何でも食べたい、食べてみたい、美味しいもの、珍しいもの、いろいろ食べた記録。+気になっているもの。
スポンサーサイト 
--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




category:スポンサー広告
comment -- | trackback --
記事編集
イチロー ~日米4000本安打おめでとうございます~ 
2013.08.22 Thu 08:21

イチローと言えば、


イチロー


メジャーで10年連続200本安打を達成したり、


イチロー


レーザービームで、ランナーを刺したり、


イチロー


WBCでは大活躍、


イチロー


日本の居酒屋でも大活躍、


イチロー


一番搾りを持ってニッコリ、


イチロー


みんなでビールを飲もう!


イチロー


ビールにはギョーザが合うよね。


イチロー


ギョーザ専門店 イチロー、


イチロー


焼ギョーザ1人前250円(注文は2人前から)


イチロー


水 餃 子は1人前10個、550円。


イチロー


ギョーザ専門店だけど焼焼売。冷奴もあるよ。


イチロー


やっぱりここにもイチロー選手。


イチロー


日米通算4000本安打 おめでとうございます。


イチロー 三宮店
兵庫県神戸市中央区三宮町1-8 さんプラザ B1F
078-334-1660
11:00~21:00 火16:00~21:00
無休 P無 HP

餃子専門店イチロー

↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




スポンサーサイト

テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ

タグ : 餃子

category:食べ歩き 奈良県外
comment(0) | trackback(0)
記事編集
大阪1 ~モントレラスール大阪・11点~ 
2012.08.25 Sat 21:12
 
長らくブログの更新をしていなかったのは、その間に旅行していたり、その旅行のブログを先に書いたりしていたからで、ネタが全くなかったかというとそんなこともないのである。

・・・で、何だか知らない間に 「スポンサーサイト 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています」 とか書かれたりして、私がまるで何もしていなかったかのような言われた方で甚だ遺憾である。

遺憾であるけれども、このブログに書いていなかったことは事実なので、反省して前向きに進んでいきたい所存でございます。


さて、唐突であるが、大阪に行ってきた。ホテルの宿泊券があたったのである。

そのホテルがこちら。

ホテルモントレラスール大阪ホテルモントレラスール大阪
 

ホテル モントレ ラ スール大阪

京橋駅から歩いて5分、OBPにも近い高級ホテル。ここの19F、4人が泊まることができる、デラックスツイン、59000円の部屋。

いやいや、生きてるといいこともあるもんだ。

チェックインした後、大阪で仕事をしている赤ねえ (旅行も一緒に行ったりする嫁さんの友人) と北新地で待ち合わせ。大阪に詳しい赤ねえのおすすめの店に行く (私は奈良は詳しいが大阪については全然なので、店選びは赤ねえに任せてあった)


その赤ねえが予約してくれていた店がこちら。

11点 北新地11点 北新地


11点

北新地の店がいっぱい入っているビルの奥の方 (ざっくり言うと)。名前が変わっているけれど、縁起がいい数字らしい。

北新地の餃子では点天という有名店があるが、テン=10 を超える11点 という意味ではないらしい。


カウンター9席のみで餃子が売りだが、他のメニューもある。

11点 北新地11点 北新地


餃 子は大阪名物の一口サイズ。一人前、10個入りで400円。

餡に中に一味唐辛子が入っていてはじめからピリ辛。こんがりと焼かれていていくつでもいけそう。

11点 北新地ホテルモントレラスール大阪


餃子以外にいただいたのが、馬タンとタコの唐揚げ。

酒のアテメニューだけでなく、黒しょうゆラーメンやカレーうどんなどシメの一品もあって、ラーメンなんかはちょっと気にはなったが、赤ねえが2軒目も考えているということだったので、お腹を少し残して、次へ行く。

そして、このブログも次に続く。


餃子 11点
大阪市北区堂島1-5-35 堂島レジャービル1F
06-6348-1126
18:00~翌4:00(土曜~24:00)
日・祝休 P無


↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

タグ : 餃子

category:食べ歩き 奈良県外
comment(2) | trackback(0)
記事編集
酔蓮 ~帰ってきたヤンさんの味~ 
2011.04.04 Mon 18:03

中国には北京×3、上海、香港、これに台北×2も含めると計7回も訪れた。これが出張とかではなくて全部 個人旅行、しかもトランジットが多いのは、それだけ中国系の航空会社をよく使っているということであり、安さを最優先しているということでもある。

