何でも食べたい、食べてみたい、美味しいもの、珍しいもの、いろいろ食べた記録。+気になっているもの。
橿原スタミナラーメン ~末永くがんばってください~ 
2013.08.29 Thu 16:13
 
月一回、休肝日を兼ねて、夜しかやっていないラーメン屋さんに行くぞ、という他人から見れば、勝手にやっとけ、知らんがな、という話は前々々々々々回の “まりお” の記事に書いたが、今月も行ってきた。

「すべての男子は収集家である」

とは、かの楢奈良男さんの言葉であったが、私も子どものころ、プロ野球カードやミニカーを集めていた時期があった。

大人になってすっかりヤフオクで売りさばいてしまい、今ではいろんな電化製品に化けてしまっている。10万円以上にはなっていると思う。

現在はというと、何かを集めているというのはないが、強いて言えば、奈良のラーメン屋さんはだいたい制覇している。あと少しでコンプリート、の前に立ちはだかる難関店がここ。

橿原スタミナラーメン橿原スタミナラーメン


橿原スタミナラ-メン

 *場所が橿原 (私は奈良市在住)
 *夜だけの営業
 *週4日だけの営業 ・・・と、ハードルが高く、これまで行くことができなかった。

しかも、常時行列ができているらしい。


この日は夜遅めに仕事が終わり、10時ごろ店の前に着いた・・・ら、案の定、8人が並んでいた。ここから、待つこと約30分。

順番がやってきて、中に入ることができた。

橿原スタミナラーメン橿原スタミナラーメン


メニューは思った以上にいろいろとある。ニラ玉やどて焼きなどアテ系のメニューもあり、ラーメンの前にビールでプハーといきたいところであるが、車でもあるし、休肝日だから来ているのだ。

そのメニューの上にはサインがある。誰かと思えば、周富徳。

今は何をしているのだろう・・・。


さて、注文するものは決めてある。ここの名物といわれる スタミナ焼きそばホルモン揚げ である。

橿原スタミナラーメン橿原スタミナラーメン


左:スタミナ焼きそば
麺は細めのストレート、固めに湯がいてコシを残してある。ニンニクを効かせたピリ辛のタレで炒める。奈良ではよくあるスタミナラーメンの焼きそば版。

右:ホルモン揚げ
フク (肺) の唐揚げ。味をしっかりと付けたフクを揚げたもの。衣はカリっと身はフワフワ。食べきれなかったのでテイクアウトを頼むとパックに入れてくれた。

隣の人が食べていた スタミナラーメン(スープ麺) は 彩華よりひとまわり大きな丼で登場し 400円であった。彩華だと小680円、大だと930円である。

ただ、値段だけが理由ではなさそうだ。カウンターだけの小さな店で、ラーメンを一つずつ丁寧に作るおっちゃんと絶えず客に気配りするおばちゃんのコンビが心地よく、何とも落ち着ける雰囲気である。

ネットでも噂では、もしかしたら閉められるかも・・・とあったが、ぜひ、この味を長く続けていただきたいものである。


橿原スタミナラ-メン
橿原市五井町108-2
0744-23-3959
18:00~23:00
日火木休 P有



↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

タグ : ラーメン

category:食べ歩き 奈良市外
comment(2) | trackback(0)
記事編集
山ノ上マーケット ~手作り・おいしいもの・地元の野菜~ 
2013.08.25 Sun 16:21
 
山ノ上マーケットに行ってきた。

このイベントは毎年8月の最後の土曜日 (といっても今年は31日ではなく24日) に行われる一日限りのマーケットである。

場所は、京都府南山城村。標高400~500メートルの高原にある今は廃校になった童仙房小学校跡地。

奈良からだと、24号を北上、木津を越えたら163号へ右折、やまなみホールを過ぎたら左折、そこから、山道を登ること約20分、法華寺東交差点から車で50分、徒歩だと3日ほどかかるところにある。正直、けっこう遠かった。

