何でも食べたい、食べてみたい、美味しいもの、珍しいもの、いろいろ食べた記録。+気になっているもの。
リストランテ ナカモト ~ビフォーアフターがすごい~ 
2012.10.24 Wed 19:25
 
秋めく日々、久々に平日に休みが取れたので、以前から気になっていた リストランテ ナカモト に行く。

場所は木津川市役所の真ん前、以前仲本食堂があったところ。仲本食堂はこのブログでも紹介したことがあるが、餃子がおいしい店として、市役所のみなさんをはじめ、地元の方々に親しまれてきた店である。(以前の記事はこちら

それが、何ということでしょう~。

仲本食堂リストランテ ナカモト

左、ビフォー、右、アフター。

立て替えられてすっかりきれいになり、大黒食堂より大きくなった。シェフも親父さんから、イタリア、ニューヨーク、東京で活躍されてきた息子さんにバトンタッチされ、すっかり 垢抜けて 変わってしまった。

ただ、駐車場を聞くと、「市役所で大丈夫ですよ」 というところに、変わらないものを見た思いである。

リストランテ ナカモトリストランテ ナカモト


仲本食堂のときは、扉を開けて、「こんにちは~」 と入れば、お多福さんやふぐが、「いらっしゃいませ~」 と迎えてくれたが、リストランテ ナカモトでは、真っ黒なドアを開けると細い通路があり、またドアがあるという凝った作り。

席に着くと本日のメニューがテーブルに置いてある。今回は2940円のコースを予約したが、これが、「秋めく日々」 というコース名で、料理名も超シンプル。

これについてシェフは 「お楽しみということで・・・」不敵な 笑みを浮かべたのであった。


さて、「ドリンクは何になさいますか」 の声に、「水で…」 と言いかけたとき、嫁さんから、「せっかくやから、ワインもらったら?帰り運転したるよ」 とのお言葉。

この日は、嫁さんの誕生日祝いであったにもかかわらず、この優しさに、ありがたいけれども、そういうわけには・・・。


リストランテ ナカモトリストランテ ナカモト


白ワインをオーダー。 <(_ _)>

ランゲというピエモンテ州のワイン。ステンレス樽を使いさっぱりと食事に合う味に仕上がっているとのこと。


さて、料理が運ばれてきた。(*料理は一皿ずつ供されます)

リストランテ ナカモトリストランテ ナカモト


左:自家製ハムの一皿

ヤマトポークのロースハムとパンチェッタは口の中の体温で脂が溶ける柔らかさ。

木津近郊で獲れた野菜は、苦みの四角豆、インゲン豆、味の違う3種類の人参、ラディッシュ、キュウリ、千枚漬けを思わせるかぶ、大麦。

甘みのある人参のソースに塩味のハム、酸味の強い玉ねぎのピクルスが複雑な味わいを作り出している。


右:ピーノ プラート農園のサラダ

滋賀にある有機無農薬の農園から届いた野菜を使ったサラダ。

ルッコラやサラダ水菜、レタスなどの野菜にチーズを使ったドレッシングと赤ワインビネガーをシャーベット状にしたドレッシング。

こっくり、さっぱり、苦み、甘みが一度に味わえる。

パンは下狛のプルチーノというお店のライ麦パン。


そして、シェフが一番こだわるという手打ちパスタ。

リストランテ ナカモトリストランテ ナカモト


左:トロフィエ

手でねじったショートパスタ。ソテーした高知産のコロ鯛とわかめのような粘りのあるツルムラサキの葉、これをシェフいわく秋口の方が味が濃くなるというバジルソースでまとめる。

表面にはローストしたアーモンドで香ばしさを加え、黒オリーブの粉末でサクサク感を出す。

右:タリアテッレ

幅広の手打ち麺。きしめんのようなくにゅくにゅした歯ごたえが楽しめる。ミートソースながら赤ワインやトマトを使わず、白ワインだけで仕上げる。あっさりとした仕上げだが、肉は粗みじんにカットされ、食べ応えがある。

牛と山羊のミルクを使ったイタリアはピエモンテ州から直輸入したカステルマーニョというチーズをを使ったソースは独特のコク。表面にはポテトチップスで食感にアクセントを加える。

皿の左側の窪みがスプーン代わりになる。


デザートと食後のお飲物

リストランテ ナカモトリストランテ ナカモト


左:ビアンコマンジャーレ

直訳すると白い食べ物。パンナコッタ、シロップなど、一切使わず、ワインになる直前の完熟ぶどうだけを使ったシャーベット、カリカリのエスプレッソビスケット。

二皿目のパスタで赤ワインをいただいた。

右:食後のお飲物

アールグレイ、コーヒー、エスプレッソから選ぶ。器がかわいい。

梅干し、カカオをそれぞれ練り込んだメレンゲのお菓子が付く。


仲本食堂からリストランテナカモトに華麗なる変貌を遂げ、市役所の方々の社員食堂ではなくなってしまったが、その役割は大黒食堂が一手に引き受けてくれるであろう。

シェフは遠くからでもわざわざ行きたいと思わせる店を目指しているとのことなので、ここは木津が日本、いや世界へ羽ばたくためがんばってもらいたいと思うのである。


リストランテ ナカモト
京都府木津川市木津南垣外122-1
0774-26-5504
11:30~13:30 18:00~20:30
水休 P問い合わせ HP

↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:京都 - ジャンル:旅行

タグ : イタリア料理

category:食べ歩き 奈良県外
comment(2) | trackback(0)
記事編集
ワインの王子様 ~試飲が超楽しい~ 
2012.10.18 Thu 17:40
 
息子の英検に付き添って女子大へ行く・・・といっても、女子大は家からも近く庭のようなもので、いやいや女子大が庭なんてまた大きく出たな、と突っ込まれそうだが、まあそんなところである。 どんなところや?

