何でも食べたい、食べてみたい、美味しいもの、珍しいもの、いろいろ食べた記録。+気になっているもの。
AZUMA ~韓流、 おばちゃんのおもてなし~ 
2015.02.08 Sun 09:44
 
もろもろあって、日韓関係が微妙なことになっている今日この頃であるが、日本に住む韓国人の方々には平穏に過ごしてもらいたいと願っている。

ある日曜日、帝塚山大学に野暮用があってその帰り、以前から何度も前を通っていたが、夜しかやっていないと思っていた韓国料理の店の扉にOPENの札がかかっていた。

“아줌마” と書かれた看板はもちろん読めないが、“あずま” という店である。

駐車場は隣の麻雀店の駐車場を挟んだ隣、けっこう広い。

아줌마 あずま 生駒아줌마 あずま 生駒


店内はカウンターとテーブル席、私たちは6人がけの広めの席に座った。

壁にはメニューが貼られているが、

AZUMA定食は平日限定土日限定の韓国薬膳釜飯定食は要予約夜限定の定食もあるが、今は昼である。


何を頼んでいいのかわからない。


아줌마 生駒 あずま아줌마 生駒 あずま아줌마 生駒 あずま
아줌마 生駒 あずま아줌마 生駒 あずま아줌마 生駒 あずま


聞くと、夜限定のDINNER定食も、その他の夜メニューも、結局、平日限定のAZUMA定食と要予約の韓国薬膳釜飯定食以外はだいたい注文できる (一部時間のかかるものは不可) とのことであった。よかった。

そこで、嫁さんはスンドゥブチゲ、娘は石焼ピビンパ定食、私は焼肉とビールをいただくことにした。


注文してすぐ、小鉢が運ばれてきた。

아줌마 生駒 あずま아줌마 生駒 あずま아줌마 生駒 あずま
아줌마 生駒 あずま아줌마 生駒 あずま チャプチェ아줌마 生駒 あずま カクテキ


左上:豆もやしのナムル 中上:小魚佃煮 右上:たこコチュジャンあえ
左下:蕪の煮物 中下:チャプチェ 右下:カクテキ (大根キムチ)

これだけの品が、3人分運ばれてきた。

韓国旅行で全州のマッコリ酒場に行ったときのことを思い出して、そのことをおばちゃんに話すと、おばちゃんのマシンガントークが始まった。

「全州はピビンパもおいしいよねえ」 とか、「私はソウル出身だけど、今は明洞よりも新村」 とか、「今度行くときは連絡して、親戚おるから」 とか、

おばちゃん、ようしゃべる。


そして、しばらくしてメインが登場。

あずま 生駒あずま 生駒あずま 生駒
あずま 生駒あずま 生駒あずま 生駒


左上:スンドゥブチゲ 中上:石焼ピビンパ 右上:定食につくカルビ焼肉
左下:ハラミ焼肉 中下:テッチャン焼肉 右下:ざくろ茶


食後、嫁さんと娘にはざくろ茶を、私には 「帰って寝るだけやろ」 と、朝鮮人参漬けブランデーを出してくれた。

これが、少し甘みがあってとてもおいしかった、とおばちゃんに伝えると、

あずまあずま


ここでしか飲めないというマッコリまで出してくれた。


とにかく満足感がすごい。(平日のAZUMAランチはさらにすごいらしい)

アズマをハングルにするとアジュンマ(おばさん)と同じ字になる。この話好きのおばちゃんにまた会いに行きたいと思う。




↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : 韓国料理

category:食べ歩き 奈良市外
comment(2) | trackback(0)
記事編集
釜山 ~韓国家庭料理を郡山で~ 
2011.11.24 Thu 20:28
 
釜山といえば、この夏、私たち家族の韓国旅行の際、台風による欠航で飛べなかった街である。

結局はソウルに飛んで、KTX で南下し、訪れることができたのだが、ここ釜山では、ユムシを食べ、ポンテギに閉口し、サンナクチに口唇を吸われ、ホンオフェに涙し、デポチプでおごってもらい、めがね屋にナンパされた、という盛りだくさんの経験をさせてもらった。(naranaraの今年はどこ行く何食べる?参照

