何でも食べたい、食べてみたい、美味しいもの、珍しいもの、いろいろ食べた記録。+気になっているもの。
今年も名古屋日帰り② ~そーれはあんかけスパ発祥~ 
2017.12.27 Wed 18:00
 
葉栗屋を出て、息子を会場まで送っていった後、熱田神宮に参拝した。

大鳥居から入り、大きな楠に驚き、本殿にお参りし、

壁に向かって勝負運を祈った。


地下鉄に乗って、栄町に着いたのは、午後1時半。

まだまだ、お腹がすいたというわけではないが、せっかく名古屋に来たからには、もう一つぐらい名古屋名物を堪能したい。

ひつまぶし、天むす、台湾ラーメン、ベトコンラーメン、カレーうどん、エビフライ、味噌おでん、どて煮、手羽先・・・、

いろいろある中で特に未知で気になったのが、

あんかけスパゲティ

食べられる店は市内にたくさんあるが、とりあえず元祖といわれる店に行ってみた。

あんかけスパゲティ そーれあんかけスパゲティ そーれ


そーれ


HPには、あんかけスパゲティの変遷についてかかれてあった。

はじまりは1961年までさかのぼります。
イタリア料理として「スパゲッティ」が認知され始めた頃、他店にはない「オリジナルミートソース」を作ろうとしたところから始まります。

当時、今池でお店を構えておりました父と共同経営者でありました山岡博氏が試行錯誤の上完成させた物です。
有難いことに大変ご好評を頂き、当店の名物料理の一つとなりました。
その後、山岡氏が独立をされて1963年に開業されたのが「ヨコイ」さんとなります。

徐々に徐々にではありましたが、このオリジナルソースが名古屋を中心に他店にも広がって行きました。

「あんかけうどん」からヒントを得て「あんかけスパゲッティ」と名付けられてテレビに発表されたのが、「からめ亭」さんでした。
(一部抜粋)


ようするに、①「そーれ」 で考案された あんかけスパゲティは ②「ヨコイ」 の独立とともに広がりを見せ、③「からめ亭」 によって名付けられた、ということであろう。

あんかけスパゲティ そーれあんかけスパゲティ そーれ


メニューは、あんかけスパゲティーだけで、30種類以上。

普通ならどれにするか迷うところだが、とりあえずは定番の品と人気の品の2つを注文することにする。

さらにソースは定番とクラシカルが選べるとあったので、一つずついただくことにした。

あんかけスパゲティ そーれあんかけスパゲティ そーれ


左:ミラカン
ミラカンとは ミラネーゼ (ウインナー・ハム・野菜) + カントリー (フレッシュトマト・野菜) を略したもので、玉ねぎやピーマン、にんじんなどの野菜とウインナーやハムをとろみをつけたデミグラスソースでからめてある。

右:玉子ヨセ
太くてコシのないソフト麺にどろっとしたあんのソースをかけ、豚ロースカツと玉子焼きを乗せる。ソースはクラシカルを選んだので、胡椒が効いたピリ辛味。

「イタリアの家庭料理を名古屋の方々が好まれる味に」
「ボリューム感があり、安価におなかを満たして頂きたい」

HPにはこんな風に書いてあったが、これはイタリアの家庭料理ではないと思う。完全に名古屋人の名古屋人による名古屋人のためのメニューだと思う。

しかし、ボリューム感については全くその通りで、そうでなくても その前に味噌カツだの味噌煮込みだの食べた後だったので超お腹一杯になったであった。


そーれ
名古屋市中区栄4丁目9-10 愛信プラザビル103
052-265-3990
平日・土曜日 11:00~15:00 17:00~23:00
祝祭日    11:00~15:00
日休 P有 HP




↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

タグ : イタリア料理 旅行

category:食べ歩き 奈良県外
comment(0) | trackback(0)
記事編集
今年も名古屋日帰り ~葉栗屋で名古屋めし三昧~ 
2017.12.20 Wed 18:30
 
>そもそも今回の名古屋日帰り旅行は、息子がある会合に出席するのに、親が運転手としてついてきたもので、会合中、私と嫁さんは適当に名古屋で遊んでいたのである。

去年も そんなことを書いたが (去年のブログ参照)、今年も同じ理由で、また名古屋にやってきた。

到着したのがちょうどお昼時だったので、図書館で借りた、“るるぶ名古屋” に載っている ご当地グルメの有名店に行ってみた。

葉栗屋葉栗屋


葉栗屋 (はぐりや)

