何でも食べたい、食べてみたい、美味しいもの、珍しいもの、いろいろ食べた記録。+気になっているもの。
白浜旅行~嘆きの千畳敷~ 
2008.12.31 Wed 12:03
千畳敷は第三紀(6500万年前から165万年前までの時代)層の砂岩からなる。

波や風の浸食で作られた複雑な地形は自然が造った芸術といえる。

千畳敷

しかし、元々が砂岩なだけに心ない人間による落書きが絶えない。



ほとんどがここに来た記念に自分の名前やニックネームを彫ったもの。

また、カップルが永遠の愛を誓うのかどうか、そもそも永遠の愛というものがあるのかどうか、相合い傘を彫っているが、今頃別れてるんじゃないかと思われるようなもの多いが、中にはオッと目を引くものがある。



例えばこれ。

千畳敷


マイ♥さやか



…て、女同士だと思うのですが。 (^◇^ ;)


まあ、愛情の形は自由であって他人がとやかく言うことではないのだが、

千畳敷

サンドラ♥ルイ

となると気になり度は高くなる。



サンドラといえばサンディと愛称で呼ばれる女性の名前である。

ルイも普通考えれば女性の名前っぽいが、山田ルイ53世の例もあるように男性の可能性もなくはない。



サンドラとルイ、一度お会いしてみたいカップルである。



次はこれ。

千畳敷

バラ一家 (-_-)ゞ゛

何を言いたいんだか…。



ちなみにゴオグルで調べてみたが(ナイツか!)バラ一家はなかった。

ちなみに「一」が漢字の一でなくて、伸ばす棒「ー」かもしれないとバラー家でググったがこれもなかった。



謎である。




最後はこれ。

千畳敷

日本まで来て落書きするんじゃない!

もし、日本人が逆のことをしたら大騒ぎになることだろう。



とにかく、日本人であろうと、外国人であろうと、宇宙人であろうと落書きは犯罪なので、絶対にやめてもらいたいと思う今日この頃である。

千畳敷

ダメ。ゼッタイ。


今年も後わずか。2月から始めたブログも記事が152になりました。12月からはブログランキングに参加して、一時は9位にまで上がる大善戦。今は20位台に落ち着いていますが、もし読んでいただいておもしろかったと思っていただければ、元気づけにクリックしていただければうれしいです。
人気ブログランキングへ

↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

タグ : 旅行

category:旅行 おでかけ
comment(0) | trackback(0)
記事編集
ベビーフェイス~大きなオムライスと布袋さん~ 
2008.12.30 Tue 21:44
ベビフェがテレビに映っていた。

探偵ナイトスクープの、しかも小ネタ集である。

長原成樹探偵がやってきて、店の前の布袋さんが前を通るたびに顔がずっとついてくるというネタを紹介していた。

早速、見に行ってみた。その写真がこれ。

ベビーフェイスベビーフェイスベビーフェイス

上下左右 どこにいてもこっちを向いている風に見える。



ほう~。

だから、何なんだ…。そういえば白浜のエネルギーランドにも似たようなものがあったな。

白浜エネルギーランド白浜エネルギーランド
白浜エネルギーランドにあったずっとこっちを見ている顔




…と少しだけ感動しつつ店に入り、席に着いた。

わりと奥の方に通されると、窓からはきれいな大淵池の風景が広がっていた。

ベビーフェイス



メニューを見るとけっこう種類が多い。

ランチメニューもあるし、夜向けの一品も注文することが出来る。

パフェなどのスイーツも多いし、パーティメニューもある。

ベビーフェイスベビーフェイスベビーフェイス
ベビーフェイスベビーフェイスベビーフェイス
ベビーフェイスベビーフェイスベビーフェイス


その中から、とりあえずベビフェといえばオムライスということで、一番人気の 「ふわふわ帽子のオムライス(レギュラーサイズ980円)」 に決定。



サイズは普通サイズが2~3人前。(←これベビフェの常識 らしい ←メニューにそう書いてある

これに量を減らしたSサイズが -110円、セレブサイズが -160円。 逆に量を増やした相撲レスラーサイズが +420円。

セレブと相撲レスラーが同じ土俵に立つのもどうかと思う。




そしてどーんとやってきたオムライスがこれ。

ベビーフェイス



そうか!

