何でも食べたい、食べてみたい、美味しいもの、珍しいもの、いろいろ食べた記録。+気になっているもの。
おときや~宇陀あきのの湯~ 
2009.02.19 Thu 20:24
宇陀市にある「あきのの湯」に行ってきた。

奈良市内から片道一時間ちょっと。名阪を使い針インターから南下すれば、そうストレスなく目的地に着くことができる。

なぜ急に温泉に行くことになったのか。

その理由は一つ前のブログの最後に書いてある。




そう、ここのレストランの親子丼がおいしそうだったから。

前の日、親子丼を食べようとして、海鮮丼になってしまったのが頭に残っていて、口が親子丼モードになっていたのである。

しかし、言い出しっぺの娘はともかく、嫁さんに正直に「親子丼食べたいから宇陀まで行こう」といっても却下されるのがオチである。

そこで、とにかく「温泉に行こう」ということで話を進め、了解を得てから、親子丼の話を持ち出した。

嫁さんも「急に温泉行こうなんて言うからへんやと思った」といいながら、結局、おじいちゃん、おばあちゃんも誘って総勢6人で宇陀の温泉へとやってきたのである。

おときや

ここの温泉は初めてだったが、まだできて そんなに日がたたないのか、施設もきれいで、お湯も良かった。



さっぱりして温泉を出たが、予想通り女性陣はまだ出てこない。

仕方がないので自動販売機でビールを買ったのだが、350mlが一本400円、500mlが600円と なかなか高いぞ。

しかも、1mlあたりに換算すると500mlの缶の方が高いという、なんじゃそれ の値段設定。

納得がいかないので350mlを二本飲んでやった。 まいったか。v(・_・)



しばらくして、女性陣が温泉から出てきたので、本来の目的の親子丼を食べに行く。

場所は温泉に併設されているレストラン「おときや」。

おときや


メニューを見ると、「ありますがな、湯上がり生ビールセット。

今、缶ビールを二本飲んだばかりだが、二本も三本も同じこと、「お浜。なんや、そのシンキ臭い顔は、酒や酒や、酒こうて来い!」と春団治になった勢いである…



…いや、私が某大臣のようにベロベロになっているというわけではなくて、風呂上がり、おいしい食事のお供には多少のたしなみというものはあっても良いのではないですか、といった丁寧な態度で注文したのだった。

おときや

生ビールセットは680円で生中に枝豆と唐揚げが付いてくる。

さっきの缶ビールよりお得ではないか。やはり納得いかない…が、深く追求するつもりもない。



娘はもちろん、親子丼を注文。

おときや


ここの親子丼、宇陀の地鶏を使っていて、まん中に黄身がのっている。

出汁はあっさり目だが、黄身が濃厚なのでバランスの良い味に仕上がっている。



娘、「こんなおいしい親子丼食べさせてくれてありがとう、温泉もすごく楽しかった。」

私、「いいんだよ、君の言うことならどんなことでもかなえてあげるよ。」



…といった会話は実際にはなかったが、親子丼だけに親子の愛情が感じられる一場面であったと、宇陀でもっぱらの噂である。



この調子で娘から「さぬきうどんツアーに行きたい」とか、名古屋の変なものグルメを食べてみたい」とか言われたら、ぜひとも実現させたい所存である。

いや、これは私の願望であったか…。



…ということで、おいしく、親子丼やビールやらいただいて、帰りは嫁さんの運転で帰ったのであった。



おときや
宇陀市大宇陀区拾生250-2
0742-83-4126
11:00~20:30
第2水休
P有 HP



↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : 親子丼

category:食べ歩き 奈良市外
comment(2) | trackback(0)
記事編集
コメント
 
いつも楽しく拝見しています。でも今回は「おときや」で親子丼を食べられたということなのでびっくりし、思わずコメントしました。実は親子丼の上にのってる黄身の濃厚な新鮮卵は嫁の実家が生産し納入している卵なんです。
URL | 吉野の卵 #-
2009/02/20 10:36 [ 編集 ]
 Re: タイトルなし
こんにちは。
吉野の卵さん、ということは卵は吉野産なのですね。
とにかくおいしい卵でした。
URL | naranara #P2Ah1mx2
2009/02/22 08:30 [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://naranara813.blog118.fc2.com/tb.php/178-d83e1d81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)