何でも食べたい、食べてみたい、美味しいもの、珍しいもの、いろいろ食べた記録。+気になっているもの。
洋食 春 ~必ず春は来る~ 
2011.10.31 Mon 17:46

秋も深まり、木々も色づく季節となってまいりました。みなさまにおいてはいかがお過ごしでしょうか。

さて、今日紹介する店は10月28日にオープンしたばかりの 「春」 という店である。

場所はならまちの 「春鹿醸造元・今西清兵衛商店」 から西に数十m、一つ星を獲得した 「玄」 にも近く、「カナカナ」 の隣で、元、「囲炉裏ダイニング たなか」 の離れだったところ。 これで、わかっていただけるか?

洋食 春洋食 春


店頭にはオープンを祝った花がたくさん飾られ、多くの人々から応援されていることが伝わってくる。 看板に誤字・脱字があるのには見て見ぬふりを・・・。

さて、店内には靴を脱いで入る。正面に大きな机のある座敷があり、10人ぐらい座れそう。ぐるっと回ったところにはテーブル席があり、4人がけの席が二つと2人席が一つ。

私たちはテーブルの4人がけの席に案内された。

ちなみにこの日は正倉院展開幕の土曜日で、ならまちは観光客でいっぱいであった。隣のカナカナにも大勢の人が中に入れずに店前の道にあふれていた。だからかどうかはわからないが、この店もほぼ満員の盛況であった。

洋食 春洋食 春


この日はオープンから2日目で、できるものとできないものがあった。表の看板に 「ステーキ、カツ、いろいろあるよ」 と書いてあったが、ステーキ、カツはできないとのことであった。 それなら消しておいた方がいい。

私たちは一番の自信作らしきエビフライとハンバーグのセット、それと、牛めしとエビフライのセット、何だか懐かしい匂いがするナポリタンをチョイスした。それと生ビールの大。ただ、これについては他店の中サイズで、600円取るのならもうちょっと入れてほしい。


生ビールを飲み終えたころ、注文した品が運ばれてきた。

洋食 春洋食 春


この店のメインともいえる、エビフライとハンバーグ、どちらも入ったセット。

海老フライは20cm近くはある有頭で、身はもちろん、カリッと揚がった足とかミソとかもうまい。目玉焼きの卵黄をつけてもいいし、タルタルソースが2種類付く。

ハンバーグはこの鉄板で焼かれたのだろう、切る前から肉汁がじんわりとあふれ出ている。肉は大和牛とヤマトポークの合挽、ジューシーかつ香ばしい一品であった。

洋食 春洋食 春


牛めしは細切れの牛肉に特製のタレを合わせた品。牛丼のようなものをイメージしていたので、ちょっと意外だったが、これもなかなかうまい。これは単品でも300円でいただける。

ここでも一つ苦言を。海老フライとサラダが同じ皿で出てくるが、サラダから出る水が海老フライに浸かってふにゃっとなる。工夫してほしい。

ナポリタンはそのまま喫茶店で出てきそうなもの。イタリア料理と思うと麺も軟らかいし、全く違うものだが、洋食屋さんのスパゲティーと割り切れば味は悪くない。もう一つミートスパゲティというメニューもあって、ミートソースから手作りであれば、これも食べてみたい。


さて、ここまで書いてきて、苦言が多いのは、この店に期待をしているからである。もう一度言う、

この店に期待しているからである。

実は、私はこの店のオープンまでの過程を、まるでストーカーのように密かに見守っていた。といっても店主のブログをチェックしていただけのことであるが・・・。

奈良 「洋食 春」 大ちゃんの感笑道 ~必ず春は来る~


実はこの店のシェフ、隻腕である。別にそれは私にとってはどうでもいいことであって、おいしくてサービスがよければ関係ないことなのだが、このブログを読んでいるととっても明るいのである。 少し紹介させていただく。

 もうかれこれ8年前ぐらいになるかなぁ・・・
 仕事中に包丁で遊んでいまして 誤って手を刺してしまいましてY(>_<、)Y
 この怪我で「CRPS」という神経の病気になりました。

 これがまた・・中々治らない病気でありまして・・・
 何年も治療を続けてきましたが、切断するしかなくなりました。

 うわぁ・・・かわいそう・・・っと思う方もいると思います。
 俺が逆の立場ならきっとそう思うでしょう。

 だけど!!
 後悔なんてしていません!
 逆に俺は幸せ(〃∇〃)です。

 今まで見えなかったもの・・・
 今まで感じた事がなかったもの・・・
 色んなものが見えて感じる事ができました。

 何よりも一番大事な・・・
 感謝の気持ち
 人間として一番大事な気持ちを思い出させてくれました

 ちょっとかっこよく言わせてもらうと・・・
 片腕と引き換えに・・・

 感謝の気持ち
 この大事な気持ちと交換しました。

 だけど、やはり俺は人間でありロボットじゃありません。
 すぐ凹んだりいじけたり・・・
 涙を流す事もあります

 だって・・・・
 女の子だもん(/ω\)

