何でも食べたい、食べてみたい、美味しいもの、珍しいもの、いろいろ食べた記録。+気になっているもの。
札幌旅行⑥ ~小樽・三角市場~ 
2016.09.21 Wed 18:36
 
小樽へ向かう函館本線は海沿いを走る。

札幌を出てすぐは それなりに街であったり、郊外の住宅地であったりするのだが、だんだん、耕作地が多くなり、海岸線に出てからは、“哀しみ本線日本海”とか、“風雪流れ旅” の演歌の世界になる。

ゆらりゆらりと電車にゆられ、小樽駅に着いたら、午前10時過ぎ。朝ご飯を食べていないので、駅から近い三角市場へ。

小樽 三角市場


実はここ形が三角形ということで、この名前がつけられているのだが、実際、地図で見てみると28角形である。まあ、細かいことは気にしない。

ここでブランチとしゃれこもう。 (←そんなしゃれたもんではありません)

三角市場では6店舗の食事処があり、どこも海鮮丼があり、定食があり、テレビで取材を受けたときの写真が貼られている。


はじめて来た観光客には違いがわからない。


味処たけだ味処たけだ


わからないので、何となく雰囲気がよさそうで、店内が広々としていて、入りやすそうな、

“味処 たけだ” に入る。

鮮魚店直営の社長自らの目利きにより競り落としてきた新鮮な魚介類を堪能でき、年中安定供給が可能です。 小上がりもあり、三角市場最大の広さで団体客の受け入れもできます。旬のおまかせ丼は2,800円で約12種類以上のネタが入っていてオススメです!

ちなみに 好きな魚辺の漢字は “鰰” らしい。 ←何と読むでしょう?

味処たけだ味処たけだ


丼は20種類、写真付きで載っているが、「お好みのネタをトッピングできます」 とあるので、組み合わせは無限大である。

これに、刺身や焼き魚など。

悩む・・・

・・・で、結局 注文したものがこちら。

味処たけだ味処たけだ
味処たけだ味処たけだ
味処たけだ


生うにいくら丼/生牡蠣刺身/甘海老刺身/生ほたて刺身/ボイルしゃこ

どれも新鮮で、さすが北海道、と満足であった。

まだ、10時台だけど、小樽ビールも飲んで、贅沢なブランチであった。


三角市場
北海道小樽市稲穂3丁目10−16
6:00~17:00
http://otaru-sankaku.com/

市場食堂 味処たけだ
0134-22-9652
7:00〜16:00
http://www.otaru-takeda.com/


P.S 答えは 鰰=はたはた でした。



↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

タグ : 旅行 海鮮丼

category:旅行 おでかけ
comment(0) | trackback(0)
記事編集
九州旅行⑦ ~朝食は市場の海鮮丼 ~ 
2012.03.31 Sat 12:30
 
ヒルトン福岡シーホークは高そうに見えて実はリーズナブル。
4人で27500円。一人、7000円弱。

本当は朝食付きの早割、37500円を昨年から予約していたのだが、ホークスのファンクラブに入ったら、宿泊料10%オフの特典が付いていた。

ホテルに問い合わせると宿泊代は10%オフになるが、朝食代は別とのこと。朝食を食べるのと食べないのとで10000円の差がでることがわかった。

37500円-朝食代-10%オフ=10000円の差。

・・・ということで、シーホークの朝食はいいといううわさを聞いていたが、ここは断念して、その替わり、贅沢な朝ご飯をいただくことにした。


・・・で、ホテルから路線バスに乗って (フロントでタクシーなら いくらぐらいか聞くと2千円以上するという!)、赤坂というバス停で降り、北へ600m。

博多市場会館博多市場会館


福岡市中央卸売市場鮮魚市場 市場会館
 かいか~ん~

ここは、市場の中というのもあって、朝 っぱら から、何軒もの店が開いている。
ここで豪華海鮮丼やら、魚料理をいただこうという魂胆である。

店は1階のワンフロアーに集まって、しかも、どの店も店頭にメニューが出されているので、どこにするか、迷っちゃう~。

写真付きのメニューを出している店もあって、「ここなんかいいんやない?」 と思ったら、ガラガラだったりして、「やっぱり、客が多いところにしよう」 ということになった。

