何でも食べたい、食べてみたい、美味しいもの、珍しいもの、いろいろ食べた記録。+気になっているもの。
藍布 ~長屋でアジア薬膳料理を~ 
2013.04.30 Tue 18:28
 
一条通が “きたまち” と呼ばれる地域に含まれて、エルマガなどのおしゃれな雑誌に載るなんて、私が中学校に通っていたころには夢にも思わなかった。

昔からあるのは、「成平寿司」「てる房」 ぐらいで、やっているのかも、よくわからない。たこ焼きの 「白川」 は、だいぶ前に転害門近くに移転した。

「橋本洋傘店」 は、昔からあったが、その向かいの長屋におしゃれな店が次々とOPEN。

藍布藍布


まず最初に開店したのは、雑貨店の 「TAMARI」、当初は 「SUWARI」 であった。

そして、隣にできたのが、「ちてはこカフェ」、10歳以下お断りとあって、うちの子は12歳だが、体が小さいので、入店のとき、年齢確認とかされたら嫌なので今のところ遠慮させていただいている。

今回行ったのは、今年1月にオープンされた、「藍布」 さん。

藍布藍布


ここ、アジア薬膳料理ということで、以前は大阪・谷町でお店をされていたのだそうだが、そこを閉め、3年ほどの修行の後、縁あって、きたまちに来られた。

新しい場所は、奈良です。近鉄奈良駅の北側、このところ「きたまち」としてメディアにもちらほら取上げられているので、ご存知の方もおられるでしょうか、聖武天皇陵のすぐそば、ちょい向こうに若草山の山肌も見え、東大寺の大仏さんに会いにゆくのもお散歩感覚な、まことにやんごとなき立地です。

そういう、全国規模或いは世界遺産的な観光スポットの足元にもかかわらず、至ってフツーな閑静すぎる住宅街にある、築100年に迫る年季の入った長屋の一廓をお店にします。(詳しくはここ



メニューは、週替わりの薬膳ランチと定番のカレー、これにドリンクとアジアのおやつ。私たちは、とりあえず、ランチとカレーを一つずつ注文した。

藍布藍布


まずは前菜とスープがやってきた。

左:いんげんとコーンの白ごまソースあえ、筍と春雨のタイ風炒め。

筍と春雨は、ナンプラーやカピと言う、魚介の醗酵調味料を使った炒め物にしました。筍も緑豆春雨もデトックスに有効な食材なのですが、どちらも体を冷やす涼性のものなので、温野菜で。彩りを兼ねて入れたクコは筍との相乗効果で、この時期の眼の充血や痒みなどを和らげるとされます。(詳しくはこちら

右:薬膳スープ。

半透明の茶色がかった液体に、ネギが浮いているだけの、極めて地味ーーなヴィジュアルです。が、実は仕込みに一番時間がかかるのがコレ。ベースのスープは鶏です。ニワトリさんの、脚じゃなくて足、俗に言う「モミジ」ですな、アレをじっくりゆっくり煮込んで、ダシをとります。そこに、季節にあわせた生薬を数種加えています。(詳しくはこちら


そして、ランチのメインのカレーと定番のカレー。

藍布藍布


左:スリランカ風サバのココナッツカレー・黒米とアワ入りご飯

トマトを加熱して、温めるスパイスも多用した、スリランカのカレーです。魚をカレーに入れるのは日本のカレーではあまりメジャーではないのですが、東南アジア、南アジアは海に面した国々が多いですから、当然、お国のカレーには魚を使ったものも結構あります。(詳しくはこちら

右:ひよこ豆のカレーランチ

具材がごろごろ、そしてルウはわりとさらりとした喉越しです。結構、スパイシーではありますが、野菜から出る甘みが絡んで、さほどヒーハー言う辛さではありません。

最初に玉葱と香味野菜をいためるとき、少しだけバターを使っていますが、そのほかは全て動物性のものは入れておりません。肉・魚を召し上がらない方もどうぞ。(詳しくはこちら


付け合わせの大根の香味醤油漬け

ベースは酢じょうゆ味ですが、ごま油や花椒(ホアジャオ:中国の花山椒。大根は「消食作用」があります。大根を切ってざるに並べて半干しして、調味料合わせた漬け汁に漬け込むだけ。


そして、デザート。

藍布藍布


左:ハトムギともち米と小豆のココナッツミルク、ジャスミンティー。

デザートは最初、ハトムギばっかりで炊こうかと思っていたのですが、ハトムギ自体は涼性なので、いまの時期もうちょっと温め系をプラスしたいかな~と思い直し、もち米とブレンドしました。小豆とハトムギで、むくみや関節に溜まる水、ジュクジュクしたタイプの皮膚トラブルに働きかけます。このデザート、しっかりかき混ぜる方が確実に美味しいので、提供するたんびにシツコク?「よくかき混ぜてお召し上がりください」とお声掛けしてたらんぷ店主です。


