何でも食べたい、食べてみたい、美味しいもの、珍しいもの、いろいろ食べた記録。+気になっているもの。
スポンサーサイト 
--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




category:スポンサー広告
comment -- | trackback --
記事編集
AMRIT ~後編・満足できる「時間」~ 
2010.06.27 Sun 18:41

さて、いよいよパンが登場したところから、後半戦へ突入するわけだが、このパンも自家製らしい。

最初はバゲット、お代わりでミルクパンみたいなのをいただいた。隣のテーブルにはフォカッチャが出されていたので種類がいくつかあるのだろう。

オリーブオイルは「多めにください」とお願いするとたっぷりと入れてくれた。このあたりも うれしいサービスである。



まず初めは、Pranzo.Aの 季節野菜のサラダとPranzo.Cのプリ・アンティパスト、フルーツトマトの冷製カッペリーニ。

AMRIT(アムリット)AMRIT(アムリット)


サラダは香草、フレッシュコーン、コマツナ、何かのスプラウトやニンジンの葉っぱみたいなものなどいろいろ入って、お得感いっぱいの一皿。

フルーツトマトの冷製カッペリーニは山田シェフの名をこの世に知らしめた超定番料理である (これが奈良でいただけるとは)。冷凍庫でキンキンに冷やされたフォークとスプーン、ちょっとした演出もこころニクい。

トマトの甘みと少しの酸味が絶妙のバランス、残ったスープまでおいしくいただいた。シェフ自信作だけあって無理かと思うが、パスタをそうめんにするといったアイデアもあってもいいかも。



次に出てきたのは、ちょっと長い名前の Pranzo.Cのアンティパスト。
全国各地より届いた季節野菜と梅山豚の生ハム チーズのエッセンス。

AMRIT(アムリット)


前回にも書かせていただいたサービスの方の話では、これも山田シェフの得意料理とのこと。Pranzo.Aのサラダにプラスして、ズッキーニ、ラディッシュ、サツマイモ、なすび、人参、蕪など、それこそたくさんの野菜を、中央のくぼみに溜めた軽いチーズソースでいただくのである。

私が 「何種類ぐらいの野菜が使われているのですか?」 と聞くと、「日によって違いますが、20種類以上は使われています。」 とすぐに答えられた。

料理ももちろんすばらしかったが、サービスの的確な受け答えにも感動した。



私はここで たまらず白ワインを投入。 (場所がら車で行ったので、嫁さんに 「飲んでいい?」 と聞いたら、「どうせ飲むんやろ」 という優しい言葉をいただいた。)

そして、次の料理。Pranzo.Aの北海道産枝豆とホタテのクリームソーススパゲティと、Pranzo.Cの手長海老のバベッティーネ。

AMRIT(アムリット)AMRIT(アムリット)


おもしろいのは皿の形状。横にくぼみがあり、そこでパスタを巻けるという親切設計。くるくる巻いて楽しい気分になる。

枝豆とホタテのスパゲティはクリームソースが濃厚。ゆっくりと食べていると、だんだんと固まってくるほど。急いで食べるが、ボリュームがあり、なかなか減らない。二人してがんばって食べた。

ちなみにPranzo.Aはパスタが2種類から選べ、もう一つは、大和ポークを使ったサルシッチャの入ったトマトソースのパスタ。Pranzo.Cのパスタがトマトソースベースだったので、今回はクリームソースをチョイスしたが、これも食べてみたかった。

Pranzo.Cのパスタ、バベッティーネはスパゲティを平たくした麺。この料理には手長海老が1尾半、海老から出る出汁とトマトソースが絶妙。海鮮好きの嫁さん大満足の品であった。



Pranzo.Cのメインは 大和肉鳥のグリル、ディアボラ風。 ここで赤に突入。

AMRIT(アムリット)


メインの鶏肉は柔らかい胸肉と香ばしいもも肉の2種類。トマト、玉ネギ、ニンニクなどのソースを合わせて、奈良産の食材にうまくアレンジしている。

驚いたのは付け合わせのししとう。一つは満願寺唐辛子、もう一つは地元産の宝楽ししとうと種類の違うものを使っているのだそうだ。

嫁さんと半分ずつして食べ比べてみたが、確かに味は違った。ただ、個体差、先か元かでも味は違うだろうから、なんとも言えないが、このあたりのこだわりも料理をいただく楽しみ(演出?)といえるだろう。



