何でも食べたい、食べてみたい、美味しいもの、珍しいもの、いろいろ食べた記録。+気になっているもの。
滋養亭~カレーカツライスとは?~ 
2009.06.11 Thu 20:47
「生駒は悲しい女町」という歌をどれだけの人が知っているのかわからないが、生駒の特に駅の南側には意外と下町情緒が残っている。

創業88年の老舗 「萬隆軒」しかり。

そして、今日紹介する 「滋養亭」 もまた、昭和6年創業という超老舗の洋食店である。



ただし、4年ほど前にきれいに改装して、今はおしゃれなカフェ風の店構えになっている。

古い、しかし趣のある、以前の店の写真は店内に飾られ、当時の姿を残している。(この改装前の店にも行ったことがあるが、トイレが怖かったことをよく覚えている)


滋養亭


この店には改装前に1回 (オムライス)、改装されてから2回 (同じものが出されているか確認のためにオムライス、それに、ハヤシライス) 来たが、今回は3回目の訪問である。

メニューを見ると (これは過去のメニューを記録しているのでわかるのだが)、どんどん新しいメニューが増えている。 ちなみに値上がりもしている。



その中で、私のハートをキャッチしたものがこれ。

滋養亭


カレーカツライス。 (カツカレーではありません)

元来、メニューの命名については、かのアボガドロも絶賛したという 上から順番の法則 というものがある。

簡単に言うとに天丼ならば、天ぷらが上で丼(ごはん)が下ということである。

これは、ものが3つになっても同じで、うにいくら丼なら、一番上がうにで、2番目がいくら、3番目が丼(ごはん)である。



ちなみに、丼以外のメニューでもあてはまるかどうかだが、うどん、そば、ラーメン、ときにはお好み焼きなどのメニューにもこの法則があてはまることがわかっている。

発見者の naranaraさん によると、店が一番アピールしたいもの (一番高価なもの) をメニュー名の一番最初にして、それを一番上にしたいという店主の心理から、この法則ができたのではないかということである。

このことから、カレーカツライスとは、一番上がカレーで、その下にカツがあり、ライスがあるメニューということになる。



あれ? でも、この店のメニューにはカツカレーライスがあるぞ・・・。


滋養亭


・・・ということは、カレーカツライスとカツカレーライスとの違いは、カツを乗せてからカレーをかけるか とカレーをかけてからカツを乗せるか の違いということか・・・?

でも、まさか そんな、どうでもいいことで、わざわざ、「カツカレーとは違います」 などとは書かないだろう。

きっと別の理由があるに違いない。



私はスタッフを呼んで 「カレーカツライスとはどんなものですか。」と聞いてみた。

しかし、スタッフのお姉さんの返事は 「ないしょ。」 であった。

そういえば、食後のドリンクのサービスも ないしょのおはなし と書いてあったが、どうも、ないしょ が好きな店のようだ。


滋養亭

テーブルに置いておきながらないしょはないと思うのだが…。



仕方がないので、私はこのカレーカツライスという秘密の花園 メニューを注文することにした。これは、研究者としての魂が私の心をゆり動かした結果の行動と言っても過言ではないだろう。

なんだか、うまい話に乗せられたような気がするのは、あくまでも気のせいと思うことにしよう。




しばらくして、ついに、とうとう、例の、あのメニューが姿を現した。

その全貌が、今明らかに・・・。(続きはCMの後で)






どーん! これがカレーカツライスの正体だ!!


滋養亭


見た感じはカフェで出されるちょっとおしゃれな丼といった印象。

カレーカツという命名は豚肉とカツの衣の間にカレーが入っているというところから。要するにカレーを具に入れた豚カツということであった。

カレーカツ、(←この点が重要) ライス  カレーカツを乗せたライス・・・。

なるほど、そういうことか。



味については、とにかく濃い。

カレー、カツ、ソース・・・、ご飯に合うおかず (味) が3つ、それぞれ 「オレが、オレが。」と主張して、とにかく濃い・・・のだが、ご飯とカツの間にあるサラダがさっぱりとしているので、全体をうまくまとめている、といった印象。

バランスよく仕上がっているので、こってり好きはもちろん、そうでない人にもおいしくいただける一品だろう。



それはそうと、ないしょのメニューをここでバラしてしまったのはいかがなものか。

人はないしょの話に弱く、秘密だからこそ、知りたいと思う気持ちがわき上がってくる。今回、このメニューを注文した理由も、正直いってどんなものが出てくるか知りたかったからだ。

とすれば、滋養亭に対して申し訳ないことをしてしまったのかもしれない。 (*_ _)



かくなる上は、カレーカツハヤシオムライスというメニューを出して、また秘密にしていただければと思う (想像できるか・・・?)。


滋養亭
生駒市本町8
0743-73-2068
10:00~20:00
P無

↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : Cafe 洋食

category:食べ歩き 奈良市外
comment(1) | trackback(0)
記事編集
コメント
 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| #
2009/06/12 16:05 [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://naranara813.blog118.fc2.com/tb.php/230-df1f5b31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)