何でも食べたい、食べてみたい、美味しいもの、珍しいもの、いろいろ食べた記録。+気になっているもの。
アールティ~お試しセットはお得!~ 
2009.11.24 Tue 21:07
ある日、自分のブログを見ていたら右側の広告に出ていた。

1000円ポッキリ お試しインドカレーセット!【送料無料】【期間限定】
インドカレーのご試食に...


なんと!1000円のカレ-セットが送料無料?


お試しセットという言葉に弱い私。
実は、インドカレーが大好きな私。

速攻で注文した。
(^-^)/

アールティ~お試しセット


2日ほどで送られてきたのだが、何と冷凍便であった。もう一度この店のHPを見てみると送料は750円となっている。

ということは、カレーのセットは実質250円ということになる。

さすがお試しセット、お得である。



中に入っていたのはカレー2種類、サフランライス、ナン。
そして、作り方の紙。

アールティ~お試しセット


これを見ると作り方というか、基本的にパックになっているので、温め方が書いてある

一番簡単なのは、常温にしばらく置いておいて、電子レンジでチンする方法だが、冷凍からだと少し時間がかかる。



そこで、もう一つの方法である湯煎で温めてみた。

アールティ~お試しセット


ただ、これもまた時間がかかりそうだし、何よりもビニールがちょっとしたことで破れたりしたら中身が出てしまって大変なことになりそうで気が気でない。

やっぱりちょっと怖いので、ある程度温めた後、電子レンジに入れてみた。



そして、出来上がったのがこちら。ジャジャーン!

アールティ~お試しセット


カレーはチキン、ベジタブル、ダールほうれん草カレー、ほうれん草チキンカレー、キーマカレーから2種類選べたが、私は基本のチキンカレー(手前)と最近はまっているベジタブルカレー(奥)にしてみた。

チキンカレーはごろんとした固まりの鶏肉がいくつか入っており、ややスパイシーだが、コクのある一品であった。

ベジタブルカレーは じゃがいも、レンコン、ニンジン、インゲン・・・。
それぞれが自分のうまみを出しあってバランスのとれた一皿に仕上がっている。

カレーは170gあるということで普段レストランでいただくよりも量があった。

アールティ~お試しセット


さきにベジタブルカレーにはまっていると書いたが、これはベジタブルカレーの複雑な味わいに目覚めたからである。

チキンやマトンといった肉系のカレーだと口に入れたときの味はいつもほぼ同じである。
だが、ベジタブルカレーだとじゃがいもを口に入れたときはそのほくほくとした食感を、レンコンを口に入れたときにはそのシャキッとした食感を楽しむことが出来る。

もちろん同時に口に入れたときの複雑な味わいもある。さらに言うと 店によって、季節によって、入れる野菜が違うから同じ味がない。これが何とも楽しい。
みなさん、ぜひともベジタブルカレーの奥深さを楽しんで下さい。



ところでこのセットにはチリパウダーが入っていて、途中で入れると辛みを増すことが出来る。辛いモン好きな人にはうれしいサービスだ。

アールティ~お試しセット


ちなみに
【送料無料】【期間限定】特別価格980円インドカレー好きのために!980円の4点セットをご用意!...

というちょっと違う企画もある。お試しセットで損をしたことがあまりないのでみなさんにもおすすめします。

インドカレ-の店 アールティ


それはそうと楽天のページって何でこんなに字が大きいんでしょうね。 (´∀`○)



↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:お勧めお取り寄せ商品 - ジャンル:グルメ

タグ : カレー お取り寄せ

category:家でごはん
comment(4) | trackback(0)
記事編集
息子のブログデビュー~高野山に行って来ました~ 
2009.11.22 Sun 16:28
今回は息子のブログデビューです。
先週高野山に行ったときの日記です、ぜひ読んでやって下さい。



11月15日(日)