で、選んだのがここ。

博多市場会館 魚河岸博多市場会館 魚河岸


魚道楽 博多魚がし

店内に入るとテーブル席は満員、カウンターも7割方埋まっていて、中には、焼酎でいい感じに酔っぱらっている人もいる。

客のほとんどが、関係者という感じで、観光客は私たちだけである。 

それだけに、逆に期待が高まる。

博多市場会館 魚河岸博多市場会館 魚河岸


メニューを見ると海鮮丼の他に定食や一品物もたくさんある。

焼酎などの種類も豊富でカウンターのおっさん同様、一杯飲みたい気分であったが、向こうは仕事上がり、こっちは一日の始まり、ということで、今回はお茶にしておいた。

数ある海鮮丼の中から、私たちは特選海鮮丼、いくら丼、ウニ丼を選んだ。

博多市場会館 魚河岸博多市場会館 魚河岸
博多市場会館 魚河岸博多市場会館 魚河岸


写真左上:特選海鮮丼 (1500円)
よこわ、鯛、はまち、えび、中トロ、あなご、いか、サーモン、うに。

写真右上:うに丼 (1000円)
たっぷりのうに、よこわ、まぐろ。

写真左下:いくら丼 (1000円)
たっぷりのいくら。丼にはそれぞれ、魚のアラ入り味噌汁、小鉢、サラダ、漬け物が付く。

博多市場会館 魚河岸


味の宝石箱や~ by 彦麻呂

こうして、私たちはいっぱいになったお腹と満足感を抱いて、帰りもバスに乗ってホテルへ戻ったのであった。


博多魚がし 市場会館店
福岡市中央区長浜3-11-3 市場会館1F
092-711-6339
6:00~14:00 18:00~翌2:00
日休 P有

↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:九州の旅 - ジャンル:旅行

タグ : 旅行 海鮮丼

category:旅行 おでかけ
comment(4) | trackback(1)
記事編集
にぎり長次郎 ~豪華海鮮丼を作ってみた~ 
2011.03.09 Wed 20:13
娘が海鮮丼を食べたいと言った。金沢の近江市場で食べた海鮮丼が忘れられない、もう一度食べたいと言う。

近江市場、ひら井でいただいた特選海鮮丼(2500円)。↓
近江市場の海鮮丼


まさか海鮮丼を食べに金沢まで行くわけにも行かないので、奈良で食べられるところはないか考えてみた。

もちろん大宮町の 「大奈加」 や餅飯殿の 「山口水産」 など、奈良でもいくつか海鮮丼を食べさせてくれる店はあるが、金沢で食べたような超豪華なものといえばちょっと違う感じである。

無いのなら作ってみよう海鮮どん (by秀吉)


ということで、今回訪れたのはここ。

長次郎


にぎり長次郎 奈良二条大路店~

この店、イトーヨーカドーの隣にあって、その昔 「東鮓(あづまずし)」 であった。さらに言うと、私は高校のとき、そこでアルバイトをしていて、ホールで採用されたが、いつの間にか厨房に入って、ちらし寿司を作ったりもした、そんな思い出の店(場所)でもある。


さて、店には11時、開店後すぐに入った。そして、まずは “いつものもの” を注文。

長次郎


ハマグリの赤出汁。ちなみに今後チャレンジする人のために書いておくが、普通の魚の赤出汁は器が小さく、ミニ丼しか作れないので、ここはぜひはまぐりの赤出汁を注文して下さい・・・、って誰がチャレンジする?

そして、みんなで赤出汁を飲み干した後、“設計図” に従って海鮮丼を作っていくことにする。

そう、どうせなら金沢で食べた海鮮丼と同じものを作って、「奈良だといくらぐらいかかるか」 も調べてみたいと思ったので、朝6時半に起きて設計図を書いてきたのである。

ちなみに↓これが設計図である。
長次郎


さて、ホールの店員さんが注文を聞きに来てくれたので、とりあえずビールと、それから海鮮丼に必要な寿司を一気に注文した。

待つこと数分・・・。


そして、やって来ました~。 w(゚o゚*)w


長次郎


見て下さい、この壮観な眺め。

ウニ、かに三昧、大トロ、甘エビ、ネギトロ、かに味噌軍艦、うなぎ、あわび、はまち、イクラ、サザエ、マスオ、波平、フネ・・・。(←2回使うな)


