何でも食べたい、食べてみたい、美味しいもの、珍しいもの、いろいろ食べた記録。+気になっているもの。
横浜旅行① ~家系総本山・吉村家~ 
2017.06.14 Wed 21:02
 
港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ~♪

朝、4時半に起きて、5時23分の近鉄電車で京都へ、6時35分の のぞみ290号で新横浜駅着が8時32分。

こんなに強行なスケジュールで行ったのは、横浜での9時からの会議に間に合わせるため・・・、ではなく、ホテルと新幹線が付いた、トーキョー・ブックマーク的なセットで、それしか取れなかったからである。

今回の旅行の目的は、セパ交流戦。

横浜対ソフトバンクを横浜スタジアムで観戦したい。


あまりにも朝早く着いたので、山下公園で、赤い靴を履いた女の子像が、赤い靴を履いていない のを確認したり、ドラゴンボート競走を適当に応援したりした。

山下公園山下公園


さて、横浜くんだりまで出かけたからには、横浜らしい昼ご飯をいただきたい。

私たちは元町・中華街駅から、地下鉄みなとみらい線に乗って、横浜駅に移動した。そこから歩くこと6分、この日の昼ご飯はここ。

吉村家吉村家


横浜家系総本山 吉村家

家系総本山とかいうと何か○○○な感じがするが、あくまでも吉村家が始めたラーメンの形のことであって、怪しいものではない。(○○○は想像にお任せします)

私たちが行ったのは10時半、開店時間の30分前であるが、このときすでに25人ほどの待ちが出ていた。座席数は30席とあるので一巡目に入れそうだ。

実際は10人ぐらいずつ中に案内されたが、少し早めに開店したので、だいたい11時過ぎには席に着くことができた。


さて、注文したのは次の品。

家系総本山 吉村家家系総本山 吉村家


ラーメンは基本一種類。鶏油を加えた豚骨醤油スープに太縮れ麺。トッピングは厚めにスライスした焼豚、海苔3枚、さっと茹でた法蓮草。

麺の固さ、スープの脂の量、味の濃さを自由に指定できる。また、テーブルの行者ニンニク、豆板醤、胡椒といった調味料で好みに味を変えることができる。

左:基本のラーメンに海苔追加、煮卵トッピング。
右:油多めに煮卵、辛子ねぎ。



吉村実は言う。「“家系”っていっても、なんとなくそう呼ばれるようになっただけ。僕自身は生涯一軒の店をしっかり自分の手で続けていきたい。ラーメンの味だって、決めるのは僕。常に一番美味いラーメンを目指して進化させてるんです。だから、絶対誰にも追い付かれる事はないと思うよ」

↑さすが、1日1500杯のラーメンを売り上げるだけある。かっこいい~。


あんたあの娘の何なのさ。 ←特に意味なし


吉村家
045-322-9988
神奈川県横浜市西区南幸2-12-6 ストークミキ 1F
11:00~22:00
月曜休(祝営業、翌休)
http://ieke1.com/

奈良グルメ図鑑でのページはこちら。


↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

タグ : ラーメン 旅行

category:食べ歩き 奈良県外
comment(0) | trackback(0)
記事編集
札幌旅行⑩ ~シンガポールスタイル・コピティアム~ 
2017.01.29 Sun 17:16
 
札幌ドームでの対日本ハム3連戦、3試合目は残念ながらの敗戦であった。

実はこの後、11.5ゲームをひっくり返され、まさかの大逆転で、優勝を逃すことになるのだが、このときは知らない。

札幌ドームのある 福住駅から地下鉄ですすきのまで戻り、残念会は狸小路のこの店で開くことにする。

シンガポールスタイル・コピティアム


シンガポールスタイル・コピティアム

シンガポールは何度か訪れたことがあり、シンガポール料理もそれなりにいただいたが、奈良はもちろん、大阪でもシンガポール料理というものを食べたことがなかった。

タイ料理やベトナム料理に比べて、数的に少ないからであろう。

札幌でシンガポール・・・悪くない。

メニューはこんな感じ。

DSCF8605.jpgDSCF8589.jpgDSCF8590.jpg
DSCF8591.jpgDSCF8592.jpgDSCF8593.jpg
DSCF8594.jpgDSCF8595.jpgDSCF8596.jpg
DSCF8597.jpgDSCF8598.jpgDSCF8599.jpg


