何でも食べたい、食べてみたい、美味しいもの、珍しいもの、いろいろ食べた記録。+気になっているもの。
スポンサーサイト 
--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




category:スポンサー広告
comment -- | trackback --
記事編集
めしうどん 若竹 ~目からウロコの繁盛店~ 
2011.03.29 Tue 17:08

「無知の知」 by ソクラテス

世の中にはまだまだ知らないことがたくさんある。 みなさん、この店をご存じだろうか。

若竹若竹


場所は一条高校から少し南に行った川沿い。ビルの屋上に大きな字で 「めし、うどん」 と書かれた看板があるので知っている方も多いかと思う。

しかし、私のこの道を通る時間帯が悪いのだろうか、のれんが掛かっているのを見たことがなく、営業している気配がなかった。ネットで調べても「食べログ」や「ぐるなび」にかろうじて住所と電話番号が載っているだけで詳細は全くわからない。

前から気になっていたところ、ちょうど、この日は開いていた。折角なので、家族で行ってみることにした。

若竹若竹


店はカウンター5席、4人がけのテーブルが3つ、先客は1名であった。 「こんなんでやっていけるんかいな」 ・・・、失礼ながらそう思った。

カウンターの向こう、日替わりメニューがホワイトボードに書かれている。カウンターには、日替わりのハムエッグ定食の あとはハムエッグを乗せればいいだけの皿 と親子丼らしき丼が並んでいる (写真左)。

「まさか、親子丼まで作りおきか?」 一瞬 不安が胸をよぎったが、これは出前の品であった。


私たちは日替わりから「ハムエッグ定食」「親子丼、豚汁つき」、そして、店の実力を知る指標となる「オムライス」を注文した。

実は「カレーライス」を注文しようとしたのだが、「今日は月曜日だからまだ仕込んでないねん」 とのこと。また「オムライス」についても今日は特別に作れるということであった。

このあたりまでは 「なんだかなあ」 という感じだったが、「ご飯の量どうする?」「ハムエッグの焼きは片面、両面?」 と細やかな注文を聞いてくれ、ちょっと好印象であった。


しばらくして注文したものが運ばれてきた。

若竹若竹


親子丼もハムエッグもお母さんが作るような家庭的な味であった。いや 作っているのがお母さんだから当然だろう。ここに娘さんとお父さんが加わった3人で店を切り盛りしている。

私たちが店に入ったのは11時45分頃、注文したものが出てきて食べ始めた12時過ぎ、にわかに客が増えてきて、見る見るうちに満席になった。


察するところ、近くの奈良新聞の社員が多いみたいだ。


「ハムエッグ、ご飯 中の少し多め」 「日替わりの親子丼を玉子丼で」 「親子丼、うどん付で」 などなど、次々と来る細かい注文を厨房のお母さんに伝える娘さん、そして手際よく調理するお母さん。 そのお母さんに怒られながら右往左往するお父さん。

家族の見事なコンビネーションで次々と客の要望に応えていく。ただ ここで気づいたのは、客の方も 「日替わり」 しか注文しないこと、私のように 「オムライス」 とかイレギュラーな注文は一切しない。

若竹若竹
(ちなみにオムライスはちゃんとチキンを使い、グリンピース多めの懐かしい味であった。)

「目からウロコが落ちる」 とはこのこと。

最初、私は 「やってるのかやってないのかわからない店」 だと思った。細々と経営している 「つぶれかかった店」 だと思った。

ところがどっこい、昼時には満席になり、さらに出前もたくさん注文される繁盛店だったのだ。客もまたしかり、店の立場をよく知り、あうんの呼吸で自分の好みを注文する。

すばらしい・・・。

まさしく 「What a Wonderful World~♪」  こんな世界があったのか。

若竹若竹

さらに500円の定食でもコーヒーか紅茶がつく。娘さんがうちの息子に 内緒で とヤクルトをくれた。 なぜ内緒なのか 誰に内緒なのか わからないが、ここで公表してしまった。

