FC2ブログ
何でも食べたい、食べてみたい、美味しいもの、珍しいもの、いろいろ食べた記録。+気になっているもの。
奈良マラソン ~今年もエキスポで食べ歩き~ 
2018.12.11 Tue 19:07

今年の奈良マラソンEXPO で、食べたものを紹介したい。

いろいろなブースが並ぶ中で、私が特に気になったのがここ。

奈良マラソン奈良マラソン


何が気になるかといって、看板にドネルケバブ(トルコ)、沖縄串焼き・はしまき(沖縄)、ブラジリアンソーセージ(ブラジル)、ボルシチ・ピロシキ(ロシア)、ターキーレッグ(アメリカなど)、ホットチャイ(インド)・・・とあり、

多国籍感きわまりない。

ただ、作っている人がたぶんロシア人っぽいので、ボルシチとピロシキのセットをいただいた。

ボルシチはビーツの赤みが効いたあっさり風味。キャベツの中にジャガイモと少しの牛肉。ピロシキはパンの中に味付けミンチ肉。味的にはそんなに変わった感じはなかったが、ロシア料理自体が珍しいので、まあよし。


奈良マラソン奈良マラソン


板前焼肉一輪

JR奈良駅近くにある焼肉店、黒毛和牛を一頭買いし、本当にいい肉をリーズナブルの提供する焼肉店。

今回のイベントでは 「大和牛煮込み」 そのものと、これを使った焼そばがメニューにあった。

「大和牛煮込み」 をチョイス。

とろとろに煮込まれた牛すじ肉とこんにゃく、たっぷりのネギと七味、ボリュームもたっぷりで、1000円でも十分満足できる品であった。


奈良マラソン奈良マラソン


十津川村のブースから、めはり寿司。

めはり寿司といえば、和歌山から吉野郡南部にかけてよく食べられる郷土料理である。

私が下北山村に住んでいたときもよくいただいた。

そのときのめはり寿司は、まなの茎の部分を醬油で味付けし、刻んでご飯に混ぜて、葉っぱでくるんだものだったが、今回いただいたのは白いご飯に中央に昆布や鮭を入れたおにぎり風のものだった。

これは地域差なのか、それともこちらの方が客に受けるのかわからないが、初めて食べた味だった。


奈良マラソン奈良マラソン


ヒョナちゃんの店はもともと安堵町にある店、王寺へ抜ける川沿いにあるが、たまたまだろうか、通るときには閉まっていることが多い。

奈良市では 「旬の駅ならやま」 で買うことができる。

薄い生地でサクッとした食感も楽しめるチヂミ。辛酸っぱいタレとコチジャンで。

奈良マラソン奈良マラソン


ラーメンを出すブースはいくつかあったが、ここが一番長い行列ができていた。

これぞ一等賞、世界一!

と、なかなか威勢がいいが・・・。

具のチャーシューやメンマ、煮卵はまずまず、ただ、スープが業務用という感じで、少しくどい感じがした。(実際、業務用スープをお湯で薄めていた)

今年食べたものは以上。


奈良マラソンは、走るのもよし、食べるのもよし。

また来年を楽しみにしたいと思う。




↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : イベント 地域情報

category:食べ歩き 奈良市
comment(0) | trackback(0)
記事編集
奈良マラソン ~今年もやってまいりました~ 
2018.12.09 Sun 18:40
 
今年も奈良マラソンがやってきた。

去年は初めてエントリーし、見事、というか、何とか完走した奈良マラソン。

今年も数ヶ月前から、会う人会う人から、「今年も走るの?」 と聞かれたが、いやいや、

「走りません」 ←きっぱり

去年のブログにも、なぜ走ろうと思ったのか、という理由を書いていた。

いつも応援していると、「応援されている人たちはどんな気分なのだろう」 という、素朴な疑問が沸き起こってきた。

そう、実際走ってみて、応援されている人の気分がわかったので、もう十分である。


もう一度、応援する側に回ってみようと沿道に繰り出した。

12時30分、3時間半で帰ってくるランナーはまだまだ元気だ。

奈良マラソン


13時からはステージで上位入賞者の表彰も行われていた。

昨年、私が折り返して国道188号線、八島町あたりで 「上りは歩き、下りは走り作戦」 を実行しているころ、ゴールの鴻池ではすでにこんなことになっていたのかと驚いた。

この後、奈良マラソンEXPOで、ひとしきり食べ歩きを楽しんだが、この記事は後ほど別にアップしようと思う。


さて、帰りは14時30分。

私が昨年帰ってきたのと同じぐらいの時間だ。

このぐらいになるとランナーのペースはゆっくりになり、歩く人や片足を引きずっている人もいた。

奈良マラソン


去年の自分を思い出して、ついつい応援にも熱が入る。

奈良マラソンのコースはアップダウンが激しく、天理の山越えもそうだが、この最後の上り坂がランナーの気力を奪っていく。

それでも、後1km、この坂を越えればゴールだ。

苦しそうなランナーに去年の自分を重ねながら、坂を下っていくと、見つけた。

奈良マラソン


残りのメンバーを待つゴレンジャー。

パケット奈良の前辺りでミドレンジャーとアオレンジャーを待つ、アカレンジャー、モモレンジャー、キレンジャー。

もうこれは奈良の冬の風物詩といっていいだろう。

毎年、見られる光景である。

また、少し下っていくと、マスクをはずして苦しそうに走るミドレンジャーがいた。


がんばれ、ミドレンジャー!


