何でも食べたい、食べてみたい、美味しいもの、珍しいもの、いろいろ食べた記録。+気になっているもの。
支那そばや ~ガチンコ対決~ 
2010.03.25 Thu 17:05

うまい、まずいと簡単に言うが、人の味覚は繊細であり、しかし鈍重でもある。(naranara格言集184ページより)

今回は人の味覚についての話である。


先日、オープンしたばかりのイオンモール大和郡山に行ってきた。

目的は佐野実氏プロデュースのラーメン店、「支那そばや(奈良初出店!)」でガチンコ対決するためである。

支那そばや


ちなみに「ガチンコ」は、1999年から2003年までの4年間、放送されていたバラエティ番組である。

その中の企画「ラーメン道」は佐野実氏が志望者からラーメン店主を育成するコーナーで、その過激な内容から、当時は 子供ながら テレビに釘付けであったことを覚えている。(すみません、年をごまかしました。本当は大人でした。)

店の前にある看板には、こんなフレーズが書いてあった。

ラーメン界 食材の鬼佐野実が 作り上げた究極の味! 日本全国から厳選した食材をふんだんに使用した世界一贅沢な一杯。

世界一ときたか…。


これだけのことを書いているのだからまずいわけがない。実に挑戦的である。

支那そばや


ならば神の舌を持つ男、ラーメン王 石神秀幸氏の著書はほとんど立ち読みで読破した私と食材の鬼 佐野実氏とのガチンコ対決である。



店に着いたのは午後2時前。お昼時は過ぎたというのにいまだに多くの人が並んでいる。

しかし、ファミレスのように紙に名前を書いて呼ばれるのを待つシステムだったので、とりあえず名前を書いて初めてのイオンモールをぶらぶらと散策した。

「カルディコーヒーファーム」でコーヒーの試飲をしようと思ったが、ここにも行列ができていたのでやめにした。

そして、30分ほどたって自分たちの番が来た。ついに対決のときが来たのである。

私たちは醤油と塩を一つずつと餃子を注文した。



まずやってきたのが塩ラーメンである。

支那そばや


あっさり味が定番の塩らぁ麺。当店の塩らぁ麺はその期待を裏切る一品。あっさりですがスープには塩の旨み、素材の旨みが凝縮された渾身の一杯。

と説明書きがあるが、あっさり味だと思って食べるとその期待を裏切られ、でもやっぱりあっさりですと書いてしまうこの文章はどうも変である。



一口スープをすすると期待を裏切ることなくあっさりとした味であった。

揚げたまねぎの香ばしい香りが鼻腔を抜けたあと、舌に残る塩の甘み。そう、決してとがった感じではなくほんのりとミネラルが香るような・・・。

これは銀座や京都の高級店でも使われているというあの「小笠原の塩」ではないか!

そして、チャーシューは適度にのった脂と赤身が特徴の「大和ポーク」、メンマは「完全発酵穂先メンマ」を使っているようだ。


なかなか、あなどれんぞ。食材の鬼。

支那そばや


次にいただいたのは醤油ラーメン。

説明書きはこうである。

厳選された食材を用い、その味を究極にまで仕上げた一品。コクがあり、限りない旨みを感じさせてくれるスープは飽きることなく最後の一滴まで楽しめます。

支那そばや


スープをいただくとなんというか、優しい感じでごくごくオーソドックスな味である。

しかし、ここにも相当こだわった食材が使われているに違いない。

おそらく、醤油は「和歌山の丸大豆醤油」と長野の「本造り甘露醤油」のブレンドであろう。スープは鰹、鯖、サンマ、アゴなどの数種類の魚の出汁に貝柱や海老などの味も加わって複雑な味に仕上がっている。

この味、普通の舌を持つ人なら、きっと普通の味に感じてしまう であろう。神経を味覚に集中して「食材の鬼のこだわり」を感じなければならない。


さすがだ。


しかし、どこかで味わったことのあるような懐かしい味がする。

試しに麺を食べたあとのスープに 胡椒とラー油を入れて飲んでみた。

すると、何ということでしょう・・・。

このあとは恐ろしくてここでは書けません。賢明な読者は絶対に真似をしないで下さい。



最後に餃子であるが、これは私にははっきり言って普通であった。

支那そばや


どなたかのブログで、「隣の隣の王将から出前を頼みたい気分になった」とあったが、まさしく同感である。値段も5個350円で王将の6個210円より高い。

嫁さんも「私が作った方がうまい」となぜかここで自分をほめていた。

しかし、佐野実氏はラーメン道を行く求道者であって、その道は決してギョーザ道ではない。餃子の味を追求する王将と比べること自体が間違いである。

ラ-メンはラ-メン屋、餃子は餃子屋、餅は餅屋である。



こうして、私と佐野氏とのガチンコ対決は終わった。

結果は私の惨敗である。読解力のある読者ならお気づきであろうが、高級食材を舌で味わい分けるなど私には無理であった。わかったように書いたのは全部うそである。

味覚は繊細であり鈍重。


結局おいしいかどうかは個人の主観によるものということだ。そして、そこには、視覚や嗅覚、思いこみや雰囲気、過去の経験など、味覚以外の多くの情報が合わさって判断されるということである。