高野山に行きました。6人で車でです。車

着いたらまず、昼ご飯を食べました。
精進料理です。
ごま豆腐が気に入りました。

高野山


次に、歩いて一の橋から奥の院の戦国武将の墓を見ました。
織田信長や豊臣秀吉の墓があります。墓
一の橋から奥の院まではとても長いです。

高野山


江崎グリコの慰霊碑がありました。
家紋が書いてある所にグリコのマークがあります。

高野山


奥の院に着きました。
奥の院は大師信仰の聖地です。
お線香の煙が日光に照らされて、その後ろに杉の木がありました。
その景色はとても綺麗でした。

帰りの道は行きの道とは違う道を通りました。
そこにはUCCコーヒーの供養塔や日本しろあり対策協会供養塔などがありました。

高野山


UCCコーヒーの供養塔は、コーヒーカップが白い大理石で、中は茶色の大理石でした。コーヒー

日本しろあり対策協会の供養塔には、「しろあり やすらかにねむれ」と書いてあります。とても面白かったです。

高野山


奥の院を下りました。そこから車で金剛峰寺まで行きました。寺院

金剛峰寺の中にはふすま絵がいっぱいありました。
二つも枯山水がありました。
中で、お茶とお菓子を頂きました。
お菓子はお煎餅みたいでした。
美味しかったです。

高野山


金剛峰寺を出てお土産屋に行きました。
ごま豆腐を買いました。冷奴

僕はいろいろな戦国武将に会えて良かったと思います。
特に豊臣秀吉がうれしかったです。

高野山


この連休はインフルエンザにかかって寝込みました。
今は熱が下がって元気ですが、外に出られないのでこのブログを書きました。

いかがでしたでしょうか。




↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




タグ : 旅行

category:嫁さん・息子
comment(4) | trackback(0)
記事編集
ジャンク屋 哲~奈良初の二郎インスパイア系~ 
2009.11.20 Fri 19:15

二郎インスパイア系

と聞いて何のことかわかる人は相当のラーメンフリークであろう、

・・・が、今や二郎といえばラーメン二郎。坂上二郎の 「飛びます!飛びます!」は今さらジローであって、時代はラーメン二郎である。



もし、「そんなわけないやろ~」とお思いの方は google でも Yahoo でも 「二郎」で検索してもらえれば、ずらっと並ぶ二郎に驚かれることと思う。(Yahoo検索

ウィキペディア(Wikipedia)によると、
ラーメン二郎(ラーメンじろう)とは、東京都を中心に関東圏に店舗展開しているラーメンチェーン店。創業者は山田拓美で、現在も三田本店の店主である。

その特徴は
・濃厚な醤油豚骨味スープで脂が多い。
・極太の自家製麺で普通の店の1.5倍から2倍の量。
・ 「ヤサイ」(茹でたモヤシとキャベツ)、ニンニクが載せられる。
・「ニンニク」「ヤサイ」「アブラ」「カラメ」といった無料のトッピングで好みの味にする。
・通常のラーメン店チェーンとは異なり、店によって麺の量や味や価格がまちまちである。
・その味に特徴があり、好き嫌いが分かれる。 
さらに詳しく見る

「二郎はラーメンにあらず、二郎という食べ物なり」
という格言が生まれ、このラーメンにはまった人のことを ジロリアン と呼ぶ、
・・・と、かなり個性的なラーメンである。



この独特の世界観を持ったラーメン二郎に影響を受けた(インスパイア系)店がついに奈良に登場した。

それが、ここジャンク屋哲である。

ジャンク屋哲


場所は富雄駅の北側、階段とトントンと上がって10m。ほぼ駅前といって間違いない。ただし、駐車場はないので、車で行く場合は近くのコインパーキングに停めることになる。

店名の「ジャンク屋」というのもかなりインパクトがあるが、看板の、

「ニンニク入れますか?」

が、なんともそそられる。



私も年齢とともにこってりしたものに弱くはなってきたが、それでもときどき無性にこってりしたものやニンニクたっぷりのものが食べたくなることがある。

こってりした豚の脂が体に悪いとか、ニンニクがまわりの人に迷惑だとか、そんなことは わかっちゃいるけどやめられない。 (スーダララッタ スイスイ♪)



