何でも食べたい、食べてみたい、美味しいもの、珍しいもの、いろいろ食べた記録。+気になっているもの。
ホープ軒 ~若かりし日の記憶がよみがえる~ 
2018.02.07 Wed 18:09

新婚旅行は東北一周+東京であった。20年以上も前の話である。
そのころは下北山村に住んでいて、トヨタのハイラックスサーフに乗っていた。
結婚後すぐに子供ができなかった私たちはあちこち旅行した。
ニューヨーク、パリ、北京、シンガポール・・・。
今の旅好きの原点となる数年間だった。

海外旅行は年一回だったが、国内旅行はそれ以上に行った。
近場はもちろん、有給を最大限とって九州を一周したり、尾道や岡山を回ったりもした。
若かったけれどもお金がなかった私たちは、旅行中2日に一回は車で寝た。
サーフの後部座席を倒して、トランクと合わせると二人なら十分に寝ることができた。

「奥の細道」の芭蕉の足跡をぐるっとめぐって東京に入り、「東京都庁」 「カトリック碑文谷教会 (松田聖子が式を挙げた)」 「ジュリアナ東京」 ・・・、おのぼりさんルートを回った。

そのころラーメンブームが起きており (いやブームはその前から、そして今でも続いているとも言えるが)、「なんでんかんでん」 や 「大勝軒」 など、多くのラーメン店がテレビや雑誌などで取り上げられ、賑わいを見せていた。

私たちもせっかく東京に出て来たのだから、有名店で食べてみたいと思い、いくつか店を回ってみた。
荻窪の 「春木屋」、築地の 「井上」 (井上は去年火事で焼けてしまった) など。
このころから私のラーメン好きが始まっていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の東京出張で久しぶりに訪れたのがホープ軒。
せっかく東京にいるのだから朝ご飯にラーメンでも食べようと思ったのである。
ちなみにホープ軒は24時間営業、年中無休である。

ホテルから始発に乗るべく神田駅へ。
まだ朝の4時半だというのに、駅前には風俗の客引きがいて、「今なら4000円、若いコなら5000円」 と声をかけてきたが、4000円が逆に気になる。

中央線に乗って千駄ヶ谷まで14分。
そこから右手に建設中の新国立競技場を見ながら歩くこと8分。

新国立競技場


まだ夜明け前の薄暗い舗道には人通りはほとんどなく、ただ12月の冷たい風が吹き抜けていた。
しばらく歩くと右手前方に黄色い灯りが見えてきた。

前に来たときもこんな感じだったか。
必死に記憶をたどろうとするが、思い出せそうで、思い出せない。

ホープ軒


入口で食券を買う。
ラーメンは一種類なので、トッピングで好みに変化させるのだが、私は煮卵をチョイス。

1階はカウンターのみの立ち食いスタイル、2・3階にはテーブル席があるようだが、上がってないのでよくわからない。
先客は5名、早朝にしてはまあまあの客入りか。

待つこと数分、ラーメンがやってきた。

ホープ軒


豚骨と醤油を組み合わせ、背脂を振り掛けたこってりスープ。
独特のコシがある中太麺、具はチャーシュー、メンマ。
席においてあるネギは入れ放題、辛味を加える辣醬。

20数年前に食べた味の記憶がよみがえってくる、と同時に若かったころの懐かしい思い出が次々と頭に浮かんでくる。。
今では子供もできて家族で旅行するようになり、車で寝ることもなくなったけれど。

今回は一人出来たけれど、次に来るときは嫁さんと一緒に来たいと思う。
まあ、当時から食べに行く店はほとんど私が決めていたから、嫁さんの記憶にはすでになくなっているかもしれないが。

そんなことを考えながら、ラーメンを食べ終わると、街は少し明るさを取り戻し、新しい一日が始まろうとしていた。
私は来た道を戻り、ホテルへ帰ったのであった。


ホープ軒
TEL.03-3405-4249
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷2-33-9
24時間営業 / 年中無休
JR千駄ケ谷駅より徒歩7分
http://www.hopeken.co.jp/




↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

タグ : ラーメン

category:食べ歩き 奈良県外
comment(0) | trackback(0)
記事編集
名古屋から三重 ~名阪で定番のホルモンを忘れる~ 
2018.01.05 Fri 20:22
 
