何でも食べたい、食べてみたい、美味しいもの、珍しいもの、いろいろ食べた記録。+気になっているもの。
スポンサーサイト 
--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




category:スポンサー広告
comment -- | trackback --
記事編集
柿の葉寿司の未来について考える 
2017.03.01 Wed 21:24
 
先日、N高校の生徒研究発表会なるものを見てきた。私の知り合いの子がここに通っているのである。

ここで、『Let's 観光 with 美味しい食べ物』 という発表をするグループがあった。自分の趣味とも合うので聞いてみると、実に興味深い内容であった。

このグループの発表は、「奈良にうまいものなし」 の汚名を返上するために調査し、特に外国人観光客に楽しんでもらえるように観光しながら食べられるものをマップにした、というものであった。

調査するにあたって、まず、外国人観光客にインタビューをしたのだが、「奈良で何を食べたいか」 と尋ねると、一番多かった答えが 「わからない」 だったそうだ。逆に 「何がおすすめですか」 と聞かれたこともあったらしい。

ここから生徒たちが導いた結論は 「奈良の美味しいものの発信が弱い」 というものであった。「今はSNSで普通の人たちが情報を発信、拡散する時代だから、これらのツールをもっと活用すべきだ」 との提言もあった。

もっともである、もっともであるが、まあ、よく言われる話である。

そこで、私はこの発表をヒントにさらに考えた。ここからは私なりに考えたことを書いてみようと思う。

大阪の 「たこ焼き」 は外国人観光客にも認知度は高いらしい。このように奈良に来たからには必ず食べたいと思わせる、大阪でいう 「たこ焼き」 に該当するものがないか考えてみる。

条件は3つ

① 店内に入らなくても店先で、または歩きながら食べられるもの。
② 安くて気軽に購入でき、それだけではお腹いっぱいにならなもの。
③ その土地でしか食べられないもの。
(たこ焼きはかなり広いエリアだが)

そこで、私は奈良の郷土料理を中心に思いめぐらせてみた。

茶粥は歩きながら食べるのは難しい・・・、奈良漬は条件には合いそうだが、何か違う気がする・・・、と考えたところで思いついた。


そうだ、柿の葉寿司があるではないか!


DSCF9623.jpg


長く奈良に暮らしていて、気づかなかったが、いや奈良人だからこそ気づかなかったのかもしれない。

柿の葉寿司をばら売りすればいいのだ。

もちろん、柿の葉寿司屋さんからすれば、「ばら売りしてまっせ、一個 130円 でっせ~」 と、反論するかもしれないが、私たち奈良人からすると柿の葉寿司は、さば8個、さけ8個などと箱で買うのが普通で、持って帰って家で食べるものである。

売る側も自然とそういう売り方になっていると思われる。

柿の葉寿司を店頭もしくは屋台 (見たことがない) で観光客向け (←ここ大事) にばら売りすれば、一個買って食べてみようと思う人はいるはずだ。

場所は三条通、近鉄奈良駅から東大寺に向かう登大路、そこから南大門へと続く参道あたりがいいだろう、ここで、まるでソフトクリームでも食べるように片手で柿の葉寿司を食べる人たち・・・

そう!ソフトクリームである!! 

ソフトクリーム=柿の葉寿司、なんと、すばらしいことか。

さらにその写真を Twitter や Instagram で世界に発信する人たち。


柿の葉寿司の未来は明るい。


yamanobe 13-6 004


奈良の3大名物は、と言われて、大仏、鹿までは思いつくが、3つ目がすぐに思いつかない。ここに柿の葉寿司が入り込む日も近い。

私は何を隠そう (自慢するわけではないが) 7年も前に「ホテルを建てるより民泊を推進すべきだ」「飲食店には英語のメニューを義務化するべきだ」 と提言していたのである。今、それが当たり前になろうとしている。(おもてなしについて ~二つの提案~

柿の葉寿司、ソフトクリーム化計画はきっとうまくいくと思うのである。

柿の葉寿司屋さん、ぜひとも検討してみてください。



↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




スポンサーサイト

テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : 地域情報

category:地域情報 イベント
comment(0) | trackback(0)
記事編集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。