何でも食べたい、食べてみたい、美味しいもの、珍しいもの、いろいろ食べた記録。+気になっているもの。
スポンサーサイト 
--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




category:スポンサー広告
comment -- | trackback --
記事編集
JAY ~グジャラート料理ってなんじゃらーと~ 
2016.07.26 Tue 18:27
ある日、掲示板にKHさんから次のような書き込みをいただいた。

JAYでグジャラートの家庭料理はいかが? KH
インド人は「ナン」は食べない、けど、JAYのチーズナンはおいしい.で、奈良のインド料理店のほとんどは、ネパールから来た方が働いている.でも、ここは グジャラート出身のオーナーが、グジャラート出身のコックさんを雇ってオーセンティックなお料理も出しておられる.グジャラートってなんじゃらーと?とnaranaraさん的なギャグもいれつつ、グジャラートは、マハトマ・ガンジーの出身地です.

掲示板にはいつも新しい情報が書き込まれ、返信に遅れつつも大変ありがたく感じている今日この頃、特にKHさんにはそれこそ私の知らない奈良の情報を教えていただき、感謝感謝であるが、ちょっと待てよ。なにか少し引っかかるところがあるのだが・・・。

グジャラートってなんじゃらーと?と naranaraさん的なギャグもいれつつ、


naranaraさん的なギャグもいれつつ


naranaraさん的なギャグもいれつつ


naranaraさん的なギャグもいれつつ


・・・?

私がいつ、そんな グジャグジャなダジャレート を言ったというのだ。

グジャグジャなダジャレート を言ったと・・・


・・・・・・


さて、話を戻して、KHさんのおっしゃる通り、インド料理店の大半のコックはネパール人である。これは、日本に限らず、本国のインドでもそうであって、インド人のオーナーがネパール人のコックを雇うことが多い。理由は簡単、賃金が安いから。

そのネパール人のコックを日本や中国や韓国などの国が引き抜くのだが、ネパール人が言うには日本が一番待遇がいいそうだ。(←当社調べ)


そんな中、グジャラート出身のオーナーグジャラート出身にコックを雇ってグジャラート料理を出す店がある。


JAY indian restaurant



JAY Indian Restaurant

当店は2002年に奈良店を開店して以来、「本物のインド料理」にこだわり 10年以上にわたって関西の皆様に愛されてまいりました。 現地での料理経験が豊富なインド人シェフ・全店に設置している大型のタンドール釜・そしてインド直輸入の厳選された材料、 この3つに真面目にこだわり、「本物」の味をご提供しております。


この店も開店当初は、そして今もメインのメニューはチキンとベジタブルのカリーにナンといったよくあるセットで、土日はランチバイキングになっている。

それが、最近こんな貼り紙を始めた。


JAY indian restaurant


この情報をKHさんが掲示板で教えてくれたのである。(最初に戻る)

2名様より、となれば嫁さんの予定や気分も関係してくる。私は予約が必要がどうかわからなかったので、日曜日、朝から、当日でもいけるか聞いてみた。

帰ってきた答えは、

「大丈夫よ~ 11時半からね~」

と、とっても軽い返事であった。

Q JAYのグジャラート料理は予約しないとだめですか?
A 大丈夫よ~


さて、気になるグジャラート料理はこちら。

JAY indian restaurant


グジャラート料理は、肉・魚・卵、根菜のたまねぎとにんにくは使えないなど食材が限られているにもかかわらず、料理数がバラエティ豊かで、おいしさはインド国内でも定評があります。

コースのように出てくるのかと思ったら一皿(ターリー)で登場。(写真は一人前)

手前から、

バスマティライス:インドで「香りの女王」という由来を持つ香り高い米、クミンと一緒に炊いてサラサラに。
ロティ:麦だけで作られた薄いインドパン。
ソース:後述
ラッシー:インドの人はほとんど氷は入れないらっしい。
生野菜:生の玉ねぎは緑のソースにつけて。
カレー:じゃがいも、にんじん、オクラなどのベジタブルカリー
カレー:豆のカリー
パニーニ:インドのチーズをタンドール(窯)で焼いたもの。


JAY indian restaurant



左のソースはコリアンダー、ミント、青唐辛子。爽やかな辛味。生玉ねぎだけでなく、パニーニにつけたり、カレーに入れても美味。作ってみたい。右は辛味の強いサンバルソース。

