何でも食べたい、食べてみたい、美味しいもの、珍しいもの、いろいろ食べた記録。+気になっているもの。
釜山 ~韓国家庭料理を郡山で~ 
2011.11.24 Thu 20:28
 
釜山といえば、この夏、私たち家族の韓国旅行の際、台風による欠航で飛べなかった街である。

結局はソウルに飛んで、KTX で南下し、訪れることができたのだが、ここ釜山では、ユムシを食べ、ポンテギに閉口し、サンナクチに口唇を吸われ、ホンオフェに涙し、デポチプでおごってもらい、めがね屋にナンパされた、という盛りだくさんの経験をさせてもらった。(naranaraの今年はどこ行く何食べる?参照

そんな釜山を嫁さんは 「ソウルより好き」 と言う。

その釜山を名にした店がある。

釜山釜山


そういえば、韓国料理の店には地名を店名にしているところがって、桜井の 密陽 (ミリャン) や晋州亭 (チンジュ) などは店主の出身地を店名にしている (←たぶん)。 この店も釜山出身のオモニが出したということである。

場所は郡山、といっても、斑鳩に近い矢田山からの道。松籟荘病院の近く、松尾寺口バス停そばと市街中心部からは離れた幹線道路沿いにある。


さて、メニューはこんな感じ。

釜山釜山


今回はランチで訪店したのだが、定食は、ピビンパ、石焼きピビンパ、冷麺、トック、豚バラカルビ、骨付きカルビ、テッチャン鍋など。一品が豚足、キムチなどなど。

これに加え、新メニューとして壁にサムギョプサルや牛タタキなどの貼り紙がされている。

韓国家庭料理を、「できるものは出しますよ」 的なアットホームな感じで、ユムシやサンナクチも もしあれば奥から出てきそうな雰囲気である。ないと思うけど。

せっかくだから座敷に座り、チヂミと参鶏湯と豆腐チゲを注文。

釜山釜山


まず出てきたのが、チヂミ。ちょっと出てくるのが早いかなと思ったが、端の方がサクサクとした軽い食感で、ビールのつまみとして最適であった。 飲んでます・・・。

写真右の参鶏湯は餅米の量は少なめで、さらっとスープ感覚でいただける。小骨や軟骨はほろほろとくずれ、滋養強壮、疲労回復、一石二鳥な味であった。

釜山釜山


豆腐チゲはチゲとはいっても、とんがった辛味はなく、豆腐と卵で、まろやかな辛味という感じ。鍋の底には、むき海老、あさり、豚バラ肉などの具が沈んでいて、それらの食材から出た出汁が複雑な味を醸し出している。

ビールを空にし、マッコリもいただいた。ここのマッコリはJINROマッコリ。オモニが言うにはこれが一番とのこと。いつもは器に入れ替えて出すのだそうだが、今回はボトルのままいただいた。運転手の嫁さんにも帰ってから飲んでもらいたかったからである。

帰り際、「キャンペーン中なんです~」 とカタツムリパックをいただいた。あくまでもアットホームな店である。

せっかく釜山という店名なのだから、海鮮などもっとあったらと思ったが、一つ一つの料理の味やサービスはとても満足のいく店であった。暖かくなったら冷麺なんかも食べてみたいな、とそんなことを思いつつ帰路についたのであった。


韓国料理 釜山
大和郡山市小泉町2795-32
0743-54-1355
11:00~14:00 17:00~21:00
月・火昼休 P有


↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : 韓国料理

category:食べ歩き 奈良市外
comment(0) | trackback(0)
記事編集
若草カレー本舗 ~スパイシーな若草色~ 
2011.11.19 Sat 14:13
 
