何でも食べたい、食べてみたい、美味しいもの、珍しいもの、いろいろ食べた記録。+気になっているもの。
スポンサーサイト 
--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




category:スポンサー広告
comment -- | trackback --
記事編集
うまい店100選・奈良~待ってました!!~ 
2009.09.28 Mon 21:28

ついに出ました~!

あまから手帖のうまい店100選の奈良版。

うまい店100選・奈良(あまから手帖)



もう一度言うが、“奈良” である。

今回の発売に関して、奈良県民を代表致しましてまことに感謝感激雨あられ、クリエテ関西さんありがとうである。

しかも、大阪・京都・神戸に続いて、滋賀でなく、和歌山でもなく、 奈良であったことにちょっとだけ誇らしげなのは、栃木県民が群馬県をライバル視している心理と近いものがあるだろう。


ごめんね、ごめんね~。



さらに啓林堂で予約して買った場合、記念品がもらえるとのことであったが、それはこれ。

うまい店100選・奈良(あまから手帖)


北極星監修によるオムライス好きのケチャップ。



さて、100選というからには100軒の店が掲載されている。実際数えてみたらやはり100軒であった。(←当然)

この中で自分が行ったことのある店を数えてみたら、65店であった (もちろん、もう10年ぐらい行っていない店やランチしか行ってない居酒屋などもあるが・・・)。さらに本編(奈良グルメ図鑑)で載せてある店は、62店。

もうちょっと多いかと思っていたが、行けていない35店のほとんどが橿原や吉野、宇陀といったところで地域的な理由が大きいようだ。それと、夜だけの店。橿原で夜だけの肉かっぽうとなるとハードルは高い。


うまい店100選・奈良(あまから手帖)


それでもせんとくんに、待ってるよ。といわれた日には、少しずつでもお店にうかがってその味をいただいてみたいと思う。

また、本編共々、新しい情報をお届けしていけるよう堅忍不抜の精神で精進していく所存でございます。 










とか言って~。(by姫ちゃん)


奈良うまい店100選 ←送料無料で届きます。クリック。


↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




スポンサーサイト

テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : 地域情報

category:地域情報 イベント
comment(2) | trackback(0)
記事編集
くくる~西大寺駅ナカをレポートします~ 
2009.09.27 Sun 17:53

西大寺の駅ナカに今月OPENした「Time’s Place Saidaiji(タイムズプレイス・西大寺)」。新しくできたものは取材せよ、「ラジャー」ということで行ってきた。

奈良ファの駐車場に車を停めて駅に向かうと、改札のところに駅員さんが立っていた。駅ナカへの入り方を聞いてみると、入場券をくれた。ナカで1500円以上使うと入場料はタダになるとのこと。

「Time’s Place Saidaiji(タイムズプレイス サイダイジ)」


では、早速取材を敢行すべく潜入してみることにする。

階段を上がり、いよいよ伊代ちゃん16歳、 ヾ(_ _。)  現場にやってくると、

ものすごい人、人、人・・・。

「Time’s Place Saidaiji(タイムズプレイス サイダイジ)」


奈良市の人口の半分ぐらいは来ているのではないか。

・・・というのは大げさにしても、初日のレジ利用者が17000人というのはけっこうな数字である。



さて、ショッピングモールには成城石井など26の店が入ったが、その中で飲食店、または食料品を扱う店がなんと23店もある。(私のサイトに載せている店がそのうち13店)

ちょうどランチの時間帯だったので、私たちはたこ焼きでも食べようということになった。

「Time’s Place Saidaiji(タイムズプレイス サイダイジ)」


しかし、ここも超満員、行列が出来ている・・・、
とはいえ、テイクアウトとイートインの列があり、イートインの方は 今食べている人が食べ終われば座れる といった状態だったので列に並ぶことにした。

待っている間、電車が見えるデッキを見に行ったが、私はてっちゃんといえば牛の腸、てつこといえば黒柳徹子を思い浮かべるぐらい、鉄道ファンではないので、まったくどうでもよかった。

