何でも食べたい、食べてみたい、美味しいもの、珍しいもの、いろいろ食べた記録。+気になっているもの。
生牡蠣・鮑~伊勢志摩魚屋 山藤~ 
2009.01.17 Sat 23:02
テレビを見ていたら石ちゃん(石塚英彦)がオーストラリアで牡蠣を食べていた。

いつもながら本当に美味しそうに食べる彼の姿を見ていると無性に牡蠣を食べたくなった。

それも、殻付きの生牡蠣を。



早速ネットでいろいろ調べてみたが、楽天市場の伊勢志摩魚屋 山藤 やまとうという店がよさげであった。


生牡蠣30個、4980円(送料込)。


オイスターバーなど、外で食べたらいくらか調べてみると、GUMBO & OYSTER BARというNU茶屋町にある店で半ダース(6個)2300円であった。 (・.・;)

以前、オイスターバーで食事をしたこともあるが、産地の違う味が楽しめることや、(当たり前であるが)料理して出してもらえるといったことから、一概に比較するのはどうかと思う、が、やはり、家で食べる方が断然安い。



その牡蠣が今日届いた。

伊勢志摩魚屋 山藤 やまとう

この写真では奥行きがわからないが、30個というとけっこうな量である。



さらに、軍手と牡蠣ナイフとレモンが入っていた。

牡蠣ナイフサービスというのは読んだが、レモンも付いていたんだ…?


伊勢志摩魚屋 山藤 やまとう


レモン  …買ってしまったではないか。 (;´д` )



生牡蠣が送料無料なので、ついでに何かないかと思って一緒に買ったのが、アワビ。

写真では大きさがわからないが、9cmぐらいはある。

伊勢志摩魚屋 山藤 やまとう

これがなんと、1個、595円。


さて、早速、牡蠣の殻剥きを始めるのだが、剥き方の紙が入っているので、その手順通りに進めていく。

平たい方の殻を上にして、横からナイフを入れていく、貝柱を切ってから、くいっとナイフを回すと、

はい 殻剥き完了!


…と、そんなにうまくいくはずがない、と思っておられる向きも多いと思うが、実は3個ぐらい剥いたところで、何となく感じがつかめてきた。

昔、あるある探検隊(レギュラー)で、3回ぐらいでコツつかむ というネタがあったが、確かにそうである。



夫婦二人で黙々と殻剥きをし、時々子どもにも手伝ってもらって、30個殻剥き完了!

伊勢志摩魚屋 山藤 やまとう

早速 白ワインを用意し(生牡蠣には白ワインと決まっているようで、個人的には赤ワインやら紹興酒やら、サル酒やら、全然違うものを合わせてみて、よく合った、というレポートをしてみたいのだが、結局、無難な選択になってしまうところが小市民である) 牡蠣をいただいた。


牡蠣につけるものとしては、まずは基本のレモン&粒胡椒。


美味い~ ヽ(´o`)ノ


伊勢志摩魚屋 山藤 やまとう


ほっぺたが落ちそうだ。(死語?)


火を入れた牡蠣を食べることはあっても、生を食べる機会はそうない。

さすが、海のミルクというだけあってミルキーで、ふわあっと広がる磯の香りがたまらない。



…と調子よく食べていると、牡蠣の中から、なんと、

伊勢志摩魚屋 山藤 やまとう


生きたカニ登場!

まあ、それだけ新鮮だということだろう。

このあと、このカニは子どもたちの「飼いたい。」という言葉でしばらく家にいることになる。

名前はトミーらしい。



その後、ポン酢やスイートチリソース、マヨネーズとケチャップと醤油を合わせたソース(Yahoo知恵袋で教えてもらった)などで生牡蠣三昧を堪能した。


もうしばらくは牡蠣を見たくない。


冗談抜きでそう思うほどしっかりといただいた。



生牡蠣好きで三昧をしてみたい方にはここはおすすめです。


伊勢志摩魚屋 山藤 やまとう


↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:お勧めお取り寄せ商品 - ジャンル:グルメ

タグ : お取り寄せ

category:食べ歩き 奈良市
comment(2) | trackback(0)
記事編集
コメント
 初めまして
いつも楽しく拝見させて頂いております。

美味しそうな物ばかり
我が家も牡蠣、取り寄せ、美味しく頂きました。

ブログアップにリンクさせて頂いてもよろしいでしょうか?

URL | 亀吉おかん #-
2009/01/21 00:25 [ 編集 ]
 
もちろんどうぞ~。
URL | naranara #-
2009/01/21 07:20 [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://naranara813.blog118.fc2.com/tb.php/166-5490de3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)