東向商店街にパレスビルという雑居ビルがあって、天下一品や串たりつ、立ち飲みの店があったりするのだが、宮殿と名乗るにはちょっと無理があるんじゃないか。

ここに、10月11日オープンしたばかりのカレー屋さんがある。

若草カレー本舗若草カレー本舗


若草カレ-本舗

若草といえば若草山とか若草中学校とか若草書店とか、いろいろあるが、何となく奈良っぽいネーミングである。

東向北商店街にはやはり、「わかくさ」 という名のカフェがあって、いつ行っても緑色の服を着たマスターが出迎えてくれるのだが、ここも緑一色の装飾だったりするのだろうか。

・・・と思ったが、カウンター9席のシックな内装の店であった。ちなみにマスターの服は黒のコックコートであった。

若草カレー本舗若草カレー本舗


壁には棚があり、スパイスがずらっと並んでいる。興味津々で見ていると、マスターが一つ取ってくれて、「うちのカレーの香りのベースはこれです」 と言った。

それは、フェネグリークパウダーという、モスグリーン色をしたスパイスで、インド料理によく使われるものだそう。

若草カレー本舗若草カレー本舗


メニューを見ると基本のカレーがあり、トッピングや辛さ、ご飯の量などで好みに仕上げるよう。

といっても、基本のカレーが辛口、スパイシーなので、別に少し甘めのカレーもある。また、新しいメニューとして、焼きカレーもあり、私たちは野菜カレー、この日のカレー、焼きカレーを一つずつ注文した。

若草カレー本舗若草カレー本舗


左 野菜カレー
ベースのカレーはほうれん草とミンチを使ったキーマ風。店名のように若草色をしたルーはスパイスが効いた辛口。素揚げの野菜はカボチャ、オクラ、ジャガイモなど。

右 本日のカレー
本来は海老フライカレーだったが、「昨日海老フライを食べた」 と言ったら、チーズカツに変更してくれた。とろみがあり、辛さもマイルドなカレーは日本風で子どもでも食べられる。

テーブルにはガーリック入りアーモンドオイルが置いてあり、カレーに入れると風味が変化する。また、付け合わせは玉ねぎのピクルス、らっきょとか福神漬けではないところがおもしろい。

若草カレー本舗若草カレー本舗


左 焼きカレー
若草カレーにチーズと卵をのせて焼いてある。チーズが香ばしく、半熟卵がとろり。門司のご当地カレーをアレンジしたもの。

右 ミニマンゴーラッシー
ライスは普通盛りが220g、大盛りが無料で300g。逆に小盛りにすれば、このミニマンゴーラッシーが付く。


さて、このパレスビル、店も増えてさながら屋台村のようになっている。今のところ座った席の店のものしか注文できないようであるが、天下一品のラーメンに串カツとか、カレーに餃子とかできたら楽しいかもしれない。


若草カレ-本舗
奈良市東向南町2 パレスビル1F
0742-24-8022
11:00~15:00頃 18:00~翌0:00頃
火夜・水昼休 P無 HP


↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : カレー

category:食べ歩き 奈良市
comment(6) | trackback(0)
記事編集
クーカルバザール後編 ~酒発祥の地で試飲三昧~ 
2011.11.16 Wed 20:18
 
ビールを飲み終えて、飲み物を買いに出た。地酒のブースは2つあったが、まずは やたがらすの幟が目立つ、酒老舗 喜多本店のブース。

本当はいくつか試飲した後、気に入ったものをグラスでもらうつもりであったが、グラス売りがなく、結局 試飲しただけになってしまった。

クーカルバザール2011クーカルバザール2011


●やたがらす 純米樽酒 たる樽
「おすすめをください」 と言うとすすめられた。たる酒はたいてい強い味の酒を長く浸けて黄色くなるものだ。これは、すっきりとした純米酒に軽く杉の香りを付けたもので、アルコール度数14度ということもあり飲みやすい。

●吉野物語 いちご
うめ、ゆずなどがあるが、今回は苺の酒を試飲させてもらった。とろっとしたジュースのような酒で女性や子どもに好かれるだろう。いや子どもはいかん、ただ、息子に匂いをかがせたら、「おいしそう」 と言ったので、やはり子ども向けという味である。

