FC2ブログ
何でも食べたい、食べてみたい、美味しいもの、珍しいもの、いろいろ食べた記録。+気になっているもの。
続・清湯スープのラーメンはどこがおすすめですか? 
2018.09.20 Thu 22:44

ちなみに私が現在運営する 「奈良グルメ図鑑」 の記事は時系列 (要するに新しい順) に並んでいる。

2年前にリニューアルする前は、HTML でサイトを作っており、そのころは自分が、好きとか、おしいいとか・・・そんな順で並べていた。

ちなみに、HTML でサイトを作っていたときは非常に原始的な作りで、更新の手間もハンパなかったから、今は更新も楽になった。

関係ないが、現在、私の会社のホームページもかなり原始的な作りなのだが、任されているのは私である。

上の人にはもう少し新しいものを取り入れるよう進言したい。


話は戻るが、好きな順から時系列に変わったことで、よかったこともある。

サイトに訪れる人はたいてい1ページ目から見ていくので、古い情報は後ろの方で見ることになるか、その前に他のページに移ってしまうかである。

私のサイトは一人で運営しているので、どうしても古い情報は古いままである。

そんな情報がまるで 「今」 のことのように伝わるのは心苦しい。

そういう意味では、新しい情報順に並んでいる方が、私の心は落ち着く。

しかし、一番上が一番おすすめしたい店かというとそうでもない。

ここにどうしても矛盾を感じてしまうのである。


そう考えれば、こういった “私が個人的におすすめしたい店” を、ブログやまとめ記事で紹介するのはこの矛盾を解決する一つの方法なのかもしれない。

後輩のなにげない言葉から始まったこの記事も、ある意味、意味のある、ことだと思える。


さて、前回に続いて、今回も前置きが長くなってしまったが、清湯ラーメンおすすめの第4位はここ。


丸昌


丸昌


現在は富雄駅の南、よっぽど自信があるのか、行列ができる人気点、「あまのじゃく」 の向かいに店を構えるが、元々は東生駒の、今は 「壷」 という、やはりラーメン店の場所にあった。

そのころから、透き通ったスープのラーメンは評判が高かったのだが、いつの間にか、ひっそりとクローズ。

その後、満を持して、かどうかわからないけれども、2016年に この地に再オープンした。


丸昌


これぞ清湯、という透き通ったスープはあっさりとしながらコクがある。和風出汁を使っているから懐かしい感じもする (写真は塩だが、醬油もある)。

子どもからお年寄りまで嫌いな人はいないだろうという味でもある。

東生駒で人気だった店が十数年ぶりにラーメン激戦地の富雄駅前に再開店。シックな店内はカウンター6席。メニューは塩 (写真) と醤油。優しくまろやかなスープははじめは魚介が強く、冷めてくるにしたがって野菜の甘みが現れてくる。具はほろほろと柔らかい大きめの肩ロースチャーシューとメンマ、ねぎ、少し縮れた中細麺。テーブルの一味とペッパーで辛味をプラス。全体的にバランスのいい一杯。


住所 奈良市富雄元町2-1-17
電話番号 090-8982-3028
営業時間 10:30~15:00
定休日 月曜日
駐車場 無

今回も前置きが長かったので、次回に続く。




↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

タグ : ラーメン

category:食べ歩き 奈良市
comment(0) | trackback(0)
記事編集
清湯スープのラーメンはどこがおすすめですか? 
2018.09.10 Mon 21:36
 
先日、職場の飲み会があって、後輩から、こんな質問を受けた。

「僕、ラーメンの食べ歩きが趣味なんですけど、○○さん(←本名が入る)、清湯スープのおすすめの店はどこですか?」

そのとき、若干の違和感は感じたのだが、とりあえず、そのときは深くは考えずに、「そうやね、おしたに か トリカヂイッパイ かな」 と答えたのだが、「両方行きました」 と言われてしまった。

職場では 「奈良グルメ図鑑」 というサイトや 「ブログ」 については、内緒にしているので、その場でスマホを開いて確認することもできずに、そのまま話は流れたのだが、その後、衝撃の事実が発覚する。


一次会からの帰り道、新大宮の駅近くで、この後輩から声をかけられた。

「もう少し、飲みませんか? 聞きたいことがあるんです。」

駅前のワインバーに入ると、もう一人別の同僚がいて、こう言った。

「○○さんって、naranara さんでしょ?」


・・・

・・・・・・

がびーーーん!