息子をピックアップして、さて奈良に帰る。

名古屋から奈良へは約2時間半のドライブ。

1時間半ぐらい走ったところで、嫁さんと運転を交代、ここが夕食の場所になる。

昨年は、上柘植インターで降りて、伊賀食堂というディープな店でホルモンを食った。(昨年の記事参照

今年は上野ドライブインで、ホルモンを食おうと思う。

・・・って、同じパターン。


名阪 上野ドライブイン おすみ名阪 上野ドライブイン おすみ


めし ホルモン おすみ

実はこの店、今から7年前に、このブログのコメント欄で ちょぱ兄さん に教えてもらっていた。

記事にもあります大きなドライブイン(名阪上野ドライブイン)の一番端に「おすみ」というこ汚い店がありそこの「ホルモン定食・980円」が旨いです。てっちゃんとキャベツをタレで焼いたものなんですが、そのタレの甘辛さが絶妙で白飯ガッツリ!
店の雰囲気はまぁ「お福」と大差ありません。
機会があればぜひお試しを<(_ _)>
注:ホルモン定食以外は普通なので間違っても注文しないで下さい!!(笑)


ということで、注文したのが、こちら。

名阪 上野ドライブイン おすみ名阪 上野ドライブイン おすみ


左:どて焼き
とろとろに煮込んだ牛すじ肉、こんにゃく、白味噌ベースで関西風の味付け。常に温められているので、注文したらすぐ出てくる。味が濃い分ビールも進む。

右:おでん定食
よくしゅんだ大根、豆腐、玉子、ごぼ天、すじ。ご飯の量は選べる。貝の味噌汁つき。定食は全部で十種類。

名阪 上野ドライブイン おすみ名阪 上野ドライブイン おすみ


左:ささみ刺身
あっさりとした鶏のささみを刺身で。しょうが醤油をつけて。

右:砂肝刺身
しゃくしゃくといった歯ごたえはよくアワビに例えられる。これもしょうが醤油で。

名阪 上野ドライブイン おすみ名阪 上野ドライブイン おすみ


左:きも串焼き
串焼きは一人前5本。鶏のレバーをにんにくの効いたタレ焼きで。ご飯、味噌汁をつけて定食にもできる。

右:ハラミ串焼き
柔らかいハラミにねぎをはさんで。けっこうなボリューム。牛串は他に、ミノ、ココロもあり。



さて、読者のみなさん、お気づきだと思うのだが・・・、


ホルモン定食を頼んでない。


・・・・・・

そう、注文しそこなったのである。

ちょぱ兄さんにコメントをいただいた「味のお福」 の記事を読んでいただければ理解してもらえると思うのだが、どて焼きが記憶のすべてになって、いつのまにか、ホルモン焼きとどて焼きが頭の中で入れ替わっていたようである。

今、これを “やっちまった”、と思いながら書いている。

ちょぱ兄さん、ごめんなさい。 m(_ _)m

宿題ができた気分であるので、必ずや もう一度行って、ホルモン定食を食べてみたいと誓うのであった。


名阪上野ドライブイン おすみ
三重県伊賀市大内2017
0595-23-1119
9:00~22:00
不定休 P有




↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

タグ : ホルモン 焼き鳥 焼肉 おでん

category:食べ歩き 奈良県外
comment(0) | trackback(0)
記事編集
今年も名古屋日帰り② ~そーれはあんかけスパ発祥~ 
2017.12.27 Wed 18:00
 
葉栗屋を出て、息子を会場まで送っていった後、熱田神宮に参拝した。

大鳥居から入り、大きな楠に驚き、本殿にお参りし、

壁に向かって勝負運を祈った。


地下鉄に乗って、栄町に着いたのは、午後1時半。

まだまだ、お腹がすいたというわけではないが、せっかく名古屋に来たからには、もう一つぐらい名古屋名物を堪能したい。

ひつまぶし、天むす、台湾ラーメン、ベトコンラーメン、カレーうどん、エビフライ、味噌おでん、どて煮、手羽先・・・、

いろいろある中で特に未知で気になったのが、

あんかけスパゲティ

食べられる店は市内にたくさんあるが、とりあえず元祖といわれる店に行ってみた。

あんかけスパゲティ そーれあんかけスパゲティ そーれ


そーれ


HPには、あんかけスパゲティの変遷についてかかれてあった。

はじまりは1961年までさかのぼります。
イタリア料理として「スパゲッティ」が認知され始めた頃、他店にはない「オリジナルミートソース」を作ろうとしたところから始まります。

当時、今池でお店を構えておりました父と共同経営者でありました山岡博氏が試行錯誤の上完成させた物です。
有難いことに大変ご好評を頂き、当店の名物料理の一つとなりました。
その後、山岡氏が独立をされて1963年に開業されたのが「ヨコイ」さんとなります。

徐々に徐々にではありましたが、このオリジナルソースが名古屋を中心に他店にも広がって行きました。

「あんかけうどん」からヒントを得て「あんかけスパゲッティ」と名付けられてテレビに発表されたのが、「からめ亭」さんでした。
(一部抜粋)