最後はデザート。

AMRIT(アムリット)AMRIT(アムリット)


Pranzo.Aのデザートはバニラアイスクリーム。これがものすごく濃厚な味。これもサービスの方に聞くと、エッセンスに頼るのではなく、バニラの種子鞘をたっぷり使ってしっかりと練るのだそうだ。もちろん、ミルクなども入れるがこの濃厚さは手間ひまかけたものであるのは間違いない。

ちなみにPranzo.Aにデザートが付くのはオープニング期間中のみで、これが過ぎるとPranzo.Bからいただけるメニューになるとのことである。

Pranzo.Cのデザートはラベンダー風味のパンナコッタ。口に入れると最初にラベンダーの香りが広がって、後から甘さが追いかけてくるようなそんな感じ。飾りのラベンダーの花もおしゃれである。

AMRIT(アムリット)


アフタードリンクはコーヒー、紅茶、エスプレッソから。

エスプレッソは一口で飲み干せる量。説明は聞かなかったが、こだわりがあるに違いない。耳たぶみたいな取っ手も気持ちよかった。



本編の掲示板に常連のKHさんから、「東京から名物を呼んでくるような風潮は是とすべきものでしょうか?」という書き込みをいただいた。

もちろん、奈良をよく知らない県外の有名シェフが、奈良の食材について、すべて知ったかのように振る舞うのには抵抗がある。

しかし、今回、AMRITの料理をいただいて、私は客として純粋に楽しむことができた。それは味だけでなくホールスタッフのサービスも含め、とても満足できる 「時間」 だったからである。


そう、時間・・・。

客は味だけで満足するのではない。東京から来た黒船が、奈良で化学反応を起こしてくれることを期待したい。

↑おおっ、ちょっとかっこいいこと言ったんとちゃう?


AMRIT(アムリット)
奈良市六条町410
0742-32-5777
11:00~15:00(L.O14:00)
18:00~22:00(L.O21:00)
火休 P有 HP


↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




スポンサーサイト

テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : イタリア料理

category:食べ歩き 奈良市
comment(6) | trackback(0)
記事編集
AMRIT ~前編・薬師寺門前のニュータイプ~ 
2010.06.24 Thu 21:14

薬師寺門前、「萬京」という水煙蒸しが名物の日本料理店があったのだが、昨年惜しまれつつ閉店。

その跡地に装いも新たにOPENしたイタリアン。

その名も「AMRIT(アムリット)」。

「AMRIT(アムリット)」はサンスクリット語で「不老長寿お薬」を意味します。
※ヒマラヤ、ネパール地方にある言い伝えに、信心深い夫婦の子供が不治の病にかかり、何日も神に祈り続けた結果、その献身的な心が神に通じ、永遠の命を授かる薬、「AMRIT」を与えられたという話があります。
HPより)

平日に休みがとれたので行ってみた。

AMRIT(アムリット)


萬京のときからそうであったが、敷地は広い。

20台ぐらい停められる駐車場があり、建物に入る手前にはカフェスペースがある。ここはレストランとは別で、かの「鉄人・陳健一氏」による朝粥や、かの「加藤牛肉店」によるカレー、ソーセージなどがいただける。(加藤牛肉店ってどこやねん、と思っていましたが、東京では結構有名なのね)


さて、陳さんの名前が出たところで、少し説明が必要かと思うので、少し説明するが、この店、有名シェフが期間限定で料理をプロデュースするという、奈良では今までなかった、全くニュータイプのレストランである。 

しかも、

第一弾(5月16日~8月2日)山田宏巳氏  第二弾(8月4日~10月11日)落合務氏
第三弾(10月13~1月3日)片岡護氏

・・・と、超ウルトラガンダム級ビッグネームである。

AMRIT(アムリット)


話は戻るが、建物に入ると左側にギャラリー (この日は現代日本画)、右手にショップ、その奥 (手前に上の写真の羅漢像がある) にレストランがある。

座席数は36席。中央は飾りや余裕として使われており、天井も高く、ゆったりとしたスペース。

壁にかかった額の 「AMRIT」 の文字は、薬師寺 第124代管主、高田好胤先生の書ではないが、けっこう有名人の作と見た (道場六三郎氏かもしれない)

その他、店の雰囲気に応じた絵が飾られ落ち着いたムードを醸し出している。

AMRIT(アムリット)AMRIT(アムリット)