ふわふわ帽子というのは実際の帽子サイズ

ということだったのか。

…と少し感慨にふけりながらみんなで食べたのである。




その他、アラカルトからトムヤムクンを頼んで、プリックファーに 辛~、となったりしながらのランチであった。

ベビーフェイス


最近どんどん新しい店舗を出しているので、宝くじが当たったという噂もあるが、これはおそらく都市伝説だろうが…。

少し前には、かの名画 「カサブランカ」 で使われたピアノがここにあった。(真偽はともかく、思ったよりも小さめの緑っぽいピアノをここで見たことがある。)



大きなオムライスと布袋さんを見においで下さい。


ベビーフェイス
奈良市登美ケ丘2丁目1-44
0742-47-6008
無休 P有


ベビーフェイス

 


↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : Cafe オムライス

category:食べ歩き 奈良市
comment(0) | trackback(0)
記事編集
白浜旅行~三楽荘~ 
2008.12.29 Mon 21:06
白浜旅行の計画が始まったとき、一番重要だったのが旅館である。

今回の旅はおじいちゃん(私の父)のお姉さん(おばさん)があまり家から出なくなったので、外に連れ出すと同時にゆっくりと楽しんでもらおうというのが始まりで企画された。


旅館を決めるに当たっての条件は、まず


料理が美味しいこと。 金トロフィー

こう書くと、まるで自分の条件を最優先させているみたいだが、自分が企画するのだから当然である。



いや、しかし私を弁護するために言っておくが、歳をとると美味しいものをちょっと食べたくなるものである。

これは 年齢に比例する美味しいものちょっとの法則 として教科書にも載っている。 (ウソ)


4年前に白浜に行ったときは食泊分離、素泊まりで食事は別の店にしたのだが(白浜海鮮紀行参照)、今回は部屋食がよかろうという結論になった。

そこでインターネットのヤホオなどで調べて(ナイツか!)決定したのが、「三楽荘」という旅館。

三楽荘


予約のときからメールのやりとりも親切で、子どもや年寄りもいるので料理も4人分で良いといった要望も快く受けていただき、2部屋続き、部屋食などこちらの条件にもぴったりの提案をしていただいた。

ということで、「味覚の贈り物プラン」 1泊一人 18900円に決定。

白良浜やエネルギーランドが徒歩圏というのもプラス査定。




部屋はすべてオーシャンビューということで窓からは白良浜が一望できる。

三楽荘

さて、風呂を出て、一番の楽しみは夕食である。

…といっても風呂が良くないという意味ではない。回転寿司のようにぐるぐる回る風呂では息子が喜んで泳いでいたし、壷風呂では旅サラダのみやちゃんのようにどっぷり浸かってみたりもした。




さて、出てきた料理を献立とともに載せておこう。

三楽荘三楽荘三楽荘
三楽荘三楽荘三楽荘


食前酒  紀州の梅酒
前菜   季節の山海の珍味
造里   本鮪トロ・生ウニ・太刀魚焼霜・あおり烏賊・車海老
焼物   鮑の踊り焼き
煮物   めばるの煮付
お凌ぎ  紀州手毬寿司 三種
強肴   和風ビーフシチュー

前菜の畳鰯でパリッとした食感を楽しみ、大トロは口でとろけ、あわびにはかわいそうなことをしたが、バターとレモンで美味しかった。

熱い熱いと体をくねらせながら、焼かれていくあわびは一口いただくと かまぼこのように 柔らかく、あわびは硬いものだという印象を払拭してくれた。

三楽荘三楽荘三楽荘
三楽荘三楽荘三楽荘


蒸物   海鮮温泉蒸し
温物   紀州梅の茶碗蒸し
座付   季節物
止椀   赤出汁
御飯   季節の釜飯
香物   三種盛
水菓子  季節物
最後の2枚は朝食のバイキング。和歌山の名産の梅干や金山寺味噌など。

温泉蒸しは紀州のクエ。蒸すという調理法は初めてだったが、ゼラチンがとろっとして美味しかった。




ところで私は初めての部屋食というものを体験したのだが、アルコールに関してはけっこうアバウトなのね。

もちろん、ハナから何も頼まないというのは気が引けるので最初にビールを一本注文したが、「冷蔵庫から自由にお取り下さい」と言われただけ。

その後は普通に家から持ってきた泡盛を水割りにしたり、お湯割りにしたりして飲んでいたが、特に何か言われることはなかった。



酒飲みにとってはアルコール代はけっこう気になるものである。この旅館だと中瓶ビールが一本740円もするから、がぶがぶ飲んでいたら、それこそ料理の代金に近くなってしまう。

