何でも食べたい、食べてみたい、美味しいもの、珍しいもの、いろいろ食べた記録。+気になっているもの。
パネトーネ 
2008.10.28 Tue 21:41
高天の交差点からやすらぎの道(全然やすらがない)を北へ少し歩いたところにある老舗のパン屋さん。


パネトーネ フランスパン


パネトーネ



ここの名物は看板にもあるように、

大仏あんぱん
 (-ι_- 3)


パネトーネ




どれぐらいの重さがあるかというと、


パネトーネ


320g ……  (^◇^ ;)

普通のあんパンはいったい何gぐらいなのだろうといろいろと調べてみると、

だいたい60gぐらいが多いようだ。

…ということは普通のあんパン5個と3分の一。 アンパンマンアンパンマンアンパンマンアンパンマンアンパンマン




では、中のあんが何gかも量ってみた。



ぱかっ。

パネトーネ




ぽてっ。



パネトーネ



330g。


皿の重さが100gだったので、



パネトーネ


あんの重さ230g

全体で320g、あん230g、ということはパン生地が90gか…。


一個食べたら確実に血糖値が上がるな…。

いやそれ以前に1個食えんな。 (_ _,)/~~  


(この後、もとにもどして美味しくいただきました。)


それ以外にもミニあんドーナッツやアンコがお腹に詰まったたい焼きなど、あんを使ったメニューがいろいろ。

パネトーネ


アンコ好きにはおすすめです。


パネトーネ
奈良市高天市町17
0742-27-1601
6:00~18:30
木午後休 P無


パネトーネ




↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : パン

category:食べ歩き 奈良市
comment(2) | trackback(0)
記事編集
正倉院展 
2008.10.25 Sat 23:41
今日が初日の正倉院展に行ってきた。

読売新聞をとっているのでチケットを融通してもらったのだが、これもなかなかうまくいかないことも多いらしい。

正倉院展

正倉院展は去年も行った。だから、どれくらい並ばないといけないかは知っていた。

朝イチ、8時半に行ったのだが、それでもけっこうな行列ができていた。
(休日のUSJ並みの行列である)

並んでいた前の人たちは、どこかからのツアーのようで、言葉もちょっと違ったし、ツアコンらしき人が集合時間を叫んでいた。



私はほぼ毎年訪れているが、宝物はもちろんのこと、よくここまで残ったとないう小さな品々にも感動を覚える。



今回の目玉である「白瑠璃碗」。

きっとイラン(ペルシャ)では宝物ではなかったから、残らなかった(出土したものが参考品として出品されていた)ものが、後生大事に受け継がれてきたから、今ここにある。


聖武天皇の枕とか、大仏開眼のときに使われた筆とか…、

とにかく物持ちに良さはピカイチである。

今回は龍のミイラ(実際はテン)とか顔を描いた椰子の実など、深い知識が無くてもおもしろいものがたくさん出品されている。





さて、正倉院展開催期間中にスタンプラリーが行われるそうである。

共催している店で買い物などをするか、指定の場所でスタンプを3つ押してもらうと一回抽選ができる。

ジモピーとしてはお金を出さずともスタンプを押してもらえる場所はわかるのでさっさとスタンプを押してもらって抽選したのだが、結局はずれだった。


正倉院展


でも、せんとくんのポストカードは人気が高いかもしれない。

ちなみに右は国立博物館で買ったせんとくんバッジ(一時期は品切れだったらしい)。





今日という一日が終わり、風呂に入っていてふと思った。

「今日は良いもの見たなあ。」


よくよく考えてみると、全国から正倉院展を見に来ている人がいる、というのに自転車で、しかも優待券で見に来た自分の幸せが身に染みてきた。



正倉院展期間中は国立博物館はもとより、一介の食堂まで列ができることがありますので、時間には充分余裕を持ってお越し下さい。



↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : 地域情報

category:地域情報 イベント
comment(0) | trackback(0)
記事編集
サンタナ 
2008.10.24 Fri 21:40
サンタナ


郡山のインド!?