かけうどんは350円、一番高い焼肉定食でも900円。奈良新聞の社員でなくても通いたくなる店である。そこには厨房を仕切るお母さんと 見事に補佐する娘さん、少しぎごちなく動くお父さん、と3人の家族の絆が見えてくる。

帰り際、「お近くならまた寄って下さいね」 と言いながら、子どもたちに源氏パイをくれる娘さん。この辺りにこの店が客を引きつける理由があるのかもしれない。

平日の昼間しかやっていないのでハードルは高いが、また来たいと思う。

若竹 
奈良市法華寺町47-4
0742-34-7877
11:00~15:00
土日休 P有


↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




スポンサーサイト

テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : 食堂 オムライス 親子丼・鶏丼

category:食べ歩き 奈良市
comment(0) | trackback(0)
記事編集
日の出食堂 ~誰でも行ける奈良の秘境~ 
2010.06.03 Thu 21:39

私が今読んでいる本がこれ。

誰でも行ける世界の秘境


誰でも行ける世界の秘境

誰でも行けるのなら、秘境とはいえないのだが、それを堂々とタイトルにしているところが、この本のすごいところである。

しかし、この中に 「今年旅行しようと思っていた国」 が載せられていて、これまたびっくり。私たちもついに 「秘境」 に行くことになったか。

まあ、その国は「世界の果てまでイッテQ」で 宮川大輔が行ってたぐらいだから、秘境というほどではないと思うのだが・・・。(詳しくは「naranaraの今年はどこ行く何食べる」参照)



さて、こんな書き出しにしたのは、食べ歩きにも同じことがいえるのではないか と思ったからである。

奈良という狭いエリアであっても、まだまだ行ったことのない未知の店がたくさんあり、そこには思いがけない、すばらしい出会いが私を待っている、いい日旅立ちではないか。

そう、フロンティアは世界の果てにあるのではなくて、身近なところに普通に存在するのである。



今回行ったのは、今は残念ながら閉館したシネマデプト友楽の南隣。日の出食堂という、その名の通りの大衆食堂

日の出食堂日の出食堂


創業何年なのかは聞かなかったので、知るよしもないのだが、私が幼少のころから店はあったので、少なくとも10年はたっていると思われる。

いや、冗談はさておき、店の外観からすれば、50年ぐらいはたっていそうだ。

入り口には外国人観光客にもわかりやすいよう、メニューのディスプレイが置いてあり、なぜか3リットル入りぐらいのビール瓶も飾られている。↑(おそらくこれを見た外国人観光客はこれがあると思うに違いない。ドイツ人は要注意だ。)


店に入ると、めっちゃ広い、

日の出食堂


・・・と思わせておいて、
壁は鏡であった。

鏡効果は絶大で、店の広さは倍に見えるし、お客さんが4人いても8人に見える。8人なら16人、16人なら32人、32人なら64人、64人なら128人・・・と、キリがないが、とにかくえらいこっちゃである。



さて、メニューを見るとこんな感じ。

日の出食堂日の出食堂


これ以外にも壁には酒のアテ的なメニューもあったりして、もやし炒め160円とか、冷奴110円とか、なかなか庶民的なまさしく大衆食堂である。



さて、何を注文するか。

私はこの手の食堂に来たときには必ず注文するオムライス、嫁さんと息子はイチオシということがメニューから伝わってくる日の出定食 (この店一番の1300円)+とろろ (160円) 、娘は親子丼を注文した。

日の出食堂日の出食堂
日の出食堂日の出食堂


オムライスは鶏肉と玉ねぎを使ったちゃんとしたチキンライスで、決して素人料理ではなかった。しっかりと味付けされたハンバーグもなかなかおいしかった。

オムライス 750円、親子丼 630円など、大衆食堂にしては安さの魅力はないが、世間一般の価格からすればこんなもんである。

それでもこの場所でここまで長くやってきたのは、やはり地元の人から愛されてきたからなのだろう。



ほっとする空間、なつかしい味。私は桃源郷に来たかのような優しい気持ちになって、この店を出たのだった。


日の出 食 堂
奈良市角振町5
0742-22-6198
10:30~18:30
土休 P無

土曜休みって珍しい。

↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : 食堂 オムライス 親子丼・鶏丼

category:食べ歩き 奈良市
comment(4) | trackback(0)
記事編集
和風スナック 吟 ~招かれて会員制スナック~ 
2010.05.21 Fri 22:42

