお勧めですよ~」 というので、私たちは店を出て展望台に登ってみた。

11階からの眺めはすばらしく昨日は見られなかった富士山も遠くに見ることができた。


ということで、野暮用である場所へ 歩いて移動したのである。


↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

タグ : 旅行 寿司

category:食べ歩き 奈良県外
comment(1) | trackback(0)
記事編集
にぎり長次郎 ~豪華海鮮丼を作ってみた~ 
2011.03.09 Wed 20:13
娘が海鮮丼を食べたいと言った。金沢の近江市場で食べた海鮮丼が忘れられない、もう一度食べたいと言う。

近江市場、ひら井でいただいた特選海鮮丼(2500円)。↓
近江市場の海鮮丼


まさか海鮮丼を食べに金沢まで行くわけにも行かないので、奈良で食べられるところはないか考えてみた。

もちろん大宮町の 「大奈加」 や餅飯殿の 「山口水産」 など、奈良でもいくつか海鮮丼を食べさせてくれる店はあるが、金沢で食べたような超豪華なものといえばちょっと違う感じである。

無いのなら作ってみよう海鮮どん (by秀吉)


ということで、今回訪れたのはここ。

長次郎


にぎり長次郎 奈良二条大路店~

この店、イトーヨーカドーの隣にあって、その昔 「東鮓(あづまずし)」 であった。さらに言うと、私は高校のとき、そこでアルバイトをしていて、ホールで採用されたが、いつの間にか厨房に入って、ちらし寿司を作ったりもした、そんな思い出の店(場所)でもある。


さて、店には11時、開店後すぐに入った。そして、まずは “いつものもの” を注文。

長次郎


ハマグリの赤出汁。ちなみに今後チャレンジする人のために書いておくが、普通の魚の赤出汁は器が小さく、ミニ丼しか作れないので、ここはぜひはまぐりの赤出汁を注文して下さい・・・、って誰がチャレンジする?

そして、みんなで赤出汁を飲み干した後、“設計図” に従って海鮮丼を作っていくことにする。

そう、どうせなら金沢で食べた海鮮丼と同じものを作って、「奈良だといくらぐらいかかるか」 も調べてみたいと思ったので、朝6時半に起きて設計図を書いてきたのである。

ちなみに↓これが設計図である。
長次郎


さて、ホールの店員さんが注文を聞きに来てくれたので、とりあえずビールと、それから海鮮丼に必要な寿司を一気に注文した。

待つこと数分・・・。


そして、やって来ました~。 w(゚o゚*)w


長次郎


見て下さい、この壮観な眺め。

ウニ、かに三昧、大トロ、甘エビ、ネギトロ、かに味噌軍艦、うなぎ、あわび、はまち、イクラ、サザエ、マスオ、波平、フネ・・・。(←2回使うな)


まず、しゃりを空いた赤出汁の器に詰めて、その後、順番にネタを並べていく。

長次郎長次郎


はっ! ここで、気づいた。

カウンター内の板前さんの視線・・・。


「何してるんやろ」というような板さんの視線に急に恥ずかしくなってきた。忘れていたが、

ここは 「くら寿司」 ではなく 「長次郎」 であった。

しかし、乗りかけた船、作りかけた海鮮丼、途中でやめるわけにいかない。私たちは一気に超豪華海鮮丼を作り上げた。



そして完成したのがこれ。

長次郎


どうですか。若干盛りつけが下手な感はあるが、ネタは金沢の特選海鮮丼とほぼ同じ。もちろん味も最高!金沢のものと遜色ない贅沢かつ美味な海鮮丼の完成~。星3つです~。


ただ値段がどうなるか・・・、計算してみた。


ウニ(560円)+かに三昧(690円、但しかに味噌は使わず)+かに味噌軍艦(270円、かに身だけ使用)大トロ(860円)+甘エビ(450円)+ネギトロ(350円)+うなぎ(350円÷2)+あわび(690円÷3)+はまち(270円)+イクラ(350円)+はまぐり赤出汁(270円)=


3880円~ ( ̄□ ̄;)!!


2009年6月9日に 「くら寿司」 でサーモン親子丼を作ったという記事を書いたとき、「sperry #yamyowWA」さんから次のようなコメントをいただいた。

 函館市場あたりでやると、プチ豪華丼になったりしますね(笑)
 今度くら行ったらやってみようっと♪


そのときは 「宝くじが当たったらしてみます。」 と返事をしたのだが、実際やってみたらこんな結果であった。

勇気のある方はぜひ一度チャレンジしてみて下さい。



にぎり長次郎
奈良市二条大路南1-3-18
0742-30-2355
平日11:00~15:00
17:00~23:00(土日祝11:30~23:00)
元旦休 P有 HP 



↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : 寿司 海鮮丼

category:食べ歩き 奈良市
comment(6) | trackback(0)
記事編集
鮨かねこ ~駅近でしっとりとした時間を~ 
2010.12.15 Wed 19:44

