何でも食べたい、食べてみたい、美味しいもの、珍しいもの、いろいろ食べた記録。+気になっているもの。
ロワゾ・ブリュ ~幸せの青い鳥はここに~ 
2011.05.07 Sat 09:18

この夏の旅行に一緒に行く予定の友人が遊びに来た。

今年の旅行先はいろいろ事情があって韓国。チケットは取ってあるが、例のごとくどこに行くかは決めていない。そんなことでランチでもしながら打ち合わせしようということになった。

予約したのはフレンチ&イタリアンの店。韓国料理でもよかったのだが、ちょっと気になっていた店があったのでそこにした。

店名は「ロワゾ・ブリュ」。

ロワゾ・ブリュロワゾ・ブリュ


L'Oiseau Bleuはフランス語で「青い鳥」。おそらく、ロワゾが“鳥”で、ブリュが“青い”であろう。

開店時間は14:00~、一見中途半端に思えるが、昼が遅いのではなく、夜が早いと考えればこの店のすばらしさが見えてくる。要するに早い時間から飲める、ということである。

私たちはもちろん2時に予約した。青い鳥のステンドグラスがかわいいドアを開けて中に入るとすでに先客がいた。聞くと1時から予約された方とのこと。予約すれば早めに開けてくれるらしい。

私が「予約した○○です」と告げると店主が、「naranaraさんですよね」と声をかけてこられた。

バレてる・・・。 (T△T)

店主の話では予約の電話の時に子どもがいると聞いて、もしかしてと思い、入ったときに写真を撮っていたので確信したという。

ロワゾ・ブリュロワゾ・ブリュ
↑バレる原因となった写真2枚

テーブルに着いてメニューをもらった。

食べる方はバールコース (8品・2500円でお得) を予約していたので、飲み物を選んだ。

私はヒューガルデンホワイトというベルギービール、友人はサングリア、息子はピンクレモネード、嫁さんはトスカーナの赤ワインをフルボトルでもらった。

ロワゾ・ブリュロワゾ・ブリュ


こんな風に書くと、まるで嫁さんが大酒飲みのように思われるかもしれないが、実はビールでのどを潤した後、みんなでワインもいただこうという作戦であって飲む気満々である。


さて、ここからはバールコースを紹介していきたいと思う。

まずは、ハム、サラミの盛り合わせとグリッシーニと仏産、伊産チーズの盛り合わせ。

ロワゾ・ブリュロワゾ・ブリュ


パルマ産生ハム、モルタデッラ(イタリアの伝統的ソーセージ)、フィノッキオーナ(フェンネルを練り込んだサラミ)、コッパ(豚の首肉の生ハム)。

コンテ、ゴルゴンゾーラ・ピカンテ、カマンベール、ペコリーノ・ロマーノ(パルミジャーノ・レッジャーノかも?)。


次はバーニャカウダと自家製パン。

ロワゾ・ブリュロワゾ・ブリュ


バーニャカウダは初体験。レタス、パプリカ、ラディッシュ、空豆、ニンジン、ジャガイモ、トマト、ブロッコリー、きゅうり。ニンニクとアンチョビ。オリーブオイルのソースをつけたいただく。

自家製パンはハード系2種類。パン・ド・カンパーニュはライ麦と自然酵母を使い表面はパリッと、噛むと少し酸味があるのが特徴。


その後は、ムール貝のシェリー蒸し、田舎風パテ、本日のガーリックオイル煮、自家製ソーセージと続く。

ロワゾ・ブリュロワゾ・ブリュ
ロワゾ・ブリュロワゾ・ブリュ


シェリー酒の風味豊かなムール貝、鴨肉を使ったパテ、ホタルイカとキャベツのオイル煮、エスニック風のスパイスの香りが楽しい豚と牛、2種類のソーセージ。

どれもワインなどのお酒に合うものばかり、ここがバールだということが実感できる。


ここで、2本めのボトルに突入。

「1本目よりも少し重めのものを」 というリクエストで選んでもらったのが、シチリア産のSURYAというワイン。タンニンの渋みというよりも、フルーティで太陽がうまみを濃くしたような味であった。

ロワゾ・ブリュロワゾ・ブリュ


デザートにはティラミスとカヌレ (これは、コースには入っていない)。

ティラミスはビスケット生地なしのタイプ、とろっとした食感が特徴。カヌレは卵黄たっぷりのボルドーの焼菓子、しっとりとした風味。


結局、店を出たのが5時半を過ぎていた。かれこれ3時間半もいたことになる。店の中にいるとここが新大宮とは思えない、何かフランスの片田舎にいるような気分になる。

それだけ居心地がよかったのだ。

店には申し訳ないが、子どもは前の公園に遊びに行ったり、向かいの中條にちょっと買い物に行ったりと本当にゆっくりとした時間を過ごさせてもらった。もちろん友人と旅行の話、それ以外もたくさんの話をして盛り上がった。

メーテルリンクの「青い鳥」は結局自分の家にいたわけだが、ここには幸せの時間がある。

ロワゾ・ブリュロワゾ・ブリュ


ちなみに私たちの隣では ほっかむりをした年配の女性が おいしそうにパンナコッタとコーヒーで楽しんでおられた。

カフェでも、ワインでも、食事でも、自分なりの楽しみ方ができる店である。今後ともがんばってください、また行きたいと思います。


ロワゾ・ブリュ
奈良市大宮町6丁目9-8 岡田ビル105号
0742-81-3211
14:00~翌1:00
不定休 P無 HP



↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : バール

category:食べ歩き 奈良市
comment(2) | trackback(0)
記事編集
コメント
 
素敵なお店ですね。

この8品は1人前?これで2500円ですよね。
お腹一杯になりますねぇ。
ハム類、チーズも種類が豊富。
うれしいですね。

私は飲めないんですけど、食べるだけでも楽しめそうですね。

昨日、きたまちスマガザンに行ってきましたが、色んな形態で楽しめるお店だと思います。
お料理は、こちらの方がガッツリ系かな・・。
URL | おぜん #-
2011/05/07 09:39 [ 編集 ]
 
あ・書くの忘れていましたが2人前です。2人前から注文可、となっていますので。

スマガザンですが、先に行かれてしまいました(笑)
近々訪れる予定です。
URL | naranara #bQLI5caw
2011/05/07 09:51 [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://naranara813.blog118.fc2.com/tb.php/394-2f7b319b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)