聞くところによると、もう一人の同僚はサイト開設当初から、知っていて、私がこの部署に来てから、何となく、私がnaranaraではないかと思っていたのだそうだ。

まあ、それはそれで、ありがたいことだし、別に悪いことをしているわけではないので、いいのだが、お二人にはこれ以上大々的に広めないようお願いしたい。(←重要)



さて、前置きは長くなったが、奈良の清湯スープのラーメンのおすすめだが、せっかくなので、考えてみた。

どの店をおすすめするか考えていて、思ったのが、一般的に (例えば初めて奈良に来られた方に) 紹介するのか、後輩のように、ほとんどの店を食べ歩きしている人に紹介するのは全く違うということである。

ここは、分けて考えたいと思う。

まずは、一般の部、ベスト5

まずは第5位。


ひだるか屋


ひだるか屋


大和高田にあるこの店は、かつて、南京終にあった、「いごっそ」 の味を引き継ぐ店である。

ひだるか屋を語るためには、その前に 「いごっそ」 を まず語らなければならない。

「いごっそ」 は、2000年のオープンから2010年に閉店するまでの11年間、塩、醬油、味噌の3種類のラーメンを出していた店である。

開店当初はそうでもなかったのだが、特に塩ラーメンのやさしい味が口コミで広まって、いつのまにか奈良を代表するラーメン店に成長した。

いごっそ←いごっその塩ラーメン


そして、2010年10月、父親の世話をするという理由で高知県の山間の村、北川村に移転してしまった。

その閉店には涙する人も多かったという。

ちなみにその店舗はその後、別のラーメン屋を経て、「うどん屋晴れ」 になる。この 「晴れ」 でもうまい塩ラーメンを出していたのが、何かしら縁を感じるのである。


さて、その味を受け継ぐのが、ひだるか屋である。

ひだるか屋


塩、醬油、味噌と3種類のスープが選べるが、やはり一番人気は塩。

最近流行りの凝ったものではないが、多加水のちぢれ麺、柔らかいチャーシューとともにと毎日でも食べられるラーメンである。

京終にあった名店「いごっそ」(現在は故郷の高知に移転)の味を受け継ぐラーメン店。写真は塩ラーメン、きれいに透き通った上品なスープはあっさりながらコクが感じられる。ぷりっとした中細麺。具のネギ、もやし、半熟卵はスープを邪魔しないよう控えめな主張。薄切りのバラチャーシューは柔らかくジューシー。途中 柚子胡椒を入れて、味の変化を楽しむのもいい。大盛は2玉になり+150円。気さくなご夫婦で切り盛りする店は和やかな雰囲気で、常連客も多い。


住所 大和高田市神楽3-1-20 サンプラザ1F
電話番号 080-5318-3840
営業時間 11:30~14:30 18:00~21:00
定休日 火・水曜日
駐車場 有


さて、今回は記事が長くなったので、続きはまた今度ということで。



↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

タグ : ラーメン

category:食べ歩き 奈良市
comment(0) | trackback(0)
記事編集
ラベア ~全国でここだけ?本場バングラデシュ家庭料理の店~ 
2018.07.16 Mon 21:49
 
2013年に始めた月一回の休肝日は今も続いている。

この7月でちょうど5年という節目を迎えた。 おめでとう! 

休肝日を始めたときの記事はこちら。

この日は仕事終わりに香芝まで走って、一軒のラーメン屋で一杯のラーメンを食べた。

この一杯というのがミソで、といっても味噌ラーメンということではなくて、餃子とか、から揚げとかチャーシュー丼とか頼まずにという意味である。

お腹一杯にしないで、もう一軒食べようと五位堂に移動したら閉まっていた。

誰か、元祖スタミナラーメンは営業しているのかどうか、教えてください。

腹七分目・・・


なんとなく、もの足りないような、もやもやした気分のまま、奈良まで帰ってきた。もうそろそろ家も近くなってきたそのとき・・・、見つけてしまった。

ラベア



ラベアが開いてる


ここで、ラベアについて説明すると、1年ほど前に、元ローストビーフ丼の店の跡地にオープンしたバングラデシュ料理店で、ランチはやっていないし、たまたま前を通りがかったときもいつも閉まっているという私にとっての幻の店である。

チャ~ンス!