山の上マーケット山の上マーケット


会場に着いてみると、駐車場はいっぱい、人もいっぱい、大盛況であった。村人よりも多いと思われる。

店舗というか、ブースというか、全部で70店。手作りクラフトの店と飲食店がだいたい5:3というところか。

中には、しいたけダンスという よくわからないが、しいたけをかぶって踊っている人もいたが、それはそれで盛り上がっていたのでよかった。

山の上マーケット山の上マーケット


この日は小雨が降るあいにくの天気であった。運動場はぬかるんで、お足下が悪い中 よくお越し下さいましたが、用意周到に長靴の人や、裸足で走り回る子どももいて、大変なことになっていた。


さて、食に関するブログなので、食べたものを紹介したいのだが、その前に愚痴を一言。

約30店ある飲食のブースの内、ジュースやコーヒー、かき氷、デザート類のブースを除けば、残りは約半分。それはいいのだが、その中で、私たちが行った11時半にはすでに売り切れているブースがいくつかあった。

さらに言わせてもらうと これらの店は他のイベントでもだいたい1時間ぐらいで売り切れる。もっと仕込めばいいのにと思うのだが、戦略なのだろうか、どうも納得いかない。

山の上マーケット山ノ上マーケット


ちょうどお昼時だったので、お腹は減っていたのだが、先にも書いたように選択肢は多くはなかった。

入り口付近の猪肉丼や餃子の小金も気になったが、この日は嫁さんと二人、あれもこれもどれもそれも食べる余裕はない。意外かもしれないが、けっこう二人とも小食なのである。

・・・で、いただいたもの。


左:お山カフェ のベジタコライス

太陽と土と水と種。自然のめぐみに自分たちの手を少しくわえて、収穫したり採集したりした、食べものたち。元気に育った食べものたちを使って、出張カフェしたり、ケイタリングしたりしています。

ベジタコライスは肉はもちろん、卵や乳製品も使わない野菜だけのメニュー。肉のかわりに、高きびをスパイスで炒め、チーズやマヨネーズの代わりに、豆腐を塩麹で漬けてある。穫れたてのトマトときゅうりが新鮮。


右:front の自家製ホットドッグ

京都府の南端南山城村でカフェをしています。近隣農家の無農薬、有機栽培のお野菜を中心にできる限り自然な状態で育った食材をできる限り余計なことはせずに提供しています。

天然の羊腸に大分産の豚100パーセントの自家製ソーセージを炭火で焼き、同じく炭火で焼いた自家製パンにはさむ。


もう少し食べられそうなので・・・、

山ノ上マーケット山ノ上マーケット


左:yatra食堂 のサモサセット

雑穀米にひよこ豆のカレー、青うりのサブジ、ゴーヤのサブジ。インドのスナック サモサにはひじきが入る。

右:ヤマヨ茶舗 の焼き肉 猪バーガー

コレステロールをなくすという猪肉が4枚。これをおばあちゃんが作ったなすびとともにバンズではさむ。


これで満腹、この後、腹ごなしに手作り雑貨などを見て回った。子ども向けのワークショップなどもあってなかなか面白い。

山ノ上マーケット山ノ上マーケット


帰り道は加茂経由、行きよりも10分ほど早く奈良に着いた。


山ノ上マーケット2013
8月24日(土)10:00~16:00
会場:旧野殿童仙房小学校
京都府相楽郡南山城村童仙房三郷田199-2
0743-93-0476(山ノ上マーケット実行委員会)
公式ブログ

また、来年もされると思いますので、興味のある方はブログをチェックして下さい。


↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:地域情報 - ジャンル:地域情報

タグ : イベント

category:食べ歩き 奈良県外
comment(5) | trackback(0)
記事編集
イチロー ~日米4000本安打おめでとうございます~ 
2013.08.22 Thu 08:21

イチローと言えば、


イチロー


メジャーで10年連続200本安打を達成したり、


イチロー


レーザービームで、ランナーを刺したり、


イチロー


WBCでは大活躍、


イチロー


日本の居酒屋でも大活躍、


イチロー


一番搾りを持ってニッコリ、


イチロー


みんなでビールを飲もう!


