何でも食べたい、食べてみたい、美味しいもの、珍しいもの、いろいろ食べた記録。+気になっているもの。
スポンサーサイト 
--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




category:スポンサー広告
comment -- | trackback --
記事編集
まりお ~創作こってりは東南アジア風~ 
2016.01.28 Thu 21:34
 
まりおの創作をいただくのは今回が2度目である。

前はチョモランマを登頂した後、もう超こってりに挑戦する必要もなくなったということでいただいた、オマール海老を出汁にしたラーメン以前の記事はこちら。

まりお 創作こってり 東南アジア味のエスニック担担麺


今週はあっさりが 「鴨塩ラーメン死ぬほど美味しいつくね入り 」、こってりが 「東南アジア味のエスニック担々麺」

最近、歳のせいか、こってりがきつくなってきているので、今度こそはあっさりを、と思っていたのだが、

東南アジアの国はすべて回ったことがある私としては、東南アジアという言葉に反応してしまう、しかも坦々麺とくるとどうしても気になる。

・・・で、結局、創作こってりをいただくことにした。

まりお 創作こってり 東南アジア味のエスニック担担麺


今回は東南アジアの香りと味にしました
ナンプラーをたれに加えたり
干し海老やアミエビにホタテやXOジャン等も加えた香味油【ラー油を加えた海鮮オイル】も、正に東南アジアの香りです
正当な担々麺ではないですが例える物が無いので担々麺風と書いています
その辺は勝浦担々麺に銘じてご勘弁を【笑】
勝浦担々麺が担々麺なら
今回の作品は担々麺で良いのではないかと言う勝手な言い分です【笑】
こってりでエスニックて辛いのが好きと言うお方には超お勧めです
世界中でまりおでしか食べれない変わったラーメンです【笑】


まりお 創作こってり 東南アジア味のエスニック担担麺


極みつきは大きなボイルホタテを2個も豚骨スープで煮込みます
出汁と香りが出るし食べたら余計美味しいですからね
いったいこのラーメンは何なんだと思われるお方が多数いらっしゃると思いますが
東南アジアです
もし香港の中華料理人が
超こってり豚骨スープをベースに創作ラーメンを作ったら
こんなんになるのではないかと言う発想ですね


まりお 創作こってり 東南アジア味のエスニック担担麺


こってり豚骨スープに太麺、具は材木メンマ、半熟煮卵1個、生のざく切りネギ、これにいつものようにたっぷりのレアチャーシュー。

キムチのタレのような辛味と甜麺醤のような味噌の甘み、ここに東南アジア風のスパイスの風味が加味されているが、まあ東南アジアにはこの料理はないだろうな、と思う。

それにしても、まりおさんの湧き出るアイデアにはいつもながら驚く。

まだ、定番でも食べていないものもあるが、創作についても、またいただきに来たいと思う。


まりお流らーめん

奈良市尼辻433-3
0742-35-1102
18:00~翌1:30
水休 P有 HP





↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




スポンサーサイト

テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : まりお ラーメン

category:食べ歩き 奈良市
comment(0) | trackback(0)
記事編集
牡蠣奉行 ~出張牡蠣小屋で牡蠣三昧~ 
2016.01.26 Tue 20:33
  
本編の 奈良グルメ図鑑 の掲示板に 「しばいぬ」 さんから、こんな投稿をいただいた。

1/15~2/14期間限定で大和西大寺駅南側の駐車場(日日新聞ビルの南側)で「出張牡蠣小屋 牡蠣奉行」なるイベントが行われています。
営業時間は12:00~21:00です、偵察したところ結構な賑わいでした。
セル牡蠣やその他海産物(大アサリ、干物)などを炭火で焼くスタイル。
殻付き牡蠣1KG:1000円
生ビール・日本酒:500円
牡蠣ごはん:300円
etc.