しかし、部屋食ならそのあたりが見て見ぬふり?それとも堂々とOKなのか… 謎はつきないが、とにかく、

部屋食バンザイ!!  なのである。





さすがだ、やるときはやる、

すごいぞ!オレ。

と、ここを選んだ自分を誉めたたえながら、ゆっくりと白浜の夜は更けていったのである。




白浜温泉 ホテル三楽荘


和歌山県西牟婁郡白浜町3008  
0739-43-1111 FAX.0739-42-4798
P有 HP

ホテル三楽荘



↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

タグ : 旅行

category:旅行 おでかけ
comment(1) | trackback(0)
記事編集
白浜旅行~エネルギーランド・白砂のプロムナード 
2008.12.28 Sun 17:01
猫を見学した後、まっすぐ白浜の旅館に向かったのだが、時間が少し早かったので、チェックインの前に白浜を少し観光した。



まず、行ったのが旅館から歩いていける「エネルギーランド」というテーマパーク。

観光情報などを見ると、かの「アドベンチャーワールド」と肩を並べる白浜2大テーマパークのように謳われているが…。




かなり差がある…と思われ。




そこで、Kinki Kidsに会ったり、

白浜エネルギーランド





これは、オカルトですか?

…と思わせるような展示物とも出会ったが、

白浜エネルギーランド


全体として、錯覚や科学の不思議みたいなものがテーマとなっていて、特に息子が喜んだ。





そのあと白良浜に行くとちょうど5時で、「白砂のプロムナード」のスイッチが入った。


これは、「神戸のルミナリエをそのまま縮小して白浜に持ってきました」といった風のイベントで、東京ミレナリオは神戸の復興の象徴であるルミナリエを真似をしたと批判を浴びたが、ここは規模が小さくて助かりましたというムードが漂っていた。


白砂のプロムナード白砂のプロムナード
白砂のプロムナード白砂のプロムナード


それでも、やはりイルミネーションはなかなか美しかったので、しばらく散策した。

カップルもたくさん見に来ていて、家族連れの私たちですら、気が引けたので、それならばと男同士で見に来ている勇者はいないかと探したが、やはりいなかった。




まあ、そんなこんなでホテルに戻ってこれから夕食というところで、今日は終わりである。

私たちが泊まった「三楽荘」での夕食やいろいろに関してはまた明日レポートしたいと思う。



白浜エネルギーランド



↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

タグ : 旅行

category:旅行 おでかけ
comment(0) | trackback(0)
記事編集
丸亀製麺~押すな、おばちゃん~ 
2008.12.27 Sat 15:54
書籍「恐るべきさぬきうどん」、映画「UDON」などのブームに乗って、セルフうどんの店が全国各地にオープンした。

いち早くブームに乗った「はなまるうどん」やUDONの中の架空の製麺所の名前をそのまま取った「松井製麺所」などバラエティにとんだ店ができる中、最近勢いを増しているのが、今日紹介する「丸亀製麺」である。


現在奈良県内に7店舗。


一番最近に出来た「奈良店」に行ってきた。

丸亀製麺

駐車場に車を停めて入り口から店内に入るとすぐに見えるのが、小麦粉の袋と麺を作る機械。

実際、そこではおばちゃんがどんどん麺を打っている。

HPを見ると「打ちたて、茹でたて」と書いてあるから、本当に打っているのだろうが、わざわざ入り口でしているのは どう考えても演出くさいぞ。

丸亀製麺



トレイをもらってまずはうどん注文コーナーへ。

このあたりの流れはまったくもって学食のよう。

ここでまずは自分の好みのうどんを言う。

丸亀製麺

私は基本の釜揚げうどんを嫁さんと息子はとろろぶっかけうどん(冷)を娘は明太釜玉うどんをそれぞれ注文。



メニューは思っていたよりも少なくて、その他には、ざる、ぶっかけ、釜玉、おろし、かけなどがあるだけである。

ただ、それぞれ麺の量やメニューによっては温・冷が選べるようになっている。

丸亀製麺

注文したところから直角に曲がったところでできあがったうどんを受け取る。

そこで天ぷらやいなり、おにぎりなどの追加メニューを取る。

私は野菜かき揚げと高菜おにぎり取った。




それにしても後ろのおばちゃんがぐいぐい急かしてくる

「前にも人いるねんから、そんなに間、つめんでも…」

丸亀製麺


…と思いつつ後ろを見たら、小二の息子が調子よく天ぷらを取っていた。 (゜▽゜;)

いか天、さつまいも天、海老天2本、おにぎり…。

お前は、バイキングで取りすぎるタイプか!