私たち (今回は嫁さんと二人) は奥から二つ目の席に案内されたが、まわりを見渡すと、おばちゃんばかりである。別におばちゃんがランチを楽しむことに なにも文句をつけるつもりはないが、旦那は今ごろ何をしているのだろうと思うとせつなくなるのであった。

サービスの方がメニューと水を持ってきてくれた。(後でまた書くと思うが、この方がすごくいい方で、メニューの説明も完璧で、料理に対する質問にも的確に答えていただいた。)



メニューはまだオープニングメニュー。

AMRIT(アムリット)


私たちはCはとりあえず頼むとして、もう一つをAにするかBにするか迷った。

ちなみにBのアンティパストは鯛のカルパッチョか、トマト、茄子と生ハムであったが、嫁さんは白身魚があまり好きではないので、今回はAにした。



しばらくして、ついに、とうとう、あの山田シェフの最初の一品がやってきた。















AMRIT(アムリット)


パン。

もったいぶって申し訳ありませんが、続く・・・。


AMRIT(アムリット)
奈良市六条町410
0742-32-5777
11:00~15:00(L.O14:00)
18:00~22:00(L.O21:00)
火休 P有 HP




↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : イタリア料理

category:食べ歩き 奈良市
comment(2) | trackback(0)
記事編集
チャポロ ~店名の由来はないしょです~ 
2010.06.21 Mon 22:22
奈良で全国区の店といえば、雑貨Cafeの「くるみの木」、ラーメンの「無鉄砲」、イタリアンの「イ・ルンガ」あたりが思い浮かぶ、

・・・が、ここ 「玄」 はそれよりも前から、全国の蕎麦通の舌をうならせてきた 超有名店である。

チャポロ


その「玄」の隣り、今日紹介するのは今年の1月にOPENしたカフェ、チャポロである。写真でいうと正面の「玄」の玄関の手前左側の店である。

今回、いつものように奈良公園で息子と野球をした帰り、モーニングをいただくためにやってきた。


場所は「玄」の隣りという説明でわかりにくければ、「カナカナ」の近く、それでもわかりにくければ、「なーむくんのおうち」の近くである・・・。


路地に入るところに看板があるので、目印にして下さい。


チャポロ


玄関(最初の写真の左手)、から入って左手に進むと下駄箱があり、靴を脱いで店内に入る。正面には雑貨が並んでいてヨーロッパだけでなく、アジアのものも比較的リーズナブルな値段で売られている。

ヤンボー、マンボー (昔、天気予報でよく見た) の貯金箱などは、今年ミャンマーへの旅行を計画している私たちにとって、ついノリで買いそうになる品であった。(ミャンボー・マンボーってシャレで・・・)

そこからぐるっとUターンして部屋に入ると、普通の家のリビングのような場所になって、奥の壁には十字架、天井はむき出しの梁という不思議な空間になる。 (おそらくここのご家族がクリスチャンなのだろう)

チャポロ


モーニングは、390円のサンキューセット、450円のようこそセット、550円のゴーゴ-セットの3種類。

普段から ふざけた記事ばかり書いているから、今回も 「naranaraがつまらん語呂合わせを書いて…」 と思う方もおられるかもしれないが、そんなことはなく、店のメニューに実際に書いてある。

信じられない人は↓左上の写真をクリック。

チャポロチャポロチャポロ
チャポロチャポロチャポロ


メニューはこんな感じ↑。

このメニューも、女子系ブログなら 「手書きのメニューもとってもかわいいの」 「イヤん、バカーん(←林家木久蔵風に)」 となるところであるが、所詮、ジョギングと野球帰りの父子である。かわいさは重要ではない。

ということで、Aセット (サンキュー・堀内孝雄) とCセット (ゴーゴ-・郷ひろみ) をお願いします。

チャポロチャポロ


息子が注文したAセット (写真左) はトースト半枚、赤玉の目玉焼き、サラダ、バナナ入りヨーグルト、350円までのドリンク。

350円のドリンクを選ぶと40円でセットが付くからお得なのだが、息子はコカコーラ (290円) をチョイス。 ちょっと損した気分…。

Cセット (写真右) はこれにトーストが一枚になり、ソーセージが付く。



ところで、本編の掲示板で常連のKHさんは 「玄」 の近くに新しいカレー店ができたと書かれていた。私はてっきりこの店かと思っていたのだが、メニューにカレーはなく、キッシュがおいしそうだった・・・、 謎である。

チャポロ


さて、チャポロとは珍しい名前である。

由来はこの家で飼われていた犬のチャゲ、ウサギのレ、クロネコのクから組み合わせたものとのこと。

この店が紹介されていた マイタウン奈良によると「店名の由来については来店の上ご確認を」と書かれていた。

言うてもた! ( ゚д゚)ハッ!

