何でも食べたい、食べてみたい、美味しいもの、珍しいもの、いろいろ食べた記録。+気になっているもの。
今年も名古屋日帰り② ~そーれはあんかけスパ発祥~ 
2017.12.27 Wed 18:00
 
葉栗屋を出て、息子を会場まで送っていった後、熱田神宮に参拝した。

大鳥居から入り、大きな楠に驚き、本殿にお参りし、

壁に向かって勝負運を祈った。


地下鉄に乗って、栄町に着いたのは、午後1時半。

まだまだ、お腹がすいたというわけではないが、せっかく名古屋に来たからには、もう一つぐらい名古屋名物を堪能したい。

ひつまぶし、天むす、台湾ラーメン、ベトコンラーメン、カレーうどん、エビフライ、味噌おでん、どて煮、手羽先・・・、

いろいろある中で特に未知で気になったのが、

あんかけスパゲティ

食べられる店は市内にたくさんあるが、とりあえず元祖といわれる店に行ってみた。

あんかけスパゲティ そーれあんかけスパゲティ そーれ


そーれ


HPには、あんかけスパゲティの変遷についてかかれてあった。

はじまりは1961年までさかのぼります。
イタリア料理として「スパゲッティ」が認知され始めた頃、他店にはない「オリジナルミートソース」を作ろうとしたところから始まります。

当時、今池でお店を構えておりました父と共同経営者でありました山岡博氏が試行錯誤の上完成させた物です。
有難いことに大変ご好評を頂き、当店の名物料理の一つとなりました。
その後、山岡氏が独立をされて1963年に開業されたのが「ヨコイ」さんとなります。

徐々に徐々にではありましたが、このオリジナルソースが名古屋を中心に他店にも広がって行きました。

「あんかけうどん」からヒントを得て「あんかけスパゲッティ」と名付けられてテレビに発表されたのが、「からめ亭」さんでした。
(一部抜粋)


ようするに、①「そーれ」 で考案された あんかけスパゲティは ②「ヨコイ」 の独立とともに広がりを見せ、③「からめ亭」 によって名付けられた、ということであろう。

あんかけスパゲティ そーれあんかけスパゲティ そーれ


メニューは、あんかけスパゲティーだけで、30種類以上。

普通ならどれにするか迷うところだが、とりあえずは定番の品と人気の品の2つを注文することにする。

さらにソースは定番とクラシカルが選べるとあったので、一つずついただくことにした。

あんかけスパゲティ そーれあんかけスパゲティ そーれ


左:ミラカン
ミラカンとは ミラネーゼ (ウインナー・ハム・野菜) + カントリー (フレッシュトマト・野菜) を略したもので、玉ねぎやピーマン、にんじんなどの野菜とウインナーやハムをとろみをつけたデミグラスソースでからめてある。

右:玉子ヨセ
太くてコシのないソフト麺にどろっとしたあんのソースをかけ、豚ロースカツと玉子焼きを乗せる。ソースはクラシカルを選んだので、胡椒が効いたピリ辛味。

「イタリアの家庭料理を名古屋の方々が好まれる味に」
「ボリューム感があり、安価におなかを満たして頂きたい」

HPにはこんな風に書いてあったが、これはイタリアの家庭料理ではないと思う。完全に名古屋人の名古屋人による名古屋人のためのメニューだと思う。

しかし、ボリューム感については全くその通りで、そうでなくても その前に味噌カツだの味噌煮込みだの食べた後だったので超お腹一杯になったであった。


そーれ
名古屋市中区栄4丁目9-10 愛信プラザビル103
052-265-3990
平日・土曜日 11:00~15:00 17:00~23:00
祝祭日    11:00~15:00
日休 P有 HP




↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

タグ : イタリア料理 旅行

category:食べ歩き 奈良県外
comment(0) | trackback(0)
記事編集
今年も名古屋日帰り ~葉栗屋で名古屋めし三昧~ 
2017.12.20 Wed 18:30
 
>そもそも今回の名古屋日帰り旅行は、息子がある会合に出席するのに、親が運転手としてついてきたもので、会合中、私と嫁さんは適当に名古屋で遊んでいたのである。

去年も そんなことを書いたが (去年のブログ参照)、今年も同じ理由で、また名古屋にやってきた。

到着したのがちょうどお昼時だったので、図書館で借りた、“るるぶ名古屋” に載っている ご当地グルメの有名店に行ってみた。

葉栗屋葉栗屋


葉栗屋 (はぐりや)