 って・・・オィオィ・・・
 男や!っちゅうねん(*´Д`)=з



九州から奈良に来て、大仏を兄と慕いつつ、洋食店のオープンを目指して、東奔西走する姿は、紆余曲折、笑いあり、涙ありと思わず応援したくなる。

洋食 春


私が行ったときはオープンすぐで、オペレーションの問題や改善してほしいところがあったが、ぜひがんばって、奈良の地に根付いた素晴らしい店になってほしいと、切に思う今日この頃である。

必ず春は来る

洋食 春
奈良市公納堂町14
0742-24-5187
11:30~15:30 17:00~21:00
水休(祝営業)P無 HP

最近ちょっとがんばってると自分では思ってるんですけど、もし、「がんばってると思ってるよ」 という方は↓クリックよろしくお願いします。

人気ブログランキングへ




↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : 洋食

category:食べ歩き 奈良市
comment(4) | trackback(0)
記事編集
王楽園(後編) ~ビャンビャンいらっしゃいました~ 
2011.10.29 Sat 19:21

王楽園は学園前の駅前、パラディーⅡの4Fにある。

店の前にはNHKで紹介されたことを告知するパネルがいくつも並べられ、オーナーシェフの王さんとたむけんのツーショットの写真も一緒に飾られている。

王楽園王楽園


店に入ると、王さんが 「いらっしゃいました~」 と元気よく迎えてくれた。

なぜ、「いらっしゃませ~」 でなく、「いらっしゃいました~」 なのか聞くと、「うちはこうですから~」 と笑顔で答えてくれたけど、 「答えになってないから~」。

ただ、「ませ」 は命令形なのに対して、「た」 は過去・完了の助動詞で婉曲を表す。とすれば、これは もしかして、王さんの高度な日本語表現なのか? そんなわけないか・・・。


この店、普通の中華料理のメニューもある。しかし、今回は番組を見た後ということもあり、特に西安料理を中心にいただいてみたい。

王楽園王楽園
王楽園王楽園


メニューには西安料理のページがあり、写真付きで紹介されている。もちろん中華料理店なので、セットだけでなく、一品メニューも自由に注文できる。 さて、何にするか。

以前いただいたことがある、辛くて毛穴から汗が噴き出た、辣子麺 (ラーヅウメン)。塩味さっぱりとトマトも入った炮鍋麺 (チャンゴォウメン)。 餃子までもが西安風である。

たくさんあって目移りするが、やはりビャンビャン麺ははずせない。これにいくつか珍しいものを頼むことにする。

王楽園王楽園


出てきたビャンビャン麺は見た目からして、シルクロード満開、ここにしかないムードが、ビャンビャン伝わってくる。

「温かいうちによくかき混ぜて」、と言われたので、ぐるぐるかき混ぜる。(写真右)

この料理、一番の特徴は麺の形状、3cmはあろうかという幅広さで、クニュクニュとした食感が個性的、であるが、イタリア料理のラザニアに似てなくもない。

具はじゃがいも、レンコン、人参などを賽の目にしたものに肉味噌。少し辛めの油とタレにからめていただく。

ちなみにこれを食べたときのたむけんさんのコメントは、「重たい」 であった。

王楽園王楽園


左は肉挟馍 (ロージャーモー)。中国西安式ハンバーガー。豚肉を甘辛く味付けしたものをパン生地に包んである。

右は鶏絲麺 (チースーミェン)。これは西安というより台湾が元の麺。基本の醤油スープに少し八角だろうか、スパイスの香りがして、中華風の味わい。名前の通り、鶏肉を糸状に細切りした具が入る。チキンラーメンの元ともいわれる。


せっかくだから、これまでにいただいたものもすべて写真で紹介しておきたい。このブログを読んでこの店に行ってみようと思う方の参考になれば幸いである。

王楽園王楽園王楽園王楽園
王楽園王楽園王楽園王楽園
王楽園王楽園王楽園王楽園


 上段:辣子麺・西安水餃子 牛肉麺 担々麺 健康粥
 中段:酢豚定食 特別ランチ(海老チリ) 鶏唐揚げ 西安鍋貼
 下段:小籠包 飲茶3種 珍珠椰汁(タピオカ) 杏仁豆腐
  
西安といえば奈良と姉妹都市で歴史的にもつながりの深いまちである。と同時に私がプランジャパンで支援しているチャイルドが住んでいる村が近い。

私にとって親近感のあるまち、西安。いつかは行って、空海も食べたといわれる麺料理の数々を食べてみたい、そんなことを考えながら、店を出たのであった。


王楽園
奈良市学園前北1-9-1(パラディ2学園前4F)
11:00~21:30
0742-51-9339
第2・3水休
P有 HP



↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : 中華料理

category:食べ歩き 奈良市
comment(0) | trackback(0)
記事編集
王楽園(前編) ~シルクロードは西安に続く~ 
2011.10.26 Wed 20:45