しかし、好きな人にはたまらないのだろう。けっこう多くの人がここに来て、ガラス越しにカメラを向けていた。

「Time’s Place Saidaiji(タイムズプレイス サイダイジ)」
私も鉄ちゃんではないが写真を撮ってみた。












その後、成城石井を見たり、ぐるっとまわってみたが、結局席が空いたのは40分後であった。

実は私たちの前に並んでいた3人は8人組のうちの3人で、先に座っていた5人は後の3人が席に着くまで注文せずに待っていたのである。結局8人が席に着いてから 注文したものだから、こんなにかかってしまったのである。

この文でわかっていただけましたか?要するに8人のうちの5人が・・・、先食え、
っちゅう話である。

こんなことなら、奈良ファの地下にも 「くくる」 はあるのだから、そっちで食べたらよかった。

くくるくくる
くくるくくる


まあ、時間がかかったのは店のせいでもないし、気を取り直してたこ焼きを食べたらおいしかった。

まあ使い古された表現だが、外はカリッと中はとろとろの熱々といった感じだ。明石焼きもふんわりとしていてこれもまたいい。



・・・というところでいろいろとあったTime’s Place Saidaijiのレポートを終わります。


↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : たこ焼き 地域情報

category:食べ歩き 奈良市
comment(0) | trackback(0)
記事編集
喫茶・佐保~はらたいらさんに3000点~ 
2009.09.20 Sun 11:25

オハコンバンチワー  ヽ(*´∀`)

今日紹介するのは国道24号、いつも閉店セールで賑わう「洋服の青山」の隣の サ店、佐保。私が ヤング だったころからあるから、かれこれ、だいぶ昔からやっていると思われ。

喫茶佐保


この日はチャリンコの息子と平城宮跡までジョギングした後、モーニングを食べにやってきた。本当は「MIA'S Cafe」に行きたかったのだが、あじゃぱー、休みであった。

入り口にサンプルがあったが めちゃんこ 渋い(古い)

しかも、写真を大きくしてもらえばわかるが、エビフライ定食やホットケーキはすでに蒸発してしまって、ドロンしていた。

喫茶佐保


店に入ると昭和のまま時が止まったようなレトロなムード。隅にインベーダーゲームでも置いてあったら ぴったしカンカン である。

BGMには演歌の ゴキゲンなメロディー が流れ、まるでタイムスリップでもしたかのような錯覚に陥る。



カウンターの向こうにはマスターが 約一名、テーブル席には常連と見られるおじさんが数名と年配の アベック が一組座っていた。

喫茶佐保


水を持って注文を取りにきたマスターに「メニューの中でできないものがありますか。」と聞いたら、「どれでもできるよ。」とのこと。

私は朝から何も食べずに運動し、腹ヘリコプター だったので、カツ丼にした。

私は注文した品が来るまで「フライデー」を読みながら店内を観察した。

耳をダンボにして 聞いていると、常連さん達は今日の競馬の予想をしているようだ。マスターもそこそこ詳しいらしく話を合わせている。

何となく、友達の輪 ができているみたいで、私達親子は おじゃま虫 に思えた。



とか何とか言っていると、超ウルトラドン とカツ丼が到着。

喫茶佐保


では、いただきマンモス

朝からカツ丼というのは作る方にしても油の準備がいるので手間のかかるものである。それでも嫌な顔一つせず作ってくれた。この辺りは+5点といったところである。

ただ、味はかなり濃いというか、しょう油味が強い感じで ちょっくら 残してしまった。



息子はモーニングセット、飲み物は クリソ。

喫茶佐保


これだけ、ベタなクリームソーダを出す店も少なくなっているのではないか。しかし、変わらないというのもまた大事なことである。これは、定説です。


ごちそうサマンサ。


今日も有意義な時間を過ごすことができたと、日記には書いておこう。



それでは、バイちゃ (^-^)/~~


↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : モーニング カツ丼

category:食べ歩き 奈良市
comment(2) | trackback(0)
記事編集
雨宮製麺所~生パスタもいただけるバール~ 
2009.09.01 Tue 21:53