名古屋中心部からは少し離れた金山駅近く、外観も内装も昭和の食堂といった雰囲気で、実際 「るるぶを見て来ました~♪」 といった観光客よりも地元民らしき人の方が多かった。

るるぶには “○○すぎるなごやめし 味噌カツ” のページに載っているのだが、もともとがうどん屋さんということもあり、いろんなメニューがある。

葉栗屋葉栗屋


さて、何を注文するか、目移りするところではあるが、とりあえずは、当店人気ナンバー1 と書かれた味噌カツライスは決まり。

この味噌カツライス “るるぶ” にはこうある。

名古屋でおもしろ写真を撮るなら、このキャベツタワーはいかが?昭和2年(1927)創業のうどん店で、揚げ物に付くキャベツが山盛り過ぎると話題に。甘辛い味噌ダレがたっぷりとかかったロースカツもかなり大きく、キャベツとともに食べ応えがある。


おもしろ写真・・・ インスタ映え?

と思ったら、こんなことが書いてあった。

葉栗屋葉栗屋


キャベツについて
食べ物ですので、写真撮影だけのために、キャベツを普通で注文するのはご遠慮ください。写真を確認し食べれるだけの量の注文をお願いします。


いやいやいやいや・・・。

キャベツタワーで 客呼んでますやん・・・。
普通って書いてますやん・・・。


とはいえ、食べ物を粗末にするのはよくないことだし、出されたものは残さず食べるということで・・・、


葉栗屋


普通を注文。

高さ25cmのキャベツは3分の一玉 使っているそうで、確かに迫力がある。

それでも、残さず食べると宣言したからには、食べるしかない。

シャクシャク シャクシャク・・・

味噌カツの味が濃いので、合間にキャベツはよく合う。

結局、こちらは3人ということもあって食べきることができた。 


もちろん、これだけを注文したわけではなくて、せっかくなので、こちらの名古屋名物もいただいた。

葉栗屋葉栗屋


左:味噌煮込みうどん
名古屋のソウルフード。土鍋で供され熱々の赤味噌出汁、かしわ、揚げ、しいたけ、玉子、ねぎ、かまぼこなど具だくさん。

右:きしめんセット
かつおの効いたあっさり出汁につるっとしたきしめん。セットのミニ天丼はたっぷり汁に浸かったイカ、海老などの天ぷらが乗る。


味噌かつライスに味噌煮込みうどん、きしめん を完食し、すっかり名古屋めしを満喫して、私たちは会場に向かったのであった。


葉栗屋
住所     愛知県名古屋市中川区尾頭橋2-2-20
電話番号  052-321-4809
営業時間  11:30~14:30 17:00~20:30
土日は通し営業、祝日営業
定休日   月曜日、第一・三週の火曜日
駐車場   無

奈良グルメ図鑑の記事はこちら。



↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

タグ : 旅行 食堂 豚カツ

category:食べ歩き 奈良県外
comment(0) | trackback(0)
記事編集
奈良マラソン ~有言実行、ついに走った~ 
2017.12.14 Thu 18:43
 
やすらぎの道の近くに住んでいることもあって、奈良マラソンは毎年沿道から応援していた。

奈良マラソンEXPOという屋台も楽しみで、これまで何度か記事にしている。 

 → 2011 2012  2014 2015

いつも応援していると、「応援されている人たちはどんな気分なのだろう」 という、素朴な疑問が沸き起こってきた。

そんな気持ちを一昨年のブログに書いていた。

30kmぐらい走れるようになったら、来年は走ってみたいと思うのだが、解説の佐藤教授によると、リタイアする人は30kmぐらいでエネルギーが切れることが多く、15kmぐらいで何か食わないと走れなくなるらしい。

マラソンもなかなか奥が深い・・・。

参加料を 8200円 も払って、回収バスに乗せられて帰ってくるのも何なので、走れる自信が持てるようになれば、そのときはエントリーしたいと思う。


実はブログには記していないが、去年の奈良マラソンの後、一念発起して、元旦、家族に 「今年は奈良マラソンに出る」 と宣言したのである。

その後、休みの日ごとに練習、奈良市内から天理へ片道 (電車で帰ってくる) 天理往復と順調に距離を伸ばし、11月には32キロまで走れるようになった。残り10キロなら気力で走れるだろう。