地デジ化に合わせて、レコーダーを買い換えると、いつの間にか浦島太郎のように進化していた。

新しいレコーダーはパソコンとLANで繋がっており、メーカーのサイトで、ジャンル検索すると、条件にあった番組のリストがずらっと並ぶ。その中から、好きな番組を選んで、「予約録画をする」 のリンクをクリックすると、本体に予約が反映される。

すごいぞ。私が知らない間に電化製品はどんどん進化していたのだ。

来年あたり、ドラえもんが発売されるかもしれない。


私は旅番組が好きなので、サイトを見ていると、西安料理を紹介するという番組があって、奈良の店も登場するという。これは見たい、と思って録画した。

番組は 「まるかじり アジアン食堂」 という。

王楽園王楽園


NHKで毎週やっている番組で、今週は 「シルクロード 粉もん三昧~中国・西安料理」 であった。出演は、たむらけんじさんと、今回紹介する王楽園の店主、王暁亮さん、そして、王さんの娘さん二人。

番組の中で家族を紹介するシーンがある。王さんは西安出身、25年前に日本へ来られた。関西の大学を卒業した後、奈良で就職、そこで日本人女性と結婚し、9年前、学園前に西安料理の店を開き、現在に至る。

王楽園王楽園


娘さんは中国語と中国でも生活できるようにと、親元を離れ、西安のおじさんの家に住み、今は難関高校を目指し、勉学に励んでいる。学費は王さんが送っているという。夜遅くまで勉強する姿はなかなか感動的であった。


さて、番組では娘さんが西安で西安料理をいくつか紹介していた。その中にビャンビャン麺という名の麺があった。

叩くときの音がビャンビャンいうから、という単純な理由で名前が付いたらしい。

王楽園王楽園


それにしても、おそろしく画数の多い漢字である。

この字、この麺のときにしか使わない特別な漢字で、中国の辞書にも載っていないという。真ん中に臼を挽くための馬、心は麺を作るときに心を込めるから、車に乗って咸陽に到るからしんにょう、とのこと。

画数は57画。

漢字テストなら、これを書くだけで5分ぐらいかかりそうだ。


さて、学園前でちょっとした用事があり、王楽園にお邪魔することにしたのだが、店でいただいた西安料理については、後編に続く。


王楽園
奈良市学園前北1-9-1(パラディ2学園前4F)
11:00~21:30
0742-51-9339
第2・3水休
P有 HP


↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : 中華料理

category:食べ歩き 奈良市
comment(0) | trackback(0)
記事編集
豊 ~地獄ラーメンに挑戦しない~ 
2011.10.23 Sun 20:13

富雄駅の北側、ジャンク屋哲の奥に、名前は忘れたが、居酒屋とかスナックが並ぶちょっとした商店街がある。

その中に、今日紹介する、中華料理 豊がある。駅が近い割には駐車場があるので、車でも便利である。

豊 ホーミン  と書かれたテナントが何とも古めかしく、時代を感じさせる。

中華料理 豊中華料理 豊


ここの名物は地獄ラ-メンである。

地獄ラーメンといえば、法蓮仲町に味仙というラーメン屋があって、ここでも名物で、私は順番に挑戦して、今、閻魔一丁目である。(味仙の記事はこちら

しかし、味仙の地獄ラーメンと違うところは、豊の地獄ラーメンは5丁目を10分以内に完食すると無料というところである。

無論、いい年をして、700円のために無茶なチャレンジをするつもりはない。

中華料理 豊中華料理 豊


壁にはチャレンジに成功した人たちの色紙や貼り紙が飾られており、完食自慢がものすごいのだが、たいていは学生か若い人である。

また、店主は阪神ファンなのだろう、所狭しとタイガースグッズが飾られており、野村監督のフィギュアや井川選手、片岡選手のボトルまであった。

メニューは中華料理だけあって、地獄ラーメン以外のものもたくさんあり、中には 仙一定食というのもあったが、今のご時世なら、真弓定食であろう。 いや、それも長くないか・・・。


さて、店主が注文を聞きにきて、私は地獄ラーメンを頼んだ。5丁目にするか、もう少しマイルドなものにするか、少し考えたが、5丁目というのも食べてみたい気がした。

私が 「5丁目は無理ですか?」 と聞くと、「大丈夫だけど、むちゃくちゃ辛いよ」 と、どっちとも取れる答えであった。

私は辛いものが大好きなので、ここは思い切って5丁目を注文した。

中華料理 豊中華料理 豊


5丁目は、超!激激激激辛!!!! さて、何回 「激」 と言ったでしょう、みたいな、辛さ満開、幸せ全開といった説明があったが、実際スープをすするとそんなに辛くなかった。ただ、

辛いよりも、熱い!

スープの表面にはラー油かと思われる赤い油が覆っており、その熱さは尋常ではない。必死でふうふうするが、なかなか冷めない。このままでは10分以内に完食などできそうもない・・・。水を入れて冷ますか?

