何でも食べたい、食べてみたい、美味しいもの、珍しいもの、いろいろ食べた記録。+気になっているもの。
河 ~大自然の中 優しいご夫婦が作るあっさりラーメン~ 
2011.05.10 Tue 18:29

レストラン、または食べ物屋さんの評価というのは味だけではない・・・、というのが今日のお話。

桜井に用事があって、その用事が終わって、食事となった。

さて、どこで食べるか、桜井にも橿原にも行きたい店はいろいろあるが、ふと思いついたのが、吉野町にある塩ラーメンが評判の店。新鹿路トンネルが数年前に開通し、桜井と吉野が近くなった、ことも知っていた。

うわさ通り、桜井から30分で吉野であった。「トンネルを抜けると雪国であった」 とは川端康成だが、トンネルを抜けると吉野であった。


目指す店は「ラ-メン河」。

私は昔、下北山村と奈良市を行き来していた時期があったので、芦原トンネルにしても、芋峠にしても、ここにしても土地勘はある。店は宮滝大橋を越えたところを右折、ぐるりと回って対抗もできない細道を東に進んで300m。迷わず着いた。

閉店時間が2時だったが、着いたのは1時20分だった。

ラーメン河ラーメン河


着いたはいいが、10組待ちであった。 (゚◇゚)~

季候がよかったからだろうか、バイクでのツーリングで来られた人が10人ぐらいいて、残りが車、ちょっとだけ自転車。

しかも、私が順番待ちの紙に名前を書いた後すぐに「本日終了」になった。

私はぶらぶらとその辺を歩いたり、河原に降りて小魚を手づかみで捕ろうとしたりして時間をつぶしたが、なかなか順番は進まない。


席は4人がけのテーブルが3つ。基本的に相席はしないので、人数が何人であれ10組回すためには席を3回転(+1)しなければならない。しかも一杯のラーメンを作るのに10分近くかかっていた。

進まないはずである。

結局、1時20分に名前を書いて、名前が呼ばれたのは、1時間後の2時20分であった。

そして、10分後の2時30分、注文した塩ラーメンとまぐろ丼が運ばれてきた。すでにおやつの時間である。

ラーメン河ラーメン河


丼はまぐろ丼と鶏丼があったが、私ははまぐろ丼を選択。吉野といえば山中だが、実は熊野方面からのまぐろがけっこう入ってきており、私が住んでいた下北山村でもシビと呼ばれ、よく食べられていた。

さて、メインの塩ラーメンだが、透き通ったスープに煮卵、ネギ、甘みをプラスする白菜、逆にスープに影響を与えないよう薄味のチャーシュー。

まさしくご夫婦の人柄を表したという言葉がぴったりのやさしい味であった。

ラーメン河


しかしながらここまで行列ができるのはなぜだろう・・・。

確かにおいしいし、ネットで見る限りスープを取る素材にもこだわっているみたいだが、しかし、麺やメンマは仕入れたものだし、ここでなければ食べられないといった珍しい食材を使っているわけでもない。

まず、考えられるのはメディアの力 (特にネット上での口コミ) である。個人のブログや大手グルメ投稿サイトで露出され、行ってみたいと思う人が増えている。「恐るべしさぬきうどん」で山奥のうどん店に行列ができるのと同じ現象であろう。かくいう私もこれらを見てわざわざ行ったのだ。

次に立地のことがある。中途半端でなくここまで山奥となると逆にメリットも出てくる。遠いところからわざわざ来たのだから待ってでも食べたい。いや、行列ができているからこそ来たかいがあるというものだ。さらにお腹もすいて、やっとのことでありつけた食事がまずいわけがない。

さらにご夫婦の人柄と吉野の自然とスープの三位一体、どれが欠けてもこの店は成り立たない。例えばスープが背脂ギトギトの豚骨スープだったら・・・、

大自然の中、優しいご夫婦が作るこってりラーメン・・・、やっぱりミスマッチである。

私は待ちながら出てくる客を見ていたが、誰もが笑顔であった。そしてごみんな夫婦に 「ごちそうさま」 「おいしかった」 と声をかけていた。

その表情を見ているとこの店の一杯のラーメンにみんなが癒されているのだと感じる。

一杯のかけそば」 「温かいスープ」 「小僧の神様」。一つの食べ物が人の心を動かすことはよくある話、ユッケの話じゃないけど、効率と値段だけで客が来るわけではないということも、店を営んでいる方は知るべし と思った今日このごろであった。


ラ-メン河
吉野郡吉野町菜摘470
0746-32-8384
11:30~14:00
木休 P有


↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : ラーメン

category:食べ歩き 奈良市外
comment(12) | trackback(0)
記事編集
コメント
 山奥だけで癒される
むかし埼玉から龍神へ越した後、【トンボシビ】を初めて田辺のJA-Coopで見て、名前が理解できないので店員に聞いたら、「シビです」で終了…
世の中には知らない物がまだまだ沢山ありますなぁ(笑)
当時、釈迦ヶ岳までは山歩きにはよく行っていましたが、こちらのお店は知りませんでした
今ではちょっと行きたくても遠方過ぎて無理ですね
URL | トキハ #eNo2xelU
2011/05/16 12:45 [ 編集 ]
 
龍神ですか。これまた山中ですね。
トンボシビがわからないのも当然です。
私も奈良市から下北山村に転勤したすぐは何もわからず右往左往したものです。今となっては懐かしい思い出ですし、下北山が第二の故郷に思えます。