訪れたのは2時過ぎであったが、まだカウンターにも奥の座敷にもお客さんがいた。私はカウンターの一番奥の席に座った。

ジャンク屋哲


メニューを見ると普通のラーメン以外につけ麺もあるみたいだが、今回は初めての 哲、初めての二郎系ということで基本のラーメンにした。

そして、無料のトッピングだが、もともと量が多いと聞いているので、基本的に小食の私はヤサイ増しはしないことにする。その代わり、しばらく見るのも嫌 というぐらいニンニクとアブラを補給しよう、ということでこれらは増し増しにした。また、麺を少なめにして煮卵を付けてもらった。

ここで、この店のシステムについて説明しよう(ヤッターマン風に)。無料のトッピングを付けるとき、少し増やすのを増し、さらに増やすのを増し増し、もっと増やすのをバカ増しという。

バカ増しにしなかったのは自分の体とまわりに気遣った大人の判断だと自負している。

ジャンク屋哲


出てくるまでの間、辺りを見回した。

短冊に「食べる前に写メ」とある。


私がウェブページ(奈良グルメ図鑑)を作り始めたころは出された料理の写真を撮っていると店の人からいぶかしげな目で見られたものである。久しぶりにあった友人からも「今でも食べ物の写真撮ってんの?」とまるで変人あつかいであった

それが苦節60年、ふつうに写真を撮る時代がやってきたのだ。 (ホントは10年。)

・・・と、感慨にふけっているとラーメンがやってきた。

ジャンク屋哲


カウンター越しに作っているところを見ていると、アブラを増し増し増し増しとカレースプーンで4杯ほど入れ、ニンニクのみじん切りを増し増しとやはりカレースプーンで2杯ほど入れていた。

無料トッピングをしていない具もヤサイ、豚(二郎系ではチャーシューのことを豚と呼ぶ)、かつお節などボリュームたっぷり。 実に体に悪そうである。

味については二郎本店はもちろん直系でも食べたことがないので何とも言えないが、食べても食べてもなかなか減らないヤサイと、もちもちした食感の極太麺が印象的であった。



さて、増し増しにしたアブラがいつの間にかスープに溶けていて、それが体に入っていったと思うと、いろいろな数値が気になるところだが、やはり男というものは時には勝負するものであり、やるときにはやるといった勢いも必要なので、ここは最後までしっかりといただいた。 (少しスープは残したが。)

体がどうとか、そういったこと無しにまた行きたい・・・、そんなことを考えている私はすでに ジロリアンになりかけているのかもしれない、と思っている今日この頃である。



ジャンク屋 哲 

奈良市富雄北1-3-5 キタダビル1F
0742-12-3456
11:30~14:30 18:00~23:30
日・祝休 (12月から営業) P無



↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

タグ : ラーメン

category:食べ歩き 奈良市
comment(0) | trackback(0)
記事編集
2番軒~一期一会の夜鳴きそば~ 
2009.11.16 Mon 20:26

ちゃららーらら ちゃららららら~♪


家族で食後の団らん楽しんでいるところに聞こえてくるチャルメラの音楽。

「行ってくる」 (゜∀゜ )≡

パブロフもびっくりの早さで玄関を出た私。

見つけました、ラーメン屋台。

2番軒


般若寺の方から下って来るという。その名も、

2番軒。 (゚ロ゚)