試験は10時に始まり、11時10分に終わる。その間、嫁さんと近くをうろうろする・・・で、入ったのがこちらのお店。

ワインの王子様ワインの王子様


ワ イ ン の 王 子 様

王子様といえば、テニスの王子様とか、カレーの王子様とか、ハンカチ王子にハニカミ王子、ポッチャリ王子に監禁王子 (←これは犯罪) といろいろあるが、ここはワインの王子様である。


もとは造り酒屋だった建物を昔の雰囲気を残したままリノベーション、渋い感じのワインショップとして7月にオープン。

ワインの王子様ワインの王子様


ここでは世界14カ国、1000種類、3000本のワインがそろっているとのこと。

安いもので700円ぐらいから、高いものなら何万円もするものまであるが、その中から16種類のワインは試飲することができる。

これが500円で27個分のスタンプカードを買い、飲むたびにスタンプを押していくという、

超楽しそうなシステムで、早速いただくことにした。

ワインの王子様ワインの王子様


スタンプは安いもの (といってもボトル1800円ぐらい) で、30cc4個から、高いものなら、30cc8個 (ボトル5000円ぐらい) まで。

では、まずはベルギービール。 ・・・って、試飲やないんかい!

実はここ、生樽のベルギービールがいただける。3種類のうち、1種類が品切れだったが、ブルッグス・ゾット ブロンドをいただいた。

ブリュッセルから電車で約1時間。水の都ブルージュの町にあるドゥ・ハルヴ・マーン醸造所で造られる、このベルギービールは、心地よいフルーティーな香りとフレッシュなホップの風味、最後にくる苦味が最高のハーモニーの「これぞベルギービール!」という大人気のビールです!

ワインの王子様ワインの王子様


ワインの方だが、名前を見ても ちんぷんかんぷんなのでアドバイザーに “こんな感じ” と伝えるのがよさそう。

私たちがお願いしたのは、「甘めの白」と「重めの赤」 とバラバラなものだったが、それでもピッタリのものを選んでいただいた。

左:ピースポーター・ミヒェルスベルグ リースリング・アウスレーゼ
モーゼルワインの中でも特に人気のピースポート村の房選りワイン。瑞々しく、フレッシュ感溢れる甘口で、デザートワインとしても最適です。

右:ピーターレーマン バロッサ・カベルネソーヴィニヨン・メルロ・アートシリーズ
プラム、ダーク・チェリー、土、黒胡椒、桑の実、ラズベリー、スパイスのアロマにミネラルの口当たり、適度なタンニンが良い長い余韻を生む良質なワイン。


さて、まだ後19ポイントも残っている。

ワインの王子様ワインの王子様


ロゼも飲みたいな、今度はさっぱりした白で。

左左:サングレ・デ・トロ・ホワイト
白い花や熟したりんご、洋ナシ、桃のようなフルーティーな香りでシトラスを思わせる爽やかな味わいのすっきりとした白です。

左右:トレオン・デ・パレデス ロゼ ヴァレ・デ・レンゴ
ほのかなジャムと完熟したラズベリーやイチゴの香りが感じられます。フルボディでみずみずしい果実のほのかな甘みと爽やかな酸味のバランスのとれた味わいです。


しっかりした赤と残ったポイントで飲めるもの。

右左:バサリン バルバレスコ
特別日当たりの良いバサリンの畑で栽培されたネッピオーロならではの輝きがあり、1年以上かける大樽での長期マセラシオンに由来するストラクチャーと複雑な芳香にやや辛口な味わい。

右右:ロミオ&ジュリエット シャルドネ
柑橘系のしっかりした香り。酸もしっかりとしており、厚みのある果実味とうまく調和しています。後半にかけて徐々に甘みと旨みを感じることができます。デイリーワインとしては完成度の高いすっきりとした白です。


さて、キーボードを打っていて、なんのこっちゃわからない言葉もたくさんあったが、500円でこれだけ飲めるのである。

もちろん、ここはあくまでもワインショップであって、試飲した後、気に入ったワインを買うのが本来だろうが、店主さんは、「試飲だけでも、全然OKですよ~」 と笑っておられた。

つくづく良いお店である。


ワ イ ン の 王 子 様 
奈良市鍋屋町52
0742-25-3338
10:00~20:00
木休 P無 HP


↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

タグ : ワイン

category:食べ歩き 奈良市
comment(0) | trackback(0)
記事編集