そんな釜山を嫁さんは 「ソウルより好き」 と言う。

その釜山を名にした店がある。

釜山釜山


そういえば、韓国料理の店には地名を店名にしているところがって、桜井の 密陽 (ミリャン) や晋州亭 (チンジュ) などは店主の出身地を店名にしている (←たぶん)。 この店も釜山出身のオモニが出したということである。

場所は郡山、といっても、斑鳩に近い矢田山からの道。松籟荘病院の近く、松尾寺口バス停そばと市街中心部からは離れた幹線道路沿いにある。


さて、メニューはこんな感じ。

釜山釜山


今回はランチで訪店したのだが、定食は、ピビンパ、石焼きピビンパ、冷麺、トック、豚バラカルビ、骨付きカルビ、テッチャン鍋など。一品が豚足、キムチなどなど。

これに加え、新メニューとして壁にサムギョプサルや牛タタキなどの貼り紙がされている。

韓国家庭料理を、「できるものは出しますよ」 的なアットホームな感じで、ユムシやサンナクチも もしあれば奥から出てきそうな雰囲気である。ないと思うけど。

せっかくだから座敷に座り、チヂミと参鶏湯と豆腐チゲを注文。

釜山釜山


まず出てきたのが、チヂミ。ちょっと出てくるのが早いかなと思ったが、端の方がサクサクとした軽い食感で、ビールのつまみとして最適であった。 飲んでます・・・。

写真右の参鶏湯は餅米の量は少なめで、さらっとスープ感覚でいただける。小骨や軟骨はほろほろとくずれ、滋養強壮、疲労回復、一石二鳥な味であった。

釜山釜山


豆腐チゲはチゲとはいっても、とんがった辛味はなく、豆腐と卵で、まろやかな辛味という感じ。鍋の底には、むき海老、あさり、豚バラ肉などの具が沈んでいて、それらの食材から出た出汁が複雑な味を醸し出している。

ビールを空にし、マッコリもいただいた。ここのマッコリはJINROマッコリ。オモニが言うにはこれが一番とのこと。いつもは器に入れ替えて出すのだそうだが、今回はボトルのままいただいた。運転手の嫁さんにも帰ってから飲んでもらいたかったからである。

帰り際、「キャンペーン中なんです~」 とカタツムリパックをいただいた。あくまでもアットホームな店である。

せっかく釜山という店名なのだから、海鮮などもっとあったらと思ったが、一つ一つの料理の味やサービスはとても満足のいく店であった。暖かくなったら冷麺なんかも食べてみたいな、とそんなことを思いつつ帰路についたのであった。


韓国料理 釜山
大和郡山市小泉町2795-32
0743-54-1355
11:00~14:00 17:00~21:00
月・火昼休 P有


↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : 韓国料理

category:食べ歩き 奈良市外
comment(0) | trackback(0)
記事編集
奈良の韓国冷麺特集 ~冷や冷やつるつるっと~ 
2011.08.06 Sat 08:30

今年の海外旅行は韓国、私の初渡韓を記念し、また旅の無事を祈念いたしましての、冷麺大特集~。

と自己満足満載の満腹企画です。(ほぼ写真のみ)


●まずは韓国 料理店の冷 麺から

福茂千

★福茂千
生駒市真弓南1-10-4
0743-70-1588
11:30~14:00 17:00~22:00
土日祝11:30~22:00 P有
http://www.fukumochi.co.jp/

大きな蒸豚のスライスが二枚。キムチ、ゆで卵、白髪葱、人参。ピリ辛スープにドングリ麺。


楽韓家

★楽韓家
奈良市四条大路1-1-20
0742-33-7508
11:00~15:00 17:00~22:00
日休 P有

キムチ、蒸豚、ゆで卵、きゅうり。柔らかめの麺。石焼きピビンパとのハーフ&ハーフのセットもある。


アンニョン

★アンニョン
奈良市平松1-32-17-1
0742-44-0255 17:00~22:00
月休(祝営業) P有

オリジナルピビン麺。コシのある麺に一つ一つ味付けした具。汁なしタイプ。野菜もたっぷり、サラダ感覚でいただける。


ぶんさん

★ぶんさん
桜井市大字桜井170-2
0744-42-2308
11:30~14:00 17:00~23:00
日休 P有

トンチミ(大根の水キムチ)を使ったさっぱりしたスープ。麺はそば粉が入った歯ごたえのあるもの。


●焼肉屋さんの冷 麺 (個人店)