名古屋中心部からは少し離れた金山駅近く、外観も内装も昭和の食堂といった雰囲気で、実際 「るるぶを見て来ました~♪」 といった観光客よりも地元民らしき人の方が多かった。

るるぶには “○○すぎるなごやめし 味噌カツ” のページに載っているのだが、もともとがうどん屋さんということもあり、いろんなメニューがある。

葉栗屋葉栗屋


さて、何を注文するか、目移りするところではあるが、とりあえずは、当店人気ナンバー1 と書かれた味噌カツライスは決まり。

この味噌カツライス “るるぶ” にはこうある。

名古屋でおもしろ写真を撮るなら、このキャベツタワーはいかが?昭和2年(1927)創業のうどん店で、揚げ物に付くキャベツが山盛り過ぎると話題に。甘辛い味噌ダレがたっぷりとかかったロースカツもかなり大きく、キャベツとともに食べ応えがある。


おもしろ写真・・・ インスタ映え?

と思ったら、こんなことが書いてあった。

葉栗屋葉栗屋


キャベツについて
食べ物ですので、写真撮影だけのために、キャベツを普通で注文するのはご遠慮ください。写真を確認し食べれるだけの量の注文をお願いします。


いやいやいやいや・・・。

キャベツタワーで 客呼んでますやん・・・。
普通って書いてますやん・・・。


とはいえ、食べ物を粗末にするのはよくないことだし、出されたものは残さず食べるということで・・・、


葉栗屋


普通を注文。

高さ25cmのキャベツは3分の一玉 使っているそうで、確かに迫力がある。

それでも、残さず食べると宣言したからには、食べるしかない。

シャクシャク シャクシャク・・・

味噌カツの味が濃いので、合間にキャベツはよく合う。

結局、こちらは3人ということもあって食べきることができた。 


もちろん、これだけを注文したわけではなくて、せっかくなので、こちらの名古屋名物もいただいた。

葉栗屋葉栗屋


左:味噌煮込みうどん
名古屋のソウルフード。土鍋で供され熱々の赤味噌出汁、かしわ、揚げ、しいたけ、玉子、ねぎ、かまぼこなど具だくさん。

右:きしめんセット
かつおの効いたあっさり出汁につるっとしたきしめん。セットのミニ天丼はたっぷり汁に浸かったイカ、海老などの天ぷらが乗る。


味噌かつライスに味噌煮込みうどん、きしめん を完食し、すっかり名古屋めしを満喫して、私たちは会場に向かったのであった。


葉栗屋
住所     愛知県名古屋市中川区尾頭橋2-2-20
電話番号  052-321-4809
営業時間  11:30~14:30 17:00~20:30
土日は通し営業、祝日営業
定休日   月曜日、第一・三週の火曜日
駐車場   無

奈良グルメ図鑑の記事はこちら。



↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

タグ : 旅行 食堂 豚カツ

category:食べ歩き 奈良県外
comment(0) | trackback(0)
記事編集
ノングインレイ ~高田馬場でミャンマー料理(後編)~ 
2017.08.14 Mon 10:29
 
さて、まず登場したのが、

シャンそばランチ

ノングインレイノングインレイ


五郎さんは牛スープそばを食べていたが、私はシャンそばで。ご飯とピリ辛高菜、揚げパン、食後のデザートにタピオカ。

ミャンマーに行ったとき、モヒンガーやミシェ (いつも汁なしだった) は食べたが、シャンそばは食べる機会がなかった。乾燥させた納豆に鶏ミンチ、もやしなどの野菜。平打ちの米の麺。

五郎さんは 「うん。見た目どおり。等身大のおいしさだ。」 と言っていたが、確かに日本人の舌に合う味であった。


次にやってきたのがこちら。

お茶葉のサラダ

ノングインレイノングインレイ


茶葉が織りなす新食感、アジア感じるフレーバー。

「うん。ほぉ、ちょいピリ辛。豆、カリコリ。」
「トマト、豆、茶葉…。なんだろう、食べたことないのに、懐かしいような味。」
「これ、すっごくおいしいんじゃないかな。サラダというより、スナック食べてるような感じ。」



次に出てきたのが、

シャン風 高菜漬け炒め(豚)

ノングインレイノングインレイ


豚と高菜の相性グンバツ!こいつぁ 飯が止まらねぇ!

