何でも食べたい、食べてみたい、美味しいもの、珍しいもの、いろいろ食べた記録。+気になっているもの。
九州食堂 親富孝 ~九州気分にはまれます~ 
2012.09.30 Sun 17:43
掲示板に、monstre さんからジャンク屋kenさんの情報をいただいた。
 
>ジャンク屋哲の兄弟店が天理駅から西へ向かって2つ目の交差点のところ(田井庄池公園の南側 メモリーホーム第一ビル一階)に出来ていました。

僕はオーソドックスに醤油に豚をトッピングしたメニューにしたのですが、哲よりはスープがやや塩分が強めで、デフォルトで入ってるカツオぶしの量が多く香りが立っている印象。それ以外は兄弟店だけあってよく似ています。向こうが日曜日休みで利用できない時にこちらに行くという選択肢が出来ましたね。

近くにあった「九州食堂 親富孝」ってのもなかなか気になります。


そこで、日曜日、天理まで車を走らせて行ってきた。

九州食堂 親富孝九州食堂 親富孝

おっと、なぜか、紹介された “ジャンク屋ken” の方ではなく、気になると書かれた方の “九州食堂 親富孝” に行ってしまったのは、この日が日曜で、ニンニクたっぷりの二郎系は明日の仕事に差し支えそうだったからである。

“ジャンク屋ken” は土曜日に行きたい。


さて、店の前で駐車場の有無を聞くと、残念ながら 「ない」 とのこと。まあ、それは仕方がないのだが、近くに有料駐車場がない。結局、駅前の駐車場に停めて歩いて行った。

九州食堂 親富孝九州食堂 親富孝


店内に入るとまずは、くまもんがお出迎え。

壁には、九州を中心とした焼酎が収納されて、九州ムードたっぷりである。ちなみに店名の “親富孝” とは福岡にある通りの名前である。

私たちは少し奥まったところにある半個室に通された。

ランチメニューは5種類あり、オープン期間のサービスとして500円であった。ただ、アラカルトも昼でも注文可ということで、私たちは気になるメニューをいくつかいただくことにした。

九州食堂 親富孝九州食堂 親富孝九州食堂 親富孝
九州食堂 親富孝九州食堂 親富孝九州食堂 親富孝
九州食堂 親富孝九州食堂 親富孝九州食堂 親富孝
九州食堂 親富孝九州食堂 親富孝九州食堂 親富孝


メニューは1,2ページごとに、福岡に行こう! 大分に行こう! と分けられ、九州の各県のご当地グルメ、郷土料理が並んでいる。

九州食堂というだけあって、九州しかないような珍しいものもたくさんある。今年の春、九州 (福岡と熊本だけだが) に旅行したとき初めて知った “ひともじぐるぐる” という熊本料理なんかもあって、懐かしい気分であった。


この中から、とりあえずランチから長浜ラーメンとシシリアンライスを、一品メニューからホルモン焼きと鰹のタタキを注文。

九州食堂 親富孝九州食堂 親富孝九州食堂 親富孝

左上:ホルモン焼き
福岡県のメニューから。ビールに合う。ちなみにビールは “麦とホップ” だが、380円。

中上:枕崎産ぶえん鰹タタキ
塩漬けしないでも良いぐらい新鮮 (ぶえん=無塩) という鹿児島県の名産品。

右上:シシリアンライス
ご飯の上に甘辛いタレで炒めた肉をのせ、レタス、トマトなどの野菜を盛る佐賀料理。色合いがイタリアの国旗に似ているのでシシリアンライスという名前になった。


九州食堂 親富孝九州食堂 親富孝九州食堂 親富孝


左上:長浜ラーメン
自家製麺、スープは鰹節とアゴを使い豚骨の臭みを中和したあっさり味。具はシンプルにネギとチャーシューのみ。

中上:替え玉
細麺だけれどシコシコ感がしっかりと楽しめる。一玉無料。

右上:マンゴーアイス
落ちるまで熟したマンゴー、青果なら3000円! らしい・・・。これをアイスにしたもの。


ネットで調べたら、郡山の “ラーメン奈々” の新展開のよう。

>温暖な気候と雄大な自然が生み出す大地の恵み、四方を黒潮からの栄養豊富な海に囲まれた九州。当店はそんな九州の魅力に心惹かれ、旬の食材から珍しい食材まで、また有名になったB級グルメから高級なA級グルメ、そして心温まる郷土料理までご紹介・ご提案できればと考えております。今回ご紹介できるのはその中でもごくごく一部分、まだまだたくさんの「おいしい」が九州にはあります。

>ぜひみなさまに九州の食の文化をご理解いただき「九州に行きたい!」「九州にいこう!」と思っていただけたら幸いです。また、人情味あふれる九州に来たかのように肩肘はらず普段使いで気軽にご利用いただける場でありたいと考えています。