ちょっと目を離したすきに…。


丸亀製麺


その後、レジで支払いを済ませ、無料の天かすとネギを入れて…。



「おばちゃん、押すなって!」



疲れた… C= (-。- )




…が、初めてのことで、こちらもうまく流れに乗れていなかったことも認めるところだ。

本場 香川ではもっと高度な技が要求されるであろう。

地方のチェーン店ですらこんなことでは、うどんツアーなどおこがましい (別にツアーを計画しているわけではないが、いつか行きたいと思っている)。

もっと鍛えてレベルを上げなければならない。


丸亀製麺丸亀製麺
丸亀製麺丸亀製麺

やっとのことで席についてうどんを食べることができた。



うどんは評判通りモチモチした食感で安くても充分うまい。

特に冷たいうどんのコシが印象的であった。

嫁さんは「冷たいうどんの方が当たり」と言っていたが、好みの問題もあろう。

しっかりしたコシを望むなら絶対に冷がおすすめである。



結局息子が取った天ぷらもみんなで手分けして食べて、お腹いっぱいになった。




おばちゃんの ぐいぐいに負けないようイメージトレーニングを重ね、また挑戦しに来ることにしよう。

それまで、待ってろよ、セルフうどん。


丸亀製麺
奈良市古市町1322
0742-64-1308
11:00~21:30
無休 P有 HP


丸亀製麺(奈良店)



↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : うどん

category:食べ歩き 奈良市
comment(2) | trackback(0)
記事編集
白浜旅行~たま駅長~ 
2008.12.26 Fri 18:05
みなさん、猫が駅長を勤めている駅があるということをご存じだろうか。

駅長といえば会社でいう社長、学校でいう校長のような役職で、駅の管理・運営、他の駅や地元商店街などとの折衝・会議などを行う重要なポストである。

そんな重要な仕事を猫に任せてしまってよいものだろうか。

すごく疑問を感じたので見に行ってみた。




場所は紀の川市の和歌山電鐵貴志川線貴志駅。

貴志駅 たま駅長


駅長の名前は「たま」という。

そして、実際に見るまで知らなかったのだが、助役の「ミーコ」「チビ」という猫もいた。


後で調べたのだがミーコはたまの母、チビは同居人らしい。

貴志駅 たま駅長

私たちが行ったときは3匹ともペット用のほかほかカーペットの上で寝ていた。

駅長が昼間から寝ていてどうする。

駅長なら助役が寝ているのを注意して、仕事するように促すべきであろう。

一緒になって寝ていては駅長の仕事にはならんと思うのだが。



私はしばらくこの3匹の猫を観察してみたが、いっこうに仕事をする様子は見られなかった。

貴志駅 たま駅長


こうなると次に考えられるのは、駅長が猫というのは実は表向きのダミーで、駅長の仕事をする人間が陰にいるのではないかという疑問だ。


事実、この貴志駅は元々無人駅で駅長というポストもなかった(いくつかの駅をまとめて管理する人はいるだろうが)のだから、駅長が 猫であろうとナマケモノであろうと問題ない。


となると話は見えてくる。猫が駅長になったのは和歌山電鐵の社員から採用されたのではなく、人間のアイデアだということだ。(始めっからそうだ)


実際、たまが駅長に就任した直後、乗客数は約17%増加したというし、グッズの売り上げなども含めると経済効果は計り知れない(11億円という試算もある)。


貴志駅 たま駅長


報酬がキャットフード1年分では安すぎると思う。

代理人を立てて移籍をちらつかせながら交渉すると、キャットフードはモンプチのみとか、移動はファーストクラスでとか、出来高払い5000万とか、さらに条件をアップさせることができるのではないか。



本日の結論。

たまは駅長であるが、客を招くという猫本来の仕事のみ行っている。ただし、その働きは人間以上である。


名称未入力


↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

タグ : 旅行

category:旅行 おでかけ
comment(0) | trackback(0)
記事編集
白浜旅行~正善編~ 
2008.12.25 Thu 23:40
お疲れ様~!