●貴仙寿吉兆
すっきりした味をとのリクエストでいただいた。「吟醸なんで米の甘さが出てますやろ」 確かにすっきりとした味の奥に米の甘さが感じられる。

●冷やおろし
熟成させてコクを出したもの。「焼酎飲まはりますか、何年もので黄色くなったやつ、あんな感じですわ」 と飲ませてもらうと確かにこれまで飲んだものとはまた違った味。

クーカルバザール2011クーカルバザール2011


私はもともとあまり日本酒は好みではない。できるだけ水のようなスッキリとしたものがいいと言ったら、嫁さんから、「水飲んどけば」 と言われるほどである。

しかし、今回、試飲していると、味の違いがわかっておもしろかった。4杯試飲して、結局何も買わず、「ありがとう」 とブースを後にしたのだが、最後までイヤな顔一つせず、熱く日本酒を語る店主には感謝である。感謝だけでは申し訳ないので、宣伝もしておきたい。

「酒老舗 喜多本店」 (←よければクリックを) さん、ありがとうございました。


さて、隣のブースも地酒であった。しかも、

今西酒造×女子大生のコラボ 

クーカルバザール2011クーカルバザール2011


私はなぜだかわからないが、大きな力に引き込まれて、ブースの前に立っていた。

試飲させてもらったのは2種類。

●四天王の吟醸酒
朝の光に照らされて、新しい奈良の朝が目覚めます。

●不動明王の純米酒
燃え上がる炎の如く古都奈良のいろ、あざやかに。

ここは酒の味は別にして、アニメチックなラベルやキャッチコピーが個性的である。元は今西酒造の酒だが違うものになったような感じでおもしろい。女子大生が注いでくれるのも、いとをかし。

考えてみれば奈良は日本酒発祥の地である。これだけいろんな種類の酒があるのに、日本酒は苦手とか言ってていいのか。私は日本酒に目覚めなければならんと心に誓ったのであった。


さて、試飲も6杯飲むとそこそこである。カフェイルンガがブースを出していたので、ここでサンドウィッチを、そして、もっふるで にくぱんを買って席に戻った。

クーカルバザール2011クーカルバザール2011


イルンガのサンドウィッチは、2種類あったが、選んだのは、ヤマトポーク岩塩焼き、村上農場の 熟成ジャガイモ モルタデッラハムを使ったパニーノ。 長い名前である。

にくぱんは生地に奈良産米粉を使いもっちりとした食感。具材には奈良漬けを入れジューシーであっさりとした味。

サンドウィッチとワイン、青い空と爽やかな風。そして、にくぱん。

いい時間と空間である。こんな企画が今年で終わりとは残念である。せめてバザールのようなものだけでも続けられないものか。

奈良公園の芝生の上で、いい感じに酔いながら、時計を見ると、ちょうど正午になるところであった。


↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : イベント

category:地域情報 イベント
comment(0) | trackback(0)
記事編集
クーカルバザール前編~パンとおにぎりで朝飲み開始~ 
2011.11.12 Sat 20:39
 
拝啓 志賀直哉様 おいしい奈良、できました。

「このコピー、いいっ!」 と思ったのは私だけだろうか。

何しろ、「奈良にうまいもんがない」 と世間に広めた張本人が志賀直哉である。その志賀直哉に対して、「拝啓」、「~様」 と礼を尽くしつつ、「できました」 と報告である。

腰を低くして、へりくだった表現でありながら、実は心の中では、「これで、どやっ」 という奈良県民の気持ちをうまく言い表している。

まるで、CSで負け続けてきたホークスが松中の満塁ホームランで呪縛を解いたかのような感じである。 (例が難しいかもしれないが・・・)