1番でなく2番・・・、何事も謙虚な気持ちが大切である。



スープはとんこつとしょうゆの2種類、そこにノーマルとチャーシュー麺があり、計4種類。

2番軒


私は豚骨ノーマルをお願いした。作っている間、おやじさんと少し話をすることが出来た。

聞くところによると一月くらい前から場所を変えながら奈良のいろいろなところをまわっておられるとのこと。

女子大の近くに行ったときには女子大生がたくさん集まってきて写メを撮ったりして大人気だったらしい。 うらやましいぞ。


2番軒


慣れた手つきで麺を茹で、トッピングを乗せていく。手際の良さからも長くこの仕事をしていることがうかがえる。

出来上がったラーメンを渡しながら、「一口食べてみ、」というおやじ。

スープをすするとマイルドなライト豚骨で甘みのある味。とりあえず、600円を払って家に戻った。

2番軒


スープは万人受けするタイプであったが、一番のおすすめはバラ肉を使ったチャーシュー。脂身がとろとろで子どもらが気に入って取り合いをしていた。

全体としてはよくまとまった感じである。今度来たときはしょうゆも試してみたいし、チャーシューは増やして注文してみたい。



家の近所をまわってくるのは廃品回収か竿竹ぐらいだったので、ラーメン屋さんが来たときにはびっくりした。

でも、私が行ったときには先客がいたぐらいだから、意外と需要があるのかもしれない。



今日も行く行く2番軒。明日はどこ行く2番軒。


2番軒


たまたま見つけたラッキーな方は謙虚な気持ちでいただいてください。




↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : ラーメン

category:食べ歩き 奈良市
comment(1) | trackback(0)
記事編集
蕎麦がき屋~まじめなご主人が作るそば~ 
2009.11.13 Fri 21:14

さる土曜日橿原に所用で出かけたら午前中で用事が済んだ。

さて、どこで昼ご飯を食べるか、私にとっては所用以上に大切な問題である。ちなみに所用は仕事であり、仕事よりも昼飯の方が大事なのかといわれると言い返せないのだが、仕事は仕事でがんばったので自分としてはノープロブレムである。



ちょうど、「なんと愉快な奈良の本(エルマガジン社から絶賛発売中)」を買ったばかりで、さて、畝傍御陵前の串かつ屋も気になるが、今回は桜井に向かって、そば屋と肉屋をはしごすることに決定。 \(´∀`)丿

そば屋の名前は蕎麦がき屋。

蕎麦がき屋


名前の通り、蕎麦がき専門店か、というとそうでもなく、みんな知っているあの細長いそばもある。

メニューには基本のざるの他に、山かけ、納豆、おろし、たぬきおろし、梅おろし、なめこおろし、天おろし…と多彩なおろしメニューの数々

温かいそば はかけの他、たぬき、梅干し、にしん、天ぷら。店名にもなっている蕎麦がきは、基本のそばがきに揚げそばがき、そばがきぜんざいの3種類。



私は初めて来た店でもあるし、店名のそばがきも気になるので、天ざるとそばがきを注文した。

しばらくして そばがきがやってきた。

蕎麦がき屋


ここで、普段は明晰な 私の頭脳が判断ミスを犯してしまう。

先にそば(細長い方)が出てきたら、以前にも書いた通り、写真を撮ってすぐ食べ始めるのだが、そばがき(丸い方)が先だったので、そば(細い方)が来てから両方入った写真を撮ろうと考えてしまったのだ (そ ばはすぐ伸びるが、そ ばがきなら少しは時間がたっても大丈夫だから、そばが来てからいっしょに写真を撮ろうと思って…)

