何でも食べたい、食べてみたい、美味しいもの、珍しいもの、いろいろ食べた記録。+気になっているもの。
スポンサーサイト 
--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




category:スポンサー広告
comment -- | trackback --
記事編集
横浜旅行② ~新横浜ラーメン博物館~ 
2017.07.18 Tue 21:01
 
②にして早くも完結編である。

もちろん、吉村家で元祖家系ラーメンをいただいた後、本場さながらの台湾料理の店に行ったり、中華街で朝粥を食べたり、横浜スタジアムの中で食べるためのハンバーガーをテイクアウトしたりしたのだが、本サイト (奈良グルメ図鑑) の方に奈良以外グルメ図鑑というジャンルを新たに作ったのでそちらをご覧いただきたい。

今回は土日と交流戦を2試合 (1勝1敗) 観た後、新幹線で奈良へ帰る前に新横浜ラーメン博物館で食べたものを紹介したい。

新横浜ラーメン博物館新横浜ラーメン博物館


新横浜ラーメン博物館は今さら説明の必要はないと思うが、全国のラーメンを一堂に集め、京都の拉麺小路、博多のラーメンスタジアムなどのフードパークの先駈けともなった施設である。

入場料は大人310円、現在北は北海道から南は沖縄まで、さらに海外も含め、9店舗のラーメンが集まる。


その中から私たちがまず入ったのがこちら。

利尻らーめん味楽利尻らーめん味楽


利尻らーめん味楽

日本三大昆布「利尻昆布」をふんだんに使った「焼き醤油ラーメン」は旨味が凝縮した極上の一杯です。

テレビでは何度か見たことがあるが、日本一ハードルが高いといわれるラーメン店。北海道、利尻島に行くには飛行機とフェリーを乗り継いで行かなければならない。

いくらラーメン好きといっても、さすがに行けないだろうな、とあきらめていたがラッキーなことに横浜でいただくことができた。

利尻らーめん味楽利尻らーめん味楽


左:焼き醤油ラーメン (ミニ)
高級食材として知られる利尻昆布を大量に使った濃厚スープ。注文ごとに中華鍋で醤油ダレを焦がし、香ばしさとコクを出す。

右:焼き塩ラーメン (ミニ)
焦がし醤油と比べるとあっさり感はあるが、昆布の風味はこちらの方がより強く感じられる。麺は西山製麺の中太縮れ面。


次に入ったのがこちら。

無垢-muku-ツヴァイテ無垢-muku-ツヴァイテ


無垢-muku-ツヴァイテ

食にうるさいフランス人やイタリア人をはじめ、ヨーロッパ中の食通がわざわざドイツまで足を運ぶ、ヨーロッパで最も注目を浴びるお店が日本初上陸。

利尻よりもさらに遠いドイツのフランクフルトからの出店。

無垢-muku-ツヴァイテ無垢-muku-ツヴァイテ


左:無垢ラーメン (ミニ)
定番の豚骨醤油スープは少し泡立ててクリーミーな味わい。ピザ用の小麦とパスタ用のデュラム粉を配合した平打ちの極太麺。具は炙りチャーシュー、海苔、ネギ。

右:無垢ツヴァイテラーメン
ドイツ料理のザワークラウト (キャベツの漬物) をワインで煮込み、鶏脂で火を入れ、スープと合わせる。これにベーコンが入ったドイツらしい一杯。


無垢ツヴァイテラーメンが普通サイズしかなかったこともあって、お腹が一杯になったが、この後、昭和の街並みを楽しんで、奈良に帰ったのであった。


新横浜ラーメン博物館
横浜市港北区新横浜2-14-21
045-471-0503
無休
11:00 (土日 10:30) ~21:00 (23:00)
http://www.raumen.co.jp/


P.S. お土産で買って帰ったもの。

YUJI RAMENYUJI RAMEN


YUJI RAMEN

店主は長年アメリカで魚の卸に携わった「魚のプロフェッ ショナル」鮮魚の旨味を引き出すラーメンは、マグロのアラを強火で白濁させた「ツナコツ」が看板メニューです。

ツナコツラーメン
マグロのアラを強火で炊き上げ、白濁させた鮪骨スープ。麺はスープによく絡む極細ストレート。



↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




スポンサーサイト

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

タグ : ラーメン 旅行

category:旅行 おでかけ
comment(0) | trackback(0)
記事編集
札幌旅行⑨ ~二条市場で海鮮朝食~ 
2016.12.26 Mon 16:31
 
今回の札幌旅行で一番印象的だった食事・・・、ホテルから歩くこと20分、少し道に迷いながらも着いたのが、ここ、

二条市場


二条市場~

100年以上の歴史ある市場らしく、札幌では 「札幌市中央卸売市場 場外市場」 と並ぶ観光市場ということで、朝ご飯に行ってきた。

何がよかったかというと、普通に並んでいる魚屋さんの品物がその場ですぐに食べられること。

二条市場


この場で刺身 OK! ぎょぎょ!