あれ? 何だか、チャレンジしているような雰囲気になっているが、いい大人がそんなことをするわけがない。


しばらく食べ進めていると、体から汗が噴き出てきた。舌の辛さはそれほどでもなくても、体は反応しているみたいだ。

今度は暑い・・・。


8分ぐらいで麺は完食した。あとは一気にスープを飲み干せば・・・、というとき、大問題が発生した。

おいしくない・・・。 <(_ _)>

これはもちろん豊さんの腕の問題ではなくて、大量に入れられた唐辛子が、元のスープの味をなくしており、ただただ辛いだけの液体になってしまっているのだ。

中華料理 豊


私は残り時間1分を残して、敗北を決心し、静かに箸を置いた。もう十分である。私は戦った。やるだけのことはやったのである。我が人生に悔いなし。

この店の評価は 地獄ラーメン、ましてや5丁目ですべきではない。他のメニューならもっとおいしくいただけたはずである。私は700円を払い、ほかほかと熱を持った胃袋をかかえて、帰路についたのであった。


中華料理 豊眠
奈良市富雄北1-4-1
0742-49-0973
17:00~翌0:30


↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : ラーメン

category:食べ歩き 奈良市
comment(0) | trackback(0)
記事編集
ミシュラン2012 ~予想と結果を考察する~ 
2011.10.20 Thu 23:46

前回の記事から一転して、A級グルメの話題である。

ついにミシュラン京都・大阪・神戸・奈良 2012が出た。

タイトルが長いので、この際、ミシュラン近畿 (滋賀・和歌山以外) にした方がいいとか、芦屋や西宮も入っているのだから神戸ではなく兵庫だろ とかいろいろな意見を耳にするが、そんなことはまあどうでもいい。

本当は明日発売なのだが、今日、予約してあった本屋さんから、「入荷しました」 という電話があり、早速自転車で受け取りに行った。(掲載される店については、18日に発表があり、知っていた)

ミシュラン奈良


ミシュランに奈良が追加されると発表されたすぐに、私はこのブログで予想を立てていたので、今回はその当たりはずれも含めて、考察してみたいと思う。 (前回の記事

まず、私は、三つ星1店,二つ星4店,一つ星13店,と予想していたが、結果は三つ星1店,二つ星3店,一つ星21店と 一つ星の数については予想を大きく上回った。

これについては奈良のレストランが想像以上にレベルが高かったのか、ミシュランの星の付け方が想像以上に甘かったのかどちらかであろう。

そば に注目してみる。そば は京都から6店 (うちNEW1店)、大阪から10店 (うちNEW5店) 兵庫から7店 (うちNEW2店)となっているが、大阪の伸びをからもわかるように、ミシュラン、けっこう そば好きである。

玄


とすれば、私は予想で、そばは 「玄」 1店としたが、3店ぐらい入れてもよかったことになる。

ちなみにこれは串カツでも言えることで、私は1店と予想し 「マスダ」 を推したが、2店とわかっていれば、「神戸亭」 も有力候補であった。外したことの言い訳をするつもりはないが、一つ星が21店も選ばれたことは、驚きである。

MASUDA


次に選ばれた店が予想と合っていたか、であるが、全25店中、11店は予想できていた。ただ、当てられなかった14店の内、10店は行ったことがない店であり、行ってもないのにとやかく言えないので、これは仕方のないところである。

普段あまり高級なところに行ってないのがわかる。


私の予想
 三つ星(1) イ・ルンガ
 二つ星(4) アコルドゥ 花垣 ラ・テラス 栃
 一つ星(13) ル・クレール AMRIT 和やまむら 尾川 菊水楼 こんどう ゆう座 
          粟 川波 ステーキ伊達 やす田 玄 MASUDA    
 行ったことはないが つる由 温石 夢窓庵 登大路ホテル

実際
 三つ星(1) 和やまむら
 二つ星(3) 花墻 夢窓庵 温石
 一つ星(21) にしむら 浪漫 千恵 尾川 かこむら きた田 川波 粟 
         玄 彦衛門 一如庵 マスダ 神戸亭 枯淡 なず菜 関 
         万惣 ゆう座 ラ・カシェット ル・ベンケイ イ・ルンガ


ル・ベンケイ


さて、ミシュランの三つ星は そのために旅行する価値がある卓越した料理 となっている。

ということは、このガイドブックを持ったフランス人、あるいは遠くからやってくる観光客が、

飛行機や新幹線を使って、わざわざ新大宮へやってくる

ということであり、何だかえらいことになりそうである。

また、二つ星は 遠回りをしてでも訪れる価値がある素晴らしい料理 ということだが、京都を訪れた観光客が関空に直接戻らずに奈良に立ち寄り、高畑や学園前や法蓮を訪れるということである。ちなみに 「夢窓庵」 は我が家から徒歩5分のところにある。 ぜひ我が家にも立ち寄って下さい。