なぜペットの名前を店名にしたかなど、続きに関してはご来店の上ご確認をお願い致します。


それならば、将来うちがカフェを開くときは、私の実家の犬が「うめきち」、嫁さんの実家の猫が「アトム」だから・・・、

うめトム   イマイチ…


「玄」の帰り、ちょっと小腹が空いたとき、「カナカナ」が行列で大変なとき、いやそうでなくても、ほっこりとした時間を過ごしに、みなさんぜひお出かけ下さい


chaporo (チャポロ)
奈良市十輪院畑町13-4
0742-22-8362
8:30~16:30
水木休 P無



↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : Cafe モーニング

category:食べ歩き 奈良市
comment(6) | trackback(0)
記事編集
マブハイキッチン ~ようこそフィリピンへ~ 
2010.06.17 Thu 19:52

前々々々回の記事、「和風スナック 吟」 の帰りにこの店を見つけたのが、5月15日のこと。

その後、毎週のように訪店を試みたが、11時過ぎに行ったら まだ開いてなかったり、1時半頃行ったら 料理が終わっていたりとタイミングが合わずここまで来た。

マブハイとはタガログ語で 「ようこそ」 という意味 だが、ぜんぜん 「ようこそ」 でないではないか、もしかしたら嫌われているのではないか、私の顔を見てシャッターを下ろしているのではないか、 とあきらめかけていたが、4度目のチャレンジでようやく開いていた。

マブハイキッチン


今日紹介する 「マブハイキッチン」 はココナツ&しょうが料理と銘打った奈良初のフィリピン料理店である。(インド、韓国、タイ、ベトナムなどに続いて、フィリピン料理の店がOPENしてうれしい。この調子でミャンマー料理やカンボジア料理の店ができてほしい。)

場所は MDS (餅飯殿商店街) から夢キューブのある角を少し入ったところ、前に紹介した 「和風スナック 吟」 のとなりのとなり。



入り口には、やっぱり出ました、会員制、18歳未満入店お断りの文字。 (この辺り、やたらと会員制の店が多いのだが、それでやっていけてるのだろうか・・・)

マブハイキッチン


とはいっても、それは1Fのスナックの話であって、2Fのフィリピン料理 (ランチのみ・夜は要予約) の方は会員制でも18禁でも何でもなく、小学生の息子でも普通に入ることができた。 ( 当然といえば当然だが・・・)

ドアを開けると頭上には大きなシャンデリア、右手にはスナックの入り口。左手に薄暗い階段があり、登り切ったところのドアを開けて店に入る。


店内は夜はカラオケスナックとして使われているからだろう、ステージがあり、ドラムやギター、カラオケ用の機器などが並んでいる。

ソファーなどのインテリアもやっぱりスナックそのものである。

マブハイキッチン


さて、ランチメニューは5種類。

その中から、Kalgareta (ココナツ入りカレー風料理)、Sinigang (フィリピン風 すっぱいスープ)、フィリピン風 ビーフンと野菜炒めを注文。ちなみに後の2つは、Aroskaldo (フィリピン風 雑炊)とNilagang Baboy (豚と野菜の塩胡椒料理)。



で、まずやってきたのが、Kalgareta (ココナツ入りカレー風料理)、780円。

マブハイキッチン


土鍋で直接煮込まれたカレーはグツグツとアツアツ。マレーシアなど東南アジアではクレイポットという土鍋料理があるが、同じ流れを感じる。

味はココナツの甘みとトマトの酸味で辛くはない。具はごろんとしたじゃがいもと大きな豚バラ肉 (牛肉も選べる)。カレー風とあるが、これは一つのオリジナル料理で、ご飯によく合う品であった。