右:はちみつ柚子のクリームチーズケーキ、ベトナムコーヒー。

アジアのおやつの中からの一品、ベトナムコーヒーはコンデンスミルクをたっぷり入れて。


店主のブログ (らんぷ通信・アジアの幸せ料理と旅のお話)からいくつか転載させてもらったが(店主さんが読まれて問題があれば言って下さい、削除します)、このブログ、なかなかおもしろい。

何がおもしろいかというと、レシピが詳しいのである。カテゴリーに胃袋旅行というのがあって、中国や韓国、東南アジア、富山といった各地で食べたものを紹介されているのだが、食材や作り方などが詳しく書かれていてとっても参考になる。


まだ、できて3ヶ月ほどだが、このブログを読ませていただくと、まだまだ引き出しをたくさん持っておられるように思う。

いちにち薬膳セミナーという企画もされているみたいで、ますます楽しみな店である。

藍布
奈良市法蓮町1232
0742-27-1027
11:30~16:20 (ランチ~14:30)
火・第1水休
P有 HP


↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : Cafe エスニック料理

category:食べ歩き 奈良市
comment(0) | trackback(0)
記事編集
宅麺 ~おうちで有名店の味を~ 
2013.04.21 Sun 17:38
 
最近よく広告などで目にする機会が多い、宅麺

宅麺.comは、全国津々浦々の行列店のラーメン・つけ麺の中から厳選した商品をお取り寄せできる通販サイトです。

店舗で出されているスープと麺・具材をそのままを冷凍し、ご自宅で調理頂くことで、これまで店舗でしか味わえなかった味をご自宅や 職場でもお楽しみ頂けます。扱っている商品は、すべて店舗で実際に出されている商品と同じ商品です。


“宅”は“自宅”の宅であろうが、考えようで“オタク”の宅とも言える。ラオタ(ラーメンオタク)にとっては魅力的な通販サイトである。

私は自称 ラオタ ではないが、新しいラーメン屋ができるととりあえず行ってみるし、旅行に出かけるとご当地ラーメンを食したい衝動にも駆られるので ラオタ の血が半分ぐらい流れているかもしれない。

そんなことで、宅麺、注文してみた。

宅麺宅麺


今回注文したのは、初回限定、ハーフサイズ3食セットと+単品を3種類。

セットは、富山ブラック麺家いろは、らーめんダイニングど・みそ、らーめんまる玉で1980円で送料が無料。

実はこの宅麺のウィークポイントというか、なんというか、送料が高い。

店で作ったスープと麺をそのまま冷凍にして配送するということで、クール宅急便を使わざるを得ず、一品注文しても送料が850円もする。

4千円以上で600円、6千円以上で400円、1万円以上で無料、とたくさん買えば、送料は安くなるのだが、一万円分もラーメンを注文しても冷凍庫に入らない(うちの場合)。

そこで、初回限定の送料無料のセットに単品を抱き合わせて注文したのである。


さて、さっそく日曜の朝作ってみた。

宅麺


作り方は、基本、パックのスープを湯煎し、麺を茹でて盛りつけるだけと簡単である。

時間はそれぞれ書いてあるが、スープの湯煎に関してはそんなに神経質になる必要はないだろう。

ちなみに野菜や玉子は冷凍すると味が落ちるので付いていない。自分で用意してほしいとのこと。


・・・で、できあがったものがこちら。

宅麺 009宅麺 010


富山ブラック麺家いろは 富山ブラック焼豚麺
ご当地ラーメンの代名詞!大迫力の富山ブラック

「東京ラーメンショー」でも三年連続売上No.1!富山発の人気ご当地ラーメン!秘伝の黒醤油ダレに丸鶏のスープと氷見煮干し等の魚介スープを合わせて仕上げた漆黒の醤油ラーメンこそが、麺家いろはの「富山ブラック」!チャーシューも増量。



らーめんダイニング ど・みそ 特みそこってり
味噌の伝道師が放つ、東京スタイル味噌ラーメン

メディア掲載多数の味噌ラーメンのビックネーム「ど・みそ」。スープに使う味噌は、江戸甘味噌や信州味噌など、五種類の赤味噌をブレンド。麺は、味噌との絡みを考えて開発された特注の平打中太ちぢれ麺である。完成された一杯をどうぞ。