それでは、お言葉に甘えて、まずは近くの商店で缶ビールを買ってきて (まだ朝だが)、牡蠣をお願いします。

二条市場


おすすめという 厚岸産のまるえもん が一個200円。おととい小樽の三角市場で食べた牡蠣が一個300円。品物が違うとはいえ、かなり安い。

店先には簡単な椅子とテーブルがあり、醤油とわさびも出してくれた。

ビールをくいっと飲んで、牡蠣をつるっと食べたら、

これこそ、北海道~!

当たり前かもしれないが、奈良では味わえないし、この値段では食べられない。


勢いでホタテ (1枚150円) とボタン海老 (値段忘れた) もいただいた。

二条市場


これもまた、まいう~!

さらにこんな機会は 今後しばらくない と思ったので、思いきって、清水の舞台から飛び込むつもりで、

特大の牡蠣も注文。 250円だけど。

二条市場


さすが、森のミルク!

ちゃうちゃうそれはアボカドや!


海のミルク~!

さすがにクリーミーで、おいしかった~

ということで、この旅行一番の印象に残った食事でした。


二条市場
札幌市中央区南3条東1丁目〜東2丁目
011-222-5308
6:00~21:00
無休



↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

タグ : 旅行

category:旅行 おでかけ
comment(0) | trackback(0)
記事編集
札幌旅行⑧ ~開陽亭・踊れ!イカ!!~ 
2016.11.07 Mon 20:35
 
北海道まで来たのだから、札幌、小樽だけでなく、函館や富良野、できれば旭川へも足を伸ばしたい。

伸ばしたいけれども、伸ばせない、なぜなら、今回の旅の目的は 「野球観戦」 だから。

伸ばせないけれど、函館名物、イカの踊り丼が気になる。




活けのイカに醤油を垂らすと踊り出すというもの。

ぜひともイカが踊るところを生で見てみたい。


で、札幌にないか調べてみたところ、さすが道都 札幌、あるみたいだ。ホテルからも歩けるようなので行ってみた。

札幌 開陽亭 2号店


開陽亭

ちなみに開陽亭は札幌にいくつか店を出していて、私たちが訪れたのは2号店であった。

入口近くには熊の剥製とともにイカのいけすがあって、

いやがおうにもイカ気分が盛り上がる。

予約していなかったが、10分ほどで2階のテーブル席に案内された。

札幌 開陽亭 2号店


活イカで有名な「開陽亭」。札幌で活イカ、魚介類を楽しむのなら開陽亭といわれるほど、地元民からも観光客からも人気のお店。新鮮なお刺身はもちろん、うにのおにぎりが絶品と大人気。仲間とワイワイ楽しみながら、美味しい料理を楽しむことが出来る。

当店一番の人気、水槽からすくった活いかをその場ですぐにお刺身に。皿に盛ったゲソ(足)が目の前で動くのは、活いかだからこそ。

注文はもちろん、活まいかの踊り造り。

札幌 開陽亭 2号店


しばらくして登場したイカの造りはきれいに透き通っていた。店員さんいわく、「ゲソは後から調理します」 とのこと。踊りを堪能した後、調理するということか。

・・・で、早速、期待に胸をふくらませて、醤油を落としてみた・・・が・・・・・・、

ちょっと動いた後、ぐったりと動きを止めてしまった・・・。箸でつついてみたが、反応なし。


踊れ!イカ!!


いちおう動画も撮ってみたのだが、あまりにしょぼいので、載せないでおく。先程の youtube の動画を見ていただきたい。

とはいえ、味の方はコリコリとした歯ごたえで、甘みもありうまかった。ゲソは塩焼きにしてもらった。


イカ 以下、他にいただいたものを載せておく。

札幌 開陽亭 2号店札幌 開陽亭 2号店札幌 開陽亭 2号店
札幌 開陽亭 2号店札幌 開陽亭 2号店札幌 開陽亭 2号店


左上/活けほや造り・中上/かにクリームコロッケ・右上/じゃがバター
左下/海鮮お刺身丼・中下/いくら丼・右下/さけいくら丼

イカは踊らなかったけど、北海道の海鮮をしっかりと堪能したのであった。


開陽亭 すすきの2号店
北海道札幌市中央区南5条西6-5-1
50-5869-2470 (予約専用番号)
17:00~翌0:00 (日祝~23:30)
無休(年始のみ休)
P無 HP


おまけ




↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

タグ : 旅行

category:旅行 おでかけ
comment(0) | trackback(0)
記事編集
札幌旅行⑥ ~小樽・三角市場~ 
2016.09.21 Wed 18:36
 