やまむら


今回、ミシュランに奈良が追加されたことは、奈良にとっては喜ばしいことである。

ただ、店の選ばれ方にについては、これで完璧だとは思わない。この店が入っていて、あの店が入っていないのか、という気持ちもないではない。例えば、富雄の 「アコルドゥ」 などは私の感覚では必ず入ると思っていた。

ミシュランガイドは毎年 調査をし直して改訂するという。この一回で終わりでないところが何とも楽しみである。

これから、行ってない店に少しずつでも行って、微力ながら奈良の食を応援していきたいと思っている。これからもよろしくお願いします。



P.S ミシュランガイド、2520円もしたというのに息子が一番興味をもったのが、パラパラマンガであった。

↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : 地域情報

category:地域情報 イベント
comment(2) | trackback(0)
記事編集
B級グルメフェスティバル ~サンタウン30周年~ 
2011.10.18 Tue 21:23

B級グルメがこれほどまでにもてはやされるようになったのはいつからだろう。

しょせんB級なんだから、中学生が学校の帰りに食べるたこ焼きのようなもの、のはずだが、行列に並んでまで買い求めることになるとは・・・。


サンタウンすずらん館の30周年を記念して、B級グルメフェスティバルが行われるという。「サンタウン」・「30周年」・「B級グルメ」 のつながりはいまいちよくわからないが、楽しそうなので行ってみた。

B級グルメフェスティバルB級グルメフェスティバル


屋台が全部で11店。そのうち県外が6店で奈良県内が5店。5年前から始まったB-1グランプリで優勝した品も出店している。

オープンは11時からというので、私たちは11時過ぎに行ったのだが、もうすでに行列ができていて、老若男女、会場は大にぎわいの様相を呈していた。

うわさ話によると、前日が雨だったので、この日に人が集まっているらしい。

B級グルメフェスティバルB級グルメフェスティバル


さて、奈良のB級グルメはいつでも食べられるので、私たちは県外の屋台にターゲットを絞った。ただ、そちらの方が行列は長く、買うのに時間がかかった。私たちは二手に分かれて列に並ぶことにした。

とってもいい天気で、屋外で食べるのはちょっと暑いぐらいの気候であった。並んでいても少し汗ばんだ。


私と息子が並んで買ったのが、こちら。

B級グルメフェスティバルB級グルメフェスティバル


富士宮やきそば (静岡県) 
500円 B級グルメ大会2006年、08年度「優勝」

産地直送の蒸し麺はもちもちとしたコシの強さが特長。 豚の背脂からラードをしぼったあとの“肉かす”とソースを絡め、風味のあるイワシの“だし粉”をふりかけて仕上げた焼きそばは香ばしく食べごたえも十分! 静岡県富士宮市で長年愛されてきたご当地の味、 ぜひご堪能あれ。

個人的にはソースよりも麺に個性を感じた。エッジがあり、しっかりとした歯ごたえが、関西風とは違う感じか。 でも 少し油っこい。


嫁さんと娘が並んだのがこちら。

B級グルメフェスティバルB級グルメフェスティバル


津山ホルモンうどん (岡山県) 
600円 B級グルメ大会2009年度「準優勝」、10 年度「3位」

B級グルメの全国大会で常に上位を占める津山ホルモンうどん。 新鮮なホルモンを手軽に使える地の利を生かしたこのうどんは、プリプリしたホルモンの食感とオリジナルの味噌醤油だれとの絡みが絶妙なコクのある逸品。お酒のつまみにも、 ガッツリお腹を満たしたいときも◎。

こちらも麺が太くてもちもちしているのが特徴。ホルモンは味がしっかりついているが、ちょっと堅いぞ。

普通とマヨ玉 (写真右) といただいたが、マヨ玉は 香取慎吾や渡辺徹といったマヨラーが好きそうなこってりと超濃厚な味であった。

B級グルメは味が濃い・・・。 


もう一つ、交代で並んでいただいたのがこちら。

B級グルメフェスティバルB級グルメフェスティバル


静岡餃子 (静岡県) 300円

食材のうま味と食感を極限まで引き出し、タレなしで食べる静岡餃子。ご当地自慢の最高級銘柄「るいびぶた」をはじめとする静岡の厳選食材を使用。当日は「静岡餃子」「桜えび餃子(5貫)400円」「あげまる 4個400円」の3種がお目見え。 職人技が光る餃子はいくつでも食べられそう。


皮が厚めで肉汁がたっぷり入っているのがいい。熱々をほおばると肉汁がじゅわっと出てきて口の中がやけどしそうになる。

普通の餃子には静岡らしさは感じられなかったが、桜えび餃子はほんのり海老の香りがして、奈良ではいただけない味がした。


本当はもう少し別のものも食べたかったが、この日は別の用事があり、これだけしか食べられなかった。今度、このような企画があった暁には、十和田バラ焼きや気仙沼ホルモンも食べてみたいと思う。