そして、迎えた10日、奈良マラソンの当日。

奈良マラソン


私のスタートは K ブロック。

K はABCDEFGHIJ の次、これは、自己タイムが速い人ほど 前からスタートできるというシステムで、K ブロックは ほぼ最後尾である。

9時、荒井知事の号砲でレーススタート、トップランナーから順にスタートする。

ならでんアリーナに 「負けないで」 が流れる。

K はまだスタートもしていないのに、もう24時間テレビのフィナーレみたいになってきた。

そして、13分後にやっとスタート。

遅いランナーほど、後からスタートするという逆ハンデ。


松井絵里奈や安田団長が見守る中、やすらぎの道を南下し、大宮通へ、朱雀門を超えたところで折り返し。

ここで誰やねんという演歌歌手が歌っていた。


奈良マラソン


この辺り、まだまだ順調。逆に、普段の練習のときよりも、信号が全部 青で、歩道に段差がないので走りやすいぐらいであった。

そこから大宮通を東へ進む。

この辺り、いろんな学校の吹奏楽部やマーチングバンドの演奏、ゆるキャラや太鼓の演奏など沿道がにぎやかで、飽きることなく走ることができた。

その後、国道169号線を南下していくのだが、この辺りはイベントも少なく、静かだった。

横井町辺りで待っていたのが、

奈良マラソン


ワッケンロー!!

奈良の矢沢永吉こと、中川太志さんが派手に出迎えてくれた。


さらに、国道 ひゃっくロックGO 線 を進み、窪之庄町南を左折、高樋町を右に曲がると奈良マラソン名物の山越えになる。

そこで、待っていたのが、

奈良マラソン


どうしたんだ HE HEY BABY~

バッテリーはビンビンだぜ♪



奈良の忌野清四郎こと、今の葉狂志郎さん。

いつものようにキメて、ぶっ飛ばそうぜ~♪ 

この歌詞やばくない?


狂四郎さんの応援のおかげか、山越えを順調に走りきり、折り返し、天理名物のぜんざいは甘いものが苦手なのでパス、往路に入る。

しかし、このころから疲れが出てきた。そして、登りに入ったところで歩いてしまった。心臓のバクバク感がピークになったのだ。

ただ、ここは、まだ残り時間もたっぷりあるので、「登りは歩く作戦」 に頭を切り替え、何とか完走を目指すことにした。

沿道の応援には元気付けられたが、歩いているときの、

「歩くな!走れ!!」

という声にはまいった。


名阪国道を越える白川大橋近くに豚汁ご飯のふるまいがあり、その後、バナナとチョコレートを一度に口に入れたチョコバナナなども食べた。

さらに、峠の頂上では三輪そうめんのふるまいがあって、ここもしっかりといただいた。

奈良マラソン


こうして佐藤教授が言うエネルギー切れは何とか免れたのである。

一番大きな山は越えたけれども、ここからは小さな山越えが連続する。やっぱり、登りは歩き、下りは走るというペースを守って何とかゴールを目指す。

この辺りからは沿道の施設エイドが やたらと 増えてくる。子どもたちが手を出してハイタッチを求めてくるが、これが、

元気が出るというより、そんな余裕がない。

道の端を走っていると子どもたちが手を出してくるのだが、ハイタッチに応えないと、「こいつ、ハイタッチしてくれへんのか」 というような目で見てくるので、なるべく道の真ん中を走る。


焼門跡を左折すると残り2キロ、佐保橋を右折すると、来来亭前で嫁さんと息子が待っていてくれた。

そして、ゆっくり走ってついにゴール。

奈良マラソン


記録 5時間13分  順位 7165位

完走が目標だったので、記録としては十分。


沿道からの温かい声援にはほんとうに元気付けられた。

テーブルを用意してのエイドだけでなく、籠に入れたチョコレートを配ってくれる人たちなどもたくさんいて、これが奈良マラソンの魅力なのだと改めて気づかされた。

ボランティアの方々にも感謝したい。


最後に奈良マラソンEXPOでいただいたものを紹介して終わりたい。

奈良マラソン奈良マラソン


左:焼小籠包
横浜中華街から来たのかどうか、同じブースで広島焼きが売っているのでよくわからないが、とにかく焼きたての小籠包。

右:ホットドッグ
缶ビールを買おうとしたら300円、ホットドッグが閉店間際の値下げでビールとセットで400円。ということで、セットでいただいた。

フルマラソンを走ったすぐなのであまり食欲がなかった。ラーメンなどにも気になるものがあったので、来年またいただきに来たいと思う。





↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : 地域情報 イベント

category:地域情報 イベント
comment(0) | trackback(0)
記事編集