生まれてこの方、会員という言葉に縁がなく、せいぜいツタヤのレンタル会員ぐらいで、それも最近は全然借りてない。

それが、苦節60年(←うそ)、ついに禁断の会員制スナック(!)というものに潜入することになった。

和風スナック吟


和風スナック 吟 なんと隠微な響き…

餅飯殿商店街から夢キューブのある角を少し入ったところ、知る人ぞ知る地元の人たち御用達の店。



しかし、ここはならまち、その昔は花街として栄えた時代もあった。

緊張で心臓はドキドキ、肝臓はワクワク、扉を開ける手も震え、おそるおそる店に入ると・・・、


そこは・・・、


和風スナック吟


思いっきり和風スナックであった。

どう見ても会員制とは思えないたたずまいであったが、それもそうで、

実はこの店には入り口が二つある。東側は上の写真のようにのれんもなく、「会員制」の文字だけが、日々人々をビビらせている。

だが、北側にまわれば、何のこっちゃない、普通の気さくな定食屋の趣で 、エブリバディ ウェルかめである。

和風スナック吟


店に入ってすぐに目に入ってくるのは 「いらっしゃいませ~」 と笑顔で客を迎えてくれる、おば ちゃんと、そのまわりに無数にいる招き猫たち。


軽く数えても100匹はいるだろうか。


今流行の猫カフェかもしれない。

和風スナック吟和風スナック吟


これだけいたら、さぞかしたくさん客が来るだろうと思っていたら、本当にたくさん来たのでびっくりした。 w(゜o゜)w

まず、入ったときには先客は一組、神奈川から観光で来られたという家族連れ。

次に近所のおばあちゃんとその娘、そして、初老の男性、サラリーマン風の二人組、中年のグループ、近所の中学生・・・、

カウンターだけの店か思っていたら、奥に座敷があるらしく、入る入る。

不景気などどこ吹く風、ものすごい 集客力である。


これも招き猫の御利益にゃんだろうか。



・・・と思ったが、やはり 人が来るのには理由がある。

私たちは親子丼と牛丼、日替わりからミックスフライ定食を注文したが、まず出てきたのが次の写真の品。

和風スナック吟


ウィンナーとキャベツの炊いたん、イカと大根の炊いたん、蛸ときゅうりの酢の物、漬け物と家で普段から作られるようなお母さんのおかずが4種類。

これらがすべてのメニューに付く。



さらに味噌汁、ご飯はおかわり自由なので、よく食べる人でも十分お腹一杯になるだろう。

和風スナック吟和風スナック吟
和風スナック吟和風スナック吟


さらに驚いたのは、客によって、「ご飯の多め、少なめ」 はもちろん、「味噌汁の熱い、ぬるい」 なども聞いてくれる。ツバスの塩焼きを注文した客などは 「頭か尾か」 まで聞かれていた。

食後のコーヒーもきちんと淹れたものだったが、おばあちゃんの客には、熱いコーヒーに氷を入れるというきめ細やかなサービスぶりであった。


とにかく、客の希望に応えるべく、すべての料理をフルカスタマイズしていく手法は、ファストフードの真逆を行くもので、現代では忘れかけたサービス精神を思い出させてくれるものであった。

しかも、これが定食、600円、丼、500円と格安。


流行るはずである。



奈良の店もいろいろ行ったが、私自身まだまだだと思う。知らない店がいっぱいだ。

「これからもいろんな店を開拓していきたい」と思って店を出たら、すぐ隣にフィリピン料理の店を見つけた。(゜Д゜))

「食べ歩きとは終わりなき旅である」とは昭和の文豪、楢奈良男さんの言葉である。

私の旅もまだまだ続く・・・。


和風スナック 吟
奈良市南市町16
0742-26-4809
昼夜営業(メニューは違います)
定休日不明 P無



緑黄野菜(おためし8本セット)


↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : 郷土料理 親子丼・鶏丼 食堂 和食

category:食べ歩き 奈良市
comment(6) | trackback(0)
記事編集
奈良ファミリーフードコート~シルクロードの終着駅~ 
2009.06.23 Tue 09:21
アジアを旅しているとたくさんの店が一堂に集まって屋台街を形成している場所がある。

例えばシンガポールの場合、それはホーカーズセンターと呼ばれ、きれいな街並みを作るために、道にあふれた屋台を一掃し、一つところに集めるという国の方策で作られた。

屋台よりも衛生的で、一度にいろいろなものを食べられるということで、地元の人たちにも、そして私たちのような旅行者にも喜ばれている。

私の経験でいえばこの手の屋台街はタイやベトナム、台湾などのアジアで多く見られる。



さて、ジャパンにもこのホーカーズセンターに当たるものがある。奈良で代表的なものといえば奈良ファミリーの地下にあるフードコートといえるだろう。

ここが最近改装したというので行ってみた。

奈良ファミリーフードコート


12時半ごろ行ったが、ごらんの通りの大混雑。

席は約500席ということだが、ほぼ満席で、トレイを持った人たちが、食べ終わりそうな、しかも気の弱そうな人の横で、席が空くのを待って、空いたと同時に素早くゲットだぜ!といったバトルがあちこちで行われていた。

もしここに新型インフルエンザの人がいれば、もうどうなってしまうか、フーも、いや、WHOもえらいこっちゃと心配しているらしい(←ウソ)。



あまりの人の多さに、回転の速さに定評ある ミスタードーナツですら行列が出来ていた。

奈良ファミリーフードコート


さて、このホーカーズセンターには、既存の「ラーメン亀王」や「天丼の天喜」などの店に、新しく「丸亀製麺」や「ぼてぢゅう屋台」などが加わり、現在16店。

新しい店ができるととりあえず行って食べてみたいということで、今回は新しくオープンした「北新地 鳥や」のメニューから名物と言われる (自分で言っている) あぶり丼をいただいた。


北新地鳥や


いわゆる照り焼きチキンが上に乗った丼で、ご飯には甘辛いタレがかかっている。皮がぱりっとしていてなかなかうまい。みそ汁と漬け物が付いて、630円。

ところでこのブログを書くに当たって、この店についていろいろと調べわかったのだが、「北新地 鳥」は北新地には店がない。かわって「北新地 鳥」という店が堂島にある。

鳥や鳥屋はどうも別の会社が経営しているようでHPも別々だしメニューなども違う。


ややこしや~、ぁ、ややこしや♪


まあ、餃子の王将と大阪王将のようなものかと勝手に納得して、この場は大人の対応に徹することにする。



娘はたこ焼きが食べたいということで「蛸笑兵衛」で大根おろしのおろしポン酢たこやきとチーズ乗せたこ焼き。


蛸笑兵衛


私はたこ焼きにカリッとした食感を求めるのだが、ポン酢に浸してしまってはどうなるか。このあたりは好みの問題である。今度はベーシックなたこ焼きを注文してみよう。

さて、嫁さんはというと・・・




出ました。

スガキヤ

スガキヤのラーメン&クリームぜんざい。

思うのだが、この二つのメニューが合うという言う人は名古屋人か、マイペースで新しいもの好きなAB型の人間ぐらいであろう。



さて、このフードコートの盛況ぶりを見ているとつくづく日本はアジアだなあと思う。

話は大きくそれるが、日本の狛犬(または獅子舞)と中国の獅子、沖縄のシーサー、シンガポールのシンガ(シンハービールのシンハ、マーライオンの上半分)などはすべてルーツが同じだろうし、シから始まる発音までが似ている。

さらに話を飛ばすとスフィンクスもピラミッドの狛犬なのではないか、と思っている。

このことから私は 奈良はシルクロードの終着駅ではないか という持論をもっている。



そういえば奈良ファミリーのからくり時計もラクダであった。

私の考えは間違ってないようだ。


↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : 親子丼・鶏丼

category:食べ歩き 奈良市
comment(0) | trackback(0)
記事編集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。