このコピーを考えた人に10点あげたい。


さて、このクーカルも残すところ少し、という今日行ってきた。

クーカルバザール2011クーカルバザール2011


場所は県庁前、奈良公園の登大路園地と言われるところ。実は去年まで東大寺参道横の浮雲園地で行われていたので、最初そこに行ったらやってなくてちょっと焦った。

しかし、この時期、近鉄奈良駅から国立博物館、東大寺方面に歩く人が多いから、こっちの場所の方が断然いいと思う。


ここでやっているのはクーカルバザール。出店は 「くるみの木」 「PIANO」 「cafe イ・ルンガ」 「うめもり」 「もっふる」など・・・。これに地酒ブースや日替わりのブースなどなど・・・。

この日の日替わりは、「ミアズ・ブレッド」 と 「だいどころ飛鳥」。 実はこれがお目当てだったりする。

クーカルバザール2011クーカルバザール2011


ミアズ・ブレッドは佐紀町にあるパン屋さんで、パンを買うのに整理券がいるほどの超人気店である。ある情報によると沖縄から北海道まで買いに来る人がいるという。 w(゚o゚)w

私たちも早く行かないと売り切れると思い、開店時間の10時に行ったが、すでに行列ができていた。

ワインに合うという、カマンベールチーズいりいちじくのパンやコーヒーに合うというシナモン・くるみ・クランベリーベーグル、スコーンなどを何とかゲットしたが、後ろの人、数人で売り切れていた。 もうちょっと多めに出した方がいい。

クーカルバザール2011クーカルバザール2011


だいどころ飛鳥はケータリング専門のお弁当屋さん。SAVVYにも紹介され、先月のオーガニックマーケットでもゲットを試みたが到着が少し遅れ売り切れていた。 もうちょっと多めに出した方がいい。

この日は時間が早かったこともあり、何とか買うことができた。ごもく、かんこく、たらこうめ、おいもさん、たまごちゃんの5種類。

クーカルバザール2011クーカルバザール2011


これに、「ばぁる・ぴあの」 で買った、レッドビール、モレッティ・ラ・ロッサで、

午前10時、朝飲みの開始である。

さて、この後、日本酒の試飲や何やらと続くのであるが、今現在、酔いが回って書く気力も失せてきた。ホークスも負けたことだし、次回に続く。


ミアズ・ブレッド
奈良市佐紀町2406-1
0742-36-1298
11:30~売り切れまで (カフェ9:30~16:00)
月・日祝休
P有 HP

だいどころ飛鳥
090-3355-2549
実店舗なし
予約は前日の昼までに HP

↓続きを読もうという方も、どうでもいい方も、クリックよろしくお願いします。

人気ブログランキングへ


↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : イベント

category:地域情報 イベント
comment(2) | trackback(0)
記事編集
韓国インスタントラーメン食べ比べ1 
2011.11.10 Thu 20:11
「旅は道ヅレ」 という、今は終わったテレビ番組で、「韓国のインスタントラーメンを極める」 という企画があった。

芸人と素人が一緒に旅をして、素人の夢を叶えていくというものであったが、ちょうど韓国から帰ってきたばかりだったというタイミングもあり、私もしたくなった。

以下はカルディアやイオンなどで珍しい韓国インスタントラーメンを見つけては買ってきて、食べたものの記録である。


★カムジャ麺

三養 カムジャ麺三養 カムジャ麺


●スープ
辛さ2 ピリ辛もちもち
●麺
太さ 中細 縮れ

●カムジャ麺とは日本語で「じゃがいも麺」。麺にじゃがいもを練り込んで作っていますので、食感はモチモチ、のどごしはツルツルとしたラーメンです。ピリッと辛いスープがじゃがいも麺との相性がバツグン!