もちろん、そばがきもできたての方が柔らかいのはわかっていたから、写真に写らない後ろの下の方から食べていたのだが、なかなか次のそばが出てこない



そのうち、ご主人から 「口に合わないですか」とか言われてしまう始末。どうも、ご主人はそばがきを食べ終わるタイミングでそばを出そうと思っていたみたいだ。

「そ ばと一緒にいただこうと思って・・・。」


「では、すぐにそばを作ります。そばがきが固くなっていたらもう一度作り直しますね。」

「いえ、大丈夫です。」


私は申し訳なくて消え入りそうな声で答えた。



その後、そばと天ぷらもやってきて 撮った写真がこれ。↓

蕎麦がき屋
どうですか。申し訳ない気持ちがにじみ出てくるような写真ではないですか。

このときご主人から 「写真を撮るのに食べてはらへんかったんですか、気付かないで申し訳ありません」と一言。

何をおっしゃるうさぎさん、「こちらこそ、本当に申し訳ないことで申し訳ありません。」と言うと ご主人はさらに、

「エルマガの方ですか」

と聞いてこられたが、その後すぐに、

「それだったら、言いますよね、ははっ。」

自己完結していた。


エルマガが覆面調査をしているとは聞いたことがない。

(ご主人によると取材で来たエルマガの方と私の風貌が似ていたそうだ。)



その後、私はそばが伸びないうちに、そばがきが固くなる前にさっさといただいた。

そば湯が出るころには他のお客さんもすっかり引けており、ご主人は、近くの中学校にボランティアで職業教育の講師に行かれていること、これから私が行こうとしている肉屋(カワイ)の社長さんとは知り合いで、この店にもよく来られることなどを話された。

蕎麦がき屋蕎麦がき屋


さてエルマガによるとご主人はまだ32歳とのこと。まだ若いのに、本当にしっかりとして仕事に対しても真摯な態度で好感度100であった。

仕事しながらも昼ご飯のことを考えているような私はきっと好感度20ぐらいであろう。そんなことを思いつつ、次なる目的地カワイのローストビーフを求めて車を走らせたのである。



蕎麦がき屋
桜井市粟殿641-2
0744-42-6886
11:30~14:30 17:30~20:30
木休 P有


*本編のご主人の人柄が出るそばの味というのは本当です。ぜひいらして下さい。



↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : そば

category:食べ歩き 奈良市外
comment(0) | trackback(1)
記事編集
Cu-Cal~グレープ・ガンボのシェフズステージ~ 
2009.11.11 Wed 19:18

いよいよシェフズステージの始まりである。

まず第一の皿は前菜。 野菜

Cu-Cal(クーカル)


海の幸と奈良に育った山の幸、新鮮な野菜のハーモニー


まず海の幸、これはおそらく奈良産ではないだろう。平目、そのえんがわ、帆立、海老、蛸などの魚介類はサラダ仕立てらしく白身魚やあっさりした味が中心。ドレッシングがこれらの素材にまとってカルパッチョ風になる。

野菜は椎茸、蕪、ラディッシュ、オクラ、三度豆、人参、これに葉野菜の水菜、大和まな。それぞれ、素材の味がダイレクトに伝わってくる。



二皿目は魚料理。 たい

Cu-Cal(クーカル)


甘鯛のムース包みの蒸し物 あさりの軽いソースで


ムースはじゃがいもを使ったものだろう、柔らかく甘鯛の身とは違った食感がおもしろい。あさりのソースは海のものらしくしっかりとした塩味が、淡泊な甘鯛の味を引き立てていた。

トリュフは今が旬。香りと歯ごたえがいいアクセントになっていた・・・、といってもめったに口にしないものなので 「おおっ!トリュちゃん久しぶりっ!」 といった感想の方が近い。



そして、肉料理。 ステーキ

Cu-Cal(クーカル)


国産いちぼ肉のロースト バイオレットマスタードソース


さすが、元のお店でもボリュームがあると評されるだけあって大きめの肉が二切れどーんと乗っている。また、この肉の軟らかいこと!脂身でも赤身でもなく、上タンのような食感でベタであるが、噛まずとも口の中でとろけるといった表現がぴったり。

バイオレットマスタードの酸味の利いたソースもまた肉によくあっていた。

横に付けられたのが生パスタ。いかにも手打ちといった不揃いの麺がオリーブオイルとハーブでシンプルに味付けられている。



最後にデザート。 チョコパフェ

Cu-Cal(クーカル)