そういえばシンガポールやニューヨークにもインド人街(=リトルインディア)が存在したが、ついに郡山にもできたのか?



…といってももちろんそんなわけではなく、一軒の店である。

店の名は「サンタナ」。HPを見るとマツケン似のオーナーが道頓堀、芦屋、丹波篠山に次ぐ、第4の店をここ郡山に開いたらしい(マツケン似の写真)。



店内はテーブルが4つとカウンター。そのカウンターのむこうにきれいにスパイスが並んでいる。

写真を大きくしてもらえればわかるのだが、右の方にタンドールの窯があり、ナンはもちろん、チキンやカバブなどもここで焼かれる。

サンタナ


メニューはランチが5種類(500円から1500円)。

ご丁寧にランチでも単品の注文が出来ます、と書いてある。

したがって注文できるメニューは昼でもかなり多い。

ちなみに単品カレーにもナン又はライスが付いてくるので、それなりに定食になる。


サンタナサンタナサンタナ
サンタナサンタナ


私たちはベジタブルセット(日本にどれだけのベジタリアンがいるかはわからないが…)とナンカレーセット(チキンを子どもでも食べられる甘さで)、それに単品メニューから魚のカレー(辛め)を注文。



出てくるまでの間、私はマハラジャビール(キングフィッシャーもある)を飲みながら、地球の歩き方(インド編)を読んでいた。



すると…、

サンタナ


インドにも店持っとるんか!?

やるな、マツケン似…。



まず運ばれてきたのが、子供用チキンカレーのセット。

サンタナ

ゴロゴロとチキンのかたまりが入っている。

辛さもちょうどいい、みたいだ。

焼きたてのナンも香ばしくてGood!!



そして、ベジタブルセット。

野菜のカレーとダール(豆のカレー)の組み合わせ。



その後、魚のカレーが出てきた。

サンタナ

魚は白身のタラか?

スパイシーな味付けでビールもナンもよく進む。



ところで、ここで奈良の(もしかしたらもっと広い範囲で)イ ンド料理の変遷を考察してみたい。


グループ1 
インドに行って感化された人(バックパッカーが多かったりする)が日本に帰ってきてインドカレーを出す喫茶店を開く。
オームスイートオーム(同じ郡山にある) Ganga(木津) ラーガマーラ(ならまち) あしゅーら(ならまち) プレム(新大宮←やっているのか?)など。


グループ2
大きめの店舗でインド人シェフをやとって経営しているレストラン(オーナーは日本人の場合もある)。
タゴール(富雄) アンナプルナ(州見台) ラジスカーナ(近鉄奈良)など。


グループ3
小さな店舗でインドの雰囲気も伝える個人店(っぽい店)。
奈良のインド・MANNA糧(三条通) 生駒のインド・オーティッカ(東生駒) 橿原のインド・プジャ(葛本町)など。


この1,2,3はだいたい時期もこの順番であったりする。 
(あくまでも個人的な感覚ですので、細かいつっこみはしないで下さい)




このサンタナはチェーン店だが明らかにグループ3に入る。


なぜって?それは、

店のテレビでずっとNHKののど自慢が流れていたから…。

これほどインドの雰囲気を伝える店はそう無い。

郡山駅前に野良牛が歩く日もそう遠くないかも知れない。

ぜひ郡山のリトルインディアに一度お越しを。


サンタナ

道がせまいのでお車での通行には注意。


大和郡山市南郡山町212-1
0743-52-6181
12:00~15:00 17:00~22:00
月休 P有 HP


サンタナ



↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : インド料理

category:食べ歩き 奈良市外
comment(5) | trackback(0)
記事編集
三吉 
2008.10.23 Thu 19:29
「いち・に・さぁ~ん!」…と3のつく数字でアホになる芸人がいるが、

この店は3のつく日がサービスデーである。

店の名前は「三吉」。三吉だから3…。 (゜∇ ゜)

