何でも食べたい、食べてみたい、美味しいもの、珍しいもの、いろいろ食べた記録。+気になっているもの。
pucuk-bali ~インドネシアブーム到来・・・か? ~ 
2010.12.19 Sun 16:06
今は昔だが、「SAVVY 10月号 奈良ごはんとおやつ」 を見て気になっていたことがある。

それはP14の「ロカシカカフェ(閉店)」、P61のわみカフェととインドネシア料理を出す店が2軒も紹介されていたこと。

今までインドネシア料理を出す店としては精華町(京都府だが)の「HASU*HA」があったが、突然2軒のカフェがインドネシア料理を出したことに少し驚いた。

そんなとき、富雄の「SALUMI酒場」がインドネシア料理のランチ(夜は一品もいただけるバーになる)を出したものだから、もしやインドネシアが 新しい風か と思ったのである。

わみカフェHASUHASALUMI酒場

左:わみカフェ 中:HASUHA 右:SALUMI酒場

この3店、「わみカフェ」と「HASUHA」はインドネシア好きの店主がカフェでインドネシア料理を出す形態、「SALUMI酒場」は日本人のオーナーがインドネシアのバリからシェフを招いて、料理をまかせる形態。(←間違ってたらごめんなさい)


そんなとき、たまたま車で道を走っていて見つけたのが、今日紹介するインドネシア料理の店、「PUCUK BALI」 。(バリのハイビスカスという意味)

PUCUK BALIPUCUK BALI


インドネシアといえば、世界第15位の面積に、第4位の人口を持つ大国で、日本とも関わりが深い。また、デヴィ夫人からインドネシアを身近に感じる人も多いだろう。

私はインドネシアには残念ながら行ったことがないが、シンガポールのセントーサ島に新しくできた新マーライオンの頭から 「あれがインドネシアか~」 と眺めたことはある。


さて、今回は一人だったので、カウンターの端に座った。店内を見るとテーブル席も2つあった。

カウンター内にはインドネシア人と思われる方 (もし、ブルネイ人や東ティモール人でも見分けがつかない) が3人いて、キッチンではインドネシア語 (たぶん) の会話が聞こえてきた。

PUCUK BALIPUCUK BALI


ランチメニューは5種類。

Aセット:おかず7品、ライス、サラダ、スープ。(1000円)
Bセット:ナシゴレン:カラアゲ、スープ。(900円)
Cセット:煮込みヌードル、ライス(小)、サラダ、スープ。(850円)
Dセット:ヌードル、ライス(小)、サラダ、スープ。(850円)
ちょい辛風カレーランチ。(900円)

ただし、Dセットはこの日は×がついていた。Cとの違いがあまりないからであろう。

どれも気になったが、いろいろ食べられるAセットにした。

PUCUK BALIPUCUK BALI

左はサラダとスープ。スープはピリ辛でミンチ肉が入っている。「SALUMI酒場」でいただいたランチのスープも同じような感じだったので、これがインドネシアの味噌汁のようなものかもしれない。

右の写真のおかずは12時の方向から時計回りに、クルプックウダン(インドネシアのえびせん)、ゆで野菜のピーナッツソース、IGA BABI SANTAN (スペアリブのココナッツオリジナル煮込み)、牛肉のピリ辛煮込み、アチャール(野菜の甘酢)、GULAI AYAM (鶏肉のココナッツソース)、サンバルソース(辛み付け用)。

煮込み料理が多いとはいえなかなか手が込んでいる。先にも書いたように私はインドネシアに行ったことがないが、マレー料理に近い感じがした (立地的にも近い)。

ところで、全体的にイスラム教徒が多いインドネシアの中で、バリ島だけはヒンズー教徒が多い。ここのシェフはバリ島出身ということだが、牛肉も豚肉も(鶏は問題ないだろうが)いただけるというのは日本だからだろうか。

ちなみにシェフから聞いたのだが、現地よりも辛さは控えているそう、辛いのが好きな人は言えば辛くしてもらえるとのこと。(今度行ったときは現地の辛さにしてもらおう)

PUCUK BALIPUCUK BALI


この店、いろいろと変遷があって、はじめは「KIRIN」というバー、それが、「PUCUK BALI kirin」というインドネシア料理も出すバーになり、この12月15日からランチも出すことになったようである。

奈良は蕎麦屋が増えた時期があり、その後カフェ、そして最近はインド料理が一気にその数を増やしている。そこに新たにインドネシア料理のブームがやってくるのかもしれない。

2011年はインドネシアブーム到来・・・か?


pucuk-bali (プチュク バリ)
生駒市東松ケ丘2-13
0743-74-7111
11:30~14:00 17:30~翌2:00
月休 P有 HP



↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : インドネシア料理

category:食べ歩き 奈良市外
comment(4) | trackback(0)
記事編集
コメント
 たしか・・・
こんばんは。

ご無沙汰しています。

このお店のオーナー、多分サルーミ酒場のオーナーと一緒じゃないかしら。
サルーミにランチに行った時、厨房にいたインドネシア人の方が、生駒に「キリン」という店もあると行っていたので。
その時は、イタリアンとインドネシア料理と言ってました。
サルーミもイタリアン、夜はされてるみたいですけど・・。

お店の名前が変わっただけなのか、人も変わったのか???

それにしても、7品1000円はいいですね。

インドの次はインドネシア??
URL | おぜん #-
2010/12/19 17:51 [ 編集 ]
 Re: たしか・・・
こんばんは。
こちらこそ、ご無沙汰しています。

> このお店のオーナー、多分サルーミ酒場のオーナーと一緒じゃないかしら。

あら、そうなんですか。なるほど。
さすが、おぜんさん、いろいろと事情に詳しいですね。

昨今、海外旅行に行かれる方も多くなって、バリ島などは相当な数の方が行かれているでしょう。
私が食べていたカウンターの後ろ、テーブル席で食べていた家族連れも「バリで食べたサテが美味しかったのよね~」と話されていました。

そうなってくると東京や大阪のような外国人向け、故郷の味的な店だけでなく、日本人にも普通に受け入れられる店が増えてくると考えられます。(←ややこしい書き方ですみません)

> インドの次はインドネシア??

さあ、奈良に次に来るのは、インドネシアなのか、それとも他の国なのか、期待していたいと思います。

URL | naranara #-
2010/12/19 18:29 [ 編集 ]
 
キリンと富雄のお店が働いてる女の子が一緒だったり、共同経営なのかな?インドネシア料理が流行った訳ではなく、シェフが同じだけ?(笑)
URL | 通りすがり #tHX44QXM
2011/01/25 11:47 [ 編集 ]
 
そうみたいですね。
URL | naranara #-
2011/01/25 21:56 [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://naranara813.blog118.fc2.com/tb.php/369-d88be3df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)