グレープ・ガンボ風 モンブラン

秋といえば栗。栗といえば秋。デザートにはモンブランが登場。私はモンブランといえば何となくそばのような食べ物をイメージするのだが、これもまあ、そんな形をしていた。

一口食べただけだったが、なかなか甘かった。クレープを揚げたカリカリがおいしかった。甘いものが苦手だからこのあたりで勘弁願いたい。



この後はカフェ。 cup

Cu-Cal(クーカル)


私はエスプレッソ、嫁さんは紅茶。

ドリンクメニューにはグラッパ (イタリアのキツ~イ食後酒) もあったが、この時点ですでに1時20分を過ぎており、45分から2回目のシェフズステージも行われるということなので今回はパスしておいた。



支払いを済ませてテントの外に出ると西岡シェフが全力疾走で公会堂から帰ってくる姿が見えた。貴重な休憩時間にトイレに行っておられたのだろう。

私たちが 「ごちそうさま」 そして、おいしかったことを告げると、気さくなシェフの人柄を感じさせる対応であった。


Cu-Cal(クーカル)では地元の食材を使ったメニューを考案し提供する。今回の西岡シェフのステージでもそれぞれの皿で奈良の食材がうまく使われていた。

23日までこのイベントは続くが、その間、きっと奈良の料理界に大きな変化が起きるのだろう。そう思うとこのイベントが奈良にとって新たな始まりのような気がしてくる。

おおっ、何か すごく偉いさんになったような気分で書いてしまったが、食べる側の人間としてワクワクした感じがわき起こってきていることは確かである。



*シェフズダイニング、シェフズステージは予約が必要です。残りわずかですが残っている席もあります。また、予約のいらないものもあります。ぜひ一度行かれてみることをおすすめします。




↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : イベント フランス料理

category:地域情報 イベント
comment(3) | trackback(0)
記事編集
Cu-Cal(クーカル)~どんどん奈良がうまくなる。~ 
2009.11.09 Mon 23:27

とうとうこの日がやってきた。

雨にも負けず、風にも負けず、奈良にもおいしいものがあると言い続けて 苦節60年、10年。

かの門上武司氏に 「どんどん奈良がうまくなる。」 と言わしめた(キャッチコピーであるが)、Cu-Cal(クーカル)in Naraが始まった。

Cu-Cal(クーカル)


もう「奈良にうまいもんなし」とは言わせない。



Cu-Cal(クーカル)という言葉は初めてという方に少し説明しておこう。Cu-Cal(クーカル)とは奈良公園などで超有名店のシェフたちがおいしいものを食べさせてくれるという大イベントである。

おいおいそんな説明ではわからんぞ、もっと詳しく書かんかい、という方は次のHPを読んで下され。(前回の使い回しですまぬ)


Cu-Cal (クーカル) 2009 | ニッポンを食で元気に!

Cu-Cal(クーカル)


この日(8日)はさわやかな秋晴れで11月の平均気温を4℃も上回り、ポカポカとした陽気に誘われて、「奈良公園に散歩でも行ってみよか」「来とるやんけ」といった会話が聞こえる、気持ちのよい天気であった。

さらに紅葉も美しく、ナンキンハゼやイチョウの木も 赤や黄色の色さまざまに山のふもとのすそ模様であった。



ちなみにCu-Cal (クーカル)初日の11月3日にもちょっとだけ様子を見に来たのだが、この日はめちゃめちゃ寒く、「おはよう朝日」のレポーター、実はる那が不機嫌な顔でスタンバイしている様子も垣間見ることができた。

Cu-Cal(クーカル)Cu-Cal(クーカル)


さて、この日は橿原に住む友人二人と待ち合わせをして、子どもたちを置いてやってきた。

予約したのはシェフズステージ(メイン会場に設置されたオープンキッチンを舞台に、奈良の食材を使った料理を楽しむことが出来る)。この日は「グレープガンボ」という銀座のフレンチ、西岡義乗シェフの料理である。



予約してあった12時、その10分前に席に着くと、ドリンクメニューが配られ、私はビール、嫁さんは 「リモンチェッロを炭酸で割ったもの」 を選んだ。

リモンチェッロって何やねん。(∵)? イタリアのレモン風味のリキュールでした。

Cu-Cal(クーカル)Cu-Cal(クーカル)


ドリンクを飲みながら12時になるのを待っていたら、シェフではないけれども、このステージをしきっている鹿賀丈史のような人があいさつを始めた。


Allez cuisine!