ただいま、奈良に帰ってきたよ~。




12月24日、25日、クリスマスイブからクリスマスにかけて、家族+おじいちゃん+おじいちゃんのお姉さんと6人で白浜に旅行に行ってきた。

「お前 この忙しい年末に、何、お気楽なことやっとんじゃ~。」という皆さんの声にお答えして、詳細をご報告したいと思う。

朝8時 奈良出発。堺のおばちゃん宅 9時半発。和歌山ラーメン「正善」12時前着。

正善


看板にわざわざ「まさよし」と書いてあるのは違う読み方をする人が多かったからだろう。
しょうぜん、まさぜん、しょうよし…。



ちなみに、このお店、和歌山ラーメンを全国区に知らしめた「井手商店」の分家でいとこがである主人が独立して開いた店だそう。

この主人の名前が「正善」という。





かどうかは、知らない。



場所は阪和自動車道、和歌山インターを降りて少し北にあるが、道は他府県民にとってはややこしいので地図を出しておいた方が良い。



メニューはシンプルで、基本のスープは豚骨醤油の1種類のみ。

トッピングに生卵を入れるかどうか、チャーシューを多くすれば特中華そば、後 大盛りがあるよ といったラインナップ。

正善


サイドメニューとして、サバ早寿司や海苔巻きといったメニューがある。

和歌山ラーメンの店との特徴である。



壁にはここを訪れた有名人たちのサインが飾られているが、中でも特に目を引いたのはこの人のサイン。


正善


安倍晋三 元総理大臣。


この日付けは内閣官房長官になる直前である。

「真実一路」 とはとてもいい言葉だと思うが、この後の氏の人生を考えるとあまり深くはコメントしないで方がよかろう。


正善


テーブルにはサバ早寿司と海苔巻き。そして、ゆで卵が置いてあって、自由に取って食べるようになっている。

(もちろん後で自己申告をして精算するのであるが。)

今回はサバ早寿司をいただいた。




そしてやってきた中華そば(写真は特中華そば)。

正善


普通の中華そばにチャーシューを多めにしたいわゆるチャーシューメンである。

豚骨醤油のスープはこってりしているが、コクがあってさすが和歌山ラーメンの人気店という感じでまろやか。



麺は細めのストレート。

チャーシューやメンマなどの具もバランス良く盛りつけられており、なかなかうまい。

今回の旅行の一発目の目的地がこの昼ご飯だったが、大満足であった。





この後、いろんなところへ行って、いろんなことをするのだが、これは旅行をしているのであって、当然である。

そんなことをブログに書いても、行ってもない人間はおもしろくないだろう。

それでも、何かの参考になれば、または自己満足のために書きたいと思うので、よろしくおつき合いください。 (^o^)ゞ



正善
和歌山市直川612-1
0734-61-1739
11:00~22:00
木・第3水休 P有


正善


↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

タグ : ラーメン 旅行

category:食べ歩き 奈良県外
comment(2) | trackback(0)
記事編集
ならならのお弁当 
2008.12.24 Wed 21:37
県をあげて「奈良のうまいもの」を作ろうという活動があるのをご存じだろうか。

平城遷都1300年に向けて、食の面から奈良をアピールできる料理を創造しようというこの企画。

とってもいいと思うのです。
桜




ところで、4~5年前になるが、この「奈良のうまいもの」を企画するというところから協力を依頼するメールが来た。

私も「奈良にはもっともっとおいしいものがいっぱいあるよ。」というメッセージを発信するためのサイトを運営しているので、「できることならします。」と返事をしたのだが、その後 来たメールには、住所、氏名はもちろんのこと、年齢、職業、家族構成、好きな女性のタイプまで聞くような内容が書かれていた。

そこまで必要かと思ったので、その旨を書いて返信すると、その後 全く なしのつぶてだった。

今から思うと怪しい輩(やから)のメールだった可能性が高い。




まあ、そんなこともあってこの活動には注視していたのだが、今回奈良の食材を使った弁当が発売されるというニュースが入ってきた。

その名も ならならのお弁当。

ならならのお弁当ならならのお弁当

…ってnaranaraは私のハンドルネームではないか。

特許は取っていないが、8年も前から「奈良グルメ図鑑」などで使っていて、ごく一部の読者からは熱烈な支持を受けていると勝手に思っているのである。

電話一本もないのはどういうことか。




今回、女子大生が企画に参加しているということだが、実は4年ほど前、奈良女子大の卒業生が奈良漬けを入れた豚まんの店を三条通にオープンさせ、その店の名前が naranaraだったときも、メールをくれて、「naranaraさん、同じ名前ですが、よろしく ハート」みたいな感じで、けっこう うれしかったのである。