わりと単純な発想である。

三吉


近鉄奈良駅前に4月オープンした複合施設「な・ら・ら」の中にこの店はある。

「な・ら・ら」はチェーン店が多いのだが、ここも斑鳩の本店と野田阪神に店舗があり、ここはそれに続く3店目。

ちなみに本店は法隆寺のすぐ近くにあり、国道25号を走っていると馬のオブジェが目を引く店である。





…で、話は戻るがサービスデーである。

この店、3のつく日はビール300円(480円のところ)、飲み放題のドリンクバー100円(200円のところ)となかなかお得なのだが、実はそれ以外の日も毎日がサービスデーなのである。(HP

三吉

そして、写真左下をよく見てほしい。

2000円以上の飲食で500円引き。

しかも、店の前にこのチラシが置いてある。(最初の写真の右下、「営業中」の右)
HPのクーポンはこちら

これなら、始めから500円引いてくれてもいいと思うのだが…。




さらに、こんなサービスもある。

三吉

ポップコーン無料。 (^▽^)




いろいろサービスが楽しい店だが、肝心のお好み焼きは山芋をたっぷり使ったふわっとした食感でなかなかおいしい。

私たちは焼いて持ってきてもらったが、自分で目の前の鉄板で焼くこともできる。



テーブルにはソースが5種類。甘口、辛口、激辛、焼きそば、しょうゆとお好みで。

三吉


私たちはまだお腹があまりすいていなかったので、

(お腹の中にドライカレーがまだ残っていたので ←前ページ参照

お好み焼きは1枚だけにしておいて、あと、豚キムチと一口餃子(2人前)を注文。

三吉三吉

そして、この日が焼酎デーだったこともあって、ビールに続いて「いいちこ」も注文。

これが、380円のところ280円だった。

これも、濃いめの水割りに氷入りとやや複雑な注文にもきっちり応えてもらって、ちょうど良い割合だった。



結局、お好み焼き(豚・イカのモダン)と豚キムチ、餃子二人前。

これに生ビール(中)と焼酎一杯で 2000円ちょっと!!



割引をうまく使うと安いよ~。


奈良市小西町21-1ならら2F
0742-26-5735
11:00~23:00
不定休 P無 HP


三吉




↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : お好み焼き

category:食べ歩き 奈良市
comment(0) | trackback(0)
記事編集
PINOCCHIO 
2008.10.20 Mon 19:27
PINOCCHIO

と書いてピノキオとよむのにはなかなかなじめなかった。
ずっとイタリア語はローマ字と同じように読めばいいと思っていたから。

それならば「PINOCCHIO」は「ピノッチオ」と読まれるはずである。

しかし、いろいろと調べてみるとイタリア語では「cio」は「チオ」、「chio」は「キオ」と発音することが判明。

ということで一件落着。(本当はピノッキオと「ッ」が入るようだが…)


…で今日紹介するお店はここ。

PINOCCHIO(ピノキオ)


JR奈良駅から三条通を歩いて数分、築100年の民家を改装したというカフェ「ピノキオ」。

外見からはわからないが、中に入って天井を見れば太い梁がむき出しに見えて元が古民家だったことがよくわかる。



店を始められてすでに40年を過ぎたとのこと。

確かに私も子どものときからここにあったことをうっすらとではあるが記憶している。

PINOCCHIO(ピノキオ)


店に入るとにこやかな店員さんから喫煙席か禁煙席か聞かれて(うちの家族は禁煙席)席に案内される。


案内された窓際の席は三条通の往来がよく見える。


土曜の朝だというのにけっこう人が歩いている。
見るからにビジネスマン、観光客、外人さん…、そんな様子を見ていると飽きない。

PINOCCHIO(ピノキオ)




さて、注文はどうするかということで、

ここで恒例(勝手に)の全メニューを一挙紹介!

