何でも食べたい、食べてみたい、美味しいもの、珍しいもの、いろいろ食べた記録。+気になっているもの。
スポンサーサイト 
--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




category:スポンサー広告
comment -- | trackback --
記事編集
和風スナック 吟 ~招かれて会員制スナック~ 
2010.05.21 Fri 22:42

生まれてこの方、会員という言葉に縁がなく、せいぜいツタヤのレンタル会員ぐらいで、それも最近は全然借りてない。

それが、苦節60年(←うそ)、ついに禁断の会員制スナック(!)というものに潜入することになった。

和風スナック吟


和風スナック 吟 なんと隠微な響き…

餅飯殿商店街から夢キューブのある角を少し入ったところ、知る人ぞ知る地元の人たち御用達の店。



しかし、ここはならまち、その昔は花街として栄えた時代もあった。

緊張で心臓はドキドキ、肝臓はワクワク、扉を開ける手も震え、おそるおそる店に入ると・・・、


そこは・・・、


和風スナック吟


思いっきり和風スナックであった。

どう見ても会員制とは思えないたたずまいであったが、それもそうで、

実はこの店には入り口が二つある。東側は上の写真のようにのれんもなく、「会員制」の文字だけが、日々人々をビビらせている。

だが、北側にまわれば、何のこっちゃない、普通の気さくな定食屋の趣で 、エブリバディ ウェルかめである。

和風スナック吟


店に入ってすぐに目に入ってくるのは 「いらっしゃいませ~」 と笑顔で客を迎えてくれる、おば ちゃんと、そのまわりに無数にいる招き猫たち。


軽く数えても100匹はいるだろうか。


今流行の猫カフェかもしれない。

和風スナック吟和風スナック吟


これだけいたら、さぞかしたくさん客が来るだろうと思っていたら、本当にたくさん来たのでびっくりした。 w(゜o゜)w

まず、入ったときには先客は一組、神奈川から観光で来られたという家族連れ。

次に近所のおばあちゃんとその娘、そして、初老の男性、サラリーマン風の二人組、中年のグループ、近所の中学生・・・、

カウンターだけの店か思っていたら、奥に座敷があるらしく、入る入る。

不景気などどこ吹く風、ものすごい 集客力である。


これも招き猫の御利益にゃんだろうか。



・・・と思ったが、やはり 人が来るのには理由がある。

私たちは親子丼と牛丼、日替わりからミックスフライ定食を注文したが、まず出てきたのが次の写真の品。

和風スナック吟


ウィンナーとキャベツの炊いたん、イカと大根の炊いたん、蛸ときゅうりの酢の物、漬け物と家で普段から作られるようなお母さんのおかずが4種類。

これらがすべてのメニューに付く。



さらに味噌汁、ご飯はおかわり自由なので、よく食べる人でも十分お腹一杯になるだろう。

和風スナック吟和風スナック吟
和風スナック吟和風スナック吟


さらに驚いたのは、客によって、「ご飯の多め、少なめ」 はもちろん、「味噌汁の熱い、ぬるい」 なども聞いてくれる。ツバスの塩焼きを注文した客などは 「頭か尾か」 まで聞かれていた。

食後のコーヒーもきちんと淹れたものだったが、おばあちゃんの客には、熱いコーヒーに氷を入れるというきめ細やかなサービスぶりであった。


とにかく、客の希望に応えるべく、すべての料理をフルカスタマイズしていく手法は、ファストフードの真逆を行くもので、現代では忘れかけたサービス精神を思い出させてくれるものであった。

しかも、これが定食、600円、丼、500円と格安。


流行るはずである。



奈良の店もいろいろ行ったが、私自身まだまだだと思う。知らない店がいっぱいだ。

「これからもいろんな店を開拓していきたい」と思って店を出たら、すぐ隣にフィリピン料理の店を見つけた。(゜Д゜))

「食べ歩きとは終わりなき旅である」とは昭和の文豪、楢奈良男さんの言葉である。

私の旅もまだまだ続く・・・。


和風スナック 吟
奈良市南市町16
0742-26-4809
昼夜営業(メニューは違います)
定休日不明 P無



緑黄野菜(おためし8本セット)


↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : 郷土料理 親子丼・鶏丼 食堂 和食

category:食べ歩き 奈良市
comment(6) | trackback(0)
記事編集
コメント
 
バンクーバーで真央ちゃんがフリーの演技をしていたとき、
ちょうどここでトンカツ定食を食べていました。
吟だけに、・・・銀メダル。。。^^;

かなりのボリュームでカツを残してしまいました。
コーヒーのあと、みかんまで頂きました。
儲けがあるのかと心配になりました。


URL | momo #-
2010/05/22 12:08 [ 編集 ]
 
momoさん、文章のボケ具合、さすがです。

みかんをもらったとのこと。
私たちも食べている途中、「これも食べ」とタッパに入ったおかずをもらいました。

本当に家で食べているかのようなほのぼのとしたお店です。
URL | naranara #-
2010/05/22 17:13 [ 編集 ]
 吟
私が行ったのは去年。
昼間は、細い方の人がカウンターに入っていて、こちらがお姉さん。
厨房に入っていた太い方の人は、妹さんだそうです。
私は鶏すき焼をいただきましたが、他にも次々と出て来るので、途中で断ったぐらい。

このお姉さんの喋りがとっても面白くて、スナックならば夜にも来てみようと思い、次週ぐらいの夜に訪れたら、カウンターに妹さんだけ。
やはり、お喋りはお姉さんがバツグン。

夜は、ワインをいただきましたが、まぁ、それなりのワインしか置いてなかったので、味はそれなりに。
焼酎やウィスキーをボトルで入れたら、1回で飲み干すのは、ちょっとしんどいので、確実に呑める量ということで、ワインに。

夜もお姉さんがずっと入っているのなら、これからちょくちょく行こうと思いますが。
URL | CAT #6..k1sE6
2010/05/25 00:25 [ 編集 ]
 
私のときはお姉さんでした。
いろいろと出してくれて、客のもてなしの上手な方でした。

それはそうと夜の情報まで、ありがとうございます。
この店の奥深さ、一度行っただけではわからないのでしょうね。
URL | naranara #-
2010/05/25 20:53 [ 編集 ]
 
夜の情報というと、夜でも、呑む人は、そんなに多くなくて、会社帰りらしい服装の人で、食事だけして帰って行く人とか、食事+ビール1杯だけとかって人も居ました。

それはそうと、この店って、南に向いてましたっけ?
北じゃないかと・・・

北というと、北に少し行った所に「玉ろ寿司」って店があり、普通の価格の普通の寿司屋なんですけど、イカツイ顔をした大将が、意外と面白い人です。
URL | CAT #6..k1sE6
2010/05/26 19:04 [ 編集 ]
 
壁のメニューには昼にはないオムライスとかありました。食事をして帰る人もよく使うのでしょうか。

南側は間違いでした、北側に修正しておきました。ありがとうございます。

玉ろ寿司、昔に行ったことがあります。奈良では老舗ですよね。もう一度行きたいと思いますが・・・。

URL | naranara #-
2010/05/26 22:41 [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://naranara813.blog118.fc2.com/tb.php/337-f533b01e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。