ようするに、①「そーれ」 で考案された あんかけスパゲティは ②「ヨコイ」 の独立とともに広がりを見せ、③「からめ亭」 によって名付けられた、ということであろう。

あんかけスパゲティ そーれあんかけスパゲティ そーれ


メニューは、あんかけスパゲティーだけで、30種類以上。

普通ならどれにするか迷うところだが、とりあえずは定番の品と人気の品の2つを注文することにする。

さらにソースは定番とクラシカルが選べるとあったので、一つずついただくことにした。

あんかけスパゲティ そーれあんかけスパゲティ そーれ


左:ミラカン
ミラカンとは ミラネーゼ (ウインナー・ハム・野菜) + カントリー (フレッシュトマト・野菜) を略したもので、玉ねぎやピーマン、にんじんなどの野菜とウインナーやハムをとろみをつけたデミグラスソースでからめてある。

右:玉子ヨセ
太くてコシのないソフト麺にどろっとしたあんのソースをかけ、豚ロースカツと玉子焼きを乗せる。ソースはクラシカルを選んだので、胡椒が効いたピリ辛味。

「イタリアの家庭料理を名古屋の方々が好まれる味に」
「ボリューム感があり、安価におなかを満たして頂きたい」

HPにはこんな風に書いてあったが、これはイタリアの家庭料理ではないと思う。完全に名古屋人の名古屋人による名古屋人のためのメニューだと思う。

しかし、ボリューム感については全くその通りで、そうでなくても その前に味噌カツだの味噌煮込みだの食べた後だったので超お腹一杯になったであった。


そーれ
名古屋市中区栄4丁目9-10 愛信プラザビル103
052-265-3990
平日・土曜日 11:00~15:00 17:00~23:00
祝祭日    11:00~15:00
日休 P有 HP




↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

タグ : イタリア料理 旅行

category:食べ歩き 奈良県外
comment(0) | trackback(0)
記事編集
今年も名古屋日帰り ~葉栗屋で名古屋めし三昧~ 
2017.12.20 Wed 18:30
 
>そもそも今回の名古屋日帰り旅行は、息子がある会合に出席するのに、親が運転手としてついてきたもので、会合中、私と嫁さんは適当に名古屋で遊んでいたのである。

去年も そんなことを書いたが (去年のブログ参照)、今年も同じ理由で、また名古屋にやってきた。

到着したのがちょうどお昼時だったので、図書館で借りた、“るるぶ名古屋” に載っている ご当地グルメの有名店に行ってみた。

葉栗屋葉栗屋


葉栗屋 (はぐりや)

名古屋中心部からは少し離れた金山駅近く、外観も内装も昭和の食堂といった雰囲気で、実際 「るるぶを見て来ました~♪」 といった観光客よりも地元民らしき人の方が多かった。

るるぶには “○○すぎるなごやめし 味噌カツ” のページに載っているのだが、もともとがうどん屋さんということもあり、いろんなメニューがある。

葉栗屋葉栗屋


さて、何を注文するか、目移りするところではあるが、とりあえずは、当店人気ナンバー1 と書かれた味噌カツライスは決まり。

この味噌カツライス “るるぶ” にはこうある。

名古屋でおもしろ写真を撮るなら、このキャベツタワーはいかが?昭和2年(1927)創業のうどん店で、揚げ物に付くキャベツが山盛り過ぎると話題に。甘辛い味噌ダレがたっぷりとかかったロースカツもかなり大きく、キャベツとともに食べ応えがある。


おもしろ写真・・・ インスタ映え?