まあ、それはいいとして、中国で餃子を食べる機会もそれなりに多かった。その私 (も含めた家族) が奈良で一番本場の味に近い餃子と高い評価をしていたのが、女子大近くにあった長春亭である。(訪問時のブログ記事はこちら) しかし、残念なことに2年前に閉店。

その後、ぽっかりと空いた心のスキマを埋められないまま、ブルーな気持ちで2年間を過ごしてきた。(←大げさ)

 
その 餃 子 が帰ってきた~! (←さらに大げさ)

作るのはヤンさん。大まかな流れを書くと、ヤンさんに赤ちゃんができる。→ 長春亭を閉めて昼間の整体の仕事に変わる。→ ヤンさんの長女(23才)が杉ヶ町にカラオケもできる店を始める。→ 初めての客商売に体調を崩す。→ 仕方がないのでヤンさんが昼は整体、夜は店で中国家庭料理を出す。 ←現在ここ

ヤンさんや末の娘さん(4才)にとっては大変な事態だが、おかげで再びヤンさんの餃子が食べられるようになったというわけだ。

店は杉ヶ町の中ほど、「洋食ふじい」 や 「唐揚げAKAFUJI」 の隣になる。

酔蓮酔蓮

我が家では夜にご飯を食べに行くことは少なくて、この店についても 「カラオケ」 という看板を見て、「そのうち行こう」 ぐらいに考えていた。娘さんの店で、「カラオケ」 もあるならそんなに食べ物にはこだわりはなさそうという判断である。

しかし、この店の常連さんである 「六条のMTの嫁」 さんから、次のようなメールをいただいた。(勝手に紹介してスミマセン)

 ヤンさんは、naranaraさんファミリーとおはなしがしたいそうです。奥様、二人のおこさまと餃子や春巻きを食べながら、なつかしいおはなしをしたいとおっしゃっています。ヤンさんのおはなしでは、naranaraさん一家は「トテモイイヒト」です。

 お忙しいでしょうが、一度電話してあげてください。


「とてもいい人」とは、よくわかってらっしゃる、ということで電話したら 「アイヤー」 と驚かれたが、金曜の夜に行くことに決定。

酔蓮酔蓮


さて、久しぶりの再会であった。一通りあいさつをしてから注文する。

メニューを見ると長春亭のときと比べて数は減っているもののほぼ同じ。懐かしい品々が並ぶ。

とりあえずビールは青島で、また、車は置いてきたので嫁さんにも紹興酒をいただく。

酔蓮酔蓮


突き出しは炒めて味付けしたピーナッツ、ザーサイ、甘辛く煮付けたスペアリブ。子どもにとサービスでスペアリブの別皿も出していただいた。

そして、もちろん餃子を作ってもらうことにした。

酔蓮酔蓮


餃子は水餃子と焼き餃子、スープ餃子の3種類。長春亭のときは餃子の餡を豚と羊から選べたが、今はそれはなく、その代わり日替わりの変わり餃子としてタコやイカなどを使ったものを出すらしい。(この日はなかったが)

もちもちの皮の水餃子、パリッとして肉汁があふれる焼き餃子、どちらもうまい。タレは生のニンニクをきざんだ特製ダレ。


さて、おすすめも聞きながら、追加注文。この日いただいたものをどどーんと紹介したいと思う。

酔蓮酔蓮酔蓮
酔蓮酔蓮酔蓮
酔蓮酔蓮酔蓮


上段左:茄子とじゃがいもの中華風 香菜風味。
上段中:春巻き 小ぶりでぽりぽりと軽い食感、具は鶏肉を叩いたようなとろっとしたもの。
上段右:豚腸の炒め ピリ辛。

中段左:焼餅 ご飯やパンのようにおかずと一緒に食べる。
中段中:揚げ鳥 これも中華風の味付け。
中段右:スープ餃子 卵とじのスープに入った餃子、香菜たっぷり。

下段左:薬味 香菜、唐辛子、ニンニクをきざんで醤油で和えたもの。中国では普通だが日本の中華料理店で見たことがない。
下段中:デザート サービスで出してもらった杏か何かを甘い蜜に漬け込んだもの。
下段右:トイレのドアが低いので注意、「頭が要注意」と言われても・・・。


結局、開店すぐの6時頃から9時過ぎまで3時間、ゆっくりと過ごさせていただいた。その間、中国の一人っ子政策でわがままな子供が増えているとか、中国ではプリキュアは「光之美少女」と書くが、インターネットで最新話も見られるとか、いろいろな折り紙の作り方を伝授したりとか、もちろん2年間のつもる話とか・・・。