今回いただいた支那そばやの高級食材を使ったことを全面に押し出した戦略は「それだけ使ってこの味か」という意見と「これだけ使ったらおいしいに決まってる」という意見に分かれるだろう。


私? ご想像におまかせします。


支那そばや
大和郡山市大三橋741 イオン大和郡山店 1階
0743-85-5255 10:00~23:00 年中無休
P有 HP


佐野実謹製『醤油らぁ麺』



↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

タグ : ラーメン

category:食べ歩き 奈良市外
comment(10) | trackback(0)
記事編集
コメント
 
行かないほうが吉ということですね(´・ω・`)
URL | kani #-
2010/03/25 19:44 [ 編集 ]
 
私はおいしいと思いましたよ。
どう感じるかは人によります。
ご自身で確認していただくことが大事かと思います。
URL | naranara #-
2010/03/25 19:57 [ 編集 ]
 
らーめん屋、一番気になってたお店だったのですが、、、。

鈍な私には塩味?醤油味?、といったレベルしか違いがわからなさそうです。とりあえずバリカタなら美味しいと思うタイプなので(笑)

naranaraさん じゅうぶん違いがわかる男ですよ(笑)
ネスカフェのCM依頼きますね(^-^)


まずは王将にいってきます(王将も行ったことがないので)
URL | robin #-
2010/03/27 10:19 [ 編集 ]
 
robinさん、こんにちは。
王将ぜひ行ってください。
奈良グルメ図鑑には載ってませんが・・・。
でも、イオンモールの店は行かない方がいいかもです。

めっちゃ並んでました。
URL | naranara #-
2010/03/27 15:47 [ 編集 ]
 
naranaraさん、お久しぶりです!

早速、イオン行ってきはったんですね。
今はたぶんめっちゃ混んでるんだろうなぁ…駐車場はやっぱり満車でしたか???

このお店、イオンに行ったときにチェックしてきます!!!たぶん行くのはもう少し経ってからになると思いますが…(笑)
URL | まき #/3WEEAIQ
2010/03/27 22:32 [ 編集 ]
 
イオンそのものは駐車場も開いてましたし、すぐ入れましたよ。24号の渋滞も思ったほどではありませんでした。日曜日でしたが。

でも、食べるところはどこも並んでいましたね。ご飯時をはずすか、待つ覚悟で余裕を持って行かれるか、だと思います。

一回しかいってませんが…。
私もカニ炒飯の店が気になっています。
URL | naranara #-
2010/03/28 08:48 [ 編集 ]
 すっきりした
いやあ、すっきりした。

ブログじゃこれが限界でしょうけど、僕は正直に味の感想を述べて帰ってきました。

みなまで言うな。

某ラーメンブログでは煮え切らない評価でしたが、下から2~4行に思いが詰まっていてなるほどと思いました。
URL | 暁 #-
2010/04/01 20:12 [ 編集 ]
 食べた感想
平日の5時ごろ行きましたが、すんなりとテーブル席に座れました。
「ラーメンはスープ・麺・具材が三位一体にならなければいけません。」と、佐野氏は言っているようです。
麺はあれでよいのでしょうか?奈良の店なので三輪そうめんに対抗しようとしているのでしょうか?

父は「屋台のラーメンみたい」と言っていました。
母は「彩華より食べやすい」と言っていました。
私は「インターネットで調べていたとおり」と言いました。

話題つくりのために、一度は食べるべきだと思います、他の人気店のように、どうしても食べたくてたまらなくなる様な、禁断症状を起こすような素材は使われてはいないようです。
URL | kyotocity #-
2010/04/01 21:09 [ 編集 ]
 大阪王将
ちなみにイオンモールに入っているのは、大阪王将です、餃子の王将(京都王将)ではないのでご注意を。
イオンモールで並んで食べるよりは、いったん外に出て24号線沿いの店の方がいいと思います。大阪王将、餃子の王将どちらもあるはずです。


URL | kyotocity #-
2010/04/01 21:18 [ 編集 ]
 
いやあ、感想はいろいろあって当然かと・・・。
人の好みは100人いたら100種類。

記事にある文章についてはかなり気を遣って書いております。
行間を読んでいただいて、判断いただければと、勝手なお願いではありますが、よろしくです。
URL | naranara #-
2010/04/01 21:40 [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://naranara813.blog118.fc2.com/tb.php/315-a89c8daa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)