★チャジャンポッキ

ジャジャンポッキジャジャンポッキ


●スープなし
辛さ0 甘い
●麺
太さ 中細 縮れ

●おいしいジャジャンソースとコシのある麺により、より一層濃いめで香ばしく黒味噌(ジャジャン味)を楽しめる製品となりました。


★オットギ カレーラ-メン

オットギカレーラーメンオットギカレーラーメン


●スープ
辛さ2
●麺
太さ 中太 縮れ

●カレーメーカーの技術とノウハウから誕生したラーメンです。牛肉ダシのスープにオットギ自慢のカレー粉と野菜を合わせ、コクのある味わいに仕上げました。旨みあるカレースープ!ニンニク、ウコンを練り込んだ太麺!!

カップヌードルカレーのあっさり版。


★辛ラ-メン ブラック

辛ラーメン ブラック辛ラーメン ブラック


●スープ
辛さ3.5
●麺
太さ 中細 縮れ

●高温クラッカーで真空濃縮した牛骨がたっぷり!各種野菜を低温濃縮した粉末使用

一時高級すぎて輸入がされていたかったが、再開。今はイトーヨーカドーで買える(150円)。マイルドながらピリッと辛い。大きめのフリーズドライの野菜が入っている。椎茸、肉、ネギ、スライスニンニクなど。袋が3つ。牛骨ソルロンタン粉末、薬味粉末、かやく。


日本のインスタント麺も種類が多いが、韓国も味のバラエティーは結構ある。食べ比べも楽しいので、続く。

↓地域情報 近畿 で7位になりました。6位を目指します。クリックよろしくお願いします。

人気ブログランキングへ


↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : ラーメン

category:家でごはん
comment(2) | trackback(0)
記事編集
ぶれー・ど・う ~勇敢な手打ちうどんを山中で~ 
2011.11.06 Sun 18:07
香川県は今年からうどん県になるという、そして、これがけっこう好評だとか。それなら、奈良県も鹿県とか、大仏県にしたら好評かもしれない。

さて、今日紹介する店は香川のうどんを奈良で再現したかようなさぬきうどんの店である。

ぶれーど・うぶれーど・う


場所は桜井市街から国道165号線を榛原方面に行き、長谷寺の手前、出雲というバス停の前。まわりは田んぼや山ばかりでのどかな風景が広がっている。

店名は 「ぶれーど・う」

変わった名前だなと思って、店主のブログを見てみると理由が書かれていた。以下転載。

 では、「ぶれーど・う」の意味ですが、 「なんで?」と聞かれる前に、
 ヤボですけど書きますと、 意味的には…

 1.ちゃんとした修業もせずに、独学でうどん屋をやることの、
  「修業して頑張ってやってられる方」へ対しての「無礼」でスイマセンという意味

 2.40代で思い切って業種を変えるという、ある意味「BRAVE(勇敢さ)」という妙なおごり

 3.ぴしっとエッジのたった手打ならではのうどんを作るにはキレる「BLADE(刃物」が絶対

 …とまあそんな感じです。



ぶれーど・うぶれーど・う


店の横にある未舗装の空き地みたいな駐車場に車を停めて店内に入る。ちなみに長時間の無断駐車、いたずら等があれば、口からうどんがあふれ出すほど食べさせられる とのことなのでご注意を。


セルフの店ということで、まずはカウンターに行って、うどんを注文する。横には、おでんや天ぷら、おにぎりなどのサイドメニューがあり、好きなものを取って自己申告する。

私はいろいろメニューがある中、何となく自信がありそうなキーマ釜玉にした。うどんが茹であがるのに15分ほどかかるというので、おでんの大根とすじを取って、中央の大きなテーブルに着いた。

なぜだか古いインベーダーゲームがあって、昔取った杵柄、ゲームセンターあらし と言われた名古屋打ちを見せてやろうかと思ったが、100円がもったいないのでやめておいた。