次はSinigang (フィリピン風 すっぱいスープ)、680円。

マブハイキッチン


一口飲むとまず酸味、そして少しの辛味。かといってタイ料理のトムヤムクンほどスパイシーな感じではなく、やさしくさっぱりとした、それでいて後を引く味である。

具は、切れ目を入れて食べやすくしたスペアリブ、玉ネギ、青菜。定食なのでご飯が付くが、春雨などの麺が入っていておいしい。



そして、フィリピン風 ビーフンと野菜炒め、680円。

マブハイキッチン


まあ、これはごく普通のビーフンだった。フィリピン風とあるのはスパイスの使い方が中華料理とは若干違うのだろう。

逆にいえば外国の変わった料理が苦手という人におすすめだとも言える。



定食にはそれぞれ日本風のおかず (きゅうりの漬け物、たけのこ煮、きんぴら牛蒡) と食後のコーヒー (息子にはマンゴージュースを出してくれた) が付く。

マブハイキッチンマブハイキッチン


このコーヒーを飲みながら、少しママさんと話した。

日本語がとても上手だったので、こちらに来て長いのだろう。ずっとスナックをやってきたが、お客さんに勧められてランチだけフィリピン料理を始めたとのこと。

料理は日本人の口に合うようには していない ということで、本場フィリピンの味がそのままいただける。

また、今後 夏メニューとしてハロハロ (フィリピンの代表的なカキ氷デザート) などを出すことも考えているらしい。今回食べられなかった ぞうすい なども気になることだし、また行くことにしよう。

アジア系料理など珍しいものを受け入れにくい奈良において、今後とも末永くがんばってほしいと思う。

Paalam (さよなら~)


マブハイキッチン
奈良市南市町18
0742-26-7765
11:00~14:00
月休 P無



↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : フィリピン料理

category:食べ歩き 奈良市
comment(9) | trackback(0)
記事編集
くら寿司 ~ワールド寿司フェアー~ 
2010.06.14 Mon 17:29

オーレーオレオレオレ~♪

ワールドカップ開幕で、がんばれ日本!ニッポンチャチャチャ!

・・・と盛り上がって寝不足か、といえば全然そんなことはなくて、「岡田監督?」「ああオリックスの…、藤山寛美に似てるよね。」と、その程度である。

そんな私の携帯に一通のメールが来た。

前にも書いたが、私に来るメールといえば、嫁さんか、ケンチキか、くら寿司ぐらいで、たまに人妻から「会って下さい」と来ることもあるが、「いえいえ、私には妻子がありますので」と丁重に削除させてもらっている。

メールはくら寿司からであった。読んでみると、ワールドカップ開幕を記念して「ワールド寿司フェアー」というのをやるらしい。

おもしろそうなので行ってみた。

くら寿司


6時過ぎに店に着くと、待合室はものすごい人だかりで、さながら南アフリカの会場のようであった。(←知らないけれど)

28組、61分待ちという大変な状況の中、それでもほとんど待たずに席に着けたのは、私がくら寿司の常連で、いつものやつと言えば黙ってビールが出てくるような上客だからではなくて、くら寿司のメール会員で、朝から予約してあったからである。



さて、それでは、ワールド寿司をいただくことにしよう。

まずはイタリア代表、サーモンカルパッチョ、クリスタルジュレ添え。

くら寿司


いいぞ!サーモンはノルウェーっぽいが、カルパッチョはイタリアだ。クリスタルジュレも濃いコンソメっぽい味で、コンソメ といえば、字が ユンソナ と似ていて、イタリアでないと言われればイタリアではないが、ここでは深くふれない。

海苔を巻いて食べるところなんか、とっても日本っぽいが、このグラッチェでアモーレな感じはイタリアンということにしておく。チャオ。


次はフランス代表、合鴨のグラタン添え。

くら寿司


合鴨と来たか。合鴨だけならフランスとは言えんな。ただ、グラタンはフランス、これは間違いない。今やマカロニグラタンなど、グラタン=フランス の図式は薄れてはいるが、グラタンはもともとフランスの郷土料理である。

ベシャメルソースのポテト、添えられた合鴨とご飯を一緒に海苔でくるんでいただくと、トレビアーンでコマンタレブーというより・・・、まあ・・・、何というか・・・、言いにくいけれども・・・、お母ちゃんのポテトサラダに近い。


そして、韓国代表、海鮮めんたい。

くら寿司


イカめんたいは韓国食材としてわかりやすい。ただ、海苔が韓国海苔なら完璧だったのだが・・・。

このあと、日本代表、牛すき焼き (寿司という時点で日本食ではないのか、というツッコミはあるだろうが。) や、ベトナム代表、生春巻き。ドイツ代表ハンバーグ。北海道代表、ずわいがに。京都代表、ゆば。大阪代表、だし入りたこ焼きなどをいただいてすっかりワールドカップ気分であった。

くら寿司くら寿司
くら寿司くら寿司


さて、いよいよ今夜はカメルーン戦。カメルーンにどんな選手がいるのか知らないが、日本代表の選手の名前すらあんまり知らないぞ。

あっ、一人知っている。近所の育英高校の正門に楢崎正剛選手の応援の横断幕が掲げられていた。

よし行け、楢崎選手!目指せゴォォール!