さて、メニューはたくさんあるが、球場内でも軽く食べたので、オーダーは次の5品。

もちろんビールはタイガーで。

シンガポールスタイル・コピティアムシンガポールスタイル・コピティアム


左:パクチーサラダ
たっぷりのパクチーにオリジナルハーブドレッシング。パクチー好きにはたまらない一品。

右:ミックスサテ
マレーの串焼き。ピーナッツソースを付けて食べる。鶏と羊があり、ミックスは両方いただける。シャキシャキ大根スティック、ピリ辛梅ドレッシング添え。

シンガポールスタイル・コピティアムシンガポールスタイル・コピティアム


左:ミーゴレン
マレーの辛い焼きそば。フライドエッグ、パリパリのクロポ (えびせんべい)付き。

右:皮蛋粥 (ピータンポリッジ)
とろ火で長時間煮込み、チキンのうまみをしっかり出したお粥。ここにピータンをたっぷりトッピング。シンガポール定番の品。

シンガポールスタイル・コピティアム


海南鶏飯 (ハイナンチキンライス)
シンガポールの国民食。鶏の茹で汁で炊いたご飯とジューシーな肉がよく合う。ソースはチリ、甘辛醤油、さっぱり味の3種。


日本でシンガポール料理を食べたのは初めてだったが、ほぼ現地のままの味で懐かしかった。野球は負けたが、楽しいすすきのの夜であった。


シンガポールスタイル・コピティアム
(Singapore Style KOPITIAM)
011-219-7773
北海道札幌市中央区南三条西7-5
17:30~翌2:00
火休

↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

タグ : 旅行 エスニック料理

category:食べ歩き 奈良県外
comment(0) | trackback(0)
記事編集
札幌旅行⑨ ~二条市場で海鮮朝食~ 
2016.12.26 Mon 16:31
 
今回の札幌旅行で一番印象的だった食事・・・、ホテルから歩くこと20分、少し道に迷いながらも着いたのが、ここ、

二条市場


二条市場~

100年以上の歴史ある市場らしく、札幌では 「札幌市中央卸売市場 場外市場」 と並ぶ観光市場ということで、朝ご飯に行ってきた。

何がよかったかというと、普通に並んでいる魚屋さんの品物がその場ですぐに食べられること。

二条市場


この場で刺身 OK! ぎょぎょ!

それでは、お言葉に甘えて、まずは近くの商店で缶ビールを買ってきて (まだ朝だが)、牡蠣をお願いします。

二条市場


おすすめという 厚岸産のまるえもん が一個200円。おととい小樽の三角市場で食べた牡蠣が一個300円。品物が違うとはいえ、かなり安い。

店先には簡単な椅子とテーブルがあり、醤油とわさびも出してくれた。

ビールをくいっと飲んで、牡蠣をつるっと食べたら、

これこそ、北海道~!

当たり前かもしれないが、奈良では味わえないし、この値段では食べられない。


勢いでホタテ (1枚150円) とボタン海老 (値段忘れた) もいただいた。

二条市場


これもまた、まいう~!

さらにこんな機会は 今後しばらくない と思ったので、思いきって、清水の舞台から飛び込むつもりで、

特大の牡蠣も注文。 250円だけど。

二条市場


さすが、森のミルク!

ちゃうちゃうそれはアボカドや!


海のミルク~!

さすがにクリーミーで、おいしかった~

ということで、この旅行一番の印象に残った食事でした。


二条市場
札幌市中央区南3条東1丁目〜東2丁目
011-222-5308
6:00~21:00
無休



↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

タグ : 旅行

category:旅行 おでかけ
comment(0) | trackback(0)
記事編集
札幌旅行⑧ ~開陽亭・踊れ!イカ!!~ 
2016.11.07 Mon 20:35
 
北海道まで来たのだから、札幌、小樽だけでなく、函館や富良野、できれば旭川へも足を伸ばしたい。

伸ばしたいけれども、伸ばせない、なぜなら、今回の旅の目的は 「野球観戦」 だから。

伸ばせないけれど、函館名物、イカの踊り丼が気になる。




活けのイカに醤油を垂らすと踊り出すというもの。

ぜひともイカが踊るところを生で見てみたい。


で、札幌にないか調べてみたところ、さすが道都 札幌、あるみたいだ。ホテルからも歩けるようなので行ってみた。

札幌 開陽亭 2号店


開陽亭

ちなみに開陽亭は札幌にいくつか店を出していて、私たちが訪れたのは2号店であった。

入口近くには熊の剥製とともにイカのいけすがあって、

いやがおうにもイカ気分が盛り上がる。

予約していなかったが、10分ほどで2階のテーブル席に案内された。

札幌 開陽亭 2号店


活イカで有名な「開陽亭」。札幌で活イカ、魚介類を楽しむのなら開陽亭といわれるほど、地元民からも観光客からも人気のお店。新鮮なお刺身はもちろん、うにのおにぎりが絶品と大人気。仲間とワイワイ楽しみながら、美味しい料理を楽しむことが出来る。

当店一番の人気、水槽からすくった活いかをその場ですぐにお刺身に。皿に盛ったゲソ(足)が目の前で動くのは、活いかだからこそ。

注文はもちろん、活まいかの踊り造り。

札幌 開陽亭 2号店


しばらくして登場したイカの造りはきれいに透き通っていた。店員さんいわく、「ゲソは後から調理します」 とのこと。踊りを堪能した後、調理するということか。

・・・で、早速、期待に胸をふくらませて、醤油を落としてみた・・・が・・・・・・、

ちょっと動いた後、ぐったりと動きを止めてしまった・・・。箸でつついてみたが、反応なし。


踊れ!イカ!!


