何でも食べたい、食べてみたい、美味しいもの、珍しいもの、いろいろ食べた記録。+気になっているもの。
池内~うどんを食べる鯉~ 
2009.03.31 Tue 17:13
彦江製麺所を出て、次、どこに行くか。

工場の片隅でうどんが食べられる「上原製麺所」も気になるし、田んぼの真ん中のセルフ店「てっちゃん」もいい。

ここで、私の頭の中のハードディスクはフル回転し一つの結論を導き出した。

「山越」にチャレンジする。

ご存じの方はご存じだろう、知らない人は知らないと思うが (当然である)、「山越」は数あるさぬきうどん店の中で一番の人気を誇る店で、本四連絡橋が一足早く1000円に値下げされた先週には500人の行列ができたというモンスターエンジン、神々の遊びである。

チャレンジするのは、今から行けば11時前、10時台なら行列も少ないかもしれないという読みからである。

我々は県道17号線をひたすら南下し、途中「田村」(←これも人気店) の行列の少なさに後ろ髪引かれながら、やっとのこと「山越」に着いたら、


山越

大行列であった。 Σ(´□` )



しかし、こんなことで負けている私ではない (もともと勝ち負けという問題ではないが…)。私のハードディスクは再び回転した。

ちなみにこのような旅行をするとき、私は約1ヶ月前から、ガイドブックや書籍 (主に図書館で借りるのでタダである)、インターネットなどを駆使して、店の営業時間、定休日、味の特徴、道順などを頭に入れておく。

歩くガイドブックと化すのだ。

「はい、はい、わかった、わかった。」と言う家族の声が聞こえてくるのは気のせいか…?




「山越」の行列が長かったときに次点の候補として考えていたのが「池内」である。

「超麺通団(恐るべきさぬきうどんの続編?)」には「怪しさ大爆発!失神のロケーション」 とうテーマで登場する相当マニアックな店である。

池内

外見は全く普通の民家で、立てかけられた看板がないと店とは誰も気づかない。しかも、入口はドアの方ではなく、その横の相田みつをののれんの方である。

(ちなみにのれんには”おかげさん”と書いてあるのだが、いっしゅん”おばかさん”と書いてあると勘違いして、奈良からわざわざうどんを食べに来ている自分のことを指しているのかと思ってびっくりした。)



のれんをくぐって細い通路を10mほど進むと右手に製麺所があり、おばちゃんが3人で次から次へと来る客の対応に追われていた。

池内


また、反対側は川になっていて、そこには有名な う どんを食べる鯉 が飼われている。



写真ではわかりづらいが、手前に大量のうどんが沈んでおり、結構たくさんの人がうどんを川に投げていると見える。

↓写真をクリックすると大きくなり、その様子がわかります。

池内


思うに始めは常連さんの楽しみだったが、情報が本やネットで一般に知られるようになり、観光客も鯉にうどんをやるようになったのだろう。

奥の方で お腹いっぱいになった鯉 がうどんに見向きもしないでかたまっていた。



私はこの店でしか見ることができないといわれるアベック (うどんとそばを両方一つの丼に入れる) を注文。

しかも、 う どんとそばの入った丼がラーメン鉢 という、ついツッコミたくなる展開もこの店ならでは。

池内

いくらうどんがおいしいといっても、さすがに同じものばかり食べると飽きてくる。

そんなとき、このアベックなら、うどんを食べて、味を変えたくなったらそばを食べ、また、うどんを食べてみたり、そばを食べるふりをしてやっぱりうどん、とフェイントをかけてみたり、さらに最後の方では一度に両方食べるという荒技を使ってみたり…。

一杯なのに楽しみ方は倍以上!というお得なメニューなのだ。



嫁さんの注文は冷たいうどん。

池内

さっきの店で温かい麺を食べたので今度はコシのある冷たいうどんをということで。

はっきり言ってこちらの方が断然うまい。好き嫌いもあるかもしれないが、私としてはこちらの方がおすすめである。



この店は天ぷらなどのトッピングメニューがないので、食べたものは以上である。

私たちは500円を払って幸せな気分で店を後にしたのだった。



池内
香川県綾歌郡綾上町牛川487-1
087-878-0139
7:00 ~14:30
月休 P無 (でも、みんな前の道の路側帯に停めている)


続く…。

↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:うどん - ジャンル:グルメ

タグ : うどん

category:旅行 おでかけ
comment(0) | trackback(0)
記事編集
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://naranara813.blog118.fc2.com/tb.php/196-27cb20b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)