と思ったら、こんなことが書いてあった。

葉栗屋葉栗屋


キャベツについて
食べ物ですので、写真撮影だけのために、キャベツを普通で注文するのはご遠慮ください。写真を確認し食べれるだけの量の注文をお願いします。


いやいやいやいや・・・。

キャベツタワーで 客呼んでますやん・・・。
普通って書いてますやん・・・。


とはいえ、食べ物を粗末にするのはよくないことだし、出されたものは残さず食べるということで・・・、


葉栗屋


普通を注文。

高さ25cmのキャベツは3分の一玉 使っているそうで、確かに迫力がある。

それでも、残さず食べると宣言したからには、食べるしかない。

シャクシャク シャクシャク・・・

味噌カツの味が濃いので、合間にキャベツはよく合う。

結局、こちらは3人ということもあって食べきることができた。 


もちろん、これだけを注文したわけではなくて、せっかくなので、こちらの名古屋名物もいただいた。

葉栗屋葉栗屋


左:味噌煮込みうどん
名古屋のソウルフード。土鍋で供され熱々の赤味噌出汁、かしわ、揚げ、しいたけ、玉子、ねぎ、かまぼこなど具だくさん。

右:きしめんセット
かつおの効いたあっさり出汁につるっとしたきしめん。セットのミニ天丼はたっぷり汁に浸かったイカ、海老などの天ぷらが乗る。


味噌かつライスに味噌煮込みうどん、きしめん を完食し、すっかり名古屋めしを満喫して、私たちは会場に向かったのであった。


葉栗屋
住所     愛知県名古屋市中川区尾頭橋2-2-20
電話番号  052-321-4809
営業時間  11:30~14:30 17:00~20:30
土日は通し営業、祝日営業
定休日   月曜日、第一・三週の火曜日
駐車場   無

奈良グルメ図鑑の記事はこちら。



↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

タグ : 旅行 食堂 豚カツ

category:食べ歩き 奈良県外
comment(0) | trackback(0)
記事編集
まりおと極鶏 ~関西こってりラーメンNo.1はどこや~ 
2017.09.16 Sat 16:02
 
「せやねん」 というテレビ番組がある。

もちろん、関西ローカルである。

「せやねん」 があるなら、、「なんでやねん」 とか 「ちゃいまんねん」 とかもありそうだが、

「あほやねん すきやねん」 は実際にある。


その、「せやねん」 の中に 「ソラシラナンダ」 というコーナーがあって、関西で一番こってりなラーメンはどこか調査していた。

せやねんせやねん


スープが入ったガラス瓶の中に卵形の重りを入れ、その沈む時間でこってり度を測るのだが、その測定器の名は、

スープこってりチェッカー健ちゃん

という。 (もちろん、健ちゃんとはトミーズ健のことである)

さすが、関西ローカルである。

ちなみにカップヌードルカレーが、1秒97、無鉄砲が、3秒84である。


途中、スープがこってり過ぎて、重りが沈まず、重さを増やした こってりチェッカー健ちゃん2号が作られるなどしたが、

極鶏まりお流


とうとう、極鶏では全く重りが沈まず、測定不能となってしまった。

続いて、まりお流へ行き、オリンポスを測定したら、3分00秒24だったので、極鶏が関西一こってりラーメンということになった。

しかし、この結果に納得がいかない まりおさんが、後日、オリンポスをさらにこってりさせたパワーオリンポスを作り、測定不能、同立の一位となり、さらに、店主の熱意がこってりということで、まりお流が関西一こってりということでコーナーは終了した。

パワーオリンポスパワーオリンポス


なんのこっちゃ。

後日、まりおさんはHPにこのときのことを綴られていた。

今回の再録画撮影に参加したのはオリンポスの濃さは世界で僕しか作れない事を主張したかったし日本一濃いラーメンを作れるラーメン屋と言えばまりお流らーめんだと世間に言いたかったからです。

決して他所のラーメン屋と争う気も無ければ仲良くする気もありません。人は人、自分は自分です。


まりおさんらしい言葉である。


・・・で、まりお流には何度も行き、霧島、富士山、チョモランマからオリンポスまで実食し(パワーオリンポスはさすがにまだです)、さらには7人の侍からも制覇した私だが、ぜひ極鶏に行かなければならないと思っていた。

そして、京都に用事があったときにやっと訪れることができたのである。

極鶏極鶏


実際食べてみると、やはり濃いし、そもそも、麺がスープに沈んでいない、相当こってりしている、

・・・のだが、何か違う。

「まりお」 がスープをどこまでも煮詰めたテロッとした感がするのに対して、こちらはポタージュのような、肉そのものの味がしたのである。

どちらが好みかは人によるだろう。


ちなみに極鶏のカップ麺を買って食べてみたが、これは全く濃くなかった。

極鶏極鶏


万人受けを狙ったのか、濃いスープをカップ麺で再現すること自体難しいのか、よくわからないが、やはり、こってりラーメンは店舗で食べるべきであろう。


極鶏
住所 京都府京都市左京区一乗寺西閉川原町29-7
電話番号 075-711-3133
営業時間 11:30~22:00
定休日 月曜日
駐車場 無
ホームページ blog twitter

極鶏の記事はこちら

まりお流
住所 奈良市尼辻433-3
電話番号 0742-35-1102
営業時間 18:00~翌1:30
定休日 水曜日
駐車場 有
ホームページ http://www.marioramen.com/

まりお流の記事はこちら。

↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

タグ : ラーメン

category:食べ歩き 奈良県外
comment(0) | trackback(0)
記事編集