「あっ、こちらはガツンとおかず味だ。ほぉ~ら、合う合う。もち米がおいしい。」
「高菜がもち米を呼び、もち米が高菜を呼ぶ。」
「たかもちたかもち止まらない。シャンの攻撃が止まらない。」


・・・と、まあ、私たちはもち米は頼まなかったのだが、ご飯に合う味であったことは間違いない。


さて、最後に登場したのはエキゾチックゾーンからの一品。

セミの炒め

エキゾチックゾーンのページには (苦手な人もいると思うので) “あえて写真小さめです”と書いてある。

ノングインレイ



では、私はあえて、大きめの写真でセミを見ていただこうと思う。


ノングインレイ


「うお~結構セミだ~!かなりセミですよ!」
「大丈夫、」「こんなに要らない」 by久住さん


小さめのセミはなぜかほぼ上半身。身はなく、さくさくとスナック感覚でいただける。


念願のシャン料理 (ミャンマー料理でも虫でもない) をいただくことができて満足した。

とうのは、最近読んだ 高野秀行さんの 「謎のアジア納豆: そして帰ってきた〈日本納豆〉」 でも、なぜかシャン料理は日本料理に通じるところがあり、日本人の舌にも合うと書かれてあったから。

実際、ミャンマーに行ったときの写真を見返してみると、納豆炒飯を食べていたり、高菜が使われた料理を食べていたりした。

もし私が東京に住んでいたら、きっと何度も通っていろんな料理をいただくことだろう。

虫料理を出す店として、メディアによく登場するが、行かれたときは、ぜひシャン料理の魅力を感じてください。


ノングインレイ
住所    東京都新宿区高田馬場2丁目19−7 TAK11 1F
電話番号 03-5273-5774
営業時間 11:30~23:30
定休日 無休
駐車場 無
ホームページ http://nong-inlay.com/


↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

タグ : 旅行 ミャンマー料理

category:食べ歩き 奈良県外
comment(0) | trackback(0)
記事編集
ノングインレイ ~高田馬場でミャンマー料理(前編)~ 
2017.08.07 Mon 10:11
 
野暮用があって東京へ行ってきた。

野暮用の内容は書けない。書きたいけれど書けない。何なんだ、お前は、何を言いたいんだ、と言われそうだが、そういうことである。

私のことをプライベートで知っている人は28日に答えがわかるであろう。それ以上は書けない。


半日時間があったので、「孤独のグルメ」 に登場し、気になっていたミャンマー料理の店に行く。

ミャンマーには7年前、まだ軍事政権だったころ旅行で訪れていて(別ブログ参照)、懐かしいのと、この店でシャン族の料理がいただけると聞いて、ぜひ行ってみたいと思っていたのである。シャン料理は日本人の舌に合うと聞いている。


さて、場所は東京のリトルヤンゴンと呼ばれる高田馬場にある。

ノングインレイノングインレイ


ノングインレイ


高田馬場からすぐ、しかし、ちょっと怪しい雑居ビルの中にあるので、そういう意味ではわかりづらいかもしれない。

店名の意味はミャンマー中部のインレー湖から来ているのだろう。

インレー湖といえば、片足で櫓を漕ぐ漁や、輪くぐりをする猫がいる寺などが有名で、次にミャンマーに行く機会があれば、三大仏教遺跡のひとつであるパガンや、マウントポッパがあるマンダレーなどとともに行ってみたい観光地である。


さて、何はともあれ、まずはビール。

ミャンマーのビールがあったので、8%のストロングを注文。

ノングインレイノングインレイ


久住さんも飲んだダゴンビール。

しっかりとした麦の香りとコク、


( ゚Д゚)ウマー


まだ11時半であるが、そんなことはいい、ミャンマーのビールなかなかのクオリティーである。


では、メニューの写真をどどーんと載せておく。(写真はクリックで大きくなります)

ノングインレイノングインレイノングインレイ
ノングインレイノングインレイノングインレイ
ノングインレイノングインレイノングインレイ


とりあえず、ランチセットの中から一つ選んで、あとは単品という作戦にする。

ランチセットは10種類あるが、私たちはシャンそばをチョイス。スープありとなしが選べ、メニューには、

麺で粘りのある米の麺です。

と、意味不明の説明がしてあった。


さて、ここから食べたものを紹介していこうと思うのだが、長くなりそうなので、後半へ続く。




↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

タグ : 旅行 ミャンマー料理

category:食べ歩き 奈良県外
comment(0) | trackback(0)
記事編集
横浜旅行② ~新横浜ラーメン博物館~ 
2017.07.18 Tue 21:01
 