九州気分にはまりたい人、おすすめです。


九州食堂 親富孝
天理市川原城町886
090-6665-5372
11:30~14:30
17:30~翌0:00
不定休 P無



↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

タグ : ラーメン 居酒屋

category:食べ歩き 奈良市外
comment(2) | trackback(0)
記事編集
東京2 ~戦国武勇伝~ 
2012.09.17 Mon 17:49
収録は無事終了、結果は思わしくなかったが、夏休みのいい思い出になった。

がんばった息子に “よくがんばったで賞” を贈るとともに、晩ご飯も息子にとって楽しそうなところにした。


乱世の個室 戦国武勇伝。

新宿 歌舞伎町にある、その名の通り戦国時代をテーマにした居酒屋で、戦国時代にはまっている息子にはパラダイスなところである。

戦国武勇伝戦国武勇伝


エレベーターを降りると すでに戦国ムード満載、靴箱も戦国武将の家紋で、息子は奈良が生んだ梟雄 “松永久秀” の家紋を選んでいた。

エントランスには真田幸村の甲冑のフィギュアが飾られていて (こちらを睨んでいて)、

客を寄せ付けないムードが漂っている・・・。


ホールスタッフに、戦の始まりじゃー!いざ参ろうぞ!(いらっしゃいませ) と迎えられ、私たちは、“毛利勝永” の部屋に通された。

私は、毛利勝永って誰やねんと思ったが、息子いわく、“大阪 冬・夏の陣で豊臣方につき、徳川陣を翻弄し活躍したが、最期は敵軍に突っ込み、討ち死にを遂げた” という人物らしい。 へええ~。

ちなみに黒田長政や細川忠興の部屋などもあるらしい。意外とマニアック~。


さて、何を注文するか、メニューを見る。

戦国武勇伝戦国武勇伝戦国武勇伝
戦国武勇伝戦国武勇伝戦国武勇伝
戦国武勇伝戦国武勇伝戦国武勇伝


戦国時代をテーマにしているだけあって、前田慶次の傾奇者ハイボール
とか、真田十勇士 定番かくてる とか、武将の名を取ったものが多い。


そんな中から、おいしそーなものやおもしろそーなものをいくつか注文。

戦国武勇伝戦国武勇伝戦国武勇伝
戦国武勇伝戦国武勇伝戦国武勇伝
戦国武勇伝戦国武勇伝戦国武勇伝


左上:お通し/中上:とうがらしの醤油漬/右上:味噌チーズ串カツ
左中:鰻と豆腐の亀甲餡/中中:姫路城攻略珍味3点盛り/右中:3点盛りの白魚
左下:串盛り合わせ/中下:織田暗黒ピザ/服部半蔵の蒸しにぎり

ちなみにコースターも家紋で、息子は喜んで持って帰ってきた。戦国大好きな人ならツボにはまること間違いなしの店である。


個室居酒屋 戦国武勇伝
東京都新宿区歌舞伎町1-6-2 T-wingビル4F
03-3209-2277
月・火 17:00~22:30 水~土・祝前 17:00~03:30 日・祝 17:00~22:30
無休 HP



↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

タグ : 居酒屋

category:食べ歩き 奈良県外
comment(2) | trackback(0)
記事編集
大阪3 ~○徳で朝飲み~ 
2012.08.31 Fri 17:46
 
京橋といえば、何をイメージするだろう、例えばこんな歌。

京橋はええとこだっせ~ グランシャトーがおまっせ~♪ 




私の京橋のイメージといえば、朝から立ち飲みでビールを飲んでいる人々。“魔法のレストラン” なんかを見ているとそんな風景が映し出されることがあるが、ほんとにそうなのか。

ちょうどホテルのプランに朝食が付いてなかったので、確認のため、駅の方へ歩いていってみる。

すると、何ということでしょう~。

京橋 ○徳京橋 ○徳


けっこう、開いてますやん~。 うどん屋ぐらいはともかく、串カツやどて焼きを出す立ち飲みの店も開いている。そして、

ビールを飲んでいる人もたくさんいる~。 まだ、朝8時ですけど~。

“京橋では朝から飲んでいる人がいる” このことが確認できてよかった。


では、私たちも朝食をいただくことにしよう。私たちが選んだ店はこちら。

京橋 ○徳京橋 ○徳


京橋 ○徳

ここはうどんやそばだけということもなく、普通の居酒屋のようなメニューがあり、そして、いすがあった。

大阪の居酒屋らしく、串カツやおでんなど定番のメニューがひと通りあり、それに加えて、魚が自慢の店のようであった。


では、かんぱ~い!

