何でも食べたい、食べてみたい、美味しいもの、珍しいもの、いろいろ食べた記録。+気になっているもの。
姫路旅行 帰りに明石 
2008.04.04 Fri 19:03
おやつは明石焼き、そう決めていた。

しか~し、姫路バイパス、加古川バイパスが渋滞したので、明石に着いたのは5時過ぎだった。

計画はすっかりずれ込んだが、明石の後は家に帰るだけである。
かくの上は明石焼きを夜ご飯にしてしまおう。

魚の棚の近くのパーキングに車を停めて商店街をうろつく。

お目当ては明石焼きだが、その前に雨の中、アホなことをして靴下を濡らした子どものために雑貨屋さんに行った。

そこで、やはり地元のことは地元民に聞けということで店の人に明石焼きの美味しい店を教えてもらった。

おっちゃんの口から出たのは3店。

魚の棚でおいしいのは とり居という店だが、イス一つにつき一人前頼まないといけないらしい。子どもが4人もいる私たちには厳しい条件だ。

そこらあたりも考えた上で、おっちゃんは魚の棚から離れるが、駅の近くの 松竹を一押しに教えてくれた。

雨はまだ降っていたが、魚の棚のアーケードを出て、2号線の歩道橋を渡り、マクドナルドの手前を入ると松竹はあった。

松竹


メニューはシンプル、玉子焼(550円)と特別玉子焼(650円)とドリンク。

とりあえず、玉子焼と特別玉子焼を一つずつ注文。ビールが欲しかったが、帰りの道のりがまだ遠いので我慢。

松竹


まずは、出汁がたっぷりと入った器でやってきた。三つ葉はみじん切りしたものがテーブルに置いてある。

そうこうしているうちに玉子焼が登場。写真手前が特別玉子焼で、卵も多く、蛸も一つに2、3個入っている。

味は焼けただし醤油の味が香ばしく、さすがおっちゃんがおすすめするだけのことはある。

すごく美味しかった。



軽く食べてしまった後、また魚の棚にもどる。

そして、おっちゃんの口から出ていた とり居をめざす。

テイクアウトなら一人前の注文ができるだろうと考えたのだ。

とり居


店は閉店間際で客は誰もいなかったが、さっきのおっちゃんの言葉が頭にあったので、
「外で食べたいので一人前下さい。」と注文した。

店の前でイスに座って待っていると出来上がった明石焼きを持っておばちゃんが出てきた。

なんと、店で出す板に明石焼きをのせて、出汁も水も3人前付けてくれたのだ。

とり居


これには感激してしまった。
おっちゃんの話では何となく味は良くてもかたぶつなイメージがあったから。

ありがたく、みんなで少しずついただいた。

さっきの松竹はしょうゆの香ばしさが前面に出た味だったが、こちらはふわっとした口当たりがまろやかで、卵の味がしっかりと立っている。

さすが本場、店によって味が違うのにどちらもおいしい。



この後、イカナゴのくぎ煮などの土産を買って奈良へと帰ったのであった。



ところで、おっちゃんが言っていたもう一つの店は たこ磯という店だったが、これも実はテイクアウトしていた。

ただ、持ち帰りを注文すると、すでに包まれてしばらくたったものを渡されたのが少し残念だった。



それは家に帰ってからいただいた。るるぶには冷めても美味しいとあったのだが、
やはり明石焼きは焼きたてに限る。

たこ磯


たこ磯の明石焼きも焼きたてを食べてみたかったなあと思いつつ、眠りについたのだった。



お~やすみ~。






↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:関西 - ジャンル:旅行

タグ : 明石焼き 旅行

category:旅行 おでかけ
comment(0) | trackback(0)
記事編集
おかる 
2008.03.23 Sun 15:49
我が家は2週間に一度、図書館通いをしている。

土曜か日曜、カゴに本をいっぱい入れて、ちゃりんこで街中を走っている4人家族を見かけたらnaranara一家の可能性が高い。



そんなわけで、今日の図書館の帰り、どこかでお昼ということになったのだが、どうも観光シーズンなのか、どの店もいっぱいで、並んでいるところが多い。

これはこれで喜ばしいことだが、さて、どこにするか困った。

餅飯殿から東向に入り、いろいろと見ていると珍しいことにおかるに行列がない。

おかる


もしかしてと思って聞いてみるとちょうど今出た人があって一つだけ席が空いているという。

ということで早速入店。



この店は何度も来ているが、食べたことがないのが特製メニュー。

例えば特製おかる焼きは豚テキ、豚ロース、有頭海老、ミンチ、いか、えび、たこ、貝柱、牛肉、卵5個入りで3900円。4~5人前という。

おかる




さすがにそれは食べきれないので、豚ロース、有頭海老、ミンチ、いか、たこ、卵2個入りのスペシャルⅡを注文。

おかる


ここのお店は焼くのもすべて店の人がしてくれるので私たちはビールでも飲みながらできあがるのを待つだけである。

まずは豚ロースと有頭海老は別に、それ以外は混ぜてから焼く。

おかる




ある程度火が通ると、豚ロースと海老をお好み焼きの上に載せて、ふたをして蒸し焼きにする。

このとき、有頭海老の頭の部分だけは油をかけてカリカリになるよう押しながら焼く。

おかる




ふたを取って、ひっくり返したらできあがり。

おかる


あとはお好みでかつお節、青のり、マヨネーズを付けて食べる。



店の人は2~3人前と言っていたが、まあ2人前がいいとこかな?

よく食べる人なら一人でも食べるかもしれない。



ちなみにこの店、英語のメニューも用意されていて外国の観光客も多い。



おかる
奈良市東向南町13
0742-24-3686
11:00~22:00 不定休 P無

↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : 明石焼き お好み焼き

category:食べ歩き 奈良市
comment(0) | trackback(0)
記事編集