酔蓮酔蓮


一つ気になったのは金曜日の夜なのに、客が私たちだけだったこと。ヤンさんの話によると急に娘が店に立てなくなって家賃は払わないといけないし、閉めているよりは開けている方がましだということである。

ヤンさんは日本語は話せるけれども読み書きはまだ不自由である、それだけに宣伝不足の感は否めない。

決してきれいな店とも言えないし(衛生的に問題があるという意味ではなく)、味も私が絶賛していても、それは中国の家庭料理という意味であって、日本の一般的な中華料理店の味を期待していくと好みの問題もあるだろう。

しかし、こういった味を好きな人はきっといるはずだし、雑誌でいえば「Meets」あたりに紹介されれば(決してSAVVYではなく)、面白いのだが・・・。

今後、中国にいるヤンさんの甥が来ればランチもやりたいとのこと。期待しつつ見守りたいと思う。


酔蓮
奈良市杉ヶ町12-4 第二西田ビル
0742-23-3331
18:00~23:00
日休 P無


↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : 餃子 中華料理

category:食べ歩き 奈良市
comment(6) | trackback(0)
記事編集
仲本食堂 ~社員食堂ですか?~ 
2010.04.01 Thu 21:29
三度の飯より食べることが好きである。 あれ?

ある日、本編の掲示板に「bpk」さんという方から次のような書き込みがあった。

木津川市「仲本食堂」大黒軒のとなりです。ギョウザがうまい。。。

こうなるといてもたってもいられなくなるので、早速、建国記念日に行ってみたが休みだった。市役所相手の店なら土日は休みであろう、祝日なら意外と開いているのではないかという読みであったが、玉砕であった。 ○l ̄L

その後、たまたま平日の休みが取れたので行ってきた。

仲本食堂


…と、ここまで、前々々々回の「大黒軒」の書き出しとほとんど同じ(手抜き)なのだが、実際、建物も長屋のようにつながっているし、木津川市役所の職員と地元の人向けの食堂であることなど共通点は多い。

実際初めて行った人は別々の店と思えないのではないか、左の入り口から入ると「大黒軒」で、右の入り口から入ると「仲本食堂」というぐらいの感覚・・・、と書いていて思ったのだが、

どっちもふらっと入るような店じゃない。常連オーラ出まくり!



かわいらしい赤いのれんをくぐって中に入ると、福々しいおかみさんが「いらっしゃいませ」と迎えてくれた。










仲本食堂


いらっしゃませ~



というのは冗談で、福々しいおかみさんはこちらである。











仲本食堂


すみません。冗談が過ぎました。

今日はエープリルフールということでお許し下さい。




さて、本題に戻るが、メニューはテーブルには置いてなくて、周りの壁に貼ってある。

仲本食堂


一見、メニューが多いように見えるが、同じものが何回も書かれていて、実はそうでもない。 書き上げてみると、

うどんが、きつね、玉子とじ、カレー、なべやき、天ぷら、肉 (おにぎりとサラダが付いた定食にできる) の6種類。これに、にしんそば、焼きそば。カレーライス、カツカレー。からあげ定食、トンカツ定食、エビフライ定食、カキフライ定食。そして、日替り定食と餃子

ちなみに麺類は そば、黄そばに変更できるので、組み合わせは結構あるが、それでも食堂にしてはメニュー数は多くない。

麺類が中心というのは隣の「大黒軒」と住みわけているからだろう。事実、メニューがかぶっているのはからあげ定食とエビフライ定食の二つだけである。



「bpk」さんによると、
隣の仲本食堂もごく普通の昔ながらの食堂です。大黒軒が洋食系、仲本は和食系って感じです。が、しかし、和食の店なのに、いちばんの売りはギョウザです。。。

私たちはなにはともあれ餃子を注文。

仲本食堂


右上に何か映っているように見えるのは気のせい・・・か?

やはり、梅にはウグイス、夏にはチューブ、餃子といえば “命の水” が欠かせないものとして、我が家では先祖代々より受け継がれている。

とはいえ、周りはスーツ姿や作業着の市職員さんばかりで、ビールを飲んでいるのは私だけである。なんとなく、昼休憩にビールを飲むことに罪悪感を感じてはいたが、考えてみれば、私は休みであった。



さて、味であるが、のど越しスッキリ、独特の苦みが最高! 