ラーメン河ですが、オープンは2年ほど前なのでトキハさんがおられたころはまだなかったかもしれませんね。

釈迦ヶ岳に山歩きとは健脚でうらやましいです。これまらもまたちょくちょく遊びに入らしてください。
URL | naranara #bQLI5caw
2011/05/16 22:46 [ 編集 ]
 意外と楽なんです
釈迦ヶ岳も東側からではなく、十津川側の旭ダムの林道の終点からですと、ちょんとしたトイレも駐車場もあって初心者でも問題なく登れますよ
わたしはホント山歩きは初心者ですから
そうですか、まだ出来たばっかりだったんですね、【ラーメン河】
山奥まで行く価値があると皆さんご存知なお店、やっぱり一度は行ってみたいなぁ
URL | トキハ #eNo2xelU
2011/05/17 13:07 [ 編集 ]
 
弥山は登ったことがあるんです。
下りは足がくがくでしたが。
釈迦ヶ岳のお釈迦さま、一度見てみたい、とそれだけです。

ラーメン河の方が行きやすいと思いますよ。
今、どちらにお住まいかわかりませんが・・・。
URL | naranara #bQLI5caw
2011/05/17 20:27 [ 編集 ]
 鬼マサ
釈迦ヶ岳の山頂にある釈迦如来立像、南隣にある大日岳の大日如来坐像、北方の岩峰・橡の鼻の蔵王権現像の3体の仏像を大正13年の夏にすべてひとりで担ぎ上げたのが鬼マサこと「岡田雅行」翁です
弥山には行者還トンネルから登られたのでしょうか?それに比べれば楽だと思いますよ
釈迦ヶ岳へのルートは東側の前鬼からのルートを選ばれる方が多いのですが、やはり時間的にも長く結構きついです
それに比べれば、西側からの古田の森経由のルートは本当になだらかでそれほど危険はありませんので、是非とも釈迦如来立像の36貫(135kg)の台座にある【岡田雅行 獨力ニテ運般セシ者也】と刻まれた文字を見て欲しいです
わたしはそれだけが見たくて2回行きました 
http://mallorca-beppu.dreamlog.jp/archives/65328694.html
昔の自分のブログ記事です(HDDが飛んじゃって撮影した画像は消えちゃいました)

今は湯の町、大分県別府に住んでいます
URL | トキハ #eNo2xelU
2011/05/18 17:10 [ 編集 ]
 
詳しくありがとうございます。
ブログ読ませていただきましたが、やっぱり釈迦ヶ岳、行きたいですね。ちなみに私が弥山に登ったのは和佐又山からでした。

平地に降りてきてからは吉野に行くこともほとんどなくなってしまいましたが、また行きたいです。

お住まい別府ですか。別府にもおいしいものがあるでしょうね。またいろいろと教えてくださいね。

今後ともよろしくお願いします。
URL | naranara #bQLI5caw
2011/05/18 21:07 [ 編集 ]
 地図
ほんと、初心者がようやくたどり着いた釈迦ヶ岳、お恥ずかしい記事で失礼しました
ご存知かとは思いますが、下記国土地理院のサイトでは無料で地図が見れて、印刷もできますのでご参考までに
http://www.gsi.go.jp/tizu-kutyu.html
「地図国土基本図(地図情報)を見る ウォッちず」 は2万5千図が見れますので便利です
URL | トキハ #eNo2xelU
2011/05/19 05:17 [ 編集 ]
 
地図は見てて飽きないですね。
早速お気に入りに追加しました。
ありがとうございます。
URL | naranara #bQLI5caw
2011/05/19 17:56 [ 編集 ]
 まぐろ丼
 ご無沙汰しています。今日、東吉野村の明神岳に軽登山を
した帰りに「ラーメン河」に寄ってきました。
もちろんnaranaraさまのブログを見たので行ってきました。
肝心のラーメンは売り切れで食べられませんでしたが、ご主人
が、まぐろ丼を作ってくださいました。
お話を聞くと、昔は寿司職人をしていたそうです。まぐろは
熊野からですかと聞くと、鶴橋で仕入れているそうです。
自然が多いところなので、ハイクはいかがですかと言うと
以前はよくスキーをしていたそうですが、事故で足を痛めて
からはまったくだそうです。今の店は、自力で壁や屋根も
作ったそうです。お客さんは、自転車やバイクのツーリング
客が多くて休日はスープが売り切れてしまうとのこと。
次回機会があれば、塩ラーメンと鶏丼に挑戦したいです。
URL | さすプー #mQop/nM.
2011/06/05 20:25 [ 編集 ]
 
さすプーさん、お久しぶりです。
ラーメンが売り切れとは残念でしたね。

塩ラーメン、優しい味です。
ぜひ今度食べてみてください。

また、ちょくちょく遊びに来てくださいね。
URL | naranara #bQLI5caw
2011/06/05 22:09 [ 編集 ]
 
 御ブログを見て、バロム庵にも行きました。
雨の日で、お客は私だけでした。
見た目は、本当に京田辺にある「俺のラーメン」と
同じで、メンマの大きさと、レアチャアシューは
そっくりです。
同じ京田辺にできた「富田系の」つけ麺専門店も
なかなかおいしかったです。
どちらの店も昼間しか営業してないので、井手町
のうどんのたなか並みに敷居が高いです。
 生駒市の醤道~行ってみても場所が分かり
ませんでした。もう一度行ってみようと思って
います。

 
URL | さすプー #EBUSheBA
2011/06/05 22:44 [ 編集 ]
 
さすプーさん、こんばんは。
醤道は生駒駅の北口からだと北へ歩いて数分でわかりやすい場所です。車だと見過ごしてしまいそうですが・・・。

京都南部の2軒、行ったことがありませんが、ぜひ行ってみたいと思います。
URL | naranara #bQLI5caw
2011/06/06 20:05 [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://naranara813.blog118.fc2.com/tb.php/391-f7e09469
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)