何でも食べたい、食べてみたい、美味しいもの、珍しいもの、いろいろ食べた記録。+気になっているもの。
なら青丹彩 ~昼からはしご酒できる幸せ~ 
2010.11.25 Thu 21:30

長らくお待たせして、いやいや待ってないと言われれば、それはそれですみません。

最近、やっとのことで地デジ対応のテレビを購入しまして、それに合わせて買ったテレビ台を組み立てたり、ぐちゃぐちゃになっていた配線を整理したり、おはよう朝日のソラをライブに参加したり、なんだかんだと忙しかったので、今になったということです。


さて、前回の続きだが、マスターの言葉は、

「日本酒はどのような味が好みですか?」

であった。 なるほど、そう来たか。

そこで、私は、「水みたいなものがいいのですが・・・」 と伝えた。

実際 私は水のようにすっきりした日本酒が好きで、コクの強いものはあまり好まない。

「それやったら、水 飲んどけばいいやん。」

というツッコミ (特に嫁から) が入りそうだが、それだったら、酔えないし、ただ水を飲んでいるだけなので、やっぱり水のようにすっきりした味の を飲みたいのである。


そこで マスターは奥へ行って、ちょっとごそごそするあるよ (ゼンジー北京風に) という感じで一本の瓶を持ってきた。

これが 「篠峯 上々」という純米酒。

そして、猪口に本当に一口、5mlぐらいだろうか、ちょっとだけ注ぎ、「これでよろしいでしょうか」 と味見をさせてくれた。

なかなか、うれしいサービスではないか、このまま、すべての酒をチェンジしていけば、ほんとに一口ずつ、全部の酒が飲めるのではないかと、貧乏くさい発想も浮かんだが、そんなことするわけ ないことない (←二重否定)。

「まだ、お酒の味がしますね」 という 嫌な客 (=私) に対して、今度は 「山鶴 純米酒」 をまた一口出していただいて、いただいた。

こちらは先のものよりさらに酒の味がしたので、結局 「篠峯 上々」 をいただくことにした。

なら青丹彩なら青丹彩


さあ、日本酒とチーズのマリアージュを確認だ~!

ダルビッシュ・紗栄子にならなければいいのだが・・・。

日本酒は水のようにすっきりとした、「篠峯 上々」、チーズは風味がからすみに似ると言われる 「ミモレット」 と青カビチーズの代表格 「ゴルゴンゾーラ」。


では、一口、篠峯を・・・。

続いて、ミモレットを・・・。


・・・・・・。


ここで、マスターから一言、


「ワインの方が合うかと思いますが・・・」 Σ(T□T)


いえいえ、スッキリとした日本酒の味と からすみ ミモレットはよく合います (←断言)。

ゴルゴンゾーラは好き嫌いがありそうだが。


まあ、とにかく、何と何が合うかといったことは日本酒の味が千差万別であり、チーズもまたしかり と考えれば、合わせ方の楽しみ方も無限に広がるというものである。

始めから チーズはワインといった固定観念を持つのではなく、この味の日本酒にはこのチーズが合うかもしれない、なんて考えるだけでも楽しい。


結局、この日は100円の酒を一杯だけいただいて、(帰りに新潟の地ビールを1本買ったが) 店を出たのだが、この店、また来たいぞ。

私が、「試飲だけでなく、本当は瓶を買った方がいいんですよね」 と言っても、マスターは「試飲だけでも結構ですよ」 と笑顔で答えられた。

ますます、また来たいぞ。


さて、その後、雑貨を見たり、他の店をぶらぶらしたりしたい嫁さんとは別行動で、私は1Fのカフェに座った。

ここは、DELI&CAFE 鳴鹿。



古都奈良で創業30年の老舗ダイニングが新たにプロデュースする和カフェ。
自家菜園の朝穫れ有機野菜や話題の大和肉鶏などの地元食材を中心に、和食はもちろんイタリアン、フレンチと多彩なシェフ陣が心を込めて仕込んだバラエティーに富んだお惣菜ランチが自慢。オムライスや自家製スイーツなどカフェメニューも充実。


そして、注文したのはこれ。

なら青丹彩なら青丹彩


総菜3品付き ほろ酔いセット。

本日2杯目~、いや缶ビールも飲んだから、3杯目~。

HPにあった老舗ダイニングというのがどこか気になっていたが、メニューを見て納得。三条通の居酒屋 「つのふり」、支店は本サイトでも紹介している 「さくら町バール」 であった。

だから、お酒に合う総菜やオムライスなどのメニューが充実していて、気軽に飲んだり食べたりできるスペースになっている。(総菜はテイクアウトもできる)


この日のほろ酔いセットの総菜は、キッシュ半分と 取り憑くね 鶏つくねとふわふわかぼちゃのサラダ。樽生エビスビールか赤白ワインを選んで690円。

これもいい。 (´▽`)


結局、同じビル内ではしご酒、しかも昼間から。

やはり、私の嗅覚は正しかったということで、大満足である。

嫁さんはというと、2Fのネイチャーランドでオランダのレタス (これが結構おいしかった) を買っていたりとそれなりに楽しんでいたようだ。


チャレンジショップとはいえ、「つのふり」 にしても、「まったりプリン」にしても、「バーマンズ」 にしても、「吉野いしい」 にしても、今までから奈良でがんばってこられた店もあり、また 本当に新しくチャレンジされる店あり、楽しめる空間になっている。

私もまた行きたいと思っているので、みなさんにもおすすめします。


なら青丹彩
奈良市下三条町2番1(旧NTT奈良三条ビル北館)
0742-81-7201
10:00~20:00
年中無休 HP←(全部の店の情報が載っています)



↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : Cafe 居酒屋

category:食べ歩き 奈良市
comment(2) | trackback(0)
記事編集
コメント
 
ご来店、ご紹介ありがとうございました。
まだまだ至らぬ点もござますが、
今後とも宜しくお願い申し上げます。
URL | のより@西大寺 #-
2010/12/02 11:12 [ 編集 ]
 
いえいえ、紹介文におかしな点はなかったでしょうか。
とってもいいお店だと思います。
また行かせていただきますね。
URL | naranara #-
2010/12/02 16:05 [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://naranara813.blog118.fc2.com/tb.php/363-e1f174f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)