PINOCCHIO(ピノキオ)PINOCCHIO(ピノキオ)PINOCCHIO(ピノキオ)
PINOCCHIO(ピノキオ)PINOCCHIO(ピノキオ)PINOCCHIO(ピノキオ)





とりあえず子どもにミックスサンドのモーニング(399円)を注文。

ドリンクはオレンジジュースで。


PINOCCHIO(ピノキオ)

具は卵とハムとレタス。

パンも軽く焼いてあってなかなかおいしい。



嫁さんは「喫茶店なら定番の」と前置きをして、

PINOCCHIO(ピノキオ)

ドライカレー(ウスターソース付き)。


ちなみにここ、朝の時間帯でもモーニング以外のレギュラーメニューを注文することができる。

ただし、前に行ったときは「ご飯が炊けていないので」とライスを使わない料理限定であったり、今日も「パスタ以外で」(たぶん茹でるためのお湯がまだ用意できていなかったのだろう)と若干制約があったりする。



私はこの日は朝が早く、お腹もすいていたので、カツカレーオムライスを注文。

朝からまたヘビーなものを…との声が聞こえてきそうだが、この店のオムライスはなかなかイケてるのだ。


PINOCCHIO(ピノキオ)


しか~し!



一口食べてみると…、

PINOCCHIO(ピノキオ)


薄焼き卵の下から出てきたのは、

ドライカレー!  ( ̄□ ̄;)





確認のため、卵をはがしてカツとルーをよけてみると…。

PINOCCHIO(ピノキオ)


完璧にドライカレー。(・・,)


割とボリュームもある2つのドライカレー。

みんなで食べ終わったときはお腹いっぱいになっていた。

胃袋がドライカレーでいっぱい。


店員さんもきっと、

「この家族、ドライカレー好きやねんなあ~。」

と心の中で思っていたことだろう。



美味しいドライカレーを食べにぜひお越し下さい。


PINOCCHIO(ピノキオ)
奈良市下三条町24
0742-22-4215
8:00~21:30
木休(祝営業)P無 


ピノキオ



↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : Cafe モーニング オムライス

category:食べ歩き 奈良市
comment(0) | trackback(0)
記事編集
CAFE BARDOT (カフェばるどー) 
2008.10.18 Sat 14:39
奈良女子大の北側、閑静な住宅街。

最近は奈良きたまちとして売り出し中の地域。


CAFE BARDOT (カフェばるどー)


しかし、元興寺あたりの「本家ならまち」とは店の数などでは大きな差がある。


そんな中、フランスの国旗を掲げる店がある。



CAFE BARDOT (カフェばるどー)


どう見たって普通の家。

しかし、ならまちにもフランスの国旗を掲げる町屋フレンチの店もあるのだから…と期待はふくらむ。



ここが今日ご紹介する店、CAFE BARDOT (カフェばるどー) である。

CAFE BARDOT (カフェばるどー)


中に入るとフランスのアンティークの食器やアクセサリー、服などがディスプレイに飾られており、販売もしている。


後で聞いた話だが、これらは店主であるお母さんのパリに住んでいる娘さんから定期的に送られてくるものだそう。


う~ん、おされ~。


CAFE BARDOT (カフェばるどー)


これはランチの方も期待できそうだ~。



ということで早速メニューを見てみた。


CAFE BARDOT (カフェばるどー)CAFE BARDOT (カフェばるどー)






えっ!?




CAFE BARDOT (カフェばるどー)


ナポリタンに和風に中華にカレー?

