何でも食べたい、食べてみたい、美味しいもの、珍しいもの、いろいろ食べた記録。+気になっているもの。
スポンサーサイト 
--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




category:スポンサー広告
comment -- | trackback --
記事編集
奈良ホテル ~優雅な朝食をビジターで~ 
2010.07.29 Thu 09:10

いつものように休日の朝、野球帰りのモーニング息子、そして、この日はボール拾いでおつき合いのモーニング友人を連れての朝食である。

ちなみにこの友人は、この夏のミャンマー旅行に同行することになっている嫁さんの同級生(独身)で前日から我が家に泊まって旅行の打ち合わせをしていたのである。

赤ねえ (←旅行記を読むときには覚えておいて下さい)



そして、3人で行ったのは、なんと・・・、

奈良ホテル


奈良ホテル ♪~(*´∀`*)


前回100周年ランチをいただいてから、実は次はモーニングとねらいはつけていた。

しかし、ビジターでも大丈夫か、バットを持った息子とジャージのオヤジでも大丈夫か、と心配な上、けっこう高いらしいということでこれまでチャレンジできなかった。

それを、苦節30年、ついにこの日がやってきたのである。


入り口に掲げられた「無尽蔵」の文字。

奈良ホテル


《皇太子同妃両殿下のご結婚をお祝いして、東大寺第二百十二世別当、筒井寛秀猊下が揮毫されました。》

・・・と。

無添 蔵・・・、むてんくら、ならよく行くのだが。

高尚である。あまりに高尚なので、どうしょう、という感じである。ヾ(-_-;)



メインダイニングに入ると宿泊客であろう、ほぼ満席である。誰もが皇族か王族か貴族か華族か、身分の高いお方のように見える。それでも私たち家族(風)にもホールの方は親切に対応していただき、しばらくして暖炉の前の席に案内された。

ブレックファストメニューはこんな感じ。

奈良ホテル


基本的には和洋2種類。

和が茶粥定食、洋がオムレツ、トーストなどをプリフィクススタイルで。

今回は大人が二人と子供が一人という構成なので和洋一つずつとオムレツを単品でいただくことにした。

ちなみにこのセットの値段だが、和洋とも2541円。

うまい棒に換算すると254うまい棒である。

まず、洋定食、オートミールかコーンフレークはコーンフレークを。ジュースはパイナップル、パンはホットケーキもあったがフレンチトーストをチョイス。

奈良ホテル


このフレンチトーストが一口食べてびっくり。家で給食の残りのパンで作るものとは大違い。まるでミルフィーユを食べているかのようなさくっとした軽い歯触りで今まで食べたことのない味であった。

単品だと693円(69うまい棒)だが、一生に一度は食べてみたい味である。

卵料理は目玉焼き、スクランブル、ポーチドエッグ、パセリオムレツなどからプレーンオムレツをチョイス。



息子には単品のマッシュルームオムレツ(866円・86うまい棒)を頼んだ。

奈良ホテル


月並みな表現だが美しい三日月のようなフォルム。焦げ目一つない焼き目,半熱の半熟。

完璧なオムレツと言ってもいい。



私がお願いしたのは茶粥定食。和定食との違いは、ご飯か茶がゆかというところだけで、あとは同じだそう。

ほうじ茶で炊いたお粥に赤だし、香の物(水菜、奈良漬、きゅうりのつぼ漬け)、焚き物(ひろうす、小芋、人参、椎茸)、さけの塩焼き・はじかみ添え、温泉卵、ひじき。梅干と塩昆布は食べ放題。

奈良ホテル


茶粥はおかわり自由であった。お茶の香りが漂うあっさりした元味もいいが、梅干しや塩昆布で味に変化をつけてもいい。

普段はめったにお代わりしないが、今回は一杯だけいただいた。



それにしても豪華な朝食であった。今度来るときは宝くじが当たったときか。

窓の外には興福寺の五重塔が静かに夏の朝の始まりを見守っていた。

奈良ホテル


奈良ホテル
奈良市高畑町1096
0742-26-3300
朝食は7:00~9:30
無休 P有 HP




↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




スポンサーサイト

テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : モーニング

category:食べ歩き 奈良市
comment(2) | trackback(0)
記事編集
県立医大病院の食堂 ~コスパは高い~ 
2010.07.24 Sat 08:41

お久しぶり~ふ。
 

「何しとってん、病気でもしとったんか~」という声に対しては元気だったとしかいいようがないが、

元気なので入院してきた。

理由はまたの機会にすることにして、このブログのテーマである 食べたもの で今日も書いてみようと思う。

3泊4日の入院期間中は朝昼夕の食事が出るのだが、それはやはり病院の給食で、健康な人間にとっては味付け、量ともに物足りない。

そこで、給食の方はそこそこにして院内にある食堂に行って食べることが何度かあった。

県立医科大学附属病院食堂


食堂は病院の2階にあって、営業時間は朝から夕方までである。夕方で終わりというのはあくまでもここは外来やお見舞いに来た方向けの食堂であって、入院患者向けではない ということだろう。

店は食券制でメニューは全部で54種類。

もちろん全部食べたわけではないが、けっこういろいろと食べたので、今回はベスト3という形で紹介しようと思う。



まずは第3位。

県立医科大学附属病院食堂


オ ム ラ イ ス ~。

オムライスはどうしても手作りしなければならないので、その店の実力がわかるというようなことはこれまでに何度も書いたが、ここのもどうしてなかなかしっかりと作ってある。

チキンライスは炊き込んだものであろう。鶏肉も含めて均等に火が通って、フライパンで炒めたような香ばしさはないものの安心していただける。

スープ付きで500円なら十分である。


次は第2位。

県立医科大学附属病院食堂


天丼~。

天ぷらは揚げたてではなかったのでカリッとした食感は望めない。

しかし、大ぶりのブラックタイガーが2尾、これにさつまいも、かぼちゃ、ピーマンの天ぷら。味噌汁、漬け物付きで500円は安い!



そして、第1位は、


県立医科大学附属病院食堂


海老フライ&ハンバーグ定食~。

もちろん一から手作りしているとは思えないが、海老フライは大ぶりの尾頭付き、サクッと揚がって身もしっかりとしている。もちろんタルタルソース付き。ハンバーグもまあ普通にうまい。

1位にした理由は何といってもコストパフォーマンス。これで600円である。洋食屋で食べれば(モノは違うと言われるだろうが)1380円ぐらいしそうだ。

さらに今回はいただかなかったが、有頭海老2尾の 海老フライ定食も600円 とさらにお得である。ちなみにハンバーグ&ソーセージ定食も600円 ということで、ここまでくれば値段と言うよりも好みの問題であろう。



以上紹介したものの他、うどんなどもいただいたが、値段も含めたコストパフォーマンスということで3品紹介した。

今回はいただかなかったが550円でサービス定食というのもあるから、これもいいかもしれない。

元気だけど入院するとか、病院に用事があるとかいった人は参考にして下さい。


県立医大病院食堂
奈良県橿原市四条町840 
奈良県立医科大学附属病院2F
8:30~16:00 日祝休 P有






↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : 天ぷら・天丼 オムライス 洋食

category:食べ歩き 奈良市外
comment(8) | trackback(0)
記事編集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。