イチロー


ビールにはギョーザが合うよね。


イチロー


ギョーザ専門店 イチロー、


イチロー


焼ギョーザ1人前250円(注文は2人前から)


イチロー


水 餃 子は1人前10個、550円。


イチロー


ギョーザ専門店だけど焼焼売。冷奴もあるよ。


イチロー


やっぱりここにもイチロー選手。


イチロー


日米通算4000本安打 おめでとうございます。


イチロー 三宮店
兵庫県神戸市中央区三宮町1-8 さんプラザ B1F
078-334-1660
11:00~21:00 火16:00~21:00
無休 P無 HP

餃子専門店イチロー

↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ

タグ : 餃子

category:食べ歩き 奈良県外
comment(0) | trackback(0)
記事編集
vanam ~田原からインド料理の進化を見る~ 
2013.08.13 Tue 15:15
 
前々々回の記事で、インド料理の新しいチャレンジ、ニッポンの夜明けと ちょっと大げさ気味に パリワールさんを紹介したが、今回さらに 奈良の インド料理の新展開を紹介したい。

場所は田原、奈良市を 西・中・東 と3分割したとき、東部山間地域にある。

奈良市街から高畑、教育大から高円高校の横を抜けて、しばらく走ると県ヘリポートがあって、次の交差点を曲がってはいけない←実際曲がってしまいUターンした。

間違える人も多いと思うので、曲がる角を写真に記しておく。

vanamvanam


大きな米やら、蜜柑やらの看板が見えたら右折する。(写真左)

しばらく行くと三角形の小さな vanam という看板が見えるので、後はこれに従って行くだけである。(写真右)

この辺り、のどかな風景がひろがり、となりにトトロが出てきそうだが、道は狭い。

vanamvanam


さて、このようなとなりのトトロの家みたいな家が見えてきたら到着である。駐車場は店の前に3,4台分ある。

店内には大きな6人がけのテーブルが2つと小さなテーブルと小さなカウンターがあり、棚にはインドのスパイスや小物が販売されている。


さて、食事のメニュ-はターリーと呼ばれるインドの定食とオムレツカレー、サンドウィッチ。この日は嫁さんと二人だったので前2種を注文。

vanamvanam


ターリーはほぼ日替わりのカレーが3種。

 左:アールーチャナ。新じゃがいもとひよこ豆のドライカレー・ズッキーニ。
 左上:シシトウとムング豆のパコラ。インドの天ぷら。
 上:ケララ風夏野菜のシチュー。オクラ・白なす・夕顔・じゃがいも。
 右:ポークビンダルー。数日間スパイスとマリネした豚肉のぜいたくトマトカレー。
 中央:自家製ゴーヤのアチャール。
 下:バスマティライス。インドのパラさらっとした高級米。クミン・コリアンダー。

それぞれのカレーをライスに混ぜて、時には2種類、3種類混ぜて、さらに私はやらなかったが、手で食べれば最高である。

vanamvanam


カレーセット(サラダ付き)
骨付きチキンとオムレツの親子カレー。辛さをオムレツのまろやかさでほどよくおいしくなります。

さて、ターリーにはホールスパイスから完全手作りのマサラチャイが付く。温と冷から選べる。サービスと茶子という焼き菓子をいただいた。

vanamvanam


先述した棚には南インドやスリランカに行かれたときの写真があった。
ここで現地の方からスパイスの使い方などインド家庭料理を教わったのだろう。

生駒山には、ラッキーガーデンという別の意味で、奈良のありがちなインド料理から、はずれた店があるが、この店もまた違った意味ではずれていておもしろい。

vanamとはサンスクリット語で森(原生林・あるがままの場所)のいう意味とのこと。
ほぼ日替わりというターリーを季節を替えてまた行ってみたい。


vanam
奈良市矢田原町743
0742-81-0350
11:00~日暮れまで(夜は予約で営業)
月水休 P有 HP



↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : インド料理

category:食べ歩き 奈良市
comment(0) | trackback(0)
記事編集
船場担担麺 ~「ひーっ、水、助けて~」って言いたくなったら~ 
2013.08.05 Mon 14:55
 