小樽へ向かう函館本線は海沿いを走る。

札幌を出てすぐは それなりに街であったり、郊外の住宅地であったりするのだが、だんだん、耕作地が多くなり、海岸線に出てからは、“哀しみ本線日本海”とか、“風雪流れ旅” の演歌の世界になる。

ゆらりゆらりと電車にゆられ、小樽駅に着いたら、午前10時過ぎ。朝ご飯を食べていないので、駅から近い三角市場へ。

小樽 三角市場


実はここ形が三角形ということで、この名前がつけられているのだが、実際、地図で見てみると28角形である。まあ、細かいことは気にしない。

ここでブランチとしゃれこもう。 (←そんなしゃれたもんではありません)

三角市場では6店舗の食事処があり、どこも海鮮丼があり、定食があり、テレビで取材を受けたときの写真が貼られている。


はじめて来た観光客には違いがわからない。


味処たけだ味処たけだ


わからないので、何となく雰囲気がよさそうで、店内が広々としていて、入りやすそうな、

“味処 たけだ” に入る。

鮮魚店直営の社長自らの目利きにより競り落としてきた新鮮な魚介類を堪能でき、年中安定供給が可能です。 小上がりもあり、三角市場最大の広さで団体客の受け入れもできます。旬のおまかせ丼は2,800円で約12種類以上のネタが入っていてオススメです!

ちなみに 好きな魚辺の漢字は “鰰” らしい。 ←何と読むでしょう?

味処たけだ味処たけだ


丼は20種類、写真付きで載っているが、「お好みのネタをトッピングできます」 とあるので、組み合わせは無限大である。

これに、刺身や焼き魚など。

悩む・・・

・・・で、結局 注文したものがこちら。

味処たけだ味処たけだ
味処たけだ味処たけだ
味処たけだ


生うにいくら丼/生牡蠣刺身/甘海老刺身/生ほたて刺身/ボイルしゃこ

どれも新鮮で、さすが北海道、と満足であった。

まだ、10時台だけど、小樽ビールも飲んで、贅沢なブランチであった。


三角市場
北海道小樽市稲穂3丁目10−16
6:00~17:00
http://otaru-sankaku.com/

市場食堂 味処たけだ
0134-22-9652
7:00〜16:00
http://www.otaru-takeda.com/


P.S 答えは 鰰=はたはた でした。



↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

タグ : 旅行 海鮮丼

category:旅行 おでかけ
comment(0) | trackback(0)
記事編集
札幌旅行④ ~時計台から札幌ドーム~ 
2016.09.07 Wed 18:42
 
味の三平で味噌ラーメンを堪能した後、腹ごなしを兼ねた観光に出る。

大通公園、テレビ塔、時計台・・・。

ベタな観光地を回ってみたわけだが、特に時計台、

長崎の出島、高知のはりまや橋と並んで “日本3大がっかり” といわれ、肩身の狭い思いをしているようだが、時計台そのものは、中に資料館があったりして、それなりに見るものがあった。

では、なぜ人は時計台にがっかりするのか。

おそらくこういうことであろう。

長崎において出島は必ずしも一番の観光地ではない。平和記念公園があり、原爆資料館がある。グラバー園などの居留地や中華街などもある。その中で出島が必ずしも大きなウエイトを占めていない。高知は少し様子は違えど、高知城がある。

札幌で一番の見どころが時計台・・・


時計台


と思えば、がっかり・・・。

これには、「札幌って大きな街なのに時計台しかないの?」 という心理も働いているのではないか。


では、札幌はどうすればいいのか、もともとあるものを活用するのであれば、雪まつりを一年中行う という手もあるが、ちょっと無理ゲーな気もする。

世界3大がっかりと言われたシンガポールのマーライオンはどうしたかといえば、セントーサ島にもう一つ巨大なマーライオンを建設して、口から煙を吐き、目から光線を出した。

札幌も今の3倍ぐらいの時計台を造って、てっぺんからレーザー光線でも出したら、人気の観光スポットになるであろう。


さて、冗談をさておき、夜は何をしたかというと、

札幌ドーム


札幌ドーム~!


今まで書かなかったが、今回の旅の目的は、時計台でも、テレビ塔さんでもなく、札幌ドームでの、ソフトバンクー日本ハムの野球観戦である。

毎年だいたい海外に旅行しているのに、今年は国内に決めた。その行先を札幌にしたのは、何といってもちょうどソフトバンク戦が組まれていたからであって、

札幌ドーム


がんばれ!ホークス!!

実際、この試合の前まで、負けが続いて、一時11.5ゲーム離れていた日本ハムとの差が、-0.5ゲーム差に縮まっていた。←マイナス0.5って何やねん!

しかし、この日は今宮、吉村のホームランで、3-0で勝利することができた。

和田、ナイスピッチ!

大阪で負けた次の日、札幌で勝ってよかった~。



↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

タグ : 旅行

category:旅行 おでかけ
comment(0) | trackback(0)
記事編集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。