牡蠣小屋が大流行で、ついに奈良にも、牡蠣小屋フィーバーという店が相次いで新大宮と三条通にオープンしたが、どちらも夜だけの営業で今のところ行く機会を持てていない。

そんな中でのこの書き込みである。ぜひ行ってみたい。

この日は寒波がやってきているということで、めちゃめちゃ寒かった。奈良ファミリーに車を停め、奈良日日新聞の駐車場まで歩いたが、

あまりの寒さに遭難するかと思った。

・・・が、地下道をくぐり、ロータリーを越えたあたりから、すでに魚を焼くような香ばしいにおいがしてきて、期待に胸が高まる。

牡蠣小屋 牡蠣奉行牡蠣小屋 牡蠣奉行


先にも書いたが、この日は寒い日であったが、しかし、心配無用、席にはテントが張ってあり、まわりもきっちりとビニールで覆われていた。

お奉行様、なかなかの計らいである。

店頭にメインの牡蠣のほか、イカの一夜干し、ハタハタ、大あさり、サザエなどが並んでいて、好きなものを選んで会計を済ませてから、席に着くシステム。

牡蠣は1kg、1000円、他はだいたい350円ぐらいから。伊勢海老やアワビもあったが、2900円とかするので、ちょっと無理。

牡蠣小屋 牡蠣奉行牡蠣小屋 牡蠣奉行


牡蠣は、宮城県産、岩手県産、広島県産の3種類、あくまでも重さなので、大きなものだと数が少なく、小さなものなら数が多い。食べ比べをしたいので一盛ずついただく。あと適当に貝類やイカを選んで、レモンも買って、席に着く。

店内はそこそこの広さだが、すでに多くの人でにぎわっており、私たちの後の人には待ちが出ていた。

牡蠣小屋 牡蠣奉行牡蠣小屋 牡蠣奉行


テーブルの真ん中に炭火があり、網の上に牡蠣をガンガン乗せていく。

焼き方には一応決まりがあって、まずは平たい方を下にして3分、そのあとひっくり返して、3、4分。その順番で焼くことで、牡蠣のおいしい出汁もポン酢 (好みで醤油) も、こぼれることなくいただけるというわけだ。

牡蠣が焼けるのに時間がかかるが、イカやハタハタなどはすぐに焼けるのでタイミングを見計らいながら焼いていく。

ときどき、パーンと炭がはぜる音にがしてちょっと焦るが、それが店内あちこちで起きている。また、食べた後の牡蠣殻は一斗缶に捨てるので、そのガランという音もあって、結構にぎやかである。

牡蠣は大ぶりの方がおいしかった。小さなものはどうしても縮んでしまうので、ミルキーな味わいは大きなものの方がしっかりと味わえた。それと、個人的には宮城県産のものが味が濃いように思った。

久しぶりに牡蠣を堪能することができた一日であった。

2月14日、バレンタインデーまでの開催。


「 牡蠣小屋 『牡蠣奉行』 IN NARA 」
12:00~21:00
奈良市西大寺南町1-3
西大寺南町タイムパーキング内


↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : イベント

category:地域情報 イベント
comment(0) | trackback(0)
記事編集
天下一品 ~押熊オリジナルが気になる~ 
2016.01.22 Fri 19:48
 
天下一品が気になる。


b7fd826f_20160119201441edc.jpg


天下一品といえばハワイも含め、全国に230店もの支店がある、大チェーン店であるが、

風の噂では、店によってメニューに違いがあるらしい。

これが、スープの濃さであったりすると、問題があるが、(実際、どこの店が濃いとか、薄いとか話題になっていたりする) オリジナルのメニューとなると、これは気になる。

そういえば、大昔、滋賀の大津の天下一品に入ったら、トムヤムクン味があって、かなり驚いた記憶がある。


さて、奈良に話を移せば、押熊の天一が、オリジナルメニューをがんばっているらしい・・・ということで、行ってきた。

天下一品 押熊店天下一品 押熊店


チェーン店だから、新大宮にも、東生駒にも、東向商店街にも、西大寺店はつぶれたけどあちこちに支店があるというのに、なんと、押熊店には待ちがあって、30分間 寒い中待つことになった。