京橋 ○徳


ここは、地元民にまぎれて、朝ビールだ~。 まだ8時半ですけど~。

そして、朝食もいろいろと頼んでみたぞ~。

京橋 ○徳京橋 ○徳京橋 ○徳
京橋 ○徳京橋 ○徳京橋 ○徳


おでん~ マグロとウニのお造り~

串カツ盛り合わせ~ 梅くらげ~ どて焼き~

朝ご飯とは思えない~

ごちそうさまでした~ まだ9時ですけど~


丸徳 
大阪市都島区東野田町3-5-18
06-6353-3878
8:00~22:30 (土日祝~21:30)
水休 P無


↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

タグ : 居酒屋

category:食べ歩き 奈良県外
comment(0) | trackback(0)
記事編集
大阪2 ~6年4組で100点をもらう~ 
2012.08.29 Wed 17:09
 
11点を出て、100点を目指して、北新地の夜を歩く。

おっと、“夜を歩く” とは我ながらかっこいい表現ではないか。どうせなら彷徨い歩くの方がさらにかっこいいと思うが、実際は全然さまよってなくて、割とすんなりと目的地に着いたのである。

その店は梅新沿いのビルの4階にあった。

6年4組北新地分校6年4組北新地分校


6年4組 北新地分校

学校をテーマにした居酒屋である。

席は全て個室になっていて、私たちは6年1組に通された。他に音楽室とか職員室とか、保健室とか、用務員室とかいろいろあるらしい。

学校で酒飲んだらあかんやん~、というツッコミが入りそうだが、そこがまたここの楽しいところでもある。いい大人が、小学校時代を思い出して、あんなことあったなあ、あんな奴おったよなあ、と盛り上がるといった趣向なのだが、

息子は現役の小学生である。


さて、メニューも何やら学校にかけた名前のものが多い。

6年4組北新地分校6年4組北新地分校6年4組北新地分校
6年4組北新地分校6年4組北新地分校6年4組北新地分校


写真はクリックすると大きくなるので、見ていただいたらわかるのだが、“塩ダレ キュウリー夫人” とか、“パスタなーら、カルボナーラ” とか、“オモロソーダ” とか、ふざけたネーミングのものが多い。

味で勝負しなさい、味で・・・。

ということで、こんなん注文してみました。まずは、ドリンク。

6年4組北新地分校6年4組北新地分校

左:理科の実験
試験管に入った マンゴー、ヨーグルト、グアバリキュール、レモン&オレンジを好きな配分に組み合わせてカクテルを作るというなかなか楽しい飲み物。

右:焼酎
メスシリンダーできっちり測って出てくる。300ml、500mlあり、600mlは やかんで出てくる。


食べ物はこんな感じ。

6年4組北新地分校6年4組北新地分校


左:虫かご観察
たこウィンナー、うずら卵、ポテトフライ、揚げギョーザなどが虫かごに入っている。

右:給食の揚げパン
きなこorココア。息子いわく、うちの学校よりふわふわで、もっと外はパリパリの方がいいとのこと。

この他、海ぶどうや焼き鳥などを注文したが、この辺は見た目も味も普通だったことを報告しておきたい。


機嫌よく飲んでいると、いきなり抜き打ちテストが配られた。この日は体育であった。

 一般的に大人の歯は親知らずを合わせて <ア.28本 イ.30本 ウ.32本> ある。
 アンダースロー(下手投げ)の別名は何というでしょう。


全部で5問あったが、すべて正解で100点をもらった。やった~!

やはり、この店、味で勝負というよりも、おっちゃんたちが、「懐かしい~」 とか言いながら、おもしろメニューを楽しむ店のようだ。


6年4組 北新地分校
大阪市北区曽根崎新地1-8-19梅新ビル4F
06-4798-0604
17:00~24:00(L.O.23:30)
無休 P無


↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

タグ : 居酒屋

category:食べ歩き 奈良県外
comment(0) | trackback(0)
記事編集
なら青丹彩 ~昼からはしご酒できる幸せ~ 
2010.11.25 Thu 21:30

長らくお待たせして、いやいや待ってないと言われれば、それはそれですみません。

最近、やっとのことで地デジ対応のテレビを購入しまして、それに合わせて買ったテレビ台を組み立てたり、ぐちゃぐちゃになっていた配線を整理したり、おはよう朝日のソラをライブに参加したり、なんだかんだと忙しかったので、今になったということです。