ではなくて、餃子の方は、餡は野菜中心、皮は薄くふわっと包んであって、さすが手作りといった優しいおふくろの味であった・・・、と思ったら厨房にいたのはおっちゃんだった。



次に来たのは日替り定食。

仲本食堂


この日は中華丼定食。他のお客さん達もけっこう注文していた。

この日替り定食には餃子が付いている。ちなみに餃子は単品は6個(250円)、定食は5個である。この微妙な違いに店のこだわりを感じる。

中華丼は野菜たっぷりで、日替りだけあって、体のことも考えて作られているようだ。

ただし、味は濃い。これは職員の皆さんに、しっかりと栄養をとってもらって、午後からもがんばってや、という店からの愛情だと勝手に解釈しておきたい。



もう一つ頼んだのが、エビフライ定食。

仲本食堂


隣の「大黒軒」とかぶったメニューを注文して、その違いを確かめたいと思ったからである。

結果、「大黒軒」は時価という値段設定もあって、高級品なのに対して、こちらのエビフライは普通サイズのものが3本と庶民的であった。値段も700円と手ごろ。



さて、来たときはほぼいっぱいだった席が1時前になって一気に引いていった。

昼休憩も終わりである。私も支払いを済ませて午後の仕事に戻ろうか、と思ったが、いやいや今日は休みである。嫁さんの運転で帰ることにする。


仲 本 食 堂 
京都府木津川市木津南垣外122-1
0774-72-1124
11:00~13:30ごろ
土日祝休 P無

帰り際、営業時間を聞くと平日昼のみということであった。駐車場も公式には無しだが、市役所のパーキングに停めていいとかいかんとか。まさしく職員食堂である。



初めての方限定!送料無料♪味に自信アリ !わずか1500円◆生冷凍餃子20個入り◆◆タレ・レシピ...



↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:ランチ - ジャンル:グルメ

タグ : 食堂 餃子

category:食べ歩き 奈良県外
comment(4) | trackback(0)
記事編集
餃子の王将~餃子一日100万個~ 
2009.05.24 Sun 20:25

日本一の餃 子である。


餃子の王将


何が日本一といって、とにかく餃子一日100万個というぐらいだから、一日に出る餃子の数が日本一ということだろう。



その昔、数学の先生が「王将のCMは絶対にありえへん。」と力説していた。

理由を聞くと、「100万は6 (一皿の餃子の数) で割り切れへんから。」という、全くどうでもいい理由であった。



さて、訳あってこの日は王将である。

餃子の王将


実は前の日の晩ご飯は嫁さんの手作り餃子で、この記事を嫁さんが読んだら何か言いそうなので、ひとこと言っておきたい。

君の作った餃子が日本一だよ。 イエス フォーリンラブ 絵文字名を入力してください

・・・これでよし。



さて、王将といえば、基本のメニューは決まっているものの、店長の裁量で、独自メニューを出すことが認められている。

ここ柏木店のオリジナルメニューはこちら。

餃子の王将


「スタミナラーメン」なんかがあるところが、奈良らしいところである。



その中から、私は「赤いこってりラーメン (580円)」をチョイス。

このメニュー、もともとの王将メニューにある「こってりラーメン (550円)」を赤くしたものである。ただ赤くしただけではなく、煮卵もトッピングされているから、ちょっとしたお得感が味わえる。


餃子の王将


この赤いラーメン、出されるときに「よくかき混ぜて召し上がって下さい」と言われるのだが、食べていく間にどんどん赤くなっていく。(基本的に食べかけの写真は載せないことにしているのだが、途中から本当に真っ赤になってくる)

・・・の割には辛みはそんなにたいしたことがない。

赤いラーメンというネーミングはバッチグーである。OK



そして、王将といえば餃子、餃子といえば王将。


餃子の王将

100万分の6をいただいた。

肉がたっぷり入り、皮がパリッと焼かれた餃子は今さら説明の必要もないだろう。



ここ柏木店には「昔ながらのラー油」と「昔ながらではないラー油」が置いてある。味は「昔ながらのラー油」の方が少し甘みを感じるが、このあたりはお好みで。

王将は三条通や東九条、都跡にもあるが、24時間営業はここ柏木店のみである。したがって朝っぱらから餃子ということも可能である。

実は今回いただいたのも朝です。


では最後に問題です。

次の訓読文を書き下し文に直して書きなさい。

      エル    
 越 萬里
            


餃子の王将
奈良市柏木町463-3
0742-33-8217
24時間営業(火曜日は5:00~11:00 閉店)
P有 HP



↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : ラーメン 中華料理 餃子

category:食べ歩き 奈良市
comment(6) | trackback(0)
記事編集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。