まず、しゃりを空いた赤出汁の器に詰めて、その後、順番にネタを並べていく。

長次郎長次郎


はっ! ここで、気づいた。

カウンター内の板前さんの視線・・・。


「何してるんやろ」というような板さんの視線に急に恥ずかしくなってきた。忘れていたが、

ここは 「くら寿司」 ではなく 「長次郎」 であった。

しかし、乗りかけた船、作りかけた海鮮丼、途中でやめるわけにいかない。私たちは一気に超豪華海鮮丼を作り上げた。



そして完成したのがこれ。

長次郎


どうですか。若干盛りつけが下手な感はあるが、ネタは金沢の特選海鮮丼とほぼ同じ。もちろん味も最高!金沢のものと遜色ない贅沢かつ美味な海鮮丼の完成~。星3つです~。


ただ値段がどうなるか・・・、計算してみた。


ウニ(560円)+かに三昧(690円、但しかに味噌は使わず)+かに味噌軍艦(270円、かに身だけ使用)大トロ(860円)+甘エビ(450円)+ネギトロ(350円)+うなぎ(350円÷2)+あわび(690円÷3)+はまち(270円)+イクラ(350円)+はまぐり赤出汁(270円)=


3880円~ ( ̄□ ̄;)!!


2009年6月9日に 「くら寿司」 でサーモン親子丼を作ったという記事を書いたとき、「sperry #yamyowWA」さんから次のようなコメントをいただいた。

 函館市場あたりでやると、プチ豪華丼になったりしますね(笑)
 今度くら行ったらやってみようっと♪


そのときは 「宝くじが当たったらしてみます。」 と返事をしたのだが、実際やってみたらこんな結果であった。

勇気のある方はぜひ一度チャレンジしてみて下さい。



にぎり長次郎
奈良市二条大路南1-3-18
0742-30-2355
平日11:00~15:00
17:00~23:00(土日祝11:30~23:00)
元旦休 P有 HP 



↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : 寿司 海鮮丼

category:食べ歩き 奈良市
comment(6) | trackback(0)
記事編集
金沢・和倉温泉旅行 ~21世紀美術館・近江市場~ 
2011.01.02 Sun 22:16

全国の当ブログファン (5人ぐらい) の皆様。あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。


さて、金沢旅行の記事の続き。箔座本店で大量の金を見て、目の保養をした後、私たちは金沢21世紀美術館に向かった。

美術館はたいてい月曜日が休みだから、火曜日に行こうということにしたのだが、

すでに年末の休みに入っていた。 (゚◇゚)~ガーン

駐車場は市役所用と兼ねていて、入り口のガードマンが申し訳なさそうに 「昨日から休みなんです」 と頭を下げられたが、駐車料金は30分無料ということで、とりあえず周りの展示品だけでも見ようということにした。


アリーナのためのクランクフェルト・ナンバー3
カラー・アクティヴィティ・ハウスはちゃんと見ることができたが、残念だったのはスイミング・プール雲を測る男(←クリックで画像が出ます)

スイミングプールはガラス越しに遠くに見えたが、雲を測る男に至っては、

金沢・和倉温泉旅行


市役所を測っていた。 ヾ(- -;)

建物の中に入って下から見れば雲を測るイメージだったのだろうが、残念である。反対側はどうかと思って回ってみたが、こちらからは兼六園を測っていて、やっぱり雲を測ってはいなかった。

金沢21世紀美術館
石川県金沢市広坂1丁目2番1号
076-220-2800
月休 P有 HP


さて、気を取り直して近江市場へ行く。目的はお昼ご飯と正月用の食材の買い出し。

昼食は近江市場といえば海鮮丼、海鮮丼といえば近江市場と言われる豪華絢爛贅沢な海鮮丼。市場内に海鮮丼を出す店はたくさんありそうだから、行ってから決めようと思っていたのだが、

金沢・和倉温泉旅行金沢・和倉温泉旅行


結局、「るるぶ金沢」に一番大きく広告が載っていた「海鮮丼家 ひら井」の客引きに惹かれて入ってしまった。

この店、市場内に何店舗かあるらしい。私たちが行った店は2階の食べ物屋さんがいくつか並ぶフロアーの一角にあった。

店内はけっこう広く、カウンターも座敷もあり、私たちは座敷に通された。ざっと見るところ観光客半分、地元の人半分といったところか。

メニューには1000円の鶏そぼろ丼から3500円の大トロ丼まで、10種類以上の丼が並んでいたが、せっかく金沢まで来たのだから、鶏そぼろ丼はやめておこう。

そして、いただいたのがこちら。

ひら井ひら井
ひら井ひら井


左上:特選海鮮丼  これぞ海鮮丼!高級厳選素材 (2500円)
右上:近江海鮮丼  当店おすすめ 魚介14種盛り (2000円)
左下:3種盛丼    うに、いくら、かにの3種類 (2000円)
右下:うにいくら丼  特選醤油漬けいくらと北海道産うに (2000円)

うに、かに、牡蠣、ぶり、大トロ、赤身、ネギトロ、甘エビ、かじき、ウナギ、サーモン、たこ、イカ、鯛、しめ鯖、玉子、あわび、アナゴ、イクラ、サザエ、マスオ、波平、フネ・・・、そして、

金箔!金沢だから、金!

