FC2ブログ
何でも食べたい、食べてみたい、美味しいもの、珍しいもの、いろいろ食べた記録。+気になっているもの。
奈良ラーメン博 ~一杯だけ食べてきた話~ 
2018.03.24 Sat 17:57
 
JR奈良駅近くのカレー屋さんに嫁さんと二人でいた。

注文して、料理が出てくるのを待っていると、私のスマホのメール着信音が鳴った。

自分のホームページの掲示板に投稿があるとメールで知らせてくれるようになっているのだ。

内容は gen さんからのラーメン博のレポであった。

今日、100年会館でラーメン博が開かれているのは知っていたが、去年も整理券がどうとか、なかなか大変だったので、今年はスルーしようと思っていた。

でも、せっかくレポしてくれる人もいることだしJR奈良駅近くにいるし嫁さんはコーヨーで買い物すると言うし、その間、ちょっとだけ様子を見に行くことにした。

奈良ラーメン博 2018奈良ラーメン博 2018


長蛇の列か、整理券で2時間後とか、そんなことだろうと思って会場に着いたら、「なんということでしょう」 待ち時間なしのブースがあるではないか。

すかさず、嫁さんに 「一杯食べる」 とラインを入れ、ブースの入口まで行くと、チケットを買ってこいと言う。

それは、別にいいのだが、チケット売り場が、100年会館の南側だという。

遠いがな・・・

仕方がないので、急いでチケットを買いに行く、なにしろ、嫁さんが買い物をし終わるまでに食って戻らなければならない。

走れメロス!

整理券のいらないすぐに食べられるブースは2つあった。

一つは 「らぁめんシフクと麺や清流」 のブース、 もう一つは 「ラーメン モリンと博多とんこつ真咲雄」 のブース。

もつ鍋風のラーメンは何となく味のイメージができたので、 「らぁめんシフクと麺や清流」 のブースへ。

奈良ラーメン博 2018奈良ラーメン博 2018


ほとんど人のいないジグザグ道を くらくらしながら右左と進み、ブースの前まで来ると、10人ほどの人がラーメンが出来あがるのを待っていた

・・・と思ったら、全然前進しない。

中の人がラーメンを作っていないのだ。

???

こんなことでは嫁さんの買い物が終わってしまうではないか。

隣のもつ鍋風は次々と客にラーメンを出している。

そうこうしていると、シビレを切らした前のおっさんが、「何で作らへんねん」 とキレだした。

店の人は、寸胴を指差して、何か言い訳をしていたが、時間が気になる私は悪いことしか思い浮かばない。

わざと列を作ろうとしているのではないか・・・?

・・・と思ったら、急に麺を茹で始めて、そこからはあれよあれよという間に自分の番になった。

疑惑は残ったままである。


さて、ともあれ、ラーメンを受け取って、近くのテーブルへ。

奈良ラーメン博 2018奈良ラーメン博 2018


らぁめんシフク(福岡県)×麺や清流(大阪府)

【男の絆 魚介鶏白湯ラーメン】
『らぁめん シフク』は、某人気ラーメン誌で 総合GPを受賞した店でもあり、最新のナンバーワンの店。『麺や 清流』は最近、東大阪に移転し、さらに話題が高まっている店だ。
博多『らぁめん シフク』の鶏白湯と大阪『麺や 清流』の秋刀魚のスープを合わせた極上スープは今回だけ…。

一口目は博多風の豚骨、二口目からは奥の方に魚介の出汁が感じられるマイルドなスープ。麺は細めのストレート、具はオーソドックスにチャーシュー、メンマ、ナルト、ネギ。


ラーメンを食べ終わって、嫁さんにラインを送ると、「ちょうどレジ」 とのことであった。

間に合った、セリヌンティウス!

ということで、ラーメン博で、一杯だけラーメンを食べて帰った話でした。


P.S. 奈良ラーメン博は明日 (3月25日) も開催されます。





↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

タグ : ラーメン イベント

category:地域情報 イベント
comment(0) | trackback(0)
記事編集
油泼辣子面~成都土産~ 
2018.03.07 Wed 18:08
 
中国・成都で自分への土産として、インスタントラーメンを買ってきた。

春熙路のイトーヨーカドーで 6.9元。

イトーヨーカドーと書いたところで話はそれるが、奈良のイトーヨーカドーが閉店して、この春、新たなショッピングセンターとしてオープン予定である。

このオープンに伴って、店名を募集していたのだが、

副賞がハワイ旅行であった。

ハワイには行ったことがないが、自腹で行くほどのこともない、どうせなら、中央アジアやモロッコ、スリランカ、ペルーなど、もっとディープな場所に行きたい。

タダでいけたらラッキーと副賞狙いで応募した私の案が、

ココフェスタ奈良

「ここでいつも祭りをやってるよ」 coco はフランス語で子供の愛称で、“ココフェ” という略称も言い易い。

「これは、もらったな」 と密かに旅行の準備をしていたのだが、結果 落選・・・。


ミ ナーラ・・・


ちっ!!



話は戻って、成都土産のインスタント麺。

阿宽 陕西特色面品 非油炸 油泼辣子面


阿宽 油泼辣子面

袋を開けると、幅広の乾麺と4つの袋・・・

かわいらしいキャラクターが、「うまいよー」「辛いよー」 か、どうか 知らないが、何か言っている。

写真から、スープ麺ではなさそうなことはわかるが、どうやって作るのか・・・、適当に作るわけにもいかないので、裏面の作り方を読んでみるが・・・





わからん!


中国語がわからないのは、こちらのせいだから仕方がないにしても、

右側の絵が意味不明すぎる。

1.まず、器に麺を入れ、湯を注ぐ。

阿宽 陕西特色面品 非油炸 油泼辣子面


2.・・・で、2番目の絵は何を意味する?

湯切りするのか? どの調味料を入れる? 白い器にどれかの調味料を入れるようだが、器に湯が入っているのか、調味料は何か、ぜんぜんわからない。

わからん・・・

わからんが、最終 和え麺になったらいいと思って、全部の調味料 (袋) を入れました。

阿宽 陕西特色面品 非油炸 油泼辣子面



完成~


歯ごたえのある幅広の麺、辣油と香辛料の香りが立って、なかなかうまい。作り方が合っているかどうかわからないが、日本ではあまり食べられない味だ

・・・と ここで、思い出した。

これは、学園前のパラディにある 「王楽園」 の辣子麺とビャンビャン麺を合わせたものではないか。(王楽園の記事はこちら。)

王楽園ビャンビャン麺


左:辣子麺
右:ビャンビャン麺


辣子麺とタレがほぼ同じ味付けだし、ビャンビャン麺もよく似た幅広の麺である。

あらためて見るとパッケージに 陕西特色面品 とあり、王楽園は西安 (陕西省) 料理の店である。

なるほど、こんなところで繋がるのか、と感心しつつ、通販でもいいので、どこかで この商品を手に入れ、今度はきちんと作り方も調べた上で、もう一度食べてみたいと思ったのである。




↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:おうちごはん - ジャンル:グルメ

タグ : ラーメン

category:家でごはん
comment(2) | trackback(0)
記事編集