何でも食べたい、食べてみたい、美味しいもの、珍しいもの、いろいろ食べた記録。+気になっているもの。
オステリア ウマーノ ~ウマーノはとってもウマーノ~ 
2010.10.24 Sun 11:15

ウマーノ~!!

と聞いて、

馬~のマークの参考書♪、を思い出したら、私と同世代である。

「かいーの」

という寛平ちゃんのギャグを思い出す人もいるかもしれないが、そんな人は少ないと思うのでスルーして、今回紹介する店は、オステリアウマーノ、イタリア語で 「人」 を意味するそうだ。

オステリアウマーノ


「人という字は人と人とが支えあってできている」 と、その昔 金八先生は言っていたが、それなら、「入る」 という字も支え合っているではないか、とテレビに向かって突っ込んでいた中学生も 今では娘が中学生という歳になってしまった。

まあ、そんなことはどうでもいいので、話はウマーノに戻すが、この店、東生駒の名店、「ナチュラレッツア」のシェフが、おそらくいろいろ事情あって (たぶん) 独立された店で、スタッフもほぼ 「ナチュラレッツア」 と同じだそう。

それだけに 「ウマーノ=人」 というところが意味深であるが、深くは考えないことにする。


さて、今回はホークスがクライマックスシリーズで破れ、傷ついた心を癒すために一人でやってきた。場所はポルタドーロというイタリア料理店があったところ。このあたりがややこしい。

オステリアウマーノオステリアウマーノ


入り口のドアを開けると12席ほどの店内は おばちゃん マダムで満員であった。

ホールに誰もいなかったので、無理かなと思っていると、客のマダムが 「お客さんやで~」 とキッチンに叫んでくれた。

私は、「少し時間がかかるかもしれないですが、よろしいですか」 というキャンディーズのランちゃん風のスタッフの言葉にうなずきながら、全2席のこぢんまりとしたカウンターにやはりこぢんまりと座った。


メニューには、パスタを楽しむコース(2100円)とパスタもメインディッシュも楽しむコース(2940円)があったが、せっかくなのでメインディッシュもいただくBコースにした。

まず、最初の一品は前菜盛り合わせ。

オステリアウマーノ


白子のソテー、サフラン風味
大和豚のサルシッチャ
モルタデッラ 茗荷のピクルス

白子のソテーは表面に軽く焼き色をつけて香ばしさを出し、中はとろっとした食感を残してある。一口で食べてしまうのがもったいないほど、もっと食べたいと思わせる味。

サルシッチャはイタリア語でソーセージのこと。そういえば語感もちょっと似ている。サルシッチャ、ソーセージ・・・。クミンやセージなどのスパイスの風味と粗挽き肉の歯ごたえで独特の味わい。

モルタデッラは豚の脂の入ったボローニャ地方のソーセージ。ハムのように薄切りにして出される。


そして2皿目はスープ。

オステリアウマーノ


アミエビとお米のエスニック風スープ

アミエビといえば普段はお好み焼きぐらいでしか目にすることはないが、こんなところでお目にかかれるとは光栄である。スープの上にも代表が何匹か浮いているが、中にも使われているのだろう、全体がきれいなピンク色に染まっている。

そして、気づきますか?アミエビの赤とルッコラの緑、皿の白・・・。

そう、イタリアの国旗のカラーなのだ!

味はお米が半殺し(←こんな表現最近しませんか?)で滑らか。例えるならタピオカのような食感で確かにイタリア料理っぽくない、エスニック風と名付けているが、決してどこかの国の料理とかではなく、完全な創作料理といえる。(だからこそ色合いにこだわったのかもしれない。)

「お皿熱くなっています」と出されたが、さわると本当に熱くてびっくりした。


パンは自家製フォカッチャと全粒粉のプチパン。フォカッチャはちょうど端のところだったのでさくさくした味わいが楽しめた。

3皿目はパスタ。

オステリアウマーノ


パスタは5種類から選べるようになっていて、この日は、

スパゲティ 境港直送水タコのトマト煮込みのソース
スパゲティ 大山地鶏とキノコソースのクリームソース 卵黄のコンフィ添え
ペンネ ゴルゴンゾーラチーズのソース
オレキエッテ ヤンバル島黒豚のフレッシュサラミのソース
リゾット ポルチーニ茸のリゾット up(¥525)