私はすぐ近くのコインパーキングに車を停め、早速突撃したのである。

店に入ると先客が一人、カウンターの奥に座っていて、後で聞いたのだが、香川からバイクで奈良まで来たという若者であった。

なぜ、バングラデシュ料理を選んだのか聞いたら、宿から近かったかららしく、明日は柿の葉寿司を食べるよう勧めておいた。

写真つきのメニュー (のようなもの) があったので、何にしようか考えていると、カウンター内にいた女性が、

ラベアラベア
ラベアラベア


「お酒飲む? ご飯食べる?」

と聞いてきた。

この女性がラベアさん、バングラデシュ出身で、この店のオーナーである。

私が、「ご飯食べる」 と答えると、もうメニューは決まったらしく、厨房で料理を造り始めた。

そして、「それメニューじゃないよ、お客さんが勝手に写真撮っただけね」 と言う。

上の写真のメニューのようなものは、メニューではなく、あくまでも これまでに作ったものの一欄でしかなく、作れるものはその日の仕入れた材料によって決まっているらしい。


しばらくして、出てきたものがこちら。

ラベア


おかず2種とサラダ、ライス、スープのワンプレートのセット。

手前:チキンローシュ
ミルクが入った甘口カレーのようなもの (ラベアさんはカレーではないと言っていた)。ごろんとした鶏肉が入っている。

手前左:野菜
マサラ風の味付けをしたきゅうり。

左:ダルのバジ
つぶした豆を唐辛子と一緒に揚げ焼きしたもの。少し辛いが、唐辛子抜きもできる。サクッとした食感。

奥:キスリ
レンズマメ入りのターメリックライス。バスマティライス。

左奥:ダルスープ
豆を粗くつぶした優しい味付けのスープ。そのまま飲んでも、ご飯にかけてもいい。


ラベアラベア


左:マンゴーラッシー
サービスでいただいた。ヨーグルトとマンゴーのさわやかな甘み。普通のラッシーもある。

右:チャイ
セットにドリンクは付いていないので別で注文。写真はホットだが、アイスも選べる。400円。


腹七分目からのセットだったので、お腹いっぱい。

それにしても、バングラデシュ料理店って全国にどのくらいあるのか。

かの有名口コミサイトで調べてみたが、まあ、ないことはないが、ここまで、本格的なバングラデシュ料理専門店は見つからなかった。

奈良はなかなかエスニック料理が根付かない土地で、以前はイスラエル料理やアフリカ料理の店もあったのだが、いずれも長くは続かなかった。

今度こそ、全国からこの味を求めて人がやってくるような店に成長して、長く続けてもらいたいと切に思うのである。


ラベア
住所 奈良市南魚屋町6-1-1
電話番号 0742-23-6035
営業時間 18:00~翌2:00
定休日 月曜日
駐車場 無

奈良グルメ図鑑での記事はこちら。




↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : バングラデシュ料理

category:食べ歩き 奈良市
comment(0) | trackback(0)
記事編集
EVANS KINGDOM ~三条通に現れた中世ヨーロッパ・後編 
2018.05.25 Fri 19:19
 
前回の記事が長くなったので、後編。

SOZAI バル&Fresh Juice。

SOZAI バル&Fresh JuiceSOZAI バル&Fresh Juice
SOZAI バル&Fresh JuiceSOZAI バル&Fresh Juice


一番入口付近にあるバル&フレッシュジュースの店。

フードメニューもいくつかあり、写真はもちもちした食感のニョッキのポトフ仕立て。

ソーセージとじゃがいも、ズッキーニ、豆などの野菜をコンソメスープでじっくり煮込む。もっちりしたベーグルも店おすすめの品。

SOZAI バル&Fresh Juice
住所 奈良市三条町469-1 EVANS PLAZA
電話番号
営業時間 11:00~23:00
定休日 不定休
駐車場 無
HP
奈良グルメ図鑑の記事へ


食後に ROKUYA Cafe

ROKUYA カフェROKUYA カフェ
ROKUYA カフェROKUYA カフェ


特製オーブンで1本ずつ丁寧に焼き上げるバームクーヘンの店、ROKUYA が、10周年の総仕上げとしてカフェをオープン。

できたてバームクーヘンに抹茶アイス、鹿クッキー、生クリーム、苺。日替わりいちごのロールケーキ。

食べていると、お店からサービスということで、鹿の角バームを切ったものが出された。これもさくっとしてなかなか美味しかった。


ROKUYA Cafe
住所 奈良市三条町468-1 (EVANS KINGDAM内)
電話番号 0742-24-0090
営業時間 11:00~19:00
定休日 無休
駐車場 無
HP
奈良グルメ図鑑の記事へ


