何でも食べたい、食べてみたい、美味しいもの、珍しいもの、いろいろ食べた記録。+気になっているもの。
スポンサーサイト 
--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




category:スポンサー広告
comment -- | trackback --
記事編集
ノングインレイ ~高田馬場でミャンマー料理(後編)~ 
2017.08.14 Mon 10:29
 
さて、まず登場したのが、

シャンそばランチ

ノングインレイノングインレイ


五郎さんは牛スープそばを食べていたが、私はシャンそばで。ご飯とピリ辛高菜、揚げパン、食後のデザートにタピオカ。

ミャンマーに行ったとき、モヒンガーやミシェ (いつも汁なしだった) は食べたが、シャンそばは食べる機会がなかった。乾燥させた納豆に鶏ミンチ、もやしなどの野菜。平打ちの米の麺。

五郎さんは 「うん。見た目どおり。等身大のおいしさだ。」 と言っていたが、確かに日本人の舌に合う味であった。


次にやってきたのがこちら。

お茶葉のサラダ

ノングインレイノングインレイ


茶葉が織りなす新食感、アジア感じるフレーバー。

「うん。ほぉ、ちょいピリ辛。豆、カリコリ。」
「トマト、豆、茶葉…。なんだろう、食べたことないのに、懐かしいような味。」
「これ、すっごくおいしいんじゃないかな。サラダというより、スナック食べてるような感じ。」



次に出てきたのが、

シャン風 高菜漬け炒め(豚)

ノングインレイノングインレイ


豚と高菜の相性グンバツ!こいつぁ 飯が止まらねぇ!

「あっ、こちらはガツンとおかず味だ。ほぉ~ら、合う合う。もち米がおいしい。」
「高菜がもち米を呼び、もち米が高菜を呼ぶ。」
「たかもちたかもち止まらない。シャンの攻撃が止まらない。」


・・・と、まあ、私たちはもち米は頼まなかったのだが、ご飯に合う味であったことは間違いない。


さて、最後に登場したのはエキゾチックゾーンからの一品。

セミの炒め

エキゾチックゾーンのページには (苦手な人もいると思うので) “あえて写真小さめです”と書いてある。

ノングインレイ



では、私はあえて、大きめの写真でセミを見ていただこうと思う。


ノングインレイ


「うお~結構セミだ~!かなりセミですよ!」
「大丈夫、」「こんなに要らない」 by久住さん


小さめのセミはなぜかほぼ上半身。身はなく、さくさくとスナック感覚でいただける。


念願のシャン料理 (ミャンマー料理でも虫でもない) をいただくことができて満足した。

とうのは、最近読んだ 高野秀行さんの 「謎のアジア納豆: そして帰ってきた〈日本納豆〉」 でも、なぜかシャン料理は日本料理に通じるところがあり、日本人の舌にも合うと書かれてあったから。

実際、ミャンマーに行ったときの写真を見返してみると、納豆炒飯を食べていたり、高菜が使われた料理を食べていたりした。

もし私が東京に住んでいたら、きっと何度も通っていろんな料理をいただくことだろう。

虫料理を出す店として、メディアによく登場するが、行かれたときは、ぜひシャン料理の魅力を感じてください。


ノングインレイ
住所    東京都新宿区高田馬場2丁目19−7 TAK11 1F
電話番号 03-5273-5774
営業時間 11:30~23:30
定休日 無休
駐車場 無
ホームページ http://nong-inlay.com/


↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




スポンサーサイト

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

タグ : 旅行 ミャンマー料理

category:食べ歩き 奈良県外
comment(0) | trackback(0)
記事編集
ノングインレイ ~高田馬場でミャンマー料理(前編)~ 
2017.08.07 Mon 10:11
 