ちょっとした用事で大阪へ行った。
午前中に用が終わって、本町あたりでお昼の時間となった。

さて、どこで食べるか。
そういえば、この前、図書館で借りた、あまから手帖の担担麺特集は秀逸であった。

何をもって秀逸というかは、単に、写真とか記事を見て 「食べたい」 と思うかどうかであるが、そんなこと考えていると、担担麺が食べたくなってきた。

船場担々麺船場担々麺


早速、近くのブックオフに入って、あまから手帖のバックナンバーを見た。
すると、あるではないか、近くにうまそうな担担麺屋さんが・・・。

上にのっかる赤い調味料の群れをつついた途端に本性を露わに。辛いわ痺れるわの、豪火を噴く担担麺に豹変。太もやしや肉味噌が、折々に舌を慰めども、なんせ口の中はマヒ状態。「ひーっ、水、水、助けて~」  (あまから手帖から引用しました)

「ひーっ、水、水、助けて~」 って、言ってみたいぞ。


・・・で、やってきました、船場担担麺。

船場担々麺船場担々麺


店は、御堂筋の西、長堀の北と、だいたいその辺にある。
焼鳥店のマネキン (写真右) を見つけたらその隣である。

11時30分オープン、ということでジャストの時間に行ったのだが、もう少し時間がかかるとのこと。よく見ると表の看板は、開店時間が11時30分のものと12時のものとがあった。

私が 「どれくらいかかりますか」 と聞いたら、「10分ぐらいです」 と言うので、中で待たせてもらうことにした。

船場担々麺船場担々麺


客席はカウンター中心で、テーブル席が少し、私は辛そうなスープがグツグツ煮える鍋の前に座った。

メニューは、台湾屋台式とか、四川式とか、印度式とか、日式とか、世界は広い、ワールドワイドな担担麺が並んでいるが、ここは初志貫徹、船場担担麺を注文する。

ここで店員さんから一言、「パクチーは大丈夫ですか?」 おっと、こちとらチャキチャキのタイっ子でっせ~、望むところでごわす。


さて、しばし待つこと約10分、私の後に来た客でカウンターが埋まるころ、注文した品がやってきた。

船場担々麺船場担々麺


見た目は5辛には見えない、いいとこ、ちょい辛とか、ピリ辛とか、やや辛とか、ややウケとかという感じである。

実際、一口スープをすすってみると、貝の出汁が利いたあっさり味で、ちょい辛どころか、ノー辛である。(そんな言葉があるのかどうか知らんけど)

しかし・・・、

あまからさんがいう、いわゆる “赤い調味料” というのを崩していくと・・・、辛っ!

でも、それよりも、ひびへふ~!! (しびれる~!)

とにかく、中国山椒のしびれ感がハンパない。口の中から、唇までマヒする感覚で、うまくしゃべれないし、食べている感覚すらあやふやになる。

5辛というが、辛さはそうでもない。これまでもっと辛いものを食べたことがある。しかし、このしびれ感は初めての体験であった。

でも、何となく中毒になりそうなしびれ感だよなあ~、今、これを書きながら、また食べたいって思ってたりする。


船場担担麺
大阪市中央区南船場4-10-20
06-6536-5623
グランドメゾン西心斎橋1階
11:30~15:00
土日休 P無

↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

タグ : ラーメン

category:食べ歩き 奈良県外
comment(0) | trackback(0)
記事編集
ふじ門製麺 ~やすらぎの道に期待の新店~ 
2013.08.03 Sat 18:26

私が幼少のころ、鍵田忠三郎という市長がいた。
さまざまな個性的な政策を打ち出し、印象に残っている。

鉄球道路、ごくろうさん運動、学校をうす緑色に塗ったりもした。
中でもよく覚えているのは、みそ作り運動で、給食でパンに塗る味噌が出たときは、何かの嫌がらせかと思った。

そんな鍵忠 (親しみを込めてかぎちゅうと呼んでいた) が残したものに、やすらぎの道がある。奈良市民なら普通に使う道で、私の家からも近い。

ただ、朝夕の渋滞がひどく、「どこが、やすらぎの道やねん」 と思っている奈良市民は多いことと思う。

そんな、やすらぎの道を何気なく走っていたら、 と書かれた看板を見つけた。

しかも、麺は、麦にょうに、面のところが、ひらがなで、“めん” である。

これは、ラーメンの新店に違いない、と思い、屋号を覚えて、家に帰って、Yahooに電話で問い合わせると・・・、ありました、

ふじ門製麺 RAMEN FUZIMON'S ブログはこちら。


私が看板を見つけたのは、看板が取り付けられてから1週間後ぐらいのことであった。それから、ほぼ毎日、ブログをチェックしていると、ついに7月31日に店をオープンされることがわかった。