さて、前回の続きだが、マスターの言葉は、

「日本酒はどのような味が好みですか?」

であった。 なるほど、そう来たか。

そこで、私は、「水みたいなものがいいのですが・・・」 と伝えた。

実際 私は水のようにすっきりした日本酒が好きで、コクの強いものはあまり好まない。

「それやったら、水 飲んどけばいいやん。」

というツッコミ (特に嫁から) が入りそうだが、それだったら、酔えないし、ただ水を飲んでいるだけなので、やっぱり水のようにすっきりした味の を飲みたいのである。


そこで マスターは奥へ行って、ちょっとごそごそするあるよ (ゼンジー北京風に) という感じで一本の瓶を持ってきた。

これが 「篠峯 上々」という純米酒。

そして、猪口に本当に一口、5mlぐらいだろうか、ちょっとだけ注ぎ、「これでよろしいでしょうか」 と味見をさせてくれた。

なかなか、うれしいサービスではないか、このまま、すべての酒をチェンジしていけば、ほんとに一口ずつ、全部の酒が飲めるのではないかと、貧乏くさい発想も浮かんだが、そんなことするわけ ないことない (←二重否定)。

「まだ、お酒の味がしますね」 という 嫌な客 (=私) に対して、今度は 「山鶴 純米酒」 をまた一口出していただいて、いただいた。

こちらは先のものよりさらに酒の味がしたので、結局 「篠峯 上々」 をいただくことにした。

なら青丹彩なら青丹彩


さあ、日本酒とチーズのマリアージュを確認だ~!

ダルビッシュ・紗栄子にならなければいいのだが・・・。

日本酒は水のようにすっきりとした、「篠峯 上々」、チーズは風味がからすみに似ると言われる 「ミモレット」 と青カビチーズの代表格 「ゴルゴンゾーラ」。


では、一口、篠峯を・・・。

続いて、ミモレットを・・・。


・・・・・・。


ここで、マスターから一言、


「ワインの方が合うかと思いますが・・・」 Σ(T□T)


いえいえ、スッキリとした日本酒の味と からすみ ミモレットはよく合います (←断言)。

ゴルゴンゾーラは好き嫌いがありそうだが。


まあ、とにかく、何と何が合うかといったことは日本酒の味が千差万別であり、チーズもまたしかり と考えれば、合わせ方の楽しみ方も無限に広がるというものである。

始めから チーズはワインといった固定観念を持つのではなく、この味の日本酒にはこのチーズが合うかもしれない、なんて考えるだけでも楽しい。


結局、この日は100円の酒を一杯だけいただいて、(帰りに新潟の地ビールを1本買ったが) 店を出たのだが、この店、また来たいぞ。

私が、「試飲だけでなく、本当は瓶を買った方がいいんですよね」 と言っても、マスターは「試飲だけでも結構ですよ」 と笑顔で答えられた。

ますます、また来たいぞ。


さて、その後、雑貨を見たり、他の店をぶらぶらしたりしたい嫁さんとは別行動で、私は1Fのカフェに座った。

ここは、DELI&CAFE 鳴鹿。



古都奈良で創業30年の老舗ダイニングが新たにプロデュースする和カフェ。
自家菜園の朝穫れ有機野菜や話題の大和肉鶏などの地元食材を中心に、和食はもちろんイタリアン、フレンチと多彩なシェフ陣が心を込めて仕込んだバラエティーに富んだお惣菜ランチが自慢。オムライスや自家製スイーツなどカフェメニューも充実。


そして、注文したのはこれ。

なら青丹彩なら青丹彩


総菜3品付き ほろ酔いセット。

本日2杯目~、いや缶ビールも飲んだから、3杯目~。

HPにあった老舗ダイニングというのがどこか気になっていたが、メニューを見て納得。三条通の居酒屋 「つのふり」、支店は本サイトでも紹介している 「さくら町バール」 であった。

だから、お酒に合う総菜やオムライスなどのメニューが充実していて、気軽に飲んだり食べたりできるスペースになっている。(総菜はテイクアウトもできる)


この日のほろ酔いセットの総菜は、キッシュ半分と 取り憑くね 鶏つくねとふわふわかぼちゃのサラダ。樽生エビスビールか赤白ワインを選んで690円。

これもいい。 (´▽`)


結局、同じビル内ではしご酒、しかも昼間から。

やはり、私の嗅覚は正しかったということで、大満足である。

嫁さんはというと、2Fのネイチャーランドでオランダのレタス (これが結構おいしかった) を買っていたりとそれなりに楽しんでいたようだ。


チャレンジショップとはいえ、「つのふり」 にしても、「まったりプリン」にしても、「バーマンズ」 にしても、「吉野いしい」 にしても、今までから奈良でがんばってこられた店もあり、また 本当に新しくチャレンジされる店あり、楽しめる空間になっている。

私もまた行きたいと思っているので、みなさんにもおすすめします。


なら青丹彩
奈良市下三条町2番1(旧NTT奈良三条ビル北館)
0742-81-7201
10:00~20:00
年中無休 HP←(全部の店の情報が載っています)



↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : Cafe 居酒屋

category:食べ歩き 奈良市
comment(2) | trackback(0)
記事編集