製麺所である。

製麺所といえば香川県にあるうどん屋さんのように、「自分とこで麺作ってっから食ってくべ。」みたいなところを思い浮かべるが、ここは自家製パスタである。

雨宮製麺所

店に入ると店主が出てきて「少し時間がかかりますが、よろしいでしょうか。」と言う。

私たちが訪店したのは1時頃だったが、どうも、この前に大勢の客が来ていたようで、食後の器がテーブル一面に片づけられずに残っていた。

それにしてもキャパは大きい。真ん中に8人ぐらいかけられる大きなテーブルがあり、その周りに4人がけのテーブルが4つか5つある。

この広さを一人でやっていたら時間がかかるのも当然である。アルバイトを一人雇った方がいい。



製麺所というだけあって、店の中央にガラス張りの麺打ち所があり、ここで打たれた麺は店で出されるだけでなくテイクアウトもできる。

雨宮製麺所雨宮製麺所


さて、店主の方も一段落して、水とメニューを持ってきてくれた。

メニューの上の方にはスタンダードソースという欄があり、シンプルなトマトソースやオリーブオイルとパルメジャーノといった基本のものが並んでいて、なんと500円。ワンコインである。

さらに、一寸手が入ったソースという欄があり、ここは基本のソースにベーコンやらアサリやら、中には有頭海老といった具材がプラスされたり、一手間かけられたりしたものが並ぶ。こちらは600円から。

そして、デザートとドリンク。こちらはエスプレッソ 250円から。



私たちはこの中から、カルボナーラと西口かつを店の鰹節パスタをチョイス。ちなみに西口かつを店はこの店の向かいにある老舗の鰹節屋さんである。

それと、黒板メニューにあったパスタランチ。本日のパスタ(ツナとブロッコリーのクリームソース)とサラダ、クロワッサン、デザート(ミルクジェラート)、ドリンクがついて750円。

雨宮製麺所

鰹節のパスタは基本はペペロンチーノ、温泉卵と鰹節を混ぜていただく。

カルボナーラは平麺のリングイネを使って卵のソースがよくからむようになっている。

・・・と、一つひとつの料理の説明は本編でもするので重複は避けることにする。



それよりも、

この店のもう一つの使い方を私は自信を持って提案したい。

それは、バール的な使い方である。

雨宮製麺所

バールというのはイタリアやスペインなどで見られる軽く一杯飲める居酒屋で、近くに一軒出来ればいいのにとずっと思っていた。イタリアもスペインも行ったことないけど。

レジの横にガラスのショーケースがあり、総菜が並んでいる。

これらの総菜は昼でも注文できる。この日は野菜のマリネのようなものやトリッパの煮込みなど4~5種類。



・・・となるとあれしかない。


雨宮製麺所


メニューにはいくつかワインのメニューがあるが、特筆すべきはこの500ml、900円のデキャンタ。

500mlといえばけっこうある。グラスにして約5杯分である。酒飲みなら一人で飲んでしまうだろうが、普通の人なら二人分ある。

しかも、写真の後ろに見えているワインセラーから取り出したボトルから移したもので、そこそこの重さもあり、決して安っぽい味ではなかった。



アテはさっきのショーケースの中から、ローストビーフを選んだ。

雨宮製麺所


ローストビーフ6切れで何と350円!

計算間違いかと思うような値段設定である。



当たり前といえば当たり前かもしれないが、この店は付きだしが出ない。だから、アテを一つか二つ頼んで、ワインをしっかり飲んでも2000円いかないということになる。

店主の話によると入り口側にカウンターを作って気軽に飲めるスペースにしたいとのこと。

ますます酒呑みの希望をかなえてくれるこの店に今後大いに期待したい。


雨宮製麺所 
奈良市鍋屋町2-1 シティホームズ女子大前1F
0742-26-6541 11:30~14:00 17:00~21:00
日休 P無


↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : 居酒屋 イタリア料理

category:食べ歩き 奈良市
comment(13) | trackback(0)
記事編集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。