璃衛

★璃衛
奈良市三条添川町9-26
0742-34-0974
17:00~24:00
水休(祝営業翌休) P有

弾力のある手打ち麺。牛すじ、牛骨、鶏がらを煮込んでダシを取ったスープ。錦糸卵やチャーシューなど具が多くしっかりと食べられる。


ふみや

★ふみや
奈良市大宮町6-6-6
0742-33-9689
11:30~14:00 17:00~23:00
水休 P有
http://fumiya.blog16.jp/

地鶏のガラのみを煮出したスープ。具をほぐすことで複雑な味わいになる。具は蒸豚、ゆで卵、きゅうり、リンゴとシンプル。


一輪

★一輪
奈良市杉ヶ町17-3
0742-24-8811
17:00~23:00 (平日はランチもあり)
第1・3月休 P有
http://www.itamaeyakiniku-ichiwa.jp/

きゅうり、キムチ、トマト。さっぱりしたスープとシコシコ麺。


●焼肉屋さんの冷 麺 (大バコ)

こころ

★心
奈良市三条大路2-2-2
0742-36-7788
11:00~15:00 17:00~23:00
(土日祝 11:00~23:00)
無休 P有
http://itamae-yakiniku.com/_kokoro/

きゅうり、キムチ、大葉、トマト、ハムが入るところが韓国風だと珍しい。この店には冷麺(細麺)とピビン麺もある。


炎亭
炎亭

★炎亭
奈良市押熊町520-1
0120-138-929
11:30~14:30 17:00~22:30
(土日祝11:30~22:30)
無休 P有

上が冷麺で下がピビン麺。ピビン麺はコチュジャンをからめてねっとりとした食感。少し辛めの味付け。具はゼンマイ、ほうれん草、ナムルなど。


幸庵

★幸庵
橿原市大久保町310-5
0744-25-5512
11:00~14:00 17:00~22:00
無休 P有

リンゴ、ゆで卵にさくらんぼがちょこんと乗ってかわいい。お好みで酢を入れて。


ダイニング桜

★和牛ダイニング桜
京都府木津川市木津小釜48
0774-71-0429
11:30~14:30 17:00~23:30
無休 P有
http://blog.livedoor.jp/mushing_rasshy/

少し濁ったスープは鶏を使うのか、あっさりした中にもコクがある。具にのりが入る。


●チェーン店の冷 麺

情熱ホルモン

情熱ホルモン(神殿店)
奈良市神殿町665-4
0742-50-4129
17:00~翌1:00(土日祝11:30~)
無休 P有
http://www.j-horumon.com/

そば粉が入った麺。


李朝園

★李朝園
奈良市西大寺東町2丁目4-1
奈良ファミリー6F
0742-34-1118
11:00~22:00
無休 P有
http://www.richouen.co.jp/

でんぷん質のもっちり麺にあっさりスープ。レギュラーとハーフがある。


いかがでしたか、冷麺を食べたくなりました?

私?

本場で冷麺食べてきます。


※写真、コメントはここ5年ほどの間で食べた記録・記憶で書いています。「今は違う」というものもあるかもしれませんが、悪しからずご了承下さい。(連絡いただければありがたいです)


↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : 冷麺 韓国料理

category:食べ歩き 奈良市
comment(12) | trackback(0)
記事編集
やっちゃん 
2008.12.09 Tue 21:11
味の名店シリーズ第3弾? (ぐらいだったっけ…)

世界各国を (←おおげさ) いろいろと食べ歩いていると、タイ料理だとここ、中国料理だとここ、台湾料理だとここ、とか本場に近い味を見つけられるようになる。

そんな私にとって、本場の韓国料理をそのまま出しているのは、ここだ!と思っている店が、この「やっちゃん」である。



しかし、実は私は 韓国には行ったことがない。(ノ_ _)ノ

…ないのに、えらそうなことを書くな とおしかりを受けるのは承知だが、私が韓国に行ったことがないのは、近いからいつでも行けるだろうとタカをくくっていたためであって、韓国が嫌いだからと言うわけではない。