全国にはまだまだたくさんのB級グルメがあるだろう。これらが発掘され、私たちにも食べられるようになることはうれしいことである。


しかし、旅をしてやっといただけるという感動が少なくなることと、無理にB級グルメを作ることには少し違和感を感じている私がここにいたりする。 

よければ、みなさんのご意見をお聞かせ下さい。


↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : イベント

category:地域情報 イベント
comment(0) | trackback(0)
記事編集
まちなかバル ~奈良のまちを食べ歩こう2~ 
2011.10.16 Sun 22:24

張り切って、ならまちバルを回るぞ、

と思ったら問題が発生した。

息子が熱を出したのだ。泊まりがけの行事で張り切りすぎたらしい。

さて・・・、

熱の息子を置いて昼間から飲み歩くなんて親として とうていできない・・・、


仕方がない・・・。

仕方がないので、まちなかバルには、 私一人で行くことにした。

「いくんかい!」 というツッコミがあるかもしれないが、嫁さんに残ってもらうことにしたのである。計画では私と嫁さん・息子チームに分かれて、アテ&酒とデザート&ソフトドリンクを回ろうと思っていたのだ。


計画を変更する。

いつもなら、週末は自転車の息子を連れて奈良公園までジョギングしているのだが、今日は一人で走る。できるだけ遠くから奈良駅に帰ってくるように順番を決める。


1軒目 なら和み館 Restaurant&Café あをがき

なら和み館 Restaurant&Café あをがきなら和み館 Restaurant&Café あをがき


【バルメニュー】大和ポークのゆずこしょう焼or大和鶏のから揚げorケーキ
         +ドリンクセット

 落ち着いた和の趣きの中で味わっていただける当店自慢の限定メニューです。
 甘いものがお好きな方には「ケーキ+ドリンクセット」もご用意しております。


この日は気温が高かったせいもあって、店に着いたときには汗だくであった。店員さんや他のお客さんは何事かと思ったことだろう。

私はヤマトポークのゆずこしょう焼とビールを選択。このビールのうまいこと。渇いたのどを潤してくれる。

そして、ヤマトポーク、私は豚の味を味わい分けるほどの舌は持ち合わせてはいないが、ヤマトポークと銘打たれたものをいただくときに気を付けていることがある。

それは、脂の味である。安物の豚肉は脂がしつこくて、どろっとした味だが、ヤマトポークは脂があっさりとして上品である、と言われている。だから、脂がさらっとしているかどうか、気をつけながらいただくことにしているのだ。

ここの柚子胡椒焼きはさすがに肉質も柔らかく、脂も上品ないい豚であった。


2軒目 タイ料理 RAHOTSU (ラホツ)

タイ料理 RAHOTSU(ラホツ)タイ料理 RAHOTSU(ラホツ)


【バルメニュー】タイの焼酎orグラスビール&揚げパンとタイのヤム(サラダ)

 タイの寄せ鍋「タイスキ」前菜やデザート付3500円(2名様~要予約)
 宴会にご利用下さい。 ラホツのタイランチ千円、単品多数。 


冷たいビールも飲んで、汗も引いたので隣へ移動。

ドリンクはタイの焼酎にしてみた。モンシャムという銘柄でタイの最高級香り米を使ったプレミアムな焼酎だとか。

私はロックで飲んだのだが、クセが無くスっと飲め、あまりにスっとのどを通るので、度数を聞いてみたら30度ということで驚いた。

春雨のサラダも揚げパンも辛くはない。揚げパン用にスイートチリが付いているが、カウンターに置いてある調味料 (ナムプラー・唐辛子酢・唐辛子粉) で味を調節してもいい。


3軒目 旬菜 香音 (かのん)

旬菜 香音(かのん)旬菜 香音(かのん)


【バルメニュー】抹茶塩で頂く、エビと季節の野菜の天ぷら。
         ワンドリンク(生ビール、焼酎、チューハイ、各ソフトドリンク)

 奈良の地酒や大和牛、季節の一品、ご飯ものまで、
 リーズナブルな価格で、お一人様でも気軽に立ち寄って頂けるお店です。


ここは近々行こうと思っていた店。松花堂弁当や定食も気になっていたが、先にバルでお邪魔することにする。

店に入った時点で13時半、そろそろランチの時間も過ぎて、先客も私の後から来た女性3人組もみんなバルチケットを出していた。

ドリンクは選べたが、天ぷらということもあってビールにした。隣の女性は、「杏露酒もある~♪」 と盛り上がっていたが、結局は芋焼酎をロックで頼んでいた。


4軒目 藝育カフェ Sankaku(サンカク)

藝育カフェ Sankaku(サンカク)藝育カフェ Sankaku(サンカク)


【バルメニュー】Sankakuカレーorロコモコ風ごはん+ビールorソフトドリンク

 ごはん・おやつ・アートのSankakuは下御門に移転しさらにパワーアップ!
 アートを楽しみながら、おくつろぎ下さい。
(HP)

そろそろご飯も、ということでカレーをいただくことに。

この店、前は夢キューブにあった。そのときは行けずにいたが、バル企画とはいえ、今回やっと訪店することができた。

狭い階段を上って、入ってビックリ!