・・・で、さすがにオープン初日とはいかなかったが、行ってきた。

ふじ門製麺 RAMEN FUZIMON'Sふじ門製麺 RAMEN FUZIMON'S


私 (と嫁さん) は、オープンの11時の10分ほど前に着いたのだが、すでに車の中で待っている人がいた。

席はカウンターのみ6席 (後で開店祝いの花をよけて3席増やしたが)、先客の3名と私たちで、すっかり席は埋まってしまい、11時過ぎに来た客は早速待つことになっていた。


メニューはスープが2種類、麺が2種類。これを好みで組み合わせる。
これに、チャーシュー丼と白ごはん、替え麺のみ。ただ、これはオープン限定メニューで、今後、和え麺なども追加される予定とのこと。

ふじ門製麺 RAMEN FUZIMON'Sふじ門製麺 RAMEN FUZIMON'S


さて、嫁さんが、「魚だしを細麺で」 と言うので、私は、「豚だしを中太麺で」 と言った。

このあたりは、さすがの連係プレーである。+チャーシュー丼一つ。


カウンター内で、男性のご兄弟が、麺担当とスープ担当に分かれ、一杯のラーメンを作っている。兄が、「麺、あと30秒」 とか言うと、弟がスープを入れ始めるといった具合だ。

こちらも、すばらしい連係プレーである。ちなみに兄と弟は逆かもしれません…

そうこうしているとラーメンが運ばれてきた。

ふじ門製麺 RAMEN FUZIMON'Sふじ門製麺 RAMEN FUZIMON'S


魚だしらぁ麺は、大量の真昆布をはじめ、鯖節などの魚介を贅沢に使用した出汁がベースとのこと。最近流行りの魚粉はのっていないので、強烈な、とまではいかないが、魚介系の風味はしっかりと感じられる。コクのあるスープはすっきりした味わい。

豚だしらぁ麺は、豚の数種の部位と、三河赤鶏を時間をかけて炊きあげたとのこと。富雄の人気店 「みつ葉」 のようにスープを泡立ててクリーミーに仕上げる。

入り口すぐのところに製麺機があり麺はすべて自家製。
内モンゴルのかん水と岩塩を使い、コシと食感にこだわったそう。

実際、細麺も中太麺もくにゅっとした歯ごたえが楽しい。小麦などの材料を替えているわけではなさそうなので、つるっとした食感が好きなら細麺、歯ごたえ、噛んだときの弾力を楽しみたいなら中太麺をと、好みで選べばいいと思う。

ふじ門製麺 RAMEN FUZIMON'Sふじ門製麺 RAMEN FUZIMON'S


具もまた個性的。ロール状にしたバラチャーシュー。白髪ネギ、刻みネギ、玉ねぎ、貝割れ。糸唐辛子、水菜。素揚げしたごぼうとれんこん。半熟煮卵ははじめから半分入る。

チャーシュー丼は細切れのチャーシューにタレ、ネギ、水菜。ミニではなく、けっこうな量で、普通の丼の8割ぐらいの量はある。

どちらのラーメンも、スープ、麺、具とこだわりが感じられ、“渾身の一杯” という表現がピッタリの品であった。今後、新しいメニューも考えておられるとのことでまた来たい。


それはそうと、店主さん自身、“OPEN告知もあえてあまり行なわず、最初はスロースタートで・・・” と書かれているように、どちらかというと、“ひっそりと” オープンしたにもかかわらず、早速 行列ができるとはどういうことか。

みんな、私のようにたまたま通りかかって、という人たちばかりではあるまい。ラオタと呼ばれる人たちの情報網がどうなっているのか、謎である。


ふじ門製麺 
RAMEN FUZIMON'S"
奈良市馬場町
11:00~売り切れ終了
火休 P有 ブログ

記事中に不適切な表現がありました。Yahooに電話で、ではなく、正しくはYahooで検索して、の間違いでした。慎んで訂正いたします。

↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

タグ : ラーメン

category:食べ歩き 奈良市
comment(4) | trackback(0)
記事編集