②にして早くも完結編である。

もちろん、吉村家で元祖家系ラーメンをいただいた後、本場さながらの台湾料理の店に行ったり、中華街で朝粥を食べたり、横浜スタジアムの中で食べるためのハンバーガーをテイクアウトしたりしたのだが、本サイト (奈良グルメ図鑑) の方に奈良以外グルメ図鑑というジャンルを新たに作ったのでそちらをご覧いただきたい。

今回は土日と交流戦を2試合 (1勝1敗) 観た後、新幹線で奈良へ帰る前に新横浜ラーメン博物館で食べたものを紹介したい。

新横浜ラーメン博物館新横浜ラーメン博物館


新横浜ラーメン博物館は今さら説明の必要はないと思うが、全国のラーメンを一堂に集め、京都の拉麺小路、博多のラーメンスタジアムなどのフードパークの先駈けともなった施設である。

入場料は大人310円、現在北は北海道から南は沖縄まで、さらに海外も含め、9店舗のラーメンが集まる。


その中から私たちがまず入ったのがこちら。

利尻らーめん味楽利尻らーめん味楽


利尻らーめん味楽

日本三大昆布「利尻昆布」をふんだんに使った「焼き醤油ラーメン」は旨味が凝縮した極上の一杯です。

テレビでは何度か見たことがあるが、日本一ハードルが高いといわれるラーメン店。北海道、利尻島に行くには飛行機とフェリーを乗り継いで行かなければならない。

いくらラーメン好きといっても、さすがに行けないだろうな、とあきらめていたがラッキーなことに横浜でいただくことができた。

利尻らーめん味楽利尻らーめん味楽


左:焼き醤油ラーメン (ミニ)
高級食材として知られる利尻昆布を大量に使った濃厚スープ。注文ごとに中華鍋で醤油ダレを焦がし、香ばしさとコクを出す。

右:焼き塩ラーメン (ミニ)
焦がし醤油と比べるとあっさり感はあるが、昆布の風味はこちらの方がより強く感じられる。麺は西山製麺の中太縮れ面。


次に入ったのがこちら。

無垢-muku-ツヴァイテ無垢-muku-ツヴァイテ


無垢-muku-ツヴァイテ

食にうるさいフランス人やイタリア人をはじめ、ヨーロッパ中の食通がわざわざドイツまで足を運ぶ、ヨーロッパで最も注目を浴びるお店が日本初上陸。

利尻よりもさらに遠いドイツのフランクフルトからの出店。

無垢-muku-ツヴァイテ無垢-muku-ツヴァイテ


左:無垢ラーメン (ミニ)
定番の豚骨醤油スープは少し泡立ててクリーミーな味わい。ピザ用の小麦とパスタ用のデュラム粉を配合した平打ちの極太麺。具は炙りチャーシュー、海苔、ネギ。

右:無垢ツヴァイテラーメン
ドイツ料理のザワークラウト (キャベツの漬物) をワインで煮込み、鶏脂で火を入れ、スープと合わせる。これにベーコンが入ったドイツらしい一杯。


無垢ツヴァイテラーメンが普通サイズしかなかったこともあって、お腹が一杯になったが、この後、昭和の街並みを楽しんで、奈良に帰ったのであった。


新横浜ラーメン博物館
横浜市港北区新横浜2-14-21
045-471-0503
無休
11:00 (土日 10:30) ~21:00 (23:00)
http://www.raumen.co.jp/


P.S. お土産で買って帰ったもの。

YUJI RAMENYUJI RAMEN


YUJI RAMEN

店主は長年アメリカで魚の卸に携わった「魚のプロフェッ ショナル」鮮魚の旨味を引き出すラーメンは、マグロのアラを強火で白濁させた「ツナコツ」が看板メニューです。

ツナコツラーメン
マグロのアラを強火で炊き上げ、白濁させた鮪骨スープ。麺はスープによく絡む極細ストレート。



↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

タグ : ラーメン 旅行

category:旅行 おでかけ
comment(0) | trackback(0)
記事編集