こんな空間が下御門にあったのか?

舞台があるから元は劇場だったのだろうか。段差のあるフロアーはけっこう広く、壁にはアートな作品が飾られている。椅子やテーブルもデザイン性の高いものが置かれおしゃれな雰囲気を作り出している。

カレーはココナッツミルクがよく効いたマイルドなタイプ。プツプツとした黒米の食感も楽しくなかなか見事な出来だ。


5軒目 よばれや

酒食楽横丁よばれや


【バルメニュー】鶏の塩麹焼きと日本酒

 15日土曜日は酒食楽横丁でイベントを開催しています。
 土曜日にお越しのお客様は酒食楽横丁にてお待ちしております。


最後の締めくくりとして、酒食楽横丁に行った。

開店の2時に合わせて行ったのだが、まだ提灯を準備していて、大和時間であった。私は息子が熱を出しているのと嫁さんがこの後予定があるのとで、2時半には帰りたかった。 

鶏の塩麹焼きは鶏の脂と塩辛さが日本酒に合う品であった。ちなみに酒はスッキリした味をというリクエストに 「春鹿純米吟醸冷やおろし」 を出してもらった。

鶏と日本酒との相性はさすがによくて、スッキリと最後の一品を楽しむことができた。


さて、この後、らほつの屋台で、ネームというタイのソーセージと腸炒めを買い、テイクアウト用の袋が無いというので、発泡スチロールの箱を持ったまま、家までランニングで帰ったのであった。


まちなかバルは3回目ということであるが、とっても楽しい企画なので、4回目、5回目、10回目、100回目といつまでも続いてほしいと思ったのである。



↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : イベント

category:地域情報 イベント
comment(0) | trackback(0)
記事編集
まちなかバル ~奈良のまちを食べ歩こう~ 
2011.10.15 Sat 11:35

バルとはスペイン語で、軽く一杯やれる喫茶、食堂、飲み屋のことでイタリア語ならバール、英語ならバーとなる。決して鉄製の工具のことやオリックスの外国人選手のことではない。

この楽しげなバルを街全体でやろうというのが 「まちなかバル」 という企画である。(HP

 ●スペインの食文化を代表する「バル」を奈良のまちなかに再現し、
 お店が出す「ワンドリンク+各店が趣向を凝らした1品」をハシゴして歩くイベントです。


チケットは前売りの方が安いので買ってあった。

まちなかバルまちなかバル


 ●一冊3,000円を前売りチケットとして販売します(当日は一冊3,500円となります)。
 参加者はこれを購入することで、このイベントに参加できます。


公式ガイドによるとバルメニューを出しているのは全部で74店。中にはライブハウスや寄席などもある。

個人的にこういう企画は大好きである。どこに行こうか、選ぶのも楽しい。


開催は14日、金曜日の夜と15日の土曜日。で、早速、金曜日に行ってみた。

まず1軒目はJR高架下の 「La Côte d'or Wine&Bistro」。

La Côte d'or Wine&Bistro(ラ・コート・ドール)La Côte d'or Wine&Bistro(ラ・コート・ドール)


【バルメニュー】赤・白各5種から1glass+フランス産ラパンのリエット&サラダ

ラパンですよ、奥さん。ラパンって何かって?それはウサギ、あのかわいい・・・

フランス産のウサギをパテにしたものをバゲットに乗せていただく、フランスでは食前酒とともにいただく料理。バル最初のメニューにふさわしい、このナイスチョイスに自分に拍手である。

ワインは赤・白・スパーリングから選べて、私はスパークリングワインにした。

店に着いたのは6時半頃だったが、店主から 「何軒目ですか?」 と聞かれた。6時スタートだからいくら何でもと思いながら、「最初の店です。」 と答えたが、ここから少し会話がはじまった。

「なかなか凝った料理ですね」 と私が言うと、「今回は初めて参加したので、宣伝もかねて」 と言われた。

なるほど、普段なら600円ではなかなかいただけない内容だと思ったら、店主のこの心意気があったからとわかって妙に納得したのであった。


2軒目は、「手造りの味 ゆき」

手造りの味 ゆき手造りの味 ゆき


【バルメニュー】三品盛(焼鳥・酒盗やっこ・枝豆)+生ビール

ここでも最初の会話は、「何軒目ですか?」 だった。どうも、まちなかバルに参加している方は、何軒目かが気になるらしい。

話を聞いて知ったのだが、この店、オープンして40年にもなるらしい。けっこうな老舗である。店主は 「大通り沿いにあるわりには人の流れがなくてね。みんなバスから見てるだけなんよ。」 と笑っておられたが、私も外からは見たことがあっても、入ったのは初めてであった。