食後、スタッフの女性(パートという感じではなかった)とひとしきりインドについての話をしていたら、また、インドに行きたくなった。

私が行ったインドはデリーを中心とした北インドで、広いインド亜大陸のほんの一部である。南インドも食文化が違って食べることが好きな旅行者にとって楽しい場所らしい。

なぜ、ここでグジャラートに行きたいと言わないのか。それは、

グジャラート州は法律で酒が禁じられているから

この日もグジャラート料理とともにインドビールをいただいた。

近所にJAYがあることをうれしく思う。


JAY
奈良市大宮町7-2-23 三和佐保川ビル 1F
0742-36-2235
11:30~14:30 17:00~22:00
無休 P有
http://jay-restaurant.com/ 




↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




スポンサーサイト

テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : インド料理

category:食べ歩き 奈良市
comment(0) | trackback(0)
記事編集
ミスター・ギョーザ ~京都で一番人気のギョーザ店~ 
2016.07.07 Thu 20:00
 
宇都宮VS浜松の熱い餃子対決の陰で、実は、

京都市が餃子消費額第3位。

そういえば、"餃子の王将" も京都発祥だし、泉門天など名店も多いような気がする。

今回、ちょっと京都に用事があったので、そのついでに餃子が食べたくなった。一度そう思うと、口が餃子になるというか、頭の中、餃子以外考えられなくなって、


アウトオブ眼中、餃子一択


用事の場所は祇園だったが、私たちはそこから九条行きのバスに乗った。

もちろん、祇園や四条界隈にも餃子の店はいくつもあり、いろいろと候補はあったのだが、京都に来ることなどめったにないし、せっかくなら、京都で一番人気の店に行ってみたいし、目の前にバス停があるし・・・ということで、

九条大宮でバスを降り、東寺を右手に見ながら歩くこと6分。

ミスターギョーザ


ミスター・ギョーザ


何せ ミスターである。ミスターといえば、ちんだったり、オクレだったり、ドーナッツだったり、北海道民なら鈴井貴之だったりするが、ギョーザである。

この店、朝日放送 「ごきげんブランニュ」 という番組で、関西の餃子を行き尽くした餃子ライター 本家ヲサム氏が、京都厳選の餃子として3店紹介した中から、哀川翔さんが、最後の晩餐として選んだという絶品の餃子である。

要するに番組でタレントがうまいと言った店である。
 

ミスターギョーザ


この日はとにかく暑く、京都市の最高気温も34℃に達していた。

ここに来るまでに、すでに缶ビールを2本あけていたが、その水分は汗となってすっかり蒸散しており、餃子といえばビール、

トムといえばジェリー、トミーといえばマツ

ぐらいのベストマッチ。


とりあえず、生中。

ミスターギョーザ


このジョッキがまた渋い。

ミスターギョーザという文字の中に描かれた似顔絵。

あごが出て、中国風の帽子をかぶった横顔は先代のミスターギョーザだというが、カウンター内で餃子を焼いている人物とは全く別人なので、知らなければ誰やねん、なんでやねん。


まずはキュウリの一本漬けで乾杯。

ミスターギョーザ


京都の餃子専門店ではよく、きゅうりの漬物が出るが、ここでもそのようである。

少し酸味があって、さっぱりとしたアテに持って来いの一品。200円という値段も良心的~。


続いて登場したのはこちら。

ミスターギョーザ


醤油ラーメン

ネットの書き込みなどを見ていると、この醤油ラーメンもけっこう人気とあったので、注文してみた。

これは中華料理屋のラーメンという感じで、京都特有の背油とかこってりではない、あっさりスープで、麺や具もオーソドックスなもの。


そして、餃子が焼きあがった。

ミスターギョーザ


一口食べると・・・、


熱い!

「熱いね」と話しかければ「熱いね」と答える人のいる熱さ (字足らず)


パリッと焼かれた皮が口の中で破れる瞬間に、やってくる熱々の肉汁。

豚ミンチ、キャベツ、にんにく、しょうがと、具はオーソドックスながら、それがうまい。酢醤油とラー油のタレと味噌ダレはお好みで。

そして、冷たいビール。


幸せ~、


わざわざ電車とバスを乗り継いてやってきたかいがあるというものである。

最初に5人前(3人で)注文したが、後から二人前追加し、(ちなみに一人前6個270円)7人前をすっかりとたいらげた私たちは十分満足して、帰途についたのであった。


ミスターギョーザ
京都市南区唐橋高田町42
075-691-1991
木休 P有
http://www.mr-gyo-za.com/

餃子が名物の、昭和46年創業のこじんまりとした中華料理店。昭和の懐かしさが感じられる空間で餃子とラーメンをビールと共に味わえる。

↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




category:食べ歩き 奈良市
comment(0) | trackback(0)
記事編集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。