何でも食べたい、食べてみたい、美味しいもの、珍しいもの、いろいろ食べた記録。+気になっているもの。
スポンサーサイト 
--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




category:スポンサー広告
comment -- | trackback --
記事編集
グリルチェンバー~奈良の地下名店街~ 
2009.01.05 Mon 19:05
去年の夏、モントリオールに行ったら地下街が世界有数ということだった。

ただ、そこに住んでいる友人によれば「大阪とあんまり違わない。」ということだったので調べてみた。


モントリオールの地下街「Underground city」は単純な面積では12km?(1200万m?)と世界最大級である。通路部分だけでも3.6km?に及び、長さ30kmの地下道が60の住宅ビル、商業ビルを連結している。

大阪市北区の梅田にある地下街は、北は茶屋町近辺から、南は堂島、東は堂山町、西は福島近くまでの東西約1.1km・南北約1.1kmの範囲に複雑に広がっている。 (どちらも Wikipedia より)




大阪も広いが、やはりモントリオールの方に軍配が上がりそうだ。




そんな大都市には若干かなわないが、奈良にも地下街がある。

グリルチェンバー


近鉄奈良駅に隣接した高天ビルの地下に広がる地下名店街は、東西 約20m、南北 約10m、現在4店が営業する

世界屈指の小ささを誇る地下街である。


この日はもうすでに年も押し迫っており、営業をされている店も少なくなって(あるいは夜から営業されるのかもしれない)開いているのは1軒だけだった。

グリルチェンバー

その唯一開いている1軒、グリルチェンバーは創作家庭料理の店。

グリルという店名からは何となく懐かしい洋食の店という雰囲気が漂ってくる。



店の前のメニューには、日替わり定食の他、チキンカツやビーフカレー、チェンバーライス(オリジナルオムライス)など定番+創作料理らしき品々が並ぶ。



…で早速入ってみた。

グリルチェンバー

店の作りはカウンター席が8つ、テーブルが3つで12席ほど、薄暗い照明と年季の入った調度品は昭和を感じさせる雰囲気。

写真には写ってないが、テーブル席にはまだ仕事納めがすんでいないビジネスマンで満員だった。




私たちは日替わり定食(豚の一口かつ・もやしの胡麻和え・大根こうや白菜)、鶏の唐揚げ定食、ポークカツ定食、そして、気になるチェンバーライスを注文。

グリルチェンバーグリルチェンバー
グリルチェンバーグリルチェンバー

気になる味の方だが、揚げ物もさっくり上がっていてまずまず、おかずの煮物はお母さんの手料理といった感じで優しい味に仕上がっている。絶滅寸前のケチャップスパゲティもどっこいここに生きていた。

チェンバーライスはチキンライスの上にオムレツが乗っているのだが、これがふわふわではなく少しカリッと焼かれて香ばしい。ふわとろが流行の昨今、これは意外であった。



何よりもボリュームたっぷりで、働くお父さんの財布にも優しそうだ。

そう、ここはOLでもなく、主婦でもなく、ましてやカップルでもなく、ビジネスマンのための店なのだ。

VIVA ビジネスマン!!


グリルチェンバー
奈良市高天町38-3
0742-22-3538
昼夜営業 P無


グリルチェンバー



↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : 洋食 オムライス

category:食べ歩き 奈良市
comment(0) | trackback(0)
記事編集
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://naranara813.blog118.fc2.com/tb.php/158-77748543
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。