野暮用があって東京へ行ってきた。

野暮用の内容は書けない。書きたいけれど書けない。何なんだ、お前は、何を言いたいんだ、と言われそうだが、そういうことである。

私のことをプライベートで知っている人は28日に答えがわかるであろう。それ以上は書けない。


半日時間があったので、「孤独のグルメ」 に登場し、気になっていたミャンマー料理の店に行く。

ミャンマーには7年前、まだ軍事政権だったころ旅行で訪れていて(別ブログ参照)、懐かしいのと、この店でシャン族の料理がいただけると聞いて、ぜひ行ってみたいと思っていたのである。シャン料理は日本人の舌に合うと聞いている。


さて、場所は東京のリトルヤンゴンと呼ばれる高田馬場にある。

ノングインレイノングインレイ


ノングインレイ


高田馬場からすぐ、しかし、ちょっと怪しい雑居ビルの中にあるので、そういう意味ではわかりづらいかもしれない。

店名の意味はミャンマー中部のインレー湖から来ているのだろう。

インレー湖といえば、片足で櫓を漕ぐ漁や、輪くぐりをする猫がいる寺などが有名で、次にミャンマーに行く機会があれば、三大仏教遺跡のひとつであるパガンや、マウントポッパがあるマンダレーなどとともに行ってみたい観光地である。


さて、何はともあれ、まずはビール。

ミャンマーのビールがあったので、8%のストロングを注文。

ノングインレイノングインレイ


久住さんも飲んだダゴンビール。

しっかりとした麦の香りとコク、


( ゚Д゚)ウマー


まだ11時半であるが、そんなことはいい、ミャンマーのビールなかなかのクオリティーである。


では、メニューの写真をどどーんと載せておく。(写真はクリックで大きくなります)

ノングインレイノングインレイノングインレイ
ノングインレイノングインレイノングインレイ
ノングインレイノングインレイノングインレイ


とりあえず、ランチセットの中から一つ選んで、あとは単品という作戦にする。

ランチセットは10種類あるが、私たちはシャンそばをチョイス。スープありとなしが選べ、メニューには、

麺で粘りのある米の麺です。

と、意味不明の説明がしてあった。


さて、ここから食べたものを紹介していこうと思うのだが、長くなりそうなので、後半へ続く。




↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

タグ : 旅行 ミャンマー料理

category:食べ歩き 奈良県外
comment(0) | trackback(0)
記事編集
横浜旅行② ~新横浜ラーメン博物館~ 
2017.07.18 Tue 21:01
 
②にして早くも完結編である。

もちろん、吉村家で元祖家系ラーメンをいただいた後、本場さながらの台湾料理の店に行ったり、中華街で朝粥を食べたり、横浜スタジアムの中で食べるためのハンバーガーをテイクアウトしたりしたのだが、本サイト (奈良グルメ図鑑) の方に奈良以外グルメ図鑑というジャンルを新たに作ったのでそちらをご覧いただきたい。

今回は土日と交流戦を2試合 (1勝1敗) 観た後、新幹線で奈良へ帰る前に新横浜ラーメン博物館で食べたものを紹介したい。

新横浜ラーメン博物館新横浜ラーメン博物館


新横浜ラーメン博物館は今さら説明の必要はないと思うが、全国のラーメンを一堂に集め、京都の拉麺小路、博多のラーメンスタジアムなどのフードパークの先駈けともなった施設である。