また、豆腐の上に乗った “酒盗” には相当のこだわりがあり、酒盗を探すために四国から九州を旅したこともあるという。最終的に これだ となったのが静岡産のまぐろの酒盗だったと言うから、四国、九州は何だったのか、なのだが、四国の酒盗は塩が強すぎて、少し舐めては強い酒をくいっと飲むのに適していて、奈良では出せないと思ったらしい。

確かにまぐろの酒盗は味もマイルドで、店主いわくチーズに合わせてもうまいのだそうだ。


さて、初日は晩ごはんを別の場所で食べたこともあり、これで終了である。また、明日 (書いているのは今日だが) お昼を中心にいろいろ回ってみたいと思う。



↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : イベント

category:地域情報 イベント
comment(0) | trackback(0)
記事編集
醤道ver.匠 ~こだわりがすごすぎる~ 
2011.10.09 Sun 20:25

こだわりの本来の意味は、「ささいなことを必要以上に気にすること」 である。それが、最近では、「細かな点にまで気を使って価値を追求すること」 という意味で使われることが多くなった。

さて、今日はこの こだわり という言葉を全力で使っている店の紹介である。

三条通にわりと最近オープンしたラーメン店。ここのこだわりがすごいのだ。

壁一面にこだわりを謳った貼り紙がしてあったので、全部撮ってみた。

醤道ver.匠


まずはこだわり卵。九州緑の農園で生産される 奇跡の卵。

その名も、つまんでご卵。 つまんでご覧?

せっかくだから、つまんでご飯に乗せようとしたけど、残念ながらつぶれてしまった。つまみ方が悪かったのだろう、こだわり卵に申し訳ないことをした、反省である。

さらにこの紙には、醤油のこだわりも書かれており、生駒の福寿という寿司屋さんが作っている醤油らしい。

ただし、作り方が極秘なのはわかるが、原材料まで極秘なのはちょっとこわいぞ。

店主のあだ名が
へそ というのも何だか変だ。


その卵を使った卵かけご飯にもこだわりがある。

醤道ver.匠


究極の卵に極秘材料の醤油をかけて、いっきにかきまぜたら、

究極のたまごかけご飯の完成。

これで、海原雄山と対決だ~。


お次はこだわりチャーシュー。

醤道ver.匠


2時間煮込んで、3時間漬け込む。

計5時間・・・。

すごいのか・・・? どうなのか・・・。

でも、ここのチャーシューけっこうおいしかったからまあいい。


そして、スープ。

醤道ver.匠


鶏・豚・野菜をたっぷりと使用し、6時間煮込んだ動物系スープとカツオやサバ、昆布や椎茸を使用した風味豊かな和風だしの二つを合わせた特製Wスープ。

ラーメン屋なのだからスープにこだわるのは当然といえば当然である。

鶏、豚、野菜、カツオ、サバ、昆布、椎茸・・・、他にもいろいろな素材を使い、試行錯誤の上、今に至った自慢のスープであろう。


餃子はどうか。

醤道ver.匠


豚ミンチと白菜とニラで作った手作り餃子です・・・。

こだわり餃子、と書いているわりには説明があっさりしている気がするのは私だけ?

どうせなら、豚は最高級のヤマトポークのみを使用、白菜やニラは店主の父の無農薬農園で朝から採れた新鮮なものだけを使っています、ぐらいのことを書いてほしい気がするが、この手のキャッチコピーも本当かどうかわからない怪しい店がある中で、ここのようにシンプルなのも逆に好感が持てるか。


こだわりミンチカツにこだわりエビフライ。

醤道ver.匠


だんだんラーメンから離れていく・・・。

ラーメン店ならラーメンで勝負してほしい気がするが、サイドメニューのこだわりを大々的にアピールするの店も最近多い。

この貼り紙を見て、本当に材料から製法までこだわった洋食屋さんが見たらどう思うのか聞いてみたいが・・・。


最後にこだわりコロッケ。

醤道ver.匠


さて、ここまで貼り紙の中に何度、こだわり という言葉が使われただろう、数えてみた。

この回数をクイズにしてみてもおもしろいと思ったが、めんどくさいので答えは9回である。ほとんどのメニューに こだわり という言葉が使われていると言っても過言ではない。


このラーメン店の名はタイトルにも書いている通り、「醤道ver.匠」 という。

このブログを読んだ方がどう思うかはともかく、この店、味も悪くないし、サービスもとても親切である。 (←ここ重要) テーブル横の貼り紙には、「オープン当初のサービスが悪くてすみません」 みたいなことが書かれてあったが、そんなことは全くなかった。

ただ、個人的にはこだわりをあまり乱発すると一つ一つが薄まるようでどうかと思う。

みなさんはいかが思われますか。

醤道 ver.匠
奈良市三条町474 福森ビル1F
0742-24-4810
11:00~15:00 17:00~23:00(LO)
無休 P無


P.S 文中に 「こだわ-り・る・っ」 という言葉は何回出てきたでしょうか?(広告除く)

↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : ラーメン

category:食べ歩き 奈良市
comment(2) | trackback(0)
記事編集