奈良の情報ブログの最高峰、フジヤマ、チョモランマ、「日々ほぼ好日」。

その、tetsudaさんのブログで、今日紹介する 「鮨かねこ」 がこんな風に紹介されていた。

《評判を聞いて、大阪からわざわざ食べに来る人もいるそうだが、宣伝があまり行き届いていないので、地元でも知る人が少ないのが残念だ。「あまから手帖」や、「奈良グルメ図鑑」の「たまに行くならこんな店」(高級なA級グルメ店)欄に掲載されれば、お客も増えるのだろうが。》

いやいや、あまから手帖と並べられるなんて、恐縮です、ありがたき幸せ、もったいないおばけでございます。 <(_ _ )>


さらに、読者のページにも 「鮨かねこ」 さんという方 (←おそらくお店の人) から、

《こだわりの空間で、旬の活魚と美酒を堪能していただけます。食材はすべて産地直送で毎日仕入れていますので、奈良でも産地の味を楽しんでいただけます。》

という投稿をいただいて、これは いつかは イカネバと思っていたが、この度、やっと、ついに、とうとう行くことができた。

鮨かねこ鮨かねこ


店は近鉄奈良駅の北側、G出口からすぐ、BFが 「ninetrack」 というフードバー、その他、焼鳥屋などが入るプライムビルの6Fにある。ちなみにエレベーターが5F (宴会場) で開くと真っ暗で一瞬あせる。

6Fで扉が開くと、そこはしっとりとしたたたずまい、ここが 都会の 駅前とは思えない風情がなんともいえずそこはかとない雰囲気が漂っていて素敵である。


店内に入るとあちこちに古美術が飾られ、それは私のような素人でも知っている名前であった。

鮨かねこ鮨かねこ


左は、東郷平八郎はじめ、著名な軍人が書いた書を屏風にしたものである。東郷といっても デューク東郷ではない、平八郎の方である。(デューク東郷なら別の意味ですごいと思うが…)

「なんでも鑑定団」に出したら、驚くべき値段になるであろう。

また、右は富岡鉄斉の絵である。これも間違ってもマイケル富岡ではない。何ともいえない筆使いが芸術的で素晴らしい一品である。(よくわからんが)

ちなみに 私の 「本物ですか」 というまったく失礼な質問にも 「本物ですよ」 とにこやかに答えてくれた女将と主人には感謝である。


さて、東郷平八郎の前のテーブル席に座ってメニューを見た。

鮨かねこ鮨かねこ鮨かねこ
鮨かねこ鮨かねこ鮨かねこ


今回は子ども抜きで夫婦で来た。

ランチメニューは3種類あったが、会席コース料理は両方入りといった感じだったので、私たちは「松花堂弁当」と「花ちらし」をいただくことにした。

本当は弁当系を1つとお寿司 (にぎり) を食べたい気分だったが、昼は3つのおきまり以外はできないということだったので弁当系2つにした。

「鮨かねこ」 と鮨と名が付くのなら、寿司 (ちらし以外) のメニューがあれば、もっとよかった とは風がうわさしていた。


さて、出てきた順番に写真を並べてみよう。

鮨かねこ鮨かねこ鮨かねこ


左:やっぱりこれでしょう。歩いてきたんだから、まずは一杯。ちなみにスーパードライで500円。高級店の割には高くない。

中:花ちらしの口取り。鮭味噌焼、豚角煮、栗甘露煮、胡桃甘辛煮、出汁巻、いか明太、貝のグラタンなど少しずつ。やすらぎの道もしくは奈良公園で拾ってきた、銀杏の葉が季節感を醸し出す。

右:松花堂弁当。上の花ちらしとだいたい同じ。これに天ぷら(海老2尾と野菜)、造りは鯛と帆立。この品は出前で予約することもできる。

鮨かねこ鮨かねこ鮨かねこ


左:花ちらしのお造り。鯛と帆立。

中:銀杏やゆり根、海老、鶏肉などの具がたっぷりと入る。家を模した器もおもしろい。

右:松花堂の栗ご飯。季節感あふれる品。栗のほっこりとした食感がいい。

鮨かねこ鮨かねこ鮨かねこ


左:花ちらしのちらし寿司。いくら、海老、鰻、サーモン、煮だこなどの魚介に、三度豆、錦糸卵、椎茸、でんぶなど。

中:花ちらしの汁物。茶そば、天ぷらは海老、葉もの、海苔でカリカリに揚げてある。汁物に入れる揚げ物はかたく揚げる、渋いぞ。

右:デザート。柿とリンゴ、シロップに漬けてあるが、ほんのりとした甘み。ドリンクはコーヒー、紅茶から選べる。


どちらも3150円と たまに行くならこんな店 の値段であったが、相当ボリュームもあり、女将さんいわく、「みんなお腹いっぱいって言うてくれはります」 とのこと。

駅近ながらしっとりと大人の時間を過ごすのにおすすめの店である。


鮨かねこ
奈良市西御門町11-11 プライムビル5F・6F
0742-20-1113
11:30~13:30 17:00~23:00
日祝、第1・3月休
P有 HP




↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : 和食 寿司

category:食べ歩き 奈良市
comment(0) | trackback(0)
記事編集