入場料は大人310円、現在北は北海道から南は沖縄まで、さらに海外も含め、9店舗のラーメンが集まる。


その中から私たちがまず入ったのがこちら。

利尻らーめん味楽利尻らーめん味楽


利尻らーめん味楽

日本三大昆布「利尻昆布」をふんだんに使った「焼き醤油ラーメン」は旨味が凝縮した極上の一杯です。

テレビでは何度か見たことがあるが、日本一ハードルが高いといわれるラーメン店。北海道、利尻島に行くには飛行機とフェリーを乗り継いで行かなければならない。

いくらラーメン好きといっても、さすがに行けないだろうな、とあきらめていたがラッキーなことに横浜でいただくことができた。

利尻らーめん味楽利尻らーめん味楽


左:焼き醤油ラーメン (ミニ)
高級食材として知られる利尻昆布を大量に使った濃厚スープ。注文ごとに中華鍋で醤油ダレを焦がし、香ばしさとコクを出す。

右:焼き塩ラーメン (ミニ)
焦がし醤油と比べるとあっさり感はあるが、昆布の風味はこちらの方がより強く感じられる。麺は西山製麺の中太縮れ面。


次に入ったのがこちら。

無垢-muku-ツヴァイテ無垢-muku-ツヴァイテ


無垢-muku-ツヴァイテ

食にうるさいフランス人やイタリア人をはじめ、ヨーロッパ中の食通がわざわざドイツまで足を運ぶ、ヨーロッパで最も注目を浴びるお店が日本初上陸。

利尻よりもさらに遠いドイツのフランクフルトからの出店。

無垢-muku-ツヴァイテ無垢-muku-ツヴァイテ


左:無垢ラーメン (ミニ)
定番の豚骨醤油スープは少し泡立ててクリーミーな味わい。ピザ用の小麦とパスタ用のデュラム粉を配合した平打ちの極太麺。具は炙りチャーシュー、海苔、ネギ。

右:無垢ツヴァイテラーメン
ドイツ料理のザワークラウト (キャベツの漬物) をワインで煮込み、鶏脂で火を入れ、スープと合わせる。これにベーコンが入ったドイツらしい一杯。


無垢ツヴァイテラーメンが普通サイズしかなかったこともあって、お腹が一杯になったが、この後、昭和の街並みを楽しんで、奈良に帰ったのであった。


新横浜ラーメン博物館
横浜市港北区新横浜2-14-21
045-471-0503
無休
11:00 (土日 10:30) ~21:00 (23:00)
http://www.raumen.co.jp/


P.S. お土産で買って帰ったもの。

YUJI RAMENYUJI RAMEN


YUJI RAMEN

店主は長年アメリカで魚の卸に携わった「魚のプロフェッ ショナル」鮮魚の旨味を引き出すラーメンは、マグロのアラを強火で白濁させた「ツナコツ」が看板メニューです。

ツナコツラーメン
マグロのアラを強火で炊き上げ、白濁させた鮪骨スープ。麺はスープによく絡む極細ストレート。



↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

タグ : ラーメン 旅行

category:旅行 おでかけ
comment(0) | trackback(0)
記事編集
横浜旅行① ~家系総本山・吉村家~ 
2017.06.14 Wed 21:02
 
港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ~♪

朝、4時半に起きて、5時23分の近鉄電車で京都へ、6時35分の のぞみ290号で新横浜駅着が8時32分。

こんなに強行なスケジュールで行ったのは、横浜での9時からの会議に間に合わせるため・・・、ではなく、ホテルと新幹線が付いた、トーキョー・ブックマーク的なセットで、それしか取れなかったからである。

今回の旅行の目的は、セパ交流戦。

横浜対ソフトバンクを横浜スタジアムで観戦したい。


あまりにも朝早く着いたので、山下公園で、赤い靴を履いた女の子像が、赤い靴を履いていない のを確認したり、ドラゴンボート競走を適当に応援したりした。

山下公園山下公園


さて、横浜くんだりまで出かけたからには、横浜らしい昼ご飯をいただきたい。

私たちは元町・中華街駅から、地下鉄みなとみらい線に乗って、横浜駅に移動した。そこから歩くこと6分、この日の昼ご飯はここ。

吉村家吉村家


横浜家系総本山 吉村家

家系総本山とかいうと何か○○○な感じがするが、あくまでも吉村家が始めたラーメンの形のことであって、怪しいものではない。(○○○は想像にお任せします)