フランスのの字もないんですけど… (/--)/



それでも、紫色の髪の毛をしたイカしたおばちゃんが言うには、ここのナポリタンは自分が一番美味しいと思っていた店の味をそのまま教えてもらって再現しているとのこと。



それではと注文してみた。




…で、出てきたのがこれ。

CAFE BARDOT (カフェばるどー)

昔ながらのナポリタンとうたうだけあって、当然のように 粉チーズとタバスコ が付いてくる。


一口食べてみると…。





うまい  ψ('ー'*)




玉ねぎとかピーマンとかハムとか、ケチャップとか…。

今どきのイタリア料理の店はもちろんのこと、こじゃれたカフェなら絶対にない懐かしい味だ。




続いて出てきたのがこれ。

CAFE BARDOT (カフェばるどー)

チキンライス…。


できれば、もうちょっとがんばって卵でくるんでほしい気もするが、ご飯も冷やご飯を使ってけっこうな味に仕上げてある。

このおばちゃん、なかなか(家庭)料理の実力はありそうだ。



それにしても、改装もしているのかしていないのかというぐらい普通の家っぽい内装、ナポリタン、炒飯、フランス雑貨…。



ちなみに内装はこんな感じ。

CAFE BARDOT (カフェばるどー)

目指しているものが何か全くわからない。
ヽ('ー`)ノ



まあ、しかし、本編でも紹介した醤油アイスクリームもあるし、ゆっくりとした時間を過ごすにはいいカフェだと思う。

とにかく一度行ってみて出来れば感想をいただければ…と思っている。


ちなみにばるどーという店の名前はかのブリジッド・バルドーから来ているのだろうと尋ねてみると、
「娘が決めたから、よくわかならい」とそっけない返事。 \(- -;) 




CAFE BARDOT (カフェばるどー)
奈良市西笹鉾24
0742-26-5311
11:30~19:00
水木休 P有
HP


カフェばるどー











↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : Cafe ケーキ・スイーツ

category:食べ歩き 奈良市
comment(0) | trackback(0)
記事編集
海鮮居酒屋 山口水産 
2008.10.07 Tue 18:11
海は~よぉぉぉ~ 海は~よぉぉぉ~ 
でっかい海は~よぉぉぉ~ ♪


山口水産

…って、今にも鳥羽一郎がはちまきを締めて現れそうなこの店は、9月18日にオープンしたばかりの「山口水産」という海鮮居酒屋。



時をさかのぼること7月。もちいどの商店街「いそかわ」跡地に「フレッシュマート オーケスト」が開店した。

そのときのイベントでまぐろの解体をしていた魚屋さんが「山口水産」。

山口水産


その「山口水産」直営の店がこの「山口水産」なのだ。

何とストレートなネーミング…  ヾ(ーー )


昼の献立は

まぐろ丼
焼き魚定食
天とじ丼(以上550円)
造り盛り定食
海鮮丼(以上650円)


とシンプルな構成。

山口水産

定食はもちろんのこと、丼にも一品、香の物、おかわり自由の漁師汁が付いてくる。

私たちはこの中から海鮮丼と天とじ丼と焼き魚定食を注文。


すると、1分ほどで焼き魚定食登場。

焼いてあったな。 (-_-~)

山口水産


それからしばらくして、天とじ丼が運ばれてきた(さすがにこれは注文してから作った模様)。

この店漁師汁とともにご飯のお代わりも自由である。
これはしっかり食べたい人には嬉しいサービス。


もちろん天とじ丼にもご飯が付いてくる…。

山口水産

えっ?天とじ丼をおかずにご飯を食べるのですか?

…とはお店のミスで、本当はご飯は付いておりません。 m(_ _)m


魚屋直営の店だけあってお造りが美味しいのは当然ではあるが、この天とじ丼も卵がとろとろでなかなかおいしい。海老天(2尾)もかなり大きめ。

魚のアラやアサリの出汁が効いた漁師汁もうまいし、550円でお腹も一杯になる。
ちなみに漁師汁は+50円でうどんに変更できる。

山口水産

魚屋直営の店といえば大宮町の「大奈加」などがあるが、近奈良周辺にはあまりなかった。

安くて、早くて、うまい。

なかなか、いい店の登場である。


山口水産 

奈良市餅飯殿町41
0742-26-0325
11:30~14:00 17:00~翌0:00
P無 定休日教えて下さい


山口水産




↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : 海鮮丼

category:食べ歩き 奈良市
comment(1) | trackback(0)
記事編集