宅麺


らーめんまる玉 まる玉らーめん
鶏の旨味とコラーゲンたっぷりのとろとろ鶏白湯

濃厚ながらもまろやかで飲みやすい白濁したスープは、鶏のみから抽出した鶏の旨味がしっかりとする白湯スープ。



さすがにどれも店で出している味そのままということで、コンビニなどにある有名店監修のものとは全く違うものであった。

一つ難点があるとすれば、食べ比べは難しいということ。

スープはいいのだが、麺はそれぞれ茹で時間も違うし、鍋が一つだと一つずつ茹でなければならない。

一つできると家族に食べさせ、次の麺を茹でる、それができれば、また次の麺・・・、と自分が食べる時間がない。といっても、ちょっとずつ食べたのだが。

まあ、次からは単品になるので、一つ作ってゆっくりといただくことにしよう。

宅麺に興味を持った方はこちら↓





↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

タグ : ラーメン

category:家でごはん
comment(2) | trackback(0)
記事編集
ワンワールドフェスティバル ~世界の料理を屋台で~ 
2013.04.01 Mon 21:28
 
ワン ワールド フェスティバル 

一つの世界の祭り、に行ってきた。

ワン・ワールド・フェスティバルは毎年大阪で開かれる国際協力・交流のお祭りです。
1993年より始まったワン・ワールド・フェスティバルは広く市民に国際協力・交流の大切さを知ってもらい、活動に参加してもらうきっかけづくりの場を提供しようと、関西を中心に国際協力に携わっているNGOをはじめ、国際機関、政府機関、教育機関、企業など様々な機関が協力して開催しています。


ワンワールドフェスティバルワンワールドフェスティバル


目的はもちろん、外国との交流を通じて、互いの文化を尊重し、共に同じ世界を創り上げていこうとする・・・、

ではなく、いろんな国の屋台である。

上の右の写真のクリックしてもらえるとわかるのだが、インド、モンゴル、ボリビア、エクアドル、スーダン、南スーダン、フィリピン、ジャマイカ、アラブ、スリランカ、ベトナム、韓国、メキシコ、といったそうそうたる顔ぶれが並んでいる。

端から順番に全部食べてみたいぐらいだが、まずは、国際生涯学習文化センターの屋台からスタート。

ワンワールドフェスティバルワンワールドフェスティバル


エジプトのタァメーヤ (つぶした緑豆のコロッケ風)、リトアニアのザワークラウトのスープ (キャベツの細切りを発酵させたものをスープに入れたもの)、バングラデシュのアルプリ (じゃがいも入りのプーリー)。

アルコールは売ってなかったが、思わず、大通りまで出てビールを買ってきてしまった。

ワンワールドフェスティバルワンワールドフェスティバル


私たちが座っているテーブルの隣でモクモクと煙を上げているのが、ジャマイカのジャークチキン。いい匂いが漂ってくる。

ビールといえば、焼き鳥、これはいっとくしかないんジャマイカ?

皮が香ばしく、ジューシーで、 「麦とホップ」が進む。

ワンワールドフェスティバルワンワールドフェスティバル


次にいただいたのが、スーダン料理の屋台。

スーダンといえば、最近、南スーダンが独立し、何かと国際ニュースで話題になっている国であるが、何となく植木等を思い浮かべてしまう のは私だけだろうか。

クスクス(左)は何度か食べたことがあるけれど、ここのはチリが入ったピリ辛味。トマト、ブロッコリー、ひよこ豆が入る。

チキンとビーフの串焼きはスパイスの使い方が何となくアフリカ風。

ワンワールドフェスティバルワンワールドフェスティバル


モンゴル屋台からは 羊のホルホグとバンシタイ・ツァイ。

ホルホグは大型のミルク缶を圧力鍋替わりに使い、少量の水と焼いた石で具材を蒸し焼きにする料理。ごろんとした羊の肉が食べごたえがある。

バンシタイ・ツァイはミルクにお茶 (チャイのようなもの) に小ぶりの餃子が入ったスープ。

ワンワールドフェスティバルワンワールドフェスティバル


左、タイカレーラーメン。唐辛子の辛み、トマトの酸味、ココナッツミルクの甘み、何とも複雑な味。

右、酸辣湯とホットク。あんかけの酸辣湯は熱々で、舌が火傷しそうになるが、体が温まる。ホットクは甘いシロップの韓国のデザート。


さて、このあたりまでくると、そろそろお腹も大きくなってきた。

ワンワールドフェスティバルワンワールドフェスティバル


デザートにパレスチナのお菓子、カタイエフ。

くるみやココナツ入りの餡を皮で包む、名前はカタイエフだが柔らかい。


他にも食べたいものがたくさんあったが、今回はこれで終わりにする。こういったイベントは楽しいのでまた来たいと思う。


ワンワールドフェスティバル
上本町から南へ歩いて5分、
大阪国際交流センターで3日まで行っています。
HP

屋台以外にも、外務省、JICA、いろいろなNPOなどのブースがたくさん出展されていて、国際交流の場になっています。


↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:こんなの食べてみた - ジャンル:グルメ

タグ : イベント

category:地域情報 イベント
comment(0) | trackback(0)
記事編集