nara☆nara
↑今は残念ながら閉められたnara☆naraの豚まん



こう書くと私が女子大生という言葉に弱いと思われるかもしれないが、そんなことはたぶんない。


誤解のないように書いておくが、あくまでも、純粋に味を確認するために買ってみた。


ならならのお弁当


・大和まなの菜飯
(特産品料理・奈良県産農産物を使用)
・鮭混ぜ飯
・星型の薄焼き卵
・鶏ささみカツ
・肉じゃが(御所片上醤油を使用)
・豚の生姜焼(御所片上醤油を使用)
・大和まなの煮浸し(郷土・特産品料理・奈良県産特産物を使用)
・大根となすの田楽
(郷土料理・奈良県産農産物を使用)
・かぼちゃとさつまいものきんとん風
・わさび海苔(野迫川村沢わさびを使用)
・きんぴら


とにかく奈良三昧。

子どもが「魚あんまり入ってないね。」と言ったときは思わずツッコミを入れたが、全体的に味もコストパフォーマンスもなかなか良かったと思う。



県内のセブンイレブン、イトーヨーカドーで絶賛発売中です。


↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : 地域情報

category:地域情報 イベント
comment(0) | trackback(0)
記事編集
CAFE Luce~ポストから83歩~ 
2008.12.23 Tue 17:37
近鉄奈良駅から東向北商店街を北へ進んでいった突き当たりにこんな看板がある。

CAFE Luce

ポストからCAFEまで83歩。

こんなものを見つけるとやってみたくなる性分である。



足    足    足    足    足



すると…。

驚いた!本当に83歩だったのである。


CAFE Luce


…ということは、ここのマスターと私の歩幅が同じということで、これにはとても親近感を覚えた。



しかし、実は歩幅などに関係なく、本当に知り合いなのである。



この店の人気商品にシフォンケーキがあるが、この作り方を伝授したのが義妹のさとばあなのだ。

さとばあについてはもう一つのブログ、naranaraの今年はどこ行く 何食べる のニューヨーク編を読んでもらった方が早いので、ここでは特に説明しない。

いや特に説明しなくても、義妹とLuceのマスターが同じ店で働いていたということさえ書けば説明はいらない。



壁にはシフォンケーキなどデザートのメニューが掛かっている。

CAFE Luce CAFE Luce


この中から今回はブルーベリーのシフォンケーキを注文した。

ふわふわの生地にたっぷりの生クリーム、甘酸っぱいブルーベリーの三位一体。

「三位一体とは父と子と聖霊が一体である」というのは高校の倫社の時間に習ったけど、全く意味不明だった。

「父なる神」と「ロゴス (λόγος) である子なるイエス・キリスト」と「聖霊」の3つが、皆尊さが等しく、神は固有の三つの位格(自立存在: 希 υπόστασις (hypostasis), 羅 persona)でありながら、実体(希 ουσία (ousia), 羅 substantia)は同一であるという意味。なお聖霊について、正教会に属する日本ハリストス正教会では「聖霊」ではなく、「聖神(せいしん)」を訳語として採用している。(Wikipedia)


今読んでもやはり なんのこっちゃ、意味不明なので深追いはしないことにする。

このように簡単に話がそれるこのブログもまた、なんのこっちゃ なので、話をシフォンケーキに戻したいのだが、私は甘いものが苦手でほとんど食べないから、味の表現に限界があり、ここら辺で終わりにしたい。



終わりにしようと思ったのだが、これでは読んでいる人も納得がいかないと思うので、食べ物も一つ紹介しておきたい。

CAFE Luce CAFE Luce

左の写真がこの店の人気メニューベスト5で、右の写真がしそとキノコの和風明太スパゲティである。

なぜ、ベスト5の中から選ばなかったかというと娘が明太子大好きだからということで仕方がない。



カフェだから本格的なイタリア料理ではないのだが、バランスの良い味に仕上がっている。

これ以外にもフードメニューも充実しているので、ここでパーティをする女子大生も多いと聞く。こっそりまぎれ込んでみたい。


また、話がそれていきそうなので今度こそ終わり。



CAFE Luce
奈良市坊屋敷町42番地石原ビル1F
0742-26-4170
11:30~22:00
無休 P有


CAFE Luce


↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : Cafe ケーキ・スイーツ

category:食べ歩き 奈良市
comment(0) | trackback(0)
記事編集