何でも食べたい、食べてみたい、美味しいもの、珍しいもの、いろいろ食べた記録。+気になっているもの。
猪鹿蝶 ~イタリアンからの牛骨らぁめん~ 
2016.11.23 Wed 20:15
 
新しいサイトに移行してから奈良の店の記事を書くことがほぼなくなってしまったのだが、久しぶりに書いてみようと思う。

情報元はいつも新しい情報を掲示板に書き込んだくださるKHさん。

先日、チェルボ&イルネッソの閉店をお知らせしたばかりではありますが、同じ場所でらーめん「猪鹿蝶」開店。居抜きではありません。チェルボの業態変更です。チェルボが、らーめん店として蘇ります。だから「鹿」が入ってるでしょ。楽しみです!

いつもありがとうございます。m(_ _)m

さすがに21日のオープンには行けなかったが、勤労感謝の23日にポールを取って行ってきた。

らぁめん猪鹿蝶らぁめん猪鹿蝶


らぁめん 猪鹿蝶


猪鹿蝶といえば、花札の役で、10点もらえるが、店名の由来がわからない。

元の店名のチェルボが鹿という意味だから、鹿はわかる。

あとの猪と蝶がわからないが、予想としては猪が豚骨スープを指しているのかと思ったら、

らぁめん猪鹿蝶らぁめん猪鹿蝶


牛骨スープメインであった。

長時間煮込んだ黒毛和牛のスープと、鶏ガラで摂ったあっさりスープを一晩寝かせて合わせることによって、より深みとコクのあるスープを作り出しています。化学調味料、添加物を一切使わない、イタリア料理で長年培ったシェフのエッセンスが光る猪鹿蝶の自然な味わいの無添加牛骨らぁめんをぜひお楽しみください。

奈良のラヲタを自負する私は、MBSのラーメンコロシアムを過去の放送までさかのぼって聴いているが、牛骨スープはそろそろキテルらしいので、奈良にもその潮流がキタといえる。

イタリアンのシェフが牛骨スープをどのように表現するか楽しみである。

メニューには醤油、しお、味噌の3種類と10食限定の牛テール白湯らぁめんの4種類 (+トッピング、サイドメニュー) があったが、嫁さんとの相談の上、醤油としお、その後、限定の3種類をいただくことにした。

らぁめん猪鹿蝶らぁめん猪鹿蝶


まずは醤油らぁめん

2種類の醤油をブレンドし、にんにく、生姜、昆布、干し椎茸等でコクのある醤油ダレを作っています。ストレートな牛骨ラーメンをお楽しみください。

いろいろが具材が書かれているが、何かが突出しているわけではなく、すっきりとバランスのいいスープ。飽きの来ない一番ベーシックな味。バランスよくまとまったベーシックな一品。くにゅっとした食感の中太麺。具は厚めのチャーシュー、メンマ、煮卵、奈良県産の野菜いろいろ。

らぁめん猪鹿蝶


そして、しおらぁめん

4種類の塩、あかえび、しじみ、乾燥ポルチーニ、昆布などの旨みと共に塩ダレを作っています。柚子とオリーブオイルの香りと共にお楽しみください。

すっきりとしたスープは醤油と近い印象だが、魚介系、特に海老の香りが楽しい。ゆずの風味もいいアクセント。オリーブオイルを使うところがイタリアンのエッセンス。

らぁめん猪鹿蝶らぁめん猪鹿蝶


追加で、牛テール白湯らぁめん

とろっとろに煮込んだ黒毛和牛の尻尾に豆乳を加え、コクのあるヘルシーなスープに仕上げました。たっぷりの野菜とトリュフの香りでお楽しみください。

醤油としおを食べた後にいただいた10食限定の品。一番チャレンジが見える。高田のくろすもフレンチからのラーメンだが、そこのパイ包みのオニオンスープつけ麺のようなイタリアンだからこその品。オリジナリティあふれる一品。もちもちの太麺で。

帰り際、顔を覚えてもらっている奥さんから 「また来てください」 と言っていただいたが、もちろん、今回いただけなかった味噌ラーメンをいただきに再訪する予定である。


住所 奈良市西木辻町97-3
電話番号 0742-23-3213
営業時間 11:30~14:30 17:00~21:00
定休日 不定休
駐車場 有



↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

タグ : ラーメン

category:食べ歩き 奈良市
comment(4) | trackback(0)
記事編集
札幌旅行⑧ ~開陽亭・踊れ!イカ!!~ 
2016.11.07 Mon 20:35
 
北海道まで来たのだから、札幌、小樽だけでなく、函館や富良野、できれば旭川へも足を伸ばしたい。

伸ばしたいけれども、伸ばせない、なぜなら、今回の旅の目的は 「野球観戦」 だから。

伸ばせないけれど、函館名物、イカの踊り丼が気になる。




活けのイカに醤油を垂らすと踊り出すというもの。

ぜひともイカが踊るところを生で見てみたい。


で、札幌にないか調べてみたところ、さすが道都 札幌、あるみたいだ。ホテルからも歩けるようなので行ってみた。

札幌 開陽亭 2号店


開陽亭

ちなみに開陽亭は札幌にいくつか店を出していて、私たちが訪れたのは2号店であった。

入口近くには熊の剥製とともにイカのいけすがあって、

いやがおうにもイカ気分が盛り上がる。

予約していなかったが、10分ほどで2階のテーブル席に案内された。

札幌 開陽亭 2号店


活イカで有名な「開陽亭」。札幌で活イカ、魚介類を楽しむのなら開陽亭といわれるほど、地元民からも観光客からも人気のお店。新鮮なお刺身はもちろん、うにのおにぎりが絶品と大人気。仲間とワイワイ楽しみながら、美味しい料理を楽しむことが出来る。

当店一番の人気、水槽からすくった活いかをその場ですぐにお刺身に。皿に盛ったゲソ(足)が目の前で動くのは、活いかだからこそ。

注文はもちろん、活まいかの踊り造り。

札幌 開陽亭 2号店


しばらくして登場したイカの造りはきれいに透き通っていた。店員さんいわく、「ゲソは後から調理します」 とのこと。踊りを堪能した後、調理するということか。

・・・で、早速、期待に胸をふくらませて、醤油を落としてみた・・・が・・・・・・、

ちょっと動いた後、ぐったりと動きを止めてしまった・・・。箸でつついてみたが、反応なし。


踊れ!イカ!!


いちおう動画も撮ってみたのだが、あまりにしょぼいので、載せないでおく。先程の youtube の動画を見ていただきたい。

とはいえ、味の方はコリコリとした歯ごたえで、甘みもありうまかった。ゲソは塩焼きにしてもらった。


イカ 以下、他にいただいたものを載せておく。

札幌 開陽亭 2号店札幌 開陽亭 2号店札幌 開陽亭 2号店
札幌 開陽亭 2号店札幌 開陽亭 2号店札幌 開陽亭 2号店


左上/活けほや造り・中上/かにクリームコロッケ・右上/じゃがバター
左下/海鮮お刺身丼・中下/いくら丼・右下/さけいくら丼

イカは踊らなかったけど、北海道の海鮮をしっかりと堪能したのであった。


開陽亭 すすきの2号店
北海道札幌市中央区南5条西6-5-1
50-5869-2470 (予約専用番号)
17:00~翌0:00 (日祝~23:30)
無休(年始のみ休)
P無 HP


おまけ




↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

タグ : 旅行

category:旅行 おでかけ
comment(0) | trackback(0)
記事編集