いちおう動画も撮ってみたのだが、あまりにしょぼいので、載せないでおく。先程の youtube の動画を見ていただきたい。

とはいえ、味の方はコリコリとした歯ごたえで、甘みもありうまかった。ゲソは塩焼きにしてもらった。


イカ 以下、他にいただいたものを載せておく。

札幌 開陽亭 2号店札幌 開陽亭 2号店札幌 開陽亭 2号店
札幌 開陽亭 2号店札幌 開陽亭 2号店札幌 開陽亭 2号店


左上/活けほや造り・中上/かにクリームコロッケ・右上/じゃがバター
左下/海鮮お刺身丼・中下/いくら丼・右下/さけいくら丼

イカは踊らなかったけど、北海道の海鮮をしっかりと堪能したのであった。


開陽亭 すすきの2号店
北海道札幌市中央区南5条西6-5-1
50-5869-2470 (予約専用番号)
17:00~翌0:00 (日祝~23:30)
無休(年始のみ休)
P無 HP


おまけ




↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

タグ : 旅行

category:旅行 おでかけ
comment(0) | trackback(0)
記事編集
名古屋日帰り旅行③ ~帰りに三重で伊賀食堂~ 
2016.10.10 Mon 21:26
 
息子の会合が6時過ぎに終わり、さて奈良に帰ることにする。

飲んだら乗るな、乗るなら飲むな

という 法律が日本にはある ので、ここまで飲まなかった。

こんな書き方をしたら、まるで私が休日は昼間から飲んでばかりいるようなアル中かと思われるかもしれないが、

飲むか飲まないかはメニューによるのである。

寿司→飲む 丼→飲まない そば→飲む うどん→飲まない
カレー→飲まない ハンバーガー→飲む お好み焼き→飲む
天ぷら→飲む 豚かつ→飲まない 餃子→飲む ラーメン→飲まない
イタリア料理・フランス料理・スペイン料理→飲む

・・・と書いていると、なんだか飲む方が多いんじゃないかと思われるが、かのボードレールもこんな言葉を残している。

勤労は日々を豊かにし、酒は日曜日を幸福にする


さて、名古屋で食べたものは、

甘口抹茶小倉スパ→飲まない ラーメン→飲まない

なので、私の日常の日曜である。

前置きが長くなったが、名古屋を出て、東名阪から名阪を走ること1時間、奈良まであと1時間を残すというところで晩御飯を兼ねて休憩。

伊賀食堂


伊賀食堂


名阪国道には上柘植インターと下柘植インターがあるが、降りるのは上柘植インターの方である。私が間違えたから念を押しておく。

昔はここに健康ランドがあって、龍が元気よく煙を吐いていたが、現在はひっそりとテナント募集中になっていた。それにしても誰がこの後に入ろうと思うのだろうか。

上柘植インターを降りるとサークルKがあり、そのななめ向かいあたりに店がある。

トラックの運転手もよく利用されるのだろう、駐車場はやたらと広い。トラックどころか、飛行機でも駐まれそうな広さである。

伊賀食堂


店内は食堂だけに、シンプルというか、殺風景というか、吉本新喜劇というか…、

昭和のにおいがプンプンする。

おっさんが一人でホルモンを食べながらビールを飲んでいたが…、ここからどうやって帰るのか。

飲んだら乗るな、飲むなら乗るな・・・?


トラッカーたちのお昼ご飯にだろうか、丼物やうどんも端っこの方に貼ってあったが、基本、メニューは焼肉、ホルモン中心である。

私たち親の方はまだ、お腹の中に煮干しラーメンや甘口抹茶スパが残っていたが、息子は腹ペコである。しっかりと肉を堪能したい。


腰が90度曲がった身長90cmのおばあちゃん

が、この日は一人で店を切り盛りしており、注文を聞きに来てくれた。私たちは ミックス定食と単品のホルモン、牛赤身、うどんを頼んだ。

伊賀食堂


冷蔵庫から自分で持ってくる缶ビールを飲みながら (運転はここで嫁さんに交代) しばらく待つと、90歳の (←推定) おばあちゃんがボールを持ってやってきた。

中身は注文したホルモン、赤身、野菜が味噌ダレとともにミックスされたもの。これを年季の入った鉄皿に豪快に乗せる。


これを玉ねぎがしんなりするまでまぜながら焼き、うどんを投入して、またしばらくぐつぐつと焼いたら出来上がり。

伊賀食堂


味噌がだんだん焦げてきて、濃さがマックスになってきたころ、火を弱めて後はじっくりといただく。

ビールにも合うし、ご飯にも合う味。そして、

3人がお腹いっぱい食べて、2000円ちょい。

という、コストパフォーマンスもサイコーである。近所にあったらきっと通うだろうな、とそんなことを考えた。

ごちそうさま。


伊賀食堂
三重県伊賀市柘植町9180
0595-45-5406
10:00~23:00
月休 P有

伊賀食堂ホルモン / 柘植駅新堂駅

夜総合点-



↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

タグ : 旅行 ホルモン

category:食べ歩き 奈良県外
comment(1) | trackback(0)
記事編集