私たちが行ったのは10時半、開店時間の30分前であるが、このときすでに25人ほどの待ちが出ていた。座席数は30席とあるので一巡目に入れそうだ。

実際は10人ぐらいずつ中に案内されたが、少し早めに開店したので、だいたい11時過ぎには席に着くことができた。


さて、注文したのは次の品。

家系総本山 吉村家家系総本山 吉村家


ラーメンは基本一種類。鶏油を加えた豚骨醤油スープに太縮れ麺。トッピングは厚めにスライスした焼豚、海苔3枚、さっと茹でた法蓮草。

麺の固さ、スープの脂の量、味の濃さを自由に指定できる。また、テーブルの行者ニンニク、豆板醤、胡椒といった調味料で好みに味を変えることができる。

左:基本のラーメンに海苔追加、煮卵トッピング。
右:油多めに煮卵、辛子ねぎ。



吉村実は言う。「“家系”っていっても、なんとなくそう呼ばれるようになっただけ。僕自身は生涯一軒の店をしっかり自分の手で続けていきたい。ラーメンの味だって、決めるのは僕。常に一番美味いラーメンを目指して進化させてるんです。だから、絶対誰にも追い付かれる事はないと思うよ」

↑さすが、1日1500杯のラーメンを売り上げるだけある。かっこいい~。


あんたあの娘の何なのさ。 ←特に意味なし


吉村家
045-322-9988
神奈川県横浜市西区南幸2-12-6 ストークミキ 1F
11:00~22:00
月曜休(祝営業、翌休)
http://ieke1.com/

奈良グルメ図鑑でのページはこちら。


↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

タグ : ラーメン 旅行

category:食べ歩き 奈良県外
comment(0) | trackback(0)
記事編集
札幌旅行⑩ ~シンガポールスタイル・コピティアム~ 
2017.01.29 Sun 17:16
 
札幌ドームでの対日本ハム3連戦、3試合目は残念ながらの敗戦であった。

実はこの後、11.5ゲームをひっくり返され、まさかの大逆転で、優勝を逃すことになるのだが、このときは知らない。

札幌ドームのある 福住駅から地下鉄ですすきのまで戻り、残念会は狸小路のこの店で開くことにする。

シンガポールスタイル・コピティアム


シンガポールスタイル・コピティアム

シンガポールは何度か訪れたことがあり、シンガポール料理もそれなりにいただいたが、奈良はもちろん、大阪でもシンガポール料理というものを食べたことがなかった。

タイ料理やベトナム料理に比べて、数的に少ないからであろう。

札幌でシンガポール・・・悪くない。

メニューはこんな感じ。

DSCF8605.jpgDSCF8589.jpgDSCF8590.jpg
DSCF8591.jpgDSCF8592.jpgDSCF8593.jpg
DSCF8594.jpgDSCF8595.jpgDSCF8596.jpg
DSCF8597.jpgDSCF8598.jpgDSCF8599.jpg


さて、メニューはたくさんあるが、球場内でも軽く食べたので、オーダーは次の5品。

もちろんビールはタイガーで。

シンガポールスタイル・コピティアムシンガポールスタイル・コピティアム


左:パクチーサラダ
たっぷりのパクチーにオリジナルハーブドレッシング。パクチー好きにはたまらない一品。

右:ミックスサテ
マレーの串焼き。ピーナッツソースを付けて食べる。鶏と羊があり、ミックスは両方いただける。シャキシャキ大根スティック、ピリ辛梅ドレッシング添え。

シンガポールスタイル・コピティアムシンガポールスタイル・コピティアム


左:ミーゴレン
マレーの辛い焼きそば。フライドエッグ、パリパリのクロポ (えびせんべい)付き。

右:皮蛋粥 (ピータンポリッジ)
とろ火で長時間煮込み、チキンのうまみをしっかり出したお粥。ここにピータンをたっぷりトッピング。シンガポール定番の品。

シンガポールスタイル・コピティアム


海南鶏飯 (ハイナンチキンライス)
シンガポールの国民食。鶏の茹で汁で炊いたご飯とジューシーな肉がよく合う。ソースはチリ、甘辛醤油、さっぱり味の3種。


日本でシンガポール料理を食べたのは初めてだったが、ほぼ現地のままの味で懐かしかった。野球は負けたが、楽しいすすきのの夜であった。


シンガポールスタイル・コピティアム
(Singapore Style KOPITIAM)
011-219-7773
北海道札幌市中央区南三条西7-5
17:30~翌2:00
火休

↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

タグ : 旅行 エスニック料理

category:食べ歩き 奈良県外
comment(0) | trackback(0)
記事編集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。