さあ、どんな料理が出されるのか。期待が高まるところである。

Cu-Cal(クーカル)


今日はここまで。お疲れ!

続く・・・。

すみません、一気に書けません・・・。



P.S まきさーん、見てますか~、半分書きましたよ~。



↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : 地域情報 イベント フランス料理

category:地域情報 イベント
comment(2) | trackback(0)
記事編集
黒米カレー選手権2009~栄冠を手にするのはどこだ~ 
2009.11.07 Sat 16:04

今年も行ってきました~。


黒米カレー選手権


黒米カレ-選手権2009

去年から始まったイベントで今年は2回目。初めて知ったという方に簡単に説明すると、16チームによるカレー対決である。そんな説明ではわからんぞ、もっと詳しく書かんかい、という方は次のオフィシャルブログを読んで下され。

黒米カレー選手権OFICIALブログ

私は昨年に引き続き2年連続2度目の出場で記録更新中だが、しょせん食べる方である。(去年のブログ記事はこちら。)

今年の作る方の出場チームは先程のオフィシャルブログ、または下のチラうらを見ていただければわかるが、16チーム中 8チームが初出場で、これはこれはおめでとうございます。健闘を祈ります。

黒米カレー選手権


・・・で、去年出ていたのに今年は出ていない店は悔し涙にくれて、来年こそはと闘志を燃やし、毎日カレー作りに明け暮れているのかというとそんなこともなく、ハンターナさん (阪奈沿いのスリランカ料理) などは手伝いにまわって黒米をよそっていたりするのである。

・・・と、対決とか勝負とかいう張りつめた空気はなく、和気あいあいとたくさんの人に黒米カレーを食べてもらいましょう的な楽しいイベントである。(…と書いておきながら、うちは真剣勝負だという店があったらごペンなさい ペンギン

黒米カレー選手権


会場にはインドの松平健(サンタナのオーナーのクンナ・ダッシュさん)も来られていたし、何か去年よりインド人比率が高まっているような気がする。

(いや、もちろん私がインド人とスリランカ人とパキスタン人とバングラデシュ人を見分ける能力を有しているわけではないが、そんなことは深く突っ込まないでもらいたい。)


奈良インド化計画は着々と進んでいるようだ。



去年は16店すべてを食べた私たちであったが、今年は少し店を絞ることにした。優先順位は行ったことのない店、そして、味の想像できないものである。

そして、決定したのが次の6店。

黒米カレー選手権


・NORI's kitchen 3rd place café 宇多味鶏のキーマカレー
・南欧創作料理 Coctura コクトゥーラ 大和肉鶏のココナッツカレー
・若手料理人の会 salut サリュ 大和牛のスジカレー
・インドカレー Tihar ティハール 100%INDIAN!野菜MASALA CURRY
・大和高原 ボスコヴィラ ベジタブルカレー
・エスニック料理 マヤ オリジナルマヤカレー



しかし、食べてみて思うのだが、カレーという食べ物は本当に多種多様である。例えばインド人が朝昼晩カレーを食べているとか、おふくろの数だけカレーの味があるとか、そういったことがすべてわかるような気がする。

そして、味覚の違いもまたしかり。今回も2店ずつの勝ち負けを決めなくてはならないのだが、嫁さんと私の好みが違うこともあった。子どもは辛いものがまだ無理なので甘いカレーの方がおいしいと言った。