3人がすぐそこで待っているぞ。

次にやってきたのが、背中に風船をつけたペースランナー。

この人たちを抜かなければ、6時間以内でゴールできない、

・・・が、アオレンジャーはまだ姿を見せない。


今年もいろいろなドラマを見せてくれた奈良マラソン。

来年はどんなドラマを見せてくれるのだろうか、奈良マラソン。

そして、ゴレンジャー (アオレンジャー) の運命はいかに。




↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : 地域情報 イベント

category:地域情報 イベント
comment(0) | trackback(0)
記事編集
続・続・続・清湯スープのラーメンはどこがおすすめですか? 
2018.12.03 Mon 19:16
 
今回は番外編を書いてみようと思う。

前回までに紹介した店は、

第1位 おしたに 第2位 トリカヂイッパイ 第3位 はなやま 第4位 丸昌 第5位 ひだるか屋・・・と、

王道かつ定番、ストレートなラインナップだったので、今回は変化球で攻めてみたい。


では、まず5位、


じゅうたろう



じゅうたろう

宇陀という立地、夜だけの営業ということでかなり難易度が高い店。

昼は手打ちそばの店「はぎ乃」、これが夜からは和風ラーメンの「じゅうたろう」になる。写真の醤油ラーメンはかえしの効いた濃いめの和風出汁。ふすまを混ぜ、作る工程でしっかりと圧縮をかけたつるつる麺。具は低温で調理し、軽くスモークした鶏ムネ肉のチャーシュー。その上には甘酸っぱい味がアクセントになるセミドライトマト。食べ進めると現れる大根、海苔。味変えには七味。細部にもこだわりが感じられる逸品。


住所 宇陀市榛原長峯45-1
電話番号 0745-82-6080
営業時間 19:00~翌0:00
定休日 水曜日
駐車場 有


続いて4位、


鶏喜久



鳥喜久

鳥喜久は平群駅前にある30年以上人気店であり続けるた焼き鳥屋さんであるが、実はラーメンにもこだわりがあり、人気が高い。

鶏そば
地鶏のガラやひねの丸鳥を使ったスープ。大阪の有名店「麺哲」製の麺もコシがある。試行錯誤の上にできあがった渾身の品。


私が訪店したのはもう7年も前になるが、その後、ブラッシュアップされて、塩ラーメンなども出されているよう。また行って、確認したいと思う。


住所 生駒郡平群町西宮3-2-1
電話番号 0745-45-4288
営業時間 17:00~23:15
定休日 水・第3火曜日
駐車場 有


次は第3位、


よ市



よ市

麺処 と市 の新ブランド。夜営業では屋号も変えて、昼とは違う食材を使い、全く違うラーメンを出す。店主のチャレンジ精神が感じられる。


住所 橿原市十市町1213
電話番号 0744-22-3660
営業時間 18:00~20:00
定休日 土日祝日
駐車場 有


そして第2位、


仲本食堂



仲本食堂

最近できた店も紹介しておこう。

近くで営業していた仲村食堂がリストランテ・ナカムラの2階に移転、シェフ監修のこだわりラーメンがいただける店としてリニューアル。写真は木津川ネギ塩ラーメン定食。笠置ナカムラポートリーの若様の鶏ガラスープをベースに、仲本食堂のうどん出汁の旨味をプラス。ネギの香りと旨味を取り出した鮮やかなグリーンオイルでコクを加える。麺は麺屋棣鄂の細麺、つるっとした食感。具はとろとろの炙り豚バラチャーシュー、しゃきしゃきのネギ、メンマ、海苔。別皿の秋田さんの山城ネギと柚子胡椒を合わせたペーストで味に変化を。


住所 京都府木津川市木津南垣外122-1 2F
電話番号 0774-66-5445
営業時間 11:30~14:30
定休日 水曜日
駐車場 問い合わせ



最後は堂々の第1位、


らーめん河



ラーメン 河

下北山に住んでいた経験がある私からすれば、吉野町などは都会、というイメージであったが、奈良市に住んでいると逆に感じられるから不思議なもんだ。

この店も年内には閉められるそうだから、行くなら早めがいい。

吉野川沿い、国道からも少し入った自然いっぱいの場所。ラーメンは塩のみ。透き通ったスープはご夫婦の人柄がにじみ出たような優しい味。具は甘みをプラス する白菜、逆にスープに影響しないよう醤油を使わないチャーシュー、煮卵、メンマ、ネギ、柚子。サイドメニューはまぐろ丼(写真後)と鶏丼。席数や店主の 丁寧な作りで待つこともあるが、食べた人を笑顔にしてくれる癒しの味がここにある。


住所 吉野郡吉野町菜摘470
電話番号 0746-32-8384
営業時間 11:30~14:00
定休日 水・木曜日
駐車場 有


・・・ということで、定番とは別の清湯ラーメンの紹介でした。



↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

タグ : ラーメン

category:食べ歩き 奈良市
comment(0) | trackback(0)
記事編集