ぶれーど・うぶれーど・う


私の後に熟年のカップルがやってきて、目の前の席に座った。相席なので会話が聞こえてくる。

おっさんが、「かまたまって、“カマ”の“タマ”やんな。ある人とない人がおるよな。」 というおやじギャグをかましていたが、私は遠くを見てその場をやり過ごした。隣の女性は苦笑いしていた。


そうこうしていると キーマカマタマ がやってきた。 もちろん、うどんの方である。

ぶれーど・うぶれーど・う


湯がきたてのうどんはつるっとした喉ごしでコシも十分。キーマは挽肉とセロリ、パプリカ、玉ねぎなど刻んだ野菜が入る。卵と合わせるとマイルドな汁なしまぜ麺風。

ちなみにキーマ釜玉は。こんなのもできます裏ワザメニュー の中に入っており、他にはカレーうどんキーマのせとか肉Wのせとかあるが、これは普通な方で、BLD、FFT、TNBといった、AKBっぽいものまである。

さらに、TKO というメニューがあって、説明を読むと、「つくりおき」 ということで、少し時間が経ったうどんを安く提供しているようだ。かけ出汁をかけただけのチープなもので、おすすめはしない (店主談) が、100円である。


ぶれーど・うぶれーど・う


帰り際、レジの横に奥さんが作ったという店主をかたどった人形が置いてあった。よく似ているなあとほのぼのしていたら、お土産にと、佃煮をいただいた。出汁をとった後の煮干しを使ったものらしい。ありがたくもらって晩酌のアテにいただいた。

奈良市に住んでいると遠いイメージの桜井だが、京奈和道、中和幹線を使えば、1時間ほどで着く。香川に行くよりずっと近い。

今度は冷たいうどんを食べに行こうっと思っている今日この頃である。


ぶれーど・う
桜井市出雲1210-1
090-1248-3488
12:00~15:00 17:00~20:00
火休 P有 HP

地域情報 近畿 で7位になりました。6位を目指しますので、↓クリックよろしくお願いします。

人気ブログランキングへ


↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : うどん

category:食べ歩き 奈良市外
comment(2) | trackback(0)
記事編集
すしGoo ~むっちゃおいしいよ~ 
2011.11.03 Thu 19:41
最近、息子が100円寿司に行きたくないと言う。どうも担任の先生から、極端に安い寿司は養殖の過程で死んだ魚や奇形魚、外国産の偽装された魚が使われているんだよ、と聞かされたらしい。 先生、あんまり子どもにショックを与えないで下さい・・・。

私、個人的な考えからすれば、安全で体に悪いものでなければ、捨てられるはずのものを食べるというのは、命をいただくという観点から、問題ないとも言える。

ただ、子どもの味覚を育てる、という意味ではやはり偽装はいかんと思う。まぐろと思ったらティラピアだったり、すずきと思ったらナイルパーチだったとなれば、やはり問題である。

そんなことでちょっとお寿司でも食べたいな、というときには100円寿司ではなく、皿によって値段の替わる店に行くことが多くなった。そのせいで支払いは倍になったが・・・。



旧24号線をJR奈良駅からずんずん南下して、大安寺の交差点も越え、新しくできたスーパー・ラムー (菊池桃子じゃないよ) まで行ったら行き過ぎ、手前の川沿いの交差点角の すしGoo という回転 寿司店。


すしGooすしGoo


長く奈良のおいしいものを紹介するサイトやブログを運営しているといろいろと教えてくれる人があって、今回は 「通りすがり」 さんからこの店の形態が変わったということを教えていただいた。

内容は 「100円寿司から皿によって値段の違う店になっていますよ」 というものであったが、この店、最初は値段の変わる店であった。それが、100円寿司になって、また今、値段の違う店に戻っているようだ。


この日、みんなで寿司が食べたいという気分だったので、確認がてら行ってみることにした。以下、いろいろ食べた中で、おいしかったもの、気になったもの、おもしろいと思ったものをいくつか紹介したい。

