FC2ブログ
何でも食べたい、食べてみたい、美味しいもの、珍しいもの、いろいろ食べた記録。+気になっているもの。
とんちんかん ~自称奈良県一のこってりラーメン~ 
2018.06.23 Sat 18:05
 
奈良県一のこってりラーメン 

を 出す店があるという噂を聞いて、これは行っとくしかないと、激しい雨が降り、警報まで出ている中、車を走らせた。 なかなかの根性である。

奈良のこってりラーメンといえば、言わずと知れた、泣く子も黙る、草木も眠る、 こってりの聖地、まりお流 があるが、このまりお先生を差し置いて、奈良県一を公言するとは、なかなかの根性である。

その店は葛城市新庄、国道24号線沿いにある、

とんちんかん



とんちんかん


私が以前この店に行ったのは、3年ほど前のことで、そのときは看板メニューのスタミナみそとんこつラーメンをいただいた。

もちろん、今もスタミナみそとんこつは人気の品で、他にもスタミナしょうゆやホルモン揚げなど気になるものはたくさんあるが、今回のミッションは奈良県一のこってりの真相を明らかにすることである。

こってり一筋でがんばりたい。


店に入って、10人がけぐらいの大きなテーブルの端っこに座ると、壁に貼られたメニューが目に入った。

とんちんかん



100%ラーメン


紙に書かれた “自称” の文字が何かしら、誰かに気を使っているような気がするが、とにかく、“自称” 奈良県一のこってりのラーメンをいただこう。


数量限定 (一日15食) とあるが、まだまだ大丈夫、注文から約5分で着丼。

とんちんかん


半熟煮卵、チャーシュー、メンマ、海苔、ネギ、ちょっとレンゲが大きすぎるような気がするが、それ以外、見た目はオーソドックスな印象・・・、

何・・・?

何か、スープ的なものが別に付いてきた。

運んできたお姉さんいわく、「割りスープです」 とのこと。

なるほど、つけ麺の割りスープやそば屋のそば湯のように、濃いスープを飲むための割りスープか。

それにしては出すのが早いな、と思っていたら、後で理由がわかった。


さて、こってりラーメンを食べる前にしておかないといけない儀式がある。

とんちんかん



縁起 悪! 行儀 悪!!


箸ぐらい余裕で立つこってり度で、これをバースデーケーキに見立てたら、

ローソク100本ぐらいは立ちそうである。

*良い子はマネしないでね。


早速いただいてみると、

とんちんかん


さすが、自称奈良県一というだけあって、なかなかのこてこてのどろどろスープで、

粘土のように麺に絡みつく。


味は豚骨醬油、まりおとも、極鶏でも、天下一品でもないスープである。

まりおと極鶏のこってり対決の記事はこちら。

それにしても、食べ進めるうちにどんどん麺が重くなる。何か個体を食べているようになってくる。

ここで気づいた、なるほど、割りスープは最後にスープを飲むためにあるのでなく、麺をほぐすためにあるのか。

とんちんかん


帰る前に店主にこのスープの作り方を聞いてみた。すると、「具です」 と答えられたが、おそらく、煮つめて濃度を出すのではなく、豚肉をフードプロセッサーか何かでどろどろになるまでミンチにして、この濃さを出しているのであろう。

とすれば、何が一番こってりなのか、こってりの定義とは何なのか、よくわからなくなる。

カレーやシチューに麺を入れてもこってりだし、何なら、

バースデーケーキに麺を入れてもこってりである。

とはいえ、難しいことは考えなくても、美味しければ何でもいいとする。

ごちそうさまでした。

これで、葛城市からのレポートを終了します。それでは、また次回お会いしましょう。

さようなら~。


とんちんかん
住 所 葛城市南花内86-4
電話番号 0745-69-9200
営業時間 18:00~翌1:00(日~23:00)
定休日 月・第3火曜日
駐車場 有

奈良グルメ図鑑の記事はこちら。




↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

タグ : ラーメン

category:食べ歩き 奈良市外
comment(0) | trackback(0)
記事編集
いづる ~ 苦!臭!塩辛~!これはセメントか?~ 
2018.06.20 Wed 18:00
 
仕事で東京に行くことになった。

こんなことはめったにないのだが、せっかく花の都 大東京に行くからにはこちらでは食べられないものを食べたい。

こちら、というのは奈良はもちろん、関西という意味でもある。

仕事の合間の昼休み、私は浜松町にいた。

ここで私のアンテナにビビビッと引っかかった店がこちら。

いづる



中華そば いづる


”しづる” と間違えやすいが、”いづる” である。もちろん、”ちづる“ でもない。

「日出ずる処の天子、書を日没する処の天子に致す。恙無しや」

“いづる” である。


私が店の前に着いたのは、開店時刻の 11時:30分 よりも20分前、すでに12人が並んでいた。

カウンター7席なので、何とか2順目である。

いづる


午後の仕事に間に合うか、いや間に合うとしてもギリギリというのはよろしくない。

ましてや、「人気ラーメン店の行列に並んでいて遅れました」 とは、さすがにいい大人が言えるわけがない。

何時までに店には入れなければ、あきらめるか、頭の中で考えていると、11時20分 に暖簾がかかり、先頭の人が店内に入った。

ナイスである。

わざわざ奈良くんだりからやって来て、もうちょっと、というところであきらめることにならなかったのは、店のご好意によるもの、と心から感謝する次第であります。

そこから15分後、11時35分 に入店。


さて、席について、注文したのは濃密な中華そば。

いづる


このビジュアル~

セメント系といわれる、超こってりの煮干しスープ。

濃いグレーというか、ちょっと緑色っぽい。

正直言って、食欲をそそらない色合いである。

東京にはニボラーという人たちがいて、煮干しを愛するがゆえに、そこから究極の煮干しスープを出す店が生まれたというのである。

具は、鶏と豚 2種類のチャーシュー、ナルト、生玉ねぎ、大葉など。

とりあず、一口いただく、

いづる



苦! 臭! 塩辛~!


まるで、煮干しをミキサーにかけて、そのまま飲んでいるような味である。

これが、東京人の味覚か!


決してまずいわけではない、なぜなら・・・、

煮干しの味だから。 キッパリ!


東京のように巨大で何もかもが凝縮された街だと、普通に美味しい店よりも、こういった際だった店の方が人々の注目を集め、人気が出るのかもしれない。

さすが、花の都大東京である。


中華そば いづる
住所 東京都港区芝大門2-1-18
営業時間 11:30〜14:00頃
定休日 日曜 
P無

奈良グルメ図鑑の記事はこちら。




↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

タグ : ラーメン

category:食べ歩き 奈良県外
comment(0) | trackback(0)
記事編集