く ら 寿 司

奈良市三条大路3-1-71
0742-32-5660
11:00~23:00 無休
P有 HP



↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : 寿司

category:食べ歩き 奈良市
comment(4) | trackback(0)
記事編集
日の出食堂 ~誰でも行ける奈良の秘境~ 
2010.06.03 Thu 21:39

私が今読んでいる本がこれ。

誰でも行ける世界の秘境


誰でも行ける世界の秘境

誰でも行けるのなら、秘境とはいえないのだが、それを堂々とタイトルにしているところが、この本のすごいところである。

しかし、この中に 「今年旅行しようと思っていた国」 が載せられていて、これまたびっくり。私たちもついに 「秘境」 に行くことになったか。

まあ、その国は「世界の果てまでイッテQ」で 宮川大輔が行ってたぐらいだから、秘境というほどではないと思うのだが・・・。(詳しくは「naranaraの今年はどこ行く何食べる」参照)



さて、こんな書き出しにしたのは、食べ歩きにも同じことがいえるのではないか と思ったからである。

奈良という狭いエリアであっても、まだまだ行ったことのない未知の店がたくさんあり、そこには思いがけない、すばらしい出会いが私を待っている、いい日旅立ちではないか。

そう、フロンティアは世界の果てにあるのではなくて、身近なところに普通に存在するのである。



今回行ったのは、今は残念ながら閉館したシネマデプト友楽の南隣。日の出食堂という、その名の通りの大衆食堂

日の出食堂日の出食堂


創業何年なのかは聞かなかったので、知るよしもないのだが、私が幼少のころから店はあったので、少なくとも10年はたっていると思われる。

いや、冗談はさておき、店の外観からすれば、50年ぐらいはたっていそうだ。

入り口には外国人観光客にもわかりやすいよう、メニューのディスプレイが置いてあり、なぜか3リットル入りぐらいのビール瓶も飾られている。↑(おそらくこれを見た外国人観光客はこれがあると思うに違いない。ドイツ人は要注意だ。)


店に入ると、めっちゃ広い、

日の出食堂


・・・と思わせておいて、
壁は鏡であった。

鏡効果は絶大で、店の広さは倍に見えるし、お客さんが4人いても8人に見える。8人なら16人、16人なら32人、32人なら64人、64人なら128人・・・と、キリがないが、とにかくえらいこっちゃである。



さて、メニューを見るとこんな感じ。

日の出食堂日の出食堂


これ以外にも壁には酒のアテ的なメニューもあったりして、もやし炒め160円とか、冷奴110円とか、なかなか庶民的なまさしく大衆食堂である。



さて、何を注文するか。

私はこの手の食堂に来たときには必ず注文するオムライス、嫁さんと息子はイチオシということがメニューから伝わってくる日の出定食 (この店一番の1300円)+とろろ (160円) 、娘は親子丼を注文した。

日の出食堂日の出食堂
日の出食堂日の出食堂


オムライスは鶏肉と玉ねぎを使ったちゃんとしたチキンライスで、決して素人料理ではなかった。しっかりと味付けされたハンバーグもなかなかおいしかった。

オムライス 750円、親子丼 630円など、大衆食堂にしては安さの魅力はないが、世間一般の価格からすればこんなもんである。

それでもこの場所でここまで長くやってきたのは、やはり地元の人から愛されてきたからなのだろう。



ほっとする空間、なつかしい味。私は桃源郷に来たかのような優しい気持ちになって、この店を出たのだった。


日の出 食 堂
奈良市角振町5
0742-22-6198
10:30~18:30
土休 P無

土曜休みって珍しい。

↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : 食堂 オムライス 親子丼・鶏丼

category:食べ歩き 奈良市
comment(4) | trackback(0)
記事編集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。