であったが、悩みに悩み、一晩考えた末、一番上の境港直送水タコにした。

境港といえば、ゲゲゲの鬼太郎で有名な町である。 そこの水タコならばおそらくうまいにちがいない、と思ったからである。(←適当)

タコはさすがにぷりっとして、 「俺はタコだぜ」 という存在感を見せつけ、トマトソースを吸い込んだミンチもまた 「こっちだって妖怪トマトミンチだ」 という感じに互いにうまさを競い合っていた。(すみません、意味不明なところはとばしてもらって結構です)


そして、メインディッシュ。

オステリアウマーノ


肉か魚かを選ぶことができたが、魚料理のイサキのグリルは、たまたまだろうがナチュラレッツァでいただいたことがあるので、今回はイベリコ豚のグリルにしてみた。

けっこうポーションは大きめで、脂身もしっかり付いているので、がっつりいただくという感じだが、実は肉の下からグリルされたレンコンや蕪、ジャガイモのピューレやひよこ豆などが「こんにちは~」 と顔を出す、バランスのとれた一皿である。



最後はデザートとドリンク。

オステリアウマーノ


デザートは、

デザートワイン風味のパンナコッタ・バニラジェラート添え
無花果(いちじく)の赤ワインコンポート・バニラジェラート添え
ティラミス・栗のジェラート添え
ネクタリンのソルベ・フルーツ添え
渋皮の入ったガトーショコラ・バニラジェラート添え

の5種類から、ドリンクはコーヒー、紅茶、エスプレッソから選ぶ。

私はネクタリンのソルベとエスプレッソを選択。

ネクタリンは中央アジア原産、日本では長野県で栽培される桃の一種で、皮に毛が生えていないので「油桃」と呼ばれる品種である。ネクタリンという響きから、ネクター(最近見なくなったが、この名のジュースがあった)を連想する方も多いのではないかと思う。

さっぱりした甘さで、肉料理の脂を流してくれるようであった。

ドリンクには小菓子がつく。イタリアやスペインの田舎で食べられるポルボローネとメレンゲを使ったお菓子である。


ここまで、全7品。一皿ごとに、シェフの遊び心が表現されていたり、素材の味が強調されていたりと、コースの構成も面白かった。2940円という値段もコストパフォーマンスが高い。

まさしく、ウマーノな店であった。


オステリアウマーノオステリアウマーノ


最後に余談を一つ。

入店したときに 「お客さんやで~」 と叫んでくれたマダムは、私が座っていたカウンターの真後ろのテーブルに座って食事を楽しんでおられたが、なにしろ声が大きいので会話が聞こえてくる。

「私、仏像とか見るの好きやねん」

「へえ~、最近どこ行ったん?」

「阿修羅像見てきた」

「新しくなってんやってね」



「秘宝館・・・」  (T□T)/


・・・、痛恨のミスである。


オステリア ウマーノ

生駒市東菜畑1-182-1 クイーンズコート生駒
0743-73-0644
11:30~14:00(土日祝~14:00)
18:00~21;00(金土~23:00)
不定休 P有





↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : イタリア料理

category:食べ歩き 奈良市外
comment(4) | trackback(0)
記事編集
コメント
 
ウマーノ
素敵なレストラン
お料理 美味しそうですね
ポチッと応援させていただきます、
URL | ryuji_s1 #.FTrCIao
2010/10/25 10:54 [ 編集 ]
 
ありがとうございます。励みになります。
URL | naranara #-
2010/10/25 18:30 [ 編集 ]
 
naranaraさん
丁寧にコメント有り難うございます
今後もよろしくお願いいたします、
URL | ryuji_s1 #.FTrCIao
2010/10/27 08:27 [ 編集 ]
 
こんにちは~ 美味しそうですね^^
白子のソテーサフラン風味がとっても気になりますね^^
今度 行ってみます(^.^)/~~~
URL | keityです #-
2010/10/30 11:50 [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://naranara813.blog118.fc2.com/tb.php/357-0f997dba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)