EVANS PLAZAEVANS PLAZA
EVANS PLAZAEVANS PLAZA


この日は暑かったので、奥のテラス席はパラソルのある席には空席がなく満員であった。


ステージで女性シンガーが歌っていた。

俺のあんこはタバコが好きで~♪ いつもプカプカプカ~♪


渋っ



EVANS KINGDAM
HP
facebook





↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : ケーキ・スイーツ Cafe

category:食べ歩き 奈良市
comment(0) | trackback(0)
記事編集
EVANS KINGDOM ~三条通に現れた中世ヨーロッパ・前編~ 
2018.05.23 Wed 18:11
 
三条通に5月9日に新しくオープンした EVANS KINGDOM 。

ここはもともとローソン三条町店であった場所だが、すっかり様変わりして、中世ヨーロッパの城をイメージした建物になっていた。

エヴァンスプラザ


建物がUSJみたいと言う人もいる。

間口は狭いが、奥行きがあり、現在4店舗がオープンしている。

SOZAI バル&Fresh Juice
Cafe BAR MOKUBA
とびきりステーキ
ROKUYA cafe


この日は家族4人で行ったので、4店舗、ちょっとずつ全部いただいてみた。


まずは、Cafe BAR MOKUBA。

Cafe BAR MOKUBACafe BAR MOKUBA
Cafe BAR MOKUBACafe BAR MOKUBA


高畑でヨーロッパ雑貨・陶器の販売も行うカフェ木馬、今回 EVANS PLAZA の一番入口近くに2号店をopen。

写真はデミグラスソースのオムライス。ハム、玉ねぎ、トマトなどの具が入ったケチャップライスを薄焼き卵でくるむ。たっぷりとかかった自家製のデミグラスソースはトマトだろうか、酸味がしっかりと効いている。

オムライスはケチャップソースも選べる。他に煮込みハンバーグやカレーなど。ホットドッグなど街歩きにぴったりなテイクアウトメニューもある。

Cafe BAR MOKUBA
住所 奈良市三条町468-1 EVANS PLAZA
電話番号 080-6211-5592
営業時間 11:30~14:30 17:00~22:00
定休日 不定休
駐車場 無 
HP
奈良グルメ図鑑の記事へ

次は いきなりステーキ。

いきなりステーキいきなりステーキ
いきなりステーキいきなりステーキ


ステーキとガーリックシュリンプの店。

「チェーン店ですか」 と店主に聞いてみたら、

「いきなりステーキに似てますが、パクリではありません」

と、きっぱりと答えられた。

ステーキはグラム単位でも注文でき、和牛、アンガス牛など肉の食べ比べもできる。また、もう一つの看板メニュー、ガーリックシュリンプの他、アラカルトもあり、おすすめのクラフトビールとともに楽しむことができる。

いきなりステーキいきなりステーキ
いきなりステーキ


ステーキ定食
がっつりと180gのサーロインステーキ。ステーキソースとわさび醬油で。付け合わせはフライドガーリック、もやし、ねぎ。サラダ、赤出汁、小鉢が付く。

ガーリックシュリンプ
基本は海老6尾、写真は野菜6種類 (エリンギ・ブロッコリー・パプリカ・オクラ・ズッキーニ・じゃがいも) のトッピングオール入れ。炒めたガーリックの風味が食欲をそそる。後ろはガーリックトースト。

クラフトビール
本日のクラフトビールが4種類。これらをハーフ&ハーフにもできる。今回は黒ビールとだいだいエールをブレンドしてもらった。


とびきりステーキ
住所 奈良市三条町468-1 (EVANS KINGDAM内)
電話番号 080-1444-2850
営業時間 11:00~14:00 17:00~23:00
定休日 不定休
駐車場 無
奈良グルメ図鑑の記事へ

EVANS KINGDAM
HP
facebook


後の2軒については、長くなったので後編に続く・・・




↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : オムライス ステーキ

category:食べ歩き 奈良市
comment(0) | trackback(0)
記事編集