豪華で、絢爛で、贅沢で、感動で、小林幸子である。

味もいうまでもないが、海鮮を食べている自分がVIPになったような感覚に酔いしれて、ついつい 「お銚子一本!」 と言いたい気分であったが、奈良まで帰らねばならないのでやめておいた。

ひら井

石川県金沢市上近江町29 近江町市場
076-222-5887
11:00~15:30 17:00~23:00
水休 契約P有 HP


さて、お腹も大きくなったことだし、買い物である。

金沢・和倉温泉旅行金沢・和倉温泉旅行


写真ではそうでもないが、人出はなかなかすごかった。みんな何を買いに来ているのだろう。通りは買い物をする人たちであふれ、休日の心斎橋か、巨人戦の甲子園かと思えるほどの混雑であった。

私たちは適当にカニやら魚やらを売っている店で鍋用のカニを3尾と香箱ガニ(卵を持った雌のカニ)と牡蠣30個、その他ふぐの卵巣の粕漬けやら何やらを買った。

カニの値段はよくわからない。1000円ぐらいから15000円以上するものもあって、いわゆるピンキリである。私が買った3尾2500円のカニは安い部類だが、鍋にするなら十分であろう。

驚いたのは牡蠣、生で食べられるものが、30個2600円であった。1個86円である。私は生牡蠣が好きでときどき通販などで買うことがあるが、この値段にはビックリした。

ジャパネットたかたでもこの値段では出せないであろう。

といいながら、「せっかく奈良から来たんだから、ちょっとまけて」と100円値引きしてもらったりした。


今回は、雪で時間がかかったり、なぎさドライブウェイが通行止めだったり、金沢21世紀美術館が休みだったり、少し残念なところもあったが、もとは懸賞で当たった旅である。しっかりと楽しませてもらった。

次当たったらどこに行こうか、今から楽しみにしたいと思う。



↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:旅行記 - ジャンル:旅行

タグ : 旅行 海鮮丼

category:旅行 おでかけ
comment(3) | trackback(0)
記事編集
くら寿司~海鮮丼を作ってみた~ 
2009.03.06 Fri 18:40
我が家のヘビーローテーション、くら寿司

しょっちゅう行くのでサイトやブログのネタが尽きていて、写真を撮ることも少ない。

それでも、たまにネタに出会うことがある。この場合のネタとは寿司のネタではなく、おもしろい話題という意味である。



下の写真を見てほしい。

くら寿司

店長のお薦めが枝豆である。たまたま並んでいるのではない、クリップで留めてある。

すし屋ならせめて魚にしてほしいと思うぞ。



それでも、やっぱりネタが少ないので、自主的にネタを作ってみた。

それが今回のお話である。



まず、赤出しを注文する。

くら寿司


そして、魚を使った寿司をいくつか取る。

今回はハマチ、まぐろの腹身、かつおのタタキなどをチョイス。



ここは自分の好きな具でいいと思うが、いくらは必須であろう。

できればネギがのったものもあると良い

くら寿司くら寿司



取った寿司はネタとしゃりに分ける。

はじめに注文した赤出しは飲んでしまって、その空いた器にさっき分けた寿司のしゃりだけを入れる。

くら寿司


その上に先ほどはずしたネタを放射状に乗せていく。

いくらは散らし、上からネギをのせる。



わさびやガリをはしっこに添えれば、なお本格的である。

くら寿司

回 転 寿 司 で作る 海 鮮 丼 の完成で~す。


星いくついただけるでしょうか(チューボー風に)。



しかし、この海鮮丼、ネタ選びが意外と難しい。何を選んでも同じということはないのだ。

作る人のセンスが問われる一品である。



ぜひとも皆さん、チャレンジしてみてください。


えっ?しませんって?



く ら 寿 司
奈良市三条大路3-1-71
0742-32-5660
11:00~23:00
無休(元旦休)
P有 HP




↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:お魚料理 - ジャンル:グルメ

タグ : 寿司 海鮮丼

category:食べ歩き 奈良市
comment(5) | trackback(0)
記事編集