それに、韓国上空なら飛んだことがあるし、大阪のコリアンタウンにだって行ったことがある。



…と何の自慢にもならないことを書いたりしているが、ちなみに韓国料理は大好きである。


やっちゃん


さて、話を「やっちゃん」にもどす。

屋号が「やっちゃん」、といっても怖い店ではない。 凸(●―●メ)

「キムチのうめちゃん」でも書いたが韓国料理なら「やっちゃん」でない方がいいのだろうが、ここはお店の事情なんだろうから、やいやい言わないことにする。



「やっちゃん」はとにかく元気のいい店である。

おばちゃんが大きな声で注文を通しているし、とにかく活気がある。



今回はお昼だったので、ランチメニューから選ぶことにする。

やっちゃん

私はHP運営のためにできるだけ同じメニューを注文しないことにしているが、この店に関してはまだ食べたことがないメニューがほぼなくなってきている。

そんな中、何とか未食であった「スンドゥブチゲ定食」に決定。

「おぼろ豆腐を使用したまろやかな味」、らしい。



しばらくして運ばれてきたスンドゥブは熱々の鍋に入ってブクブクとスープが沸騰している。

やっちゃん

どう考えてもやけどしそうなので、少し冷ましてから食べることにしよう。

でも、寒い日にはこれがうまい。



味は少々塩味が強めだが、出汁の味もしっかり付いていて、ご飯が進む。辛みはあまりない。

付いてくるおかずはカクテキ(大根キムチ)、切り干し大根のキムチ、ジャコ、海藻のふりかけと4種類。



嫁さんが選んだのは「プルコギ定食」。

やっちゃん

こちらは甘辛く炊いた牛肉とたっぷりの野菜。

これもまた、ご飯が進む味付けである。



メニューをもう一度よく見ると「ご飯おかわり 50円 (安!)」とある。

おかわりしたくなるのもよくわかる。

やっちゃん


ただ、気になったのはその上、キムチラーめン。

ラーって。ラーメン



ちなみに韓国料理店でラーメンを頼むとたいていは、麺がインスタントラーメンです。 (;^_^ A



やっちゃん
奈良市芝辻町507-1
0742-34-1875
11:30~1400 17:00~23:00頃
月休 P有



やっちゃん




↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : 韓国料理

category:食べ歩き 奈良市
comment(0) | trackback(0)
記事編集
キムチのうめちゃん 
2008.11.03 Mon 18:32
うめちゃんである。

しかし、キムチ屋さんである。

キムチ屋さんならキムちゃんとか、パクちゃんの方がおいしそうな感じがする。

うめちゃんなら梅干し屋さんかと思ってしまうのは私だけではあるまい。

それでも、キムチのうめちゃんである。

キムチのうめちゃん


この店、神殿の旧道沿いにあるので、偶然に見つけることはあまりなさそう。

しかし、奈良では貴重なキムチ専門店、もちろん味のレベルも鶴橋に引けをとらない高さである。




店内にはキムチだけでなく韓国食材がずらっと並んで何にしようか迷ってしまう。

キムチのうめちゃん



では、どんなものがあるか、

どーんと紹介してみよう。

キムチのうめちゃんキムチのうめちゃん
キムチのうめちゃんキムチのうめちゃん

左上から
白菜キムチ オイキムチ(きゅうり)
青唐辛子のキムチ エゴマの葉


この青唐辛子の辛いのなんの!

そのあたりの激辛メニューも負けてしまうほどの辛さである。
しかし、刻んで少しずつ食べると、酒のあてにもピッタリ。

エゴマの葉は子どもたちも大好きな品。
ご飯を巻いて食べるといくらでも食べられそう。




それから、こんな品。

キムチのうめちゃんキムチのうめちゃん

チャンジャ 豚耳


この2品も本当にうまい。

チャンジャのこりこりとした歯ごたえも良いし、豚耳は少しだけ電子レンジでチンしてとろっとしたゼラチンをいただくのがいい。



うちの家ではできるだけ常備して、なくなったらまた買いに行くというようにしている。

ちなみに通販もしているみたいなので遠い方はそちらをどうぞ。


奈良市南京終町667-2
0742-64-6775
10:00~19:00(金~18:30)
日休 P有 HP


キムチのうめちゃん



↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : 韓国料理

category:食べ歩き 奈良市
comment(0) | trackback(0)
記事編集