すしGooすしGoo


地獄ザンマイ

地獄である。 どうせなら天国三昧の方がいいに決まっているが、地獄三昧の意味は 「辛い」 ということである。

辛いとなれば挑戦したくなる性分であるが、先日も地獄ラーメンを食べられず、敗北を喫したばかりだから、今回もどうなることか。

しかも、メニューには“自己責任”と記されている。

まずは、カッパ巻きを食べてみる・・・、全く辛くない。嫁さんに食べてもらう・・・。

「辛~い!」 どうもわさびが偏っていたようだ。

あと、キムチ巻きは、しっかりと唐辛子辛く、鉄火巻きは全く辛くなかった。中を開けてみたが、わさびもなく、おそらく入れ忘れと思われる。

すしGooすしGoo


サーモン盛り

醤油皿に脂が浮くほど、脂ののったサーモンにいくら。

この他、さしみ三昧は種類があって、ご飯はいらない (例えば酒を飲んでいて) といったときにはありがたいメニューである。ただ、うなぎの蒲焼きをさしみ三昧とするのはどうなんだか・・・。


さしみ三昧があれば、寿司三昧もある。

すしGooすしGoo


イカザンマイ

アオリイカ、ヤリイカ、モンゴウイカの3種類。

食べ比べをすることで、味の違いがわかる。特にイカなんかは見た目があまり変わらないので楽しい。

他に、オオツブツブガイ、赤貝、貝 (帆立貝柱) の貝ザンマイやあぶりザンマイ、マリネザンマイなど店長の 思いつき アイデアが光るザンマイシリーズが多数。

すしGooすしGoo


たいらぎ貝刺身

「むっちゃおいしいよ」 が口癖の店主。その日のおすすめメニューは貼り紙で記されている。

活けの魚は泉佐野から仕入れているらしい。また店主は徳島の人で、柚子はそこから送ってもらっているとのこと。


さて、100円寿司と皿によって値段の違う店を行ったりきたりしている店だが、真相はおそらくこうだろう。

せっかくだから いい物をお客さんに食べてもらいたい、でも、100円寿司隆盛の中、300円皿はなかなか出ない。でも、冒頭に書いたように大手の大量仕入れには太刀打ちできない。ならば、原点に戻って、値段が変わってもいい物を出そう。

これは推測でしかないが、店主と会話のやりとりしていると、自分の出している物に自信を持っているのが伝わってくる。回転寿司でありながら、普通のカウンター寿司のような感じさえした。

値段は100円 (赤)、200円 (緑)、300円 (金)の3種類。この日は家族大人2人、子ども2人で食べて、生大、焼酎を飲んで6800円ぐらいであった。100円寿司よりは高いが、普通の寿司屋はもちろん、高級回転寿司 (長次郎など) と比べてもずっと安い。


今日も店主は、「むっちゃおいしいよ」 と言いながら笑顔で寿司を握っていることだろう。


参考までに、他にいただいたものを一気に紹介しておきたい。

すしGooすしGooすしGooすしGoo
すしGooすしGooすしGooすしGoo
すしGooすしGooすしGooすしGoo
すしGooすしGooすしGooすしGoo


しめ鯖(徳島産柚子を使った手作り)/ビントロ/中トロ/あん肝(和えた玉ねぎのせ)
こぼれいくら/海老三昧(行列甘エビ・車海老・大エビ)/サーモン三昧/ワサビナス
生ダコ/数の子/貝三昧(大粒ツブガイ・赤貝・帆立貝柱)/赤貝
サラダ寿司/生ビール大/赤出汁(魚のアラ)/コーヒーゼリー

写真はクリックで大きくなります。

最近ちょっとがんばってると自分では思ってるんですけど、もし、「がんばってると思ってるよ」 という方は↓クリックよろしくお願いします。

人気ブログランキングへ


↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : 回転寿司

category:食べ歩き 奈良市
comment(2) | trackback(0)
記事編集