黒米カレー選手権
写真は去年のチャンピョン(なぜに ョ?)キッチンペピタのブース。


・・・と言っても、やはりどちらかに投票しなければならないので、うちの家の暗黙のルールとして、嫁さんの言う方に投票したのだが、さて、今年の栄冠を手にするのはどこか。


結果は明日、こうご期待である。



*ポスター、店舗情報などオフィシャルブログから拝借致しました。勝手に使うんじゃない!とお怒りの場合ご連絡下さい。すぐに削除致します。
*黒米カレ-選手権は明日も県庁前で行われます。みなさんお誘いあってお出かけ下さい。





↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : カレー インド料理 イベント

category:地域情報 イベント
comment(0) | trackback(0)
記事編集
鹿鳴園~外国から来られた方いかがでしょう?~ 
2009.11.05 Thu 22:31
いつものように朝から奈良公園で遊んだ帰り、二月堂の裏参道で沢ガニを獲り、今日から始まったCu-calをのぞき、バスで渋滞に巻き込まれたその前の話である。

何か書き出しが前回と同じじゃないかという声も聞こえてきそうだが、ちょっとだけ替えてある。


今回の話はバスではなく、朝ご飯である。ご飯


鹿鳴園



この日行ったのは「鹿鳴園」という土産物屋に併設された茶屋。三月堂から鐘楼へ階段を降りたところにある、

鹿鳴園


100%観光客向けの店である。 

この場所には2軒の土産物屋さんが隣り合っており、どちらででも食事ができるが、もう一つの店は茶粥や鹿フンころアイスなどが一押しのよう、そしてこの店は自家製カレーが自慢のようであった。

奈良県民なら、誰が何と言おうと、朝ご飯は「茶粥」というところだか、前回 隣の店で茶粥は食べたので今回は自家製カレーに挑戦することにした。


メニュー見ると、なんとすべての品に 英語表記がされていた。

鹿鳴園鹿鳴園
鹿鳴園鹿鳴園


それではということで、私は Homemade curry and rice を、嫁さんは、Thin wheat noodles in soup with mixture of vegetable bits and shrimp fried in batter and toasted rice cake を注文した。

さて、問題です。私たちは日本語で何というメニューを注文したでしょう。

制限時間は30秒です。 では、




・・・ あと20秒。




・・・・・・あと10秒。




・・・・・・・・・ 答えはこちら。


鹿鳴園


私が頼んだのは、自家製カレーライス。

Homemade というだけあって当然自家製である。

その証拠に、オーダーを取りにきたとき 「普通ですか?辛口ですか?」 と聞いてきたぐらいである。ちなみに辛口は少しスパイシーな味付けになるそうで、わたしは辛口にしてみた。

実際にはそんなに辛いという味ではなかったが、手作り感いっぱいで、牛肉や野菜が入ったルーがご飯よりずっと多くて、おふくろの愛を感じる一品であった。



嫁さんが頼んだのはこちら。

鹿鳴園


焼き餅入りかきあげわかめにゅうめん
Thin wheat noodles in soup with mixture of vegetable bits and shrimp fried in batter and toasted rice cake

かき揚げは市販品だったが、焼き餅は焼きたてでパリッと香ばしく、冷え込んだ朝のご飯としては心も体も温まる品であった。



この店、地元民からすれば、あまり気にならない店だが、海外から東大寺に観光に来られた方には「かゆいところに手が届く」みたいな店なのだろう。

土産物あり、郷土料理あり、英語のメニューあり・・・。まさしく立地に合ったニーズを提供するウェルカムな店なのである。




鹿鳴園
奈良市雑司町
・・・というより、二月堂、三月堂から鐘楼、大仏殿へ降りる階段の下。
営業時間 朝から夕方まで(たぶん)
電話番号や定休日はわかりません
駐車場無


今回は手抜き記事ですみません。 m(_ _ )m



↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : モーニング 郷土料理

category:食べ歩き 奈良市
comment(3) | trackback(0)
記事編集