何でも食べたい、食べてみたい、美味しいもの、珍しいもの、いろいろ食べた記録。+気になっているもの。
まちなか1300年祭 ~おいしいイベントはもっと~  
2010.05.29 Sat 23:26

盛りに盛り上がる平城宮跡会場に負けじと、奈良駅周辺の8つの商店街が中心になり、開催するイベント、

まちなか1300年祭。

まちなか1300年祭まちなか1300年祭


パンフレットを見るとさまざまな催し物の他、ヨーロッパ広場、シルクロード広場と二つの広場で飲食店のブースも出るみたいだ。

これは行くっきゃない。

ギャルみこし采女ガールという言葉も目に入ったが、ここは奈良の食を まじめに 語るブログなので、そんなことは全く気にしない。



三条通を家族4人、自転車で上っていくと・・・、ありました、ヨーロッパ広場。

まちなか1300年祭


パンフレットによると、「ヨーロッパ地域の食と文化に関するステージイベントやマルシェを開催します」 とある。

出店しているのは、「風酔」「焼亭JUJU」「ふりぽんぬ」「ビストロスクワール」「めしあがれ」「Coctura(コクトゥーラ)」「BEKKAN PIATTO」「ハンターナ」「ステーキ関 (ゆずジュースのみ)」「日本バーテンダー協会」・・・。 (これにトルコ雑貨の店とアクセサリーの店)

おお、なかなかのラインナップだ。

だが、ハンターナはスリランカ料理。ヨーロッパ広場に入っているのには無理があるぞ。



まあ、しかし、これは、毎年 夏に元興寺で、地蔵盆まんぷく供養 「夢まつり」 を主催する蛍の会のメンバーが多いから、ハンターナさんが入るのもわからないでもない。

さて、ここでいただいたのは次の品。

まちなか1300年祭


「ふりぽんぬ」のスペシャル3種盛り。

大和牛のローストビーフ、パイナップルソース、タコのカルパッチョ、島らっきょう添え、マコモだけのパスタ、ヘチマのラタトゥイユ、+海ぶどう。

これは大ヒット!


どれもおいしかったが、特にローストビーフ。パイナップルを使うのは肉を軟らかくする効果からだろうが、ほんとに柔らかくてジューシーで 「うまい」。マコモダケをパスタに見立てた品も面白い。1000円だが、食べて納得の味である。



それからこちら。

まちなか1300年祭まちなか1300年祭


左、「ビストロ・スクワール」の仔羊のブロシェットと手作りソーセージ。右、「風酔」のカリカリチーズ焼き。これらもまたいい。

そして、写真にもあるように昼間っからビールである。また、このビールが「日本バーテンダー協会」が出している、サッポロエビスクリーミートップ (お試し価格400円)という、その名の通りクリーミーな泡のビールでまさしく クリーミートップな味わいであった。

嫁さんも私を見習って、昼間っからワイン。

土曜日はこうでないと~。 


ステージではちびっこチアリーダーのパフォーマンスなどもあり、平城宮跡会場に負けじと大いに盛り上がっていたが、私たちは後ろ髪ひかれながら、次の会場 シルクロード広場へ向かったのだった。


そして、やってきました、シルクロード広場。

まちなか1300年祭


客を見下ろすせんと君がいるのはベトナム料理 「コムゴン」。その他、タイ料理の「らほつ」、奈良の地酒「春鹿」、「洒楽」「ふぁんろん」「香炉里」「cafe FLUKE」が出店。


でも、待てよ。

パンフレットには 「シルクロード地域の食と文化をテーマにステージイベントやマルシェを開催します」 と。さらに商工会議所のHPには、「中東地域の食と文化に関するイベント」 とある。

コリア イラン。 これはいかん。

「シルクロード」「中東」という言葉に期待していた私にこれらのラインナップは残念である。

もちろん、出店に文句を言うつもりはない、が、もっとアフガニスタン料理とかウズベキスタン料理とかトルクメニスタン料理とかのタンタン料理を想像していただけにその点では期待はずれであった。



その中でいただいたのが次の品。

まちなか1300年祭まちなか1300年祭


「コムゴン」からフォーガーと333ビール。「cafe FLUKE」のチキンカレー、アスカルビーのイチゴミルク氷。

フォーと333、すっかりベトナム気分で、いい気分である。

お腹もいっぱいになった。



ここでひとつ、改善してほしい点を記しておきたい。

一つの量が多いので、あれこれ食べようとしてもすぐにお腹が大きくなってしまう。

私たちは4人で来たから、それなりに分けながらいただいたが、一人で来たら2品が限度だろう。値段を半分とはいわないが、量を半分ぐらいにしたらどうだろう。

その方がいろんなものを食べられて楽しいと思うのだが・・・。



こういったイベントは私は大好きである。毎週でもいいぐらいだ。

私は、猿沢池のところでちょっとだけ采女ガールのお姿も拝見しつつ、次の目的地 (図書館だけど) に移動したのだった。


↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : 地域情報

category:地域情報 イベント
comment(0) | trackback(0)
記事編集
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://naranara813.blog118.fc2.com/tb.php/339-f08e92af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)