・・・で、この店のメニューがこちら。

天下一品 押熊店天下一品 押熊店
天下一品 押熊店天下一品 押熊店


この店のオリジナルメニューが、カレーラーメンとつけ麺、その他、一品が多数・・・、なんと、店のメニューの半分以上は独自で開発したものらしい。

それにしても、カレーラーメン。

カレー粉に交わればカレー味になる

ということわざ通り、どんな料理もカレー粉を入れるとカレー味になってしまう。だから、私的にはカレーライスとカレーうどん、カレーパン以外のカレー味は好きではない。

カレー味の唐揚げとか、カレー味の肉じゃがとか、特に食べたいと思わないし、

カレー味のラムネなど、言語道断である。

でも、オリジナルメニューをいただくためにわざわざやってきて、30分も並んだたのだから、もちろんカレーラーメンを注文する。


・・・で、出てきたのがこちら。

天下一品 押熊店 カレーラーメン天下一品 押熊店


・・・

・・・・・・

予想通り・・・

カレー風味のこってりスープ・・・

ただ、カレーうどんは許せる私であるから、カレーラーメンもぎりぎりセーフである。

実際、カレー味のバランスもよく、麺も普通とは違って太めでおいしかった。

天下一品 押熊店天下一品 押熊店 カレーラーメン


もう一つのオリジナルメニュー、つけ麺 (左)。

つけ汁はこってりとカレー味が選べるが、

ここでカレー味を頼むわけがない。

天一のつけ麺は今までにもありそうで、なかったのだが、押熊店から始まって、いろんな店で出しているそうだ。

魚介の風味を足してあって、単なるこってりスープとは一味違うところが、オリジナルらしいところである。


右は なぎなた、

手羽先の先端部分を 「せんべい」 みたいにパリパリに揚げ、甘コクなタレをからめ、マイナス20度でキンキンに凍らせました。

・・・と、ネーミングだけでなく、料理そのものがよくわからない感じだが、まあ、冷たくパリッとした手羽先というところである。


この店には、これ以外に “キムチ風鍋ラーメン” というメニューもあるが、

キムチを入れると、すべてキムチ味になる のは、カレーと似たようなものなので、今回はパスしておく。

DSCF4321.jpg


天下に類なきもの、すなわち これ 天下一品なり


HEAVEN ONE

PUSH BEAR sentence spring・・・


天下一品 押熊店
奈良市押熊町1130-4 新田ビル1F
0742-45-1222
11:00~翌0:15 (金・土・祝前日~翌0:30)
無休 P有



↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

タグ : ラーメン

category:食べ歩き 奈良市
comment(0) | trackback(0)
記事編集
1月3日の行動② ~テロワールのおでん~ 
2016.01.05 Tue 22:44
 
塔の茶屋から、左手に再建中の中金堂、右手に国宝館を見ながら、登大路に出た。

信号を渡って、右手を見るとなんと・・・、煙の出たトラックが!

テ! テロ・・・!!

テロワール (*) の屋台であった。

* 県内レストランオーナーシェフを中心とし、料理人 ソムリエ レストラン関係者の集まりです。facebook

本サイトの掲示板で、正月にテロワールのおでんがいただけるという情報をいただいてたので、頭の隅にはあったのだが、おでんと聞いて、てっきり夜だけかと思っていた。

テロワール おでんテロワール おでん


メニュー見ると、ホットワインや甘酒などの飲み物があり、これには ちょっとそそられたが、胃の不調を戻すために体を動かし、茶粥をさらっといただいた後だけに、ここで飲むわけにもいかない。

さらに食べるとなると、なおさらであるし、かといって、食べたい。

テロワール おでんテロワール おでん


テイクアウトはできますか?

我ながらなんとナイスアイデア。

すると、店員さん(?)が、「カップを上下合わせる形でよければ」 と言ったので、そうしてもらうことにして、盛り合わせ4点 (タイムサービスで5点) 盛をいただいた。

・たまご 五條 阪本エッグファーム 白鳳卵
・大根 宇陀 山口農園
・厚揚げ 吉野 林とうふ店
・ロールキャベツ  キャベツ 宇陀 類農園
・国産鶏手羽

*注文しなかったがメニューにあったもの
 ・大川のこんにゃく ・ごぼ天 ・和ハーブソーセージ

テロワール おでんテロワール おでん


手羽からとった出汁で煮込んだ洋風おでん、和風なら辛子や柚胡椒といくところだが、さすが 「ル・クレール」、3種のソースが用意されている。

・ピクルス入りトマトソース
・たまごたっぷりタルタルマヨソース
・ニンニク風味のクリームチーズソース


持ち帰ったおでんについては、その日の夜、家族と一緒に少しずついただきました。

ごちそうさまでした。


テロワールさんの今後の活躍に期待します。



↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : おでん

category:食べ歩き 奈良市
comment(0) | trackback(0)
記事編集
1月3日の行動① ~塔の茶屋でさらっと茶粥~ 
2016.01.04 Mon 17:08
 
明けましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いします。



元日、2日と自分とこと嫁さんとこの実家で、かに鍋、すき焼きを堪能し、朝から酒も飲んで、3日は胃がぐったりしていた。

体を軽くするために軽く10kmほど走って、軽く茶粥をいただいた。

ちなみに、店は 「塔の茶屋」 とガイドブックでもおなじみの有名店。興福寺の五重塔のすぐそばで、観光客にも大人気の店である。

塔の茶屋


茶粥をメインに出す多くの店は、茶粥だけでなく、別の料理を付けて、茶粥弁当とか、茶粥懐石とか、5000円とか、1万円とかとるのだが、この店もやはり、

茶粥弁当が2000円、茶粥懐石が6000円、8000円、1万円もする。

しかし、奈良県民の多くが感じていると思うが、茶粥はさらっと朝ごはんで食べるものであり、懐石にするのは何か違和感がある。

で、どっぷりと奈良人の私が、茶粥懐石を食べるわけもなく、ここでいただいたのは単品の茶粥で、

これが何と350円である。

塔の茶屋


先にも書いたが、この店、ガイドブックにも必ず紹介されるような観光客向けの店なのだが、軽くさらっと茶粥をいただけるので、地元民でも使い勝手がありそうだ。

何度も言うが、これが350円である。漬物とほうじ茶も付いてくる。

塔の茶屋


考えれば1万円の茶粥懐石の茶粥部分は350円なので、懐石部分が9650円となる。もちろんそれだけするのだから、素材も手間もかかったものがいただけるのだろうが、

そうなるとメインは茶粥ではないような気がする。

この日は正月にしたら記録的な暖かさだった。私は中に入らずに、五重塔が見える庭の毛氈のひかれた床机に座った。フェンス越しに鹿がこちらを見ていた。

緑茶を使った粥は熱々、ほどよいお茶の苦みが疲れた胃にしみとおる。塩での味付けはされていない。

ちなみに 「月曜から夜ふかし」 では、

「茶粥」 を食べたゲストのV6の三宅くんとマツコさんの「あー、お茶ですね」としか感想が言えなかった。しかも三宅くんが「お好みで塩を」と言われて、"救われたぁ"って顔で塩を入れたのに、「入れなかったら良かった」と言っちゃうというオチがついていた。(JタウンネットHPより)

DSCF4404.jpg


やはり、奈良漬やしば漬けと一緒にいただくのがよさそうだ。

観光で来られたなら、おかずのついた弁当や懐石もいいだろうが、地元民なら、小腹がすいたときに、さっといただいて立ち去るという使い方もいいだろう。


塔の茶屋
奈良市登大路町47
0742-22-4348
11:30~19:00(閉店21:00)
火休(祝営業・振替休あり・12月31日休
P無 HP


この後、登大路方面に歩いていくと、見つけた。

続く・・・

↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : 茶